TKK さん プロフィール

  •  
TKKさん: サブカルチャーズマンション
ハンドル名TKK さん
ブログタイトルサブカルチャーズマンション
ブログURLhttp://sabukaru893.blog.fc2.com/
サイト紹介文当面は思い入れのある漫画について語っていきますのでどうぞ興味のある方はコメントお願いいたします。
自由文漫画について思い出話なども含め日記帳に語らせて頂いております。管理人の冨田武市に木林博喜は漫画以外にもホラーマニアでモあります。行く末は私達のホラー小説も掲載できたらなと考えております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 282日(平均3.7回/週) - 参加 2016/02/11 23:59

TKK さんのブログ記事

  • 『宇宙から来た男』
  • ゴリラは、その人…いやゴリ生において、一度だけ宇宙人に遭遇した事がある。身内に『宇宙人ではないか?』という疑惑を持たれ続けている男が一人いるが、本人が地球人であると言い張り認知しない為、彼を宇宙人だと断定する事はできないので、敢えてカウントはしない。さて、その宇宙人だが、彼を目撃したのはゴリラがまだ若かりし20代半ばの頃…当時、ゴリラの身でありながら大阪市内の声優養成所に通っていたのだが、レッスンが [続きを読む]
  • 漫画『ベルセルク』について
  • 今まで数回記事にさせてもらっていましたが、ベルセルクといえば白泉社刊のヤングアニマルに連載中のダークファンタジーの旗手的作品ですな。作者は三浦建太郎先生。ゴリラ、尊敬しております。最近、コーエーテクモゲームスの人気アクションゲームシリーズ『無双シリーズ』の最新作『ベルセルク無双』が発売されたのを祝して、ちょっとベルセルクについて語らせて頂きたいと思います。主人公のガッツは野党に殺された母親の躯から [続きを読む]
  • これはオモロイ!『双亡亭壊すべし』!
  • 久々に漫画記事(笑)その作品との出会いは夏。ゴリラはその日、地元の『TSUTAYA』の漫画コーナーにて何か面白気な漫画はないものかとウホウホ言いながら物色していた。新刊コーナーに行くと、ゴリラの嗅覚がくすぐられる。何が刺激しているかと視線を動かすと、おお、お前か!お前が刺激しているのかと、それを手に取る。タイトルは『双亡亭壊すべし』。表紙の絵のタッチを見れば、作者を確認せずとも藤田和日郎先生だとわかる。 [続きを読む]
  • 労働基準法違反の疑いで電通本社と支社に強制捜査
  • やっとというか当然というか電通が労働基準法違反の疑いで強制捜査に東京労働局などが11月の7日に複数の社員に違法な長時間の労働をさせた疑いが強まったとして、労働基準法違反の疑いで電通の本社と3支社に強制捜査として家宅捜査に切り出した。今までは任意での調査を続けてきたが、悪質性が高い(やっと?)とみて強制捜査にきりかえたらしいですが遅いですよっ!これで違反が確認されれば法人として電通と担当者がやっと書 [続きを読む]
  • サンジェルマン伯爵について
  • サンジェルマン伯爵と言う人物が居る。いや・・・居たというべきか居るというべきかこの人物についてはそれすらわからない。非常に謎の多い、私のような神秘的な事が好きな人間には興味が尽きない人物であり今日は少しサンジェルマン伯爵について語らせて頂きたいと思います。【サンジェルマン伯爵】スペイン王妃マリー=アンヌ・ド・ヌブール と貴族メルガル伯爵 と の私生児と言われている。その人生を通じて享受していた経済的 [続きを読む]
  • 電通の過労死自殺事件を受け弁護士団が11月4日電話相談室を設ける
  • 去年の末に自殺した電通の当時24歳の女性新入社員の方が過労死認定を受けたことが引き金となり、ブラック企業被害対策弁護団が11月4日午後9時〜翌日午前2時まで電話相談室【命を守る。真夜中のホットライン】東京:03−3503−3370大阪:06−6464−9007を臨時設立する。通話料はかかるが相談料は無料との事。主な受付相談内容としては理不尽な仕事量で悩む方。企業内でのいじめ、セクハラ、パワハラなど [続きを読む]
