ヴォロス さん プロフィール

  •  
ヴォロスさん: ヴォロスのJ-REIT講座
ハンドル名ヴォロス さん
ブログタイトルヴォロスのJ-REIT講座
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/volos_jreit/
サイト紹介文J-REITのマーケット情報、資産運用についての情報を伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供379回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2016/02/12 00:03

ヴォロス さんのブログ記事

  • J-REITで病院が運用される日は来るのか?
  • 厚生労働省ホームページで「「病院経営管理指標及び医療施設における経営実態に関する調査研究」報告書」を見つけましたのでご紹介致します。 これは 厚生労働省から委託を受けた㈱アイテック調査で医療法人の開設する病院および医療法第7条の2に規定する者の開設する病院全数を対象に2016年11月11日から2017年1月31日行われたアンケート調査によるものです。自治体運営の黒字の病院45.9% 経常損益が黒字の病院の比率は [続きを読む]
  • ケネディクス商業リート投資法人 第4期(2017年3月期)決算
  •  2017年5月18日の投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり6,040円のところ6,044円で着地しました。新規物件を取得も内部成長 2016年11月1日にケーズデンキ新守山店(底地)(取得価格1,370百万円)を2017年1月31日に西友楽市守谷店(底地)(取得価格 4,111百万円)を新規に取得しました。また、2017年1月16日にウニクス伊奈の増築(取得価格91百万円)を行い、2017年3月31日現在におけるポートフォリオは、合計42 [続きを読む]
  • グローバル・ワン不動産投資法人 第27期(2017年3月期)決算
  •  2017年5月18日の投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり7,330円のところ7,494円で着地しました。2棟の区分所有物件で持分を上昇 2017年3月期のオフィスビルの投資マーケットは、良好な資金調達環境が継続する中、国内外の投資家の旺盛な投資意欲が続いており、物件の取得競争に過熱感が見られる一方で、オフィスビルの取引量については減少傾向にあり、今後の動向としては、S・Aクラスビルの物件情報は依然と [続きを読む]
  • 森トラスト総合リート投資法人 第29期(2017年3月期)決算
  •  2017年5月16日の投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり3,600円のところ3,603円で着地しました。投資環境については若干ネガティブ、成長には工夫が必要 森トラスト総合リートは決算短信6ページにて投資環境について「東京の高級賃貸住宅については、都心部の優良物件を中心に底堅い需要に支えられ、堅調に推移したものの、 立地やグレードの劣る物件は弱含みで推移しました。 ホテルについては、訪日外国人客数 [続きを読む]
  • ジャパンリアルエステイト投資法人 第31期(2017年3月期)決算
  •  2017年5月16日の投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり8,460円のところ8,544円で着地しました。 ポートフォリオ強化の集中したことにより区分所有の持分上昇 2017年3月期の外部成長では、2016年10月3日に、北陸地方の行政と経済の拠点が集積する金沢市において、築浅物件である金沢上堤町ビル(石川県金沢市)を2,780百万円で取得したほか、2017年1月25日には、築31年を経過したこころとからだの元氣プ [続きを読む]
  • 日本賃貸住宅投資法人 第22期(2017年3月期)決算
