qtcraft さん プロフィール

  •  
qtcraftさん: オーダー家具のある暮らしとハコ(空間)作り
ハンドル名qtcraft さん
ブログタイトルオーダー家具のある暮らしとハコ(空間)作り
ブログURLhttp://qtcraft.com/
サイト紹介文初めてのマイホーム、自店舗、片付かない悩み、作業動線を良く、家族を暮らしやすく、自慢したい趣味の部屋
自由文家具屋の域を超えた『ハコ(収納)』を通じたあなたにとっての心豊かなライフスタイルを提案します。あなたが探していた特別な『ハコ』とその先まで
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/02/12 01:33

qtcraft さんのブログ記事

  • 仕事の御礼と病気回復祈願に熊野神社へ
  • 7月も仕事を終えることができ、早朝に熊野神社へ仕事の御礼報告、そして母や知人の病気回復祈願に行きました。朝6時半の神社はまだ涼しさが残っていました。仕事の御礼と病気回復祈願に熊野神社へ鳥取県岩美町の熊野神社は、かつて桐山城の垣屋播磨守、寛永時代以降の因伯国家老である鵜殿家の祈祷の場でもありました。その後、村社になり明治40年(1871)4/27に神饌幣帛料供進神社(しんせんへいはくりょうきょうしんじんじゃ)として [続きを読む]
  • 必要とされる家具を作る喜び
  • 今月も、過去の製作事例からのオリジナル家具の製作依頼をいただきました。ありがとうございます。オーダー家具のご相談を受け、メールなどで打ち合わせを繰り返す過程で少しづつ無いものを形にしていくという作業をお客様と一緒にするのですが、その過程を重ねれば重ねるほど喜びを感じます。必要とされる家具を作る喜び私の場合はじめは別注家具を制作する木工所に勤めて、その後、既製品を量産で製作して販売することも経験し、 [続きを読む]
  • 母の介護を考えて使いやすいタンスを創る
  • 歳を重ねていくとお世話になった人や身内が病気をし、そのことにより腕に力がなくなったり、今までできた行動ができなくなったりして使えなくなってしまう家具もあります。その代表として言えるのがタンスではないでしょうか。タンスは基本的に両手であけるものであり、昔ながらのおタンスだとレールが付いていなくて重くて力が入らないなんてこともあります。母の介護を考えて使いやすいタンスを創る実は私のお世話になった人がガ [続きを読む]
  • ガーデニングチューリップの開花までとブログという種まき
  • 私は仕事の英気を養うためや願掛けに家の庭でチューリップを球根から育てていますが球根から発芽、蕾、開花までを眺めることがとても好きです。これはイエローポンポネット黄色い八重のチューリップそしてフォックストロット蕾が何とも愛らしい…もうすぐ咲くよ…という成長過程が好きチューリップの開花までとブログという種まき植物の開花の姿よりもそれまでの成長を観るのが趣味という私は、人の人生とリンクしているようにも思 [続きを読む]
  • オーダー家具見積もりをお断りの際も良いお客様で感謝
  • 当サイトを通じてオーダー収納のお見積りを多方面から頂いておりますが、もちろん予算や納期、仕様の関係上、お見積りしてもご注文に至らないこともございます。オーダー家具の見積もり依頼をすると途中でキャンセルしにくい断りにくいという不安をお持ちで最初から見積もり依頼に踏み切れない方もいらっしゃると思います。それは強引な営業を断れないといった心優しいお気持ちの表れと思いますが、当社の場合気になさらずにお問い [続きを読む]
  • 鳥取のサクラ開花で春を感じる暮らし