  • 『扉シリーズ』のテーマソング
  • ゴリラは、自分の考えた創作物に『テーマソング』をつける癖があります(笑)物書きが趣味の人なら、この癖、わかって頂けるかと思います(笑)で、今『ゴリラと木林の心霊オカルト怪談研究部屋』において連載中の『扉シリーズ』、もちろんコレにも『テーマソング』があります。まあ、あくまでゴリラが勝手にこれがいい!と思うものなんですが…(笑)天野月さんの『龍』という曲です。天野月さん、元々天野月子という名前で活動し [続きを読む]
  • メンズ シミ抜きを使い出しました。
  • 皆さまこんにちは。今日は少し木林が最近愛用しだした商品をご紹介したいと思います。木林も既に厄年の四十路。20代頃にバーべーキューや海で遊ぶなどアウトドアの遊びをし過ぎたせいか普段から車での移動が多かったせいかこの年になり日焼けのケアをしなかったことがたたり顔の側面にやたらとシミが目立ってきました。四十路になっても美しくありたいと思うのは女性ばかりではありません!最悪おっさんになるのは仕方のないことで [続きを読む]
  • 『扉シリーズ』について
  • 皆さんご機嫌いかがでしょうから?ゴリラは風邪気味です(笑)さて、ここよりリンクできる『ゴリラと木林の心霊オカルト怪談研究部屋』にて連載しておりますホラー小説『扉シリーズ』について少し語らせて頂きたいと思います。この作品は、ゴリラと木林が10年近く前から、ちょいちょい遊びで書いて、やり取りしていたモノがベースになっています。主人公が冨田武市と木林博喜だと言うのは変わりませんが、当初はもっと短い話でした [続きを読む]
  • 電通に続き関電まで・・・過労死が相次ぐ現代社会の問題について 2le8as
  • 昨年過労死により亡くなられた電通の24歳の女性社員に引き続きまた大企業で過労死による社員が亡くなられるという問題が起きました。そして今回関西電力の40代の社員の方が自殺されたことによる問題で過労死によるものとの労災認定がおりました。私たちのさらに上になる世代のいわゆる団塊世代の方々から少し下の世代の方々はよく眠らずに働いたや2〜3日飲まず食わずで仕事しても死ぬかぁなど私もサラリーマン時代はそんなバ [続きを読む]
  • 言葉遊び
  • ゴリラと木林にとって、言葉遊びはコミュニケーション手段の一つである。造語を作ったり、単語を業界用語風に組み替えて、その響きの面白さを楽しむ遊びだ。これは高校時代に始まり、今も変わらず行われている。(笑)今日は、今までのヒット作を紹介したいと思う。『サンオツ』中年以上の男性を関西では『オッサン』と呼ぶ。それを組み替えてできた言葉だが、これが発展して、三十代男性は『サンオツ』、四十代は『ヨンオツ』、五 [続きを読む]
  • 三重県の津市の中2の少年が犠牲となった暴行事件で思う事
  • 津市で中学2年生の男子生徒が暴行を受けて意識不明の重体となった傷害事件で、三重県警は現場に居合わせた男子高校生2人を傷害の容疑で逮捕した事件がありました。事件の概要は重体となった中学2年生の男子生徒と既に逮捕されている少年に暴行を働いた16歳の少年と17歳の少女。」この17歳の少女の後輩の15歳の少年が重体中の少年とトラブルを起こし17歳の少女に相談した事が事の発端でこの17歳の少女まで重体中の少 [続きを読む]
  • 何らかの小宇宙
  • あれはまだ私が独身時代の話であるから少なくても12年以上前の話になる。私には北尾公貴と冨田武市という友人がいる。今回はこの2人の間で起こった話である。ある日私はまだこの時は教育産業で働いていた時期で仕事を終え実家に帰宅し風呂に入った後明日が休みの武市の家に行く事にした。私が家に行くと武市はその他の話題もあるであろうに真っ先に私に「なあ木林よ〜俺はついこの間北尾にメールで殺されかけたて知ってんけ?」 [続きを読む]
  • タクティクスオウガよ永遠に!