  •  2017年5月15日の投資法人の決算が発表されました。当初の予想一口当たり1,740円のところ1,901円で着地しました。 売却損と売却益と相殺により分配金への影響無し 2017年3月期は分配金の向上のため、①新規物件の取得による外部成長、②オペレーション全般の強化(個別物件ごとの賃料等収入の極大化と賃貸事業経費の削減)、③資金調達及び調達手段の多様化に取り組みました。2016年9月23日付で売買契約を締結した札幌市中心部 [続きを読む]
  • 三鬼商事オフィスリポート(2017年4月時点)
  •  三鬼商事から2017年4月時点のオフィスレポートが公開されましたのでご紹介致します。札幌ビジネス地区  4月時点の平均空室率は3.32%となり前月比0.07ポイント減少しました。4月は分室の開設や自社ビルからの移転に伴う大型成約がありましたが、撤退や館内縮小による解約の影響により、平均賃料は前月より+26円で8,355円/坪となりました。 駅前通・大通公園地区は2.19%と前月比0.20ポイント減少しています。これは分室の開設に [続きを読む]
  • グローバルREITの状況2017年4月
  • 米国REIT市場の状況 4月上旬は、複数の米連邦準備制度理事会 (FRB)高官が金融引き締めに対して消極的な姿勢を示したことに加え、北朝鮮や中東情 勢を巡る地政学リスクへの警戒感が強まったことなどを受けて、長期金利が低下しました。このためリートの資金調達環境の悪化への懸念が後退し、堅調な展開となりました。中旬は、財務長官が大規模な景気刺激策のために財源を確保する意欲を示したことなどを受けて、政策への期待が高ま [続きを読む]
  • 星野リゾート・リート投資法人 山梨県のホテル1棟を取得
  •  2017年5月1日に星野リゾート・リート投資法人が星のや富士(ホテル)について取得を完了しました。取得物件の概要 ①取得資産 :信託受益権 ②資産の名称 :星のや富士  ③取得価格 :4,160千円 (鑑定評価額4,310百万円)  ④契約日 :2017年4月7日  ⑤引渡日 :2017年5月1日  ⑥取得先 :㈱ホライズン・ホテルズ ⑦取得資金 :新投資口の発行に よる手取金 ⑧媒介者 :なし  ⑨支払方法 :引渡時一括 ⑩取 [続きを読む]
  • 投資法人の会計処理 減損損失
  •  当サイトでも「期(事業年度)をまたいで物件を売却する場合は減損損失を計上している」のようなことを何度か書いています。今日は減損損失の計上に至るまでの課程を説明していこうと思います。 投資法人は新たな利益を得るために、固定資産を取得し事業の拡大を計画します。新規物件を取得する際には土地、建物、の購入だけでなく追加で附属設備、構築物、機械装置などを設置することがあります。物件を取得した後に追加で設置し [続きを読む]
  • 富士物流「カーゴニュース」大規模倉庫の3割で消防法違反
  •  2017年4月24日に富士物流のホームページにてカーゴニュース4月18日号が公表されてましたのでご紹介致します。大規模倉庫の3割で消防法違反、防火シャッターの閉鎖障害もアスクル倉庫火災による対策検討会で日倉協、物流連のヒアリング報告 国土交通省と消防庁が行った調査によると、大規模倉庫の約3割で消防法令違反があったことがわかりました。2月に埼玉県三芳町で発生したアスクルの倉庫火災を受け、4月12日に開催され [続きを読む]
  • 日本不動産研究所・2017年春の店舗賃料トレンドを公開
  •  一般財団法人日本不動産研究所がホームページにて2017年春の店舗賃料トレンドが公開されました。 エリア・施設による違いはありますが、賃料は全体的に高止まりど横ばい傾向であるとまとめられています。ドラッグストアの出店が加速しており、インバウンド消費が最寄品にシフトしているという内容になっています。商業施設はホテルに次ぎインバウンド需要の恩恵を受けやすいアセットです。 J-REITの物件の中には商業施設で [続きを読む]
  • 2017年2月期決算J-REIT分析③その他の分析
  •  2017年2月期決算のJ-REITの時価総額、含み益、稼働率の推移を見ていきます。・NAV倍率 NAV倍率は期末投資口価格ベースで算出してまいます。1倍以上であるとが投資口価格が1口当たりNAVを上回っていることを表しています。SIA不動産投資法人のNAV倍率ですが、2月24日にPOにより投資口数が増えているため極端に少なくなっています。せらを考慮しなければ0.758倍です。上場してからの期間のほぼ全てで1倍を切っているので市場での [続きを読む]