まりも さん プロフィール

  •  
まりもさん: 元主任さん、今は無職さん
ハンドル名まりも さん
ブログタイトル元主任さん、今は無職さん
ブログURLhttp://motoshunin-mushoku.hatenablog.jp/
サイト紹介文会社を辞めた…今はただのアラサー無職の男ですがな(´・ω・`)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/02/11 12:13

まりも さんのブログ記事

  • 人と関わることが苦手…という人に営業職をおすすめする理由
  • 人と関わることが苦手だったけれど新卒で入社した会社は営業の仕事でした。無職の人の多くは人と関わることに苦手意識が強い人が多いのではないかと思います。しかし人と関わることが苦手な人こそ、営業職を選んでみてもイイんじゃないかなーということ。営業は人のことをよく考える仕事人と関わることが苦手な人は、人の目を気にします。人から自分がどう見られているのか・・・客観的な視点から自分の振舞い方を考えたりします [続きを読む]
  • あなたがいなくても会社はまわる、好きなことして生きよう!
  • 仕事を長年やっていると自分がいなければ仕事が回らないと思ってしまうことがある。忙しい忙しいと言っている人ほど実はそんなに大した仕事をしていない。大したことをしてこなかった私だからそう思う。仕事を辞めてみて思うことは、自分ひとりがいなくたって社会はまわる。会社もまわるし組織もまわる。自分というパーツがひとつ欠けたからといって、そのパーツはすぐに替えが利くしパーツを交換したほうがよくまわるように [続きを読む]
  • 無職の老化現象、山に登ったら老いを感じた
  • 将来は自然の中で暮らしたい・・・と思っているアラサー無職です。人の本来あるべき姿は自然の中で暮らすことだと思っています。 社会やあまり人と関わりたくないなーと思いながら、人のいない自然の中によく逃げこみます。 以前は軽い山登りをよくしていたのですが、最近久しぶりに登ったら老いを感じたという話。現代社会の仕事は体を動かさない現代社会の仕事をしていると本来の体の使い方を忘れていく・・・と思う。 [続きを読む]
  • 歩いてばかりいる…無職になって見つけた趣味「散歩」
  • 無職になるとお金を使うことに対して抵抗を感じる。失業給付金もらっていても、なくなったらどうしよう・・・とか不安になります。お金のかからないことで何か出来ることを始めようと思って行き着いたことが「散歩」。無職になって散歩ばかりしてます。無職は自分の時間を過ごせる無職になって思うのは時間の流れ方の違いかなーと思います。社会人の時は周りの環境に合わせて仕事を進めます。当然自分のペースではなく、仕事の進 [続きを読む]
  • 就職したくない無職クズ人間がPVモンスターをやってみた結果
  • 就職したくないなーと思い数か月・・・。クズ人間になりつつある無職のわたくし、無職生活も収入がなければやっていけません。アフィリエイトをやってみたが稼げない・・・そんな私が出会ったPVモンスターというサービス。おっ!これならいけるんじゃないか!と思いPVモンスターに登録。PVモンスターと出会った経緯、3か月ほどやってみた結果をまとめてみます。無職・・・収入がなくなることへの不安無職の一番の不安は金銭面 [続きを読む]
  • 無職のスケジュール、無職の一日の過ごし方
  • 他の無職はどんな一日を過ごしてしているのだろう?と気になる人がもしかしたらいるかもしれない・・・ということで無職の私の一日の過ごし方をまとめました。8:00起床 9:00朝食10:00瞑想12:00外出17:00帰宅18:00夕飯19:00録画したテレビをチェック21:00風呂22:00読書23:00就寝仕事がないとめっちゃ健康的で規則正しい一日が送れます。睡眠もたくさんとれます、無職生活満 [続きを読む]
  • 無職生活を楽しく過ごす!やりたいことをやって生きよう!
