青豆 さん プロフィール

  •  
青豆さん: 完全同居嫁の戦日記
ハンドル名青豆 さん
ブログタイトル完全同居嫁の戦日記
ブログURLhttp://yome-ikusa.jugem.jp/
サイト紹介文結婚後すぐに一人っ子ダンナの母親と完全同居。 結婚8年目、ついに義母に殴られた!
自由文嫁が意見すると、切れて子供の前でも怒鳴り散らす
沸点の異常に低い義母。

自分の子供なのに、嫁は自分の意見も言えないのか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 224日(平均2.2回/週) - 参加 2016/02/11 16:13

青豆 さんのブログ記事

  • 硬すぎるステーキ・3
  • ある日テレビで見た、「玉ねぎのすりおろしにつけておくだけで、激安肉も高級ステーキと同じくらい柔らかく、美味しくなる!」という裏ワザを試した青豆家。 結果は……惨敗。 多少柔らかくはなっているものの、あまり美味しくないお肉を前に、文句タラタラの義母。 子供達は、柔らかい部分を小さく切ったりしてどうにか食べていたが、義母はロクに箸をつけようともせず、余計なことを言っ [続きを読む]
  • 硬すぎるステーキ・2
  • 安い肉でも驚くほど柔らかく、美味しく食べられるという裏ワザをテレビで見た青豆家。 裏ワザ通り、玉ねぎのすりおろしに漬け込んだ激安ステーキ肉を焼き上げ、いよいよ迎えたご飯の時間。 すると、義母が想像通りの台詞を吐いた。 「……何これ、この肉まだ赤いじゃない」 席に着くなり文句を言う義母に、イラつくダンナ。 しかし、義母の「いちいち一 [続きを読む]
  • 硬すぎるステーキ・1
  • すっかりご無沙汰しております。義母との関わりを最小限にしている効果か、最近は大きな争いもなくどうにか暮らしています。 便りがないのは、元気な知らせ……? それでも毎日毎日ストレスだらけの生活です。早く自由になりたい〜********************相変わらずの家政婦状態で、夕飯の支度が終わると、子供の食事姿を見届けることもできず、1人で二階の部屋にこもる日々が続いている [続きを読む]
  • お金にまつわるエトセトラ・7
  •  朝の忙しい時間に、身支度中の私がいる寝室にやってきた義母。 何を言われるのか身構えていると、何やら振込用紙を出してきた。「悪いんだけど、これ自動車税だから払ってもらえる?本当は昨日入った7万円で払おうと思ってたんだけど、金を売ったお店の人がなんだか可哀想で、少しはお金返してあげることにしたから、足りなくなっちゃったよ」   …………はぁ?だったら昨日の [続きを読む]
  • お金にまつわるエトセトラ・6
  •  居間にまで聞こえてきたのは、二階の寝室に行ったダンナになにか大声で文句を言っている義母の声。  理由はだいたい察しがついたが、私が出て行くと100%以上の確率で事態の悪化を招くことは、イヤというほどわかっているので、そのまま一階の居間で待機。   ……しばらくすると、声が聞こえなくなった。どうやら怒鳴り合いに発展することなく話が終わったようだ。ほっとしながらテレビ [続きを読む]
  • お金にまつわるエトセトラ・5
  •  義母のブレスレット換金についての話を、露骨に嫌そうな顔で聞いていた私。(たぶんダンナの表情も私と似たり寄ったりだったに違いない) 私たちの反応が悪いので、義母は話相手探しを諦めて二階の自室へ上がっていった。やれやれ…洗い物もようやく終わり、やっとゆっくりできるなぁ〜と思っていると、また義母が居間へ戻ってきた。そして何を思ったか、「はい、これ小遣い。あんたたちに5千円ずつあげる」そうい [続きを読む]
  • お金にまつわるエトセトラ・4
  •  お友達と出かけていた義母宛にかかってきた電話。 それは金の買取店からだった。 義母が換金した金?のブレスレットが、鑑定したら純度の低いものだったので、支払ったお金の一部を返して欲しい、と。義母の携帯に何度か電話してみるものの、出てくれず… そうこうしている間に、買取店からは「連絡つきましたか?」と催促の電話。 「何度か携帯に電話してますが、連絡がつかないので、母が帰って [続きを読む]
  • お金にまつわるエトセトラ・3
  •  すっかり更新をサボってしまいました……「たくさんやることは〜あるのに〜あたまがちっともはたらかない♪」……そんな毎日です。********************少額とはいえ、義母にしょっちゅうお金貸してと言われることが嫌だった私。 ある時、キッパリ「お金の貸し借りはしたくない」ことを伝えた。 さすがの義母も、それ以降、私にお金貸してと言ってくることはなくなっ [続きを読む]