  • 春の新生活でオーダー家具製作に関するご相談をお受けし、散歩がてらサクラを眺めました。鳥取の桜の名所はまだ開花していないのですが、岩美町の熊野神社の裏手にある、秋葉大権現像跡という場所に先週から1本だけ咲いています。鳥取のサクラ開花で春を感じる暮らし先週、山陰海岸ジオパークトレイルを歩いたときにも一本だけ少し咲いているのを田後あたりで観たのですが、ここでも1本だけ咲いています。秋葉大権現跡は岩美町の横 [続きを読む]
  • 寺社仏閣の建築に関心から心的に移管し熊野神社に朝参り
  • 年末に法隆寺に行きましたが (ブログ⇒ 法隆寺に行ってきました) 法隆寺に興味があったのは、建築の目線です。宮大工の西岡棟梁と小川棟梁を尊敬していて鵤工舎の宮大工さんのことも尊敬していて、本を読んでいるうちに技術を見たい。といったことがきっかけで関心を持っているのですが最近はその地の歴史を学んだり、自然環境に興味を持ち始め、建築物というよりは、心的な寄り心として主に神社足を運ぶようになりました。そうす [続きを読む]
  • 全国から頂くオーダー収納製作の見積もり相談の事例
  • 現在、全国的に建築現場や店舗物件の改装が繁忙期を迎え、建築会社や店舗プロデュースの企業様はじめ、新居にお引越し予定の個人宅のお客様からもオーダー収納製作の見積もり依頼をいただいており順次回答しています。3月引き渡しをめどとしているため、2月末納期の造り付け家具や店舗什器等、お急ぎの案件が相次いでおり、東京や大阪でオーダー家具を製作できる木工所をお探しの業者様から田舎の私にご相談いただきありがとうござ [続きを読む]
  • 2017年もオーダー収納製作を通じ暮らしを豊かにするお手伝いをします
  • 暮らしとしての新年は元日ですが、仕事として家具業界は1月の新年というよりは3月末などが区切りという流れが多く、年末年始でも3月の納期の仕事のことが気にかかったりします。しかし2016年の年末には10年以上訪ねたかった法隆寺にいくことができ、年始は恒例のマラソンもできました。本当は9月くらいのエントリーの時に、精神的にマラソンができる気力がなかったのであきらめていましたが、姉が申し込んでくれて感謝です。結果。 [続きを読む]
  • 法隆寺の西院伽藍・大宝蔵院・東院伽藍夢殿に参拝してきました
  • 2016年はありがとうございました。オーダー収納のある暮らしとしてブログ開設10か月、家具職人ブログと並行して更新してきましたが、おかげさまで年末年始はお休みすることができ、念願の法隆寺にもいくことができました。 写真はこちらにあります。 法隆寺の西院伽藍・大宝蔵院・東院伽藍夢殿に参拝してきました法隆寺に行くと一般参拝券を1500円で購入することで西院伽藍大宝蔵院東院伽藍も参拝できます。法隆寺の南大門は法隆寺 [続きを読む]
  • 白椿の花言葉とチューリップ栽培
  • 気が付けば古民家の庭の白椿が開花し始めました。白椿の花言葉は「完全なる美しさ」「申し分のない魅力」など…私には縁遠い言葉ですが…。続いてピンクと赤が咲くのも楽しみ。そして、先日チューリップの球根が109個あり、全部植えました。今まではすでにある木の管理だけしてましたが来年も地域の役をするので引っ越しは無いはずのため庭に花を咲かせて楽しもうと思います。本当はクロモジの木も植えたいこの頃…クロモジは香り [続きを読む]
  • 自生どくだみの草花から作るどくだみ茶の作り方
  • 私は鳥取県界隈の山を歩くことが趣味ですが、庭の池に自生どくだみが咲いて、毎年そのままにしているという人の話を聞いて、どくだみ茶が作りたいからどくだみ茶の作り方を教えて欲しい、その自生どくだみがお茶に出来る時期に分けてほしいとお願いしました。自生どくだみの草花から作るどくだみ茶の作り方その方のお母様のオリジナルどくだみ茶の作り方によると、どくだみの花が咲き見ごろを迎えると、根っこからどくだみを抜いて [続きを読む]
  • ギャラリー浦富太郎にて和服のリメイク雑貨と浦富焼き展示会