  • 人生やりたいことやっておいたほうがイイ!と思います。それは無職であっても関係ないです。無職には自分のための時間がたっぷりあります。家族や仕事があって色々な制約に縛られて、自分が本当にやりたいことができない人のほうが世の中には圧倒的に多い。無職生活を楽しく過ごすため、やりたいと思ったことはやっておいたほうがイイ!と思います。やりたいと思ったことを書き出してみよう!やりたいと思ったことをとりあえ [続きを読む]
  • 就職できる?30代無職男の市場価値を測ってみよう
  • 無職は自分の価値を感じづらいものです。就職活動も上手くいかず、社会から必要とされていないと感じてしまいがち。そんな時にやってみて面白かったものがこのMIIDAS(ミイダス)。転職支援や人材紹介業を行っているインテリジェンスのサービス。数多くの人材の転職支援をしてきたインテリジェンスがその転職実績データをもとに年収データ、事情価値を判断してくれるというサービスです。ミイダスの質問に答えるだけで市場価値 [続きを読む]
  • 30代で転職5回…仕事とは何なのか?転職経験から考えてみた
  • 人生の中で転職する機会なんてそうないと思います。私の場合は転職を繰り返して5社ほど就業経験があります。(アルバイト等含むともっとある)30代で転職を5回してきて仕事について真剣に考えました。転職を繰り返してみてわかったことをまとめてみます。仕事はどうやって生まれる?そもそも仕事とはどうやって生まれると思いますか?人が悩んでいることや解決したいことに対して、価値を提供することにより仕事は生まれます。社 [続きを読む]
  • 無職になっても…社会とつながりを持とうという意思
  • ずっと一人でいると世界が狭くなっていきます。無職にとって辛いことは社会とのつながりを失ってしまうこと。会社を辞めてみて思うこと・・・それは社会とのつながりは本当に大切だということ。人との出会いが人間を成長させる人が一番成長する時はどんな時だと思いますか?人とのつながりの中で人から気づかされることってたくさんあります。嫌な人であってもその人から気づかされることもあります。素晴らしい人に出会えたこ [続きを読む]
  • 就職活動と婚活は似ている、無職が婚活パーティーに行ってみた
  • 仕事選びも大切だけどパートナー選びも大切。どちらも一生涯付き合っていくもの。私も無職ではありますが結婚したい年齢です。無職が仕事探しそっちのけ?で婚活パーティーに行ったりしました。プロフィールカードの職業欄に何と書く?婚活パーティーで最初にやることはプロフィールカードを記入することです。名前・出身地・血液型・趣味といったプロフィールを書いていきます。無職の場合は仕事・年収という欄に何と書こうか [続きを読む]
  • 無職とニートの意味、無職とニートの違いとは何だろう?
  • ニートという言葉をよく聞きます。ニートは英語で 「Not in Education, Employment or Training」の頭文字をとってNEET。教育を受けておらず、なおかつ雇用もされず、職業訓練も受けていない状態。ニートという言葉はイギリスで生まれ日本で使われるようになりました。日本ではニートは15〜34歳までの若年無業者という意味を指しています。無職は読んだ字のごとく、職が無い状態。仕事につく意思があるかないかというニュアン [続きを読む]
  • 無職になったから考える…あなたにとって仕事とは何?