  • お金にまつわるエトセトラ・2
  • 家計の管理を任されながら、公共料金をかなり滞納していた義母。家事はすべて私がしていたが、義母がお財布を握っている間は、買い出しは週一で、足りないものは全て私が自分で買い足していた。義母はあまり掃除をしない人なので、必要な掃除用具、洗濯用の使い勝手のいいハンガー、こまごました日用品など買い揃えなければならなかったが、それらもすべて私の自腹。結婚式費用や旅行代まですべて私の貯金から出したこともあり、独 [続きを読む]
  • お金にまつわるエトセトラ。
  • 義母はその昔、スナックを営んでおり、バブルにも乗っかってかなり羽振りがよかったようだ。結局は詐欺に遭い、すっからかんの借金まみれになったらしいが、私が結婚して家に入った頃には、ひととおりの返済は終わっていると聞いていた。私たちの結婚時には、義母はすでに店をたたんでいて無職。ダンナ1人の収入だけで、母子2人生活していたため、そんなに余裕のある暮らしではなかったようだ。結婚後しばらくは、それまで通り家計 [続きを読む]
  • 義母の神経を疑う。
  • 義母には、仲の良いお友達がひとりいる。毎週決まって温泉へ一緒に行き、毎日のように電話……あの義母と1日一緒に居られるなんて、尊敬に値するほど心の広い、穏やかな方。義母よりは少し年下だが、笑顔が素敵で若々しく、誰からも好かれるような人だ。性格って、若い頃もそうだが、歳をとると本当に顔ににじみ出ると思うのだが、私もおばあちゃんと呼ばれるような歳になったら、こんな穏やかな人になりたい、と密か [続きを読む]
  • 続 妖刀・孫六
  • 前回の続きです。御察しの通り、痛い話です。血生臭い話が苦手な方は、さらーっと読み流して下さい……↓ ↓ ↓ ↓ ↓ものすごい切れ味の包丁を手に入れた私。試し切りも終わり、いよいよ夕飯を作る時間になった。その日のメニューは、しばらく前に材料を買ってあったものの、ダンナの飲み会などで作れずにいた餃子。いつもは切れない包丁で野菜をみじん切りにするのに一苦労だったが(もちろんこ [続きを読む]
  • 妖刀・孫六
  • 我が家の包丁は、とにかく切れが悪かった。義母が長い間使っていたもので、曰く、「これは高かったの、いいものなんだから」という代物だった。しかし、この家には砥石というものがなく、手入れは茶碗の裏の所でゴリゴリこするだけ。さすがにどんどん切れ味は鈍くなり、肉もろくに切れないようになっていた。ホームセンターで簡易シャープナーを買って使ってはみたものの、気休め程度にしかならず。見ると刃こぼれもかなりあるので [続きを読む]
  • 娘の涙、義母の涙。2
  • 夕食の最中に、突然泣き始めた義母。「どうしたの?具合でも悪いの?」とダンナが聞くと、「………なんでもないから、気にしないで……」と食器を片付けて、部屋を出て行った。何でもないって感じじゃないでしょう〜この家に来て、義母との色々ですっかり性格のねじ曲がった私は、義母の涙を見ても、正直何とも思わなかった。食事中の心配してくれ〜と言わんばかりの義母の態度に、イラッとさえした [続きを読む]
  • 娘の涙、義母の涙。
  • 我が家の子供は二人。上の子供は小2の女の子、下は年中の男の子。私とダンナは、年齢差でできる、できないがあるのは仕方がないが、お姉ちゃんなんだから、というワードはできる限り使わず、平等に怒って褒めるように心がけている…つもり。この日は確か日曜日で、昼間は義母が出かけていて不在。親子4人で昼ご飯を食べていた。その日は食事中の姿勢や食べ方について、娘に注意することが多かった。ダンナが娘に何回目かの注 [続きを読む]
  • スポーツ飲料と私の軽率さとダンナの大きなお世話が招いた争い・5
  • 色々な要因が重なって、回避できたはずの争いが起こってしまった。さすがに反省して落ち込んだ様子のダンナは、連日の残業疲れもあり、二階の寝室でダウン。私はモヤモヤを抱えたまま居間で過ごしていた。1時間ほどで、少しスッキリした様子で居間へおりてきたダンナ。自分が蒔いた種でもあるし、ダンナも良かれと思ってしてくれたことなので、これ以上この話で揉めるのはやめよう!と決意する。そして気持ちを切り替えるために、 [続きを読む]
  • スポーツ飲料と私の軽率さとダンナの大きなお世話が招いた争い・4
  • 私との約束を破り、義母にまたしてもひどい物言いをしたダンナを止めるため、ついダンナの頬を叩いてしまった私。まずい!と思ったのもつかの間、義母の平手が私に向かって飛んできた。「ダンナに手をあげるなんて、どういう嫁だ!!」いやいやいや、確かにダンナを叩いたのは悪かったけど、私の話、聞いてました??ダンナがあなたに暴言吐いたのを、止めようとしたんですけど?……理由なんて関係ない。自分の大事な [続きを読む]