  • 私が住む鳥取県岩美町では主に陶芸で延興寺窯真名焼き浦富焼き(いわみ工芸村)岩井窯などがあります。山陰ジオパークとして認知度が上がってくる前から岩美町は焼き物に適した地質でもあり学べば学ぶほど興味深いです。まだまだ勉強は浅いですが、自分の器を作りたいから陶芸をしたいと何となく思っていた以上にさらにさらに奥深いことを知り、陶芸やりたい病でうずうずしていたところ、、素敵な浦富焼きに出会いました。鳥取県岩美 [続きを読む]
  • ハゼノキの実で和ろうそく作り、草花の染料で染物などを楽しむ暮らし
  • 先日、山でハゼの木の紅葉を見ました。ハゼの木はウルシのように、樹液に触れるとかぶれる人もいます。私はまだかぶれたことはありませんが近隣の山には結構あります。このハゼの木の実は和蝋燭の原料になり実を絞ってロウを作る事ができるようで作ってみたいなあ!っと興味津々。そしてツユクサも発見。ツユクサは染料としても使われますしこれは白膠木(ヌルデ)フシといってタンニンが含まれているため平安時代の鉄漿(おはぐろ)の [続きを読む]
  • 趣味のマラソンから学ぶ家具製作の仕事とネット接客について
  • 今日は趣味から学ぶ仕事の在り方についてです私の家具製作の仕事のリフレッシュといいますか、修行中の精神鍛錬で始めてから続けているマラソン。皆とわいわい走り楽しむという趣味よりも行き詰ったときとか悩んでいるときに、スカッとしたいから走るので走る目標がタイムとかマラソン大会に出る というわけではないのでレースにはあまり出ないのですが…家具製作の仕事と通じる 大切さを改めて感じたことを個人ブログに ↓→ 香 [続きを読む]
  • 鳥取県のカフェのオーダー家具製作取り付けが完了しました
  • 先日鳥取県岩美町の喫茶店の新オープンに伴う家具工事が終わりました。⇒ 喫茶店のタモの集成材カウンターテーブル取り付け事例の続きです。 カフェの厨房内食器棚とカウンター、壁面棚の取り付け事例カウンター天板と厨房内の棚、そして右横にあるレジ台とバックのディスプレイ棚と開き戸収納庫です。材料はポリ合板を使用しており、カウンター天板とレジ台の天板はタモの集成材です。最近はどんな店舗でもトイレがきれいでない [続きを読む]
  • 第2回ウッドデザイン賞の募集兼ねて鳥取でセミナーに参加しました
  • 2016年7月15日に、鳥取県産業技術センターにて第2回ウッドデザイン賞の募集兼ねて「とにかく木を使う」から次のステップに 〜これからの木材デザイン〜というテーマのセミナーに参加しました。3つの講演で、講演1 「ウッドデザインがもたらすもの 〜受賞作紹介から」ウッドデザイン賞※運営事務局 高橋義則 氏講演2 「インテリア・家具、木工デザインの可能性 〜建築・空間から雑貨まで〜」タカスガクデザイン 高須 学  [続きを読む]
  • 喫茶店のタモの集成材カウンターテーブル取り付け事例
  • 先日、新装オープンする喫茶店の家具工事に行き床から立ち上がった軽天下地にタモの集成材の天板を取り付けに行きました喫茶店のタモの集成材カウンターテーブル取り付け事例クロスを貼るための下地にコンパネが貼っていたのでコンパネを外してタモの集成材の天板を取り付けします脚はステンレスのアジャスター付きコンパネを戻してクロスを貼るとカウンターテーブルの出来上がりです。続いて吊り棚や食器棚を取り付けします。この [続きを読む]
  • パイナップルリリーの花が咲き始めました&家具を大事にリメイク
  • パイナップルリリーの花は蕾が全部咲ききるので花言葉は『完全』とか『あなたは完璧』というと言うことの話を前回記載しましたが、ようやく花が咲き始めました。 下のあたりが広がってきて、、、数日経過すると 花が咲き始めています。色は同化しているのでわかりにくいですが、アップで写真を撮るとパイナップルリリーの花がわかります。初めて見ました。可愛い。完全に咲くまで見守ります。と家具に関係ない余談ぽいですが、毎日 [続きを読む]