  • 無職になったからこそ仕事について考える機会が増えました。社会や会社は特に自分がいなくてもまわる。世界は自分がいなくてもまわり続けます。では自分はこの人生で何をするべきなんだろうか?人生の多くの時間を占めるものが仕事。私たちには勤労の義務があります。仕事はより便利に豊かになるために行うものだと思うので、嫌々続けることはないとも思います。無職になったからこそ考えるべき仕事とは何?ということをまとめ [続きを読む]
  • 人ごみが苦手…無職になると人に対する免疫力が低下する
  • 無職になると人に会う機会は減ります。無職になり会社に行く必要もない、会社が社会のパイプになっていてくれた会社を退職し社会に参加していない感覚になる。会社に行く必要がなくなると人と出会う機会は一気に少なくなる。会社の人や取引先といった仕事で出会う人ももちろんいない。通勤電車に乗るだけでも毎日多くの人に会うけれど、無職になるとそれもなくなる。人に対する免疫力の低下無職になると人に対する免疫力のような [続きを読む]
  • 社会に適応できなかった結果、社会不適合者になった
  • 社会に適応できない・・・そんな自分が辛いと感じていました。会社の人と何とかうまくやっていて、みんな社会に合わせてちゃんと働けている。そんな会社や人・社会に適応できなかった結果無職になったのだと思いました。社会に適応できない自分が辛い…社会に合わせようと思えば思うほど生きることが苦しくなる。会社に勤めている時も周りの人に合わせようと思うほど、うまくいかないし失敗する。社会に適応できない自分はダメ人 [続きを読む]
  • 無職期間が長くなる…無職マインドが染みついてしまう
  • 毎日ダラダラと過ごしている、無職期間が長くなると働かないことが当たり前、無職マインドが形成されます。無職マインドがどうやって作られるのかまとめてみます。社会との関わりがなくなる無職になると社会との関わりがなくなります。会社を通して色々な人と出会うことができた。これまで社会と自分をつないでいてくれたのが会社であると痛感する。職がなくなってしまうということは社会との関わりがなくなってしまうことを意 [続きを読む]
  • 働きたくない…一度無職になるとフルタイムで働くことが億劫になる
  • 一度無職になってしまうと本当に気持ちがだらける。仕事してた時は毎日出社しなければいけないから起きる時間も決まっている。寝る時間も大体決まっている。無職ってある意味すっごく自由なんですよね。すべての時間を自分のためだけに使う事ができるから。仕事である程度縛られていたほうがオンとオフのメリハリがあってイイってこともあります。無職は自分ですべて自制しなければいけない。それもすべて自己責任となる。会 [続きを読む]
  • ポンコツ社会人が無職になりクズ人間になった
  • 無職になって今までの社会人生活を振り返ってみる。自分は本当にダメなポンコツ社会人だったなぁと思います。仕事も大してできないのに、プライドばかりが高い…。言われなければ仕事もしないし仕事に対する意識も低い。会社の人からも扱いにくく使えない人間だったと思われていたと感じます。そんなプライドばかりが高いポンコツ社会人が無職にクズ人間になったということで書いてみます。プライドばかりが高いポンコツ社会人 [続きを読む]
  • あなたが無職になった理由は?無職期間に人生を見直してみる
  • 無職になった理由は人それぞれあるのだと思います。会社が倒産したため無職になった、早期退職制度を理由に無職になった、学校卒業後仕事が見つかったため無職になったなど…。無職になった理由は色々あると思いますが、どんな理由があれ大切なことは自分が選んだ人生であると思えるかどうか。これまでの人生の積み重ねから無職という選択肢にたどり着いたのだと考えます。社会のせいにしたり会社のせいにすることもできます [続きを読む]
  • 無職になった自分には価値がないと思ったら…視点や考え方を変えてみる
  • ほとんどの人は無職になると会社がつないでいてくれた社会との関わりがなくなると思います。会社としてではなく個人として積極的に社会に参加していれば、無職になってもつながりはあります。しかし大半の人は会社内だけの付き合いになってしまいがち。会社を辞めて無職になるとそういったつながりが一切なくなる。社会に何にも役に立たない自分には価値なんてないんじゃないか…とそんな気持ちになることもあります。自分を必 [続きを読む]
  • 30代無職になった…無職になって気づいたこと
  • 就職しては退職して…30代無職こんなことを繰り返しながら、気がつけば無職歴が通算で3年近くになりました。会社員勤めをしている時には気づけなかったようなことを無職になって気づくということもあります。そんな私が会社を辞めてみて気づいたこと、無職になってわかったことをまとめていきます。失業・退職のストレス度合社会的再適応評価尺度というライフイベントにおけるストレス量を数値化した研究があります。配偶 [続きを読む]