  • スポーツ飲料と私の軽率さとダンナの大きなお世話が招いた争い・3
  • ダンナが見ていると気づかず、スポーツ飲料を流しに捨てた私。嫁の不審な行動に、「また母親が何か酷いことでも言ったんだろう」と思ったのだろう。思っただけで終わりにしてくれればいのに、ダンナも残業続きでお疲れだったのか、義母の部屋に文句を言いに乗り込んでしまった。嫌な予感はしてたんだけど、私が「何もない」と言っているのに、思い込みだけで義母にいちゃもんつけるのは、後々私の立場が悪くなるだけ。正直、私にと [続きを読む]
  • スポーツ飲料と私の軽率さとダンナの大きなお世話が招いた争い・2
  • 風邪を引き、熱を出した息子。その日は1日息子を義母にお願いし、私は仕事へ行った。夕方仕事から戻っても、熱が下がらない様子。義母から、「スポーツ飲料を飲むと吐くから、あげないようにして」とやんわり言われた私。義母にしてはかなり言葉を選んで、優しく言ってくれているのもわかったし、1日息子を看病してもらったこともあり、反論せずにお礼を言った。しかし。その後私がとった軽率な行動が、またしても争いの種になって [続きを読む]
  • スポーツ飲料と私の軽率さとダンナの大きなお世話が招いた争い・1
  • 我が家の子供は、小2の姉と年中の弟の二人。娘は小学校にあがってからというもの、風邪ひとつひかず、1日も休まず学校に通っていた。一方の息子は、まだまだ体力がないのか、風邪をひきやすく一度風邪をひくとかなり長引いてしまう。そんな息子が、土曜の昼ごろからケホケホ咳をしだした。嫌な予感は的中し、日曜の午後にいきなり40度近い高熱を出した息子。ぐったりした様子に慌てたダンナが救急センターへ連れて行く!と言い出し [続きを読む]
  • 続・義母の家出?〜なんとも早いお帰りですね…
  • 前回→義母の家出?の続きです。↓   ↓   ↓   ↓   ↓ダンナと口論になり、夜更けに家を出て行った義母。ダンナは二階の寝室にいたが、その後私のいる居間へ降りてきた。「なんか、今お義母さんが外へ出て行ったみたいだけど…?」今回の喧嘩に関しては完全に部外者の私だが、一応、気が付いたことだけは伝えた。「…ふーん。どうせ行くところもないだろうし、すぐに帰 [続きを読む]
  • 義母の家出?〜孫にバカにされていると思い込む義母
  • 殴られ事件以降、ダンナが心を入れ替えて義母に優しく接しているおかげか、今の所大きなトラブルもなく過ごしている。ダンナが同居当初から義母への態度を考えてくれていれば、もしかして私と義母も、仲良く暮らせていたのかもしれない。まぁ、子供のことでは考え方が根本的に違うので、どうやったって揉めただろうけど。平穏な日々だけど、私は義母への嫌悪感を消すことができず、なるべく顔を合わせないように、義母の行動を先読 [続きを読む]
  • 続・殴られ一週間目の試練〜仲直り?の餃子パーティー
  • 間が空いてしまいましたが、前回の続きです。新年度はバタバタしますね……↓   ↓   ↓   ↓   ↓口論の末、義母に殴られた私。その1週間後の週末、ダンナが友人の結婚式に出席するため、泊りがけででかけてしまうという、大ピンチを迎えた。………どうする?私。えーい、逃げちゃえ!と子供を連れて、外泊することにした。そして迎えた当日。娘のヤマハ [続きを読む]
  • 殴られ一週間目の試練〜ダンナのいない週末
  • 3日たっても4日たっても、義母に殴られたショックを引きずり続けた私。自分の事を、これまでの人生でかなりさっぱりした性格だと思っていたが、実は相当ねちっこいタイプだったのかもしれない。できることなら知らずにいたかった新しい自分、再発見。そして殴られた日から1週間後の週末、試練が待ち受けていた。ダンナが、大学時代の先輩の結婚式に出席するため、泊まりがけで出かけてしまうのだ。おめでたいことだし、私達の結婚 [続きを読む]
  • 夢の二世帯住宅の行方〜義母の8年後の生存率を考える。
  • ダンナと私には、結婚当初からの夢があった。いつかは自分達で新しく家を建てる、というものだ。今の家は広さや部屋数など、中身については特に問題はないのだが、家の外側にとにかく問題が多い。田舎なので車がなければ生活できないが、この家には駐車場がない。近所に駐車場を2台分借りなければならず、ローンの支払いにプラスして毎月余分な支払いが発生する。しかも、駐車場がないばかりか自転車を停めるスペースすらない。お [続きを読む]