思い出商店 さん プロフィール

  •  
思い出商店さん: 思い出商店
ハンドル名思い出商店 さん
ブログタイトル思い出商店
ブログURLhttp://omoideshouten.blog.jp
サイト紹介文10円ゲームや駄菓子に玩具…  あなたの思い出 きっと見つかる。 ようこそ『思い出商店』へ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/02/12 18:13

思い出商店 さんのブログ記事

  • トロール人形
  • トロール【troll】それはノルウェーに古くから伝わる妖精の一種ですが…日本では1990年代に願いが叶うラッキーアイテムとして大流行!『トロール人形』髪の毛を撫でながら願い事をすると叶うだとか、髪の色によって願いの種類が違うだとかなんだとか…1960年代にはアメリカで大流行★と言う事は…30年周期で…2020年には第三次トロール人形ブームがやってくるかもしれませんね!にほんブログ村 [続きを読む]
  • アートバンク
  • 貯金箱どこの家庭の子供部屋にも一つはあるだろう定番アイテム。毎月のお小遣いをコツコツ貯金している子も、3日坊主で貯金が続かない子も…これなら貯金が楽しくなること間違い無し!『アートバンク』(テンヨー/昭和64年)正面からみると中は空洞になっていて、宙には赤い立方体が、う 浮いて…る!?お金を入れても中は空洞のまま、振るとカランカランと音は聞こえてくるのに、見えなくなってしまった硬貨の行方は何処に!?に [続きを読む]
  • 水道管ゲーム(WATER WORKS)
  • おもちゃ屋さんの一角にあるボードゲームやカードゲーム、パズルやジョークグッズを扱っているコーナーの雰囲気って、子供からすると何だかちょっぴり大人びた感じや知的な感じがして惹かれるものです。そんな中でも海外からの輸入玩具なんて…それはそれはひと際に輝いて見えるものです。『水道管ゲーム(WATER WORKS)』(昭和51年/発売元;ニチユー株式会社)アメリカのパーカーブラザーズより発売されたこのカードゲームは、 [続きを読む]
  • BOGLINS
  • ネバーエンディングストーリー(1985)E.T.(1982)ダーククリスタル(1982)ラビリンス(1986)などなど…80年代のファンタジー映画はCG全盛期の今とは違って、アナログな人形やVFXが逆にリアルで存在感があり、なんだか温かみがあるように感じます。ハイ。そんな時代の映画のひとつ「グレムリン(1984)」を彷彿とさせるアメリカントイがこちら!『BOGLINS』(1987/BANDAI(日本での販売))木箱と檻を模して作られたパッケージ [続きを読む]
  • アメリカンクラッカー
  • インターネットも無くて、海外が今とは違って身近な存在では無かった一昔前、外国と言えば金曜ロードショーや日曜洋画劇場で見る映画の中の世界くらい。 そんな外国 = アメリカのイメージが鮮烈だった子供の頃のことです。 アメリカから海を渡ってやってきたなる触れ込みで、子供たちの間でまたたくまに大流行したのがこちら!『アメリカンクラッカー』別名カチカチボール。2つのボールが繋げられた紐の中心を指で持ち [続きを読む]
  • よいこのおどうぐばこ
  • という訳で!(←どういう訳で?)一ヶ月にわたって文房具を色々紹介をしてきましたが、最後に、そんな文房具をひとまとめにするのに役立つのがこちら!『よいこのおどうぐばこ』(昭和46年/デビカ)線で描かれたシンプルなライオンのイラストと、鮮やかな黄色とオレンジ色の組み合わせが素敵ですね。小学校だけでなくご家庭での小物入れにもピッタリです☆中身が綺麗なのは最初だけ、なんてことにならないように…日頃から整理整 [続きを読む]
  • 新聞紙の兜
  • 本日、5月5日はこどもの日です。鯉のぼりや五月人形を飾るのも良いですが…お手軽にこどもの日気分を味わえるのがコチラ!『新聞紙の兜』子供の頃にお父さんに作ってもらった少年たちも…今は大人になり自分の子供に作って上げる番ですね。《作り方》【その1】まずは新聞紙を1枚用意。【その2】左上から手前に三角形に折ります。【その3】右側を三角形の奥に折ります。【その4】はみ出た部分を手前に折ります。【その5】両端を手前 [続きを読む]
  • かみつきばあちゃん
  