  • 昨日の事、部屋を掃除していたら見つけてしまった。PSPソフト『タクティクスオウガ〜運命の輪〜』を!ゴリラは、このゲームに非常に思い入れがある。『タクティクスオウガ』は、1995年にスーファミソフトとし(株)クエストから発売されたシュミレーションRPGだ。このゲームの発売前に友人が『凄いゲーム出るぞ!』と、えらく興奮していたのをよく覚えている。そんなに凄いのか〜しかし、クエストって聞かないメーカーだなぁと、あ [続きを読む]
  • ダースベイダーおっさん 木林博喜
  • あれは丁度4〜5年前の事・・・私がまだ大阪の京橋でコールセンターの仕事をしていたサラリーマン時代の話です。当時はシフト制で昼食を取る時間帯もまちまちであった私はその日は私の昼の休憩は15時からでした。私は慶次という京橋では数少ないラーメン屋で昼食を済ませる木々に囲まれる公園でタバコでも吸いながら残りの休憩時間を過ごそうとしていました。慶次があるテナントのビルを出ると交差点を過ぎ木に囲まれた公園の外 [続きを読む]
  • 『街灯アンケート』
  • あれはゴリラがまだ30歳になるかならないかの頃だ…ゴリラは当時、アマチュア声優活動をしており、大阪市内に頻繁に出没していた。その日は活動が早く終わり、ゴリラは梅田をブラブラと散歩していた。人通りの多い、とある交差点で信号待ちをしていると、リクルートスーツに身を包んだ若い男女が数人、街灯アンケートをしているようだ…『うわっ!こっちに来たら面倒臭いなぁ〜』とか思っていると、「あの〜すみません〜」背後から [続きを読む]
  • シン・ゴジラについて
  • 先日、庵野秀明監督作品の邦画『シン・ゴジラ』を拝見してきた。『ゴジラ』と言えば、世界中で最も有名な怪獣である。今まで28作の映画が作られ、日本やアメリカの街を破壊してきたし、守ってもきた。また、その誕生には『核兵器』『放射能』が絡み、人類の『悪』の部分より誕生し、それが文明を破壊する様には、強烈なメッセージが読み取れる。庵野秀明監督といえば『エヴァ』が代表する作である。難解な科学用語や心理学用語、更 [続きを読む]
  • 【時事ネタ】近鉄電車の車掌さんが飛び込んだ件について
  • ローカルネタですみませんが、どうしても気になり我慢できなかったので書かせて頂きました。9月21日の11時頃に、近鉄奈良線で人身事故が起きその影響で電車が遅延している事に対して乗客が26歳の男性の車掌さんにクレームをつけ車掌さんも最初は一生懸命対応していたらしいが、ついには我慢の限界に達したのか制服と帽子を脱ぎすてて線路に侵入し高架から飛び降りたという事件がありました。車掌さんは幸い命に別状はなく腰 [続きを読む]
  • スメルマン Kいち&S悟 後編 木林博喜
  • 外は立ちくらみがするほどの炎天下の真夏。冷房をガンガンに効かせた学生たち5人は木林宅にてその冷房の部屋に涼を送る威力をかき消すほどの熱き戦いが繰り広げられている。熱き戦いの名は【痛道(イタスト)】前編でもお話しした通りのモノポーリーをテレビゲーム化したような本当に熱く面白いゲームなのである。戦いの場は日本列島という日本地図をモデルとしたエリア。参加者は私、木林にKいち、S悟、義信に解説の弘。前半戦 [続きを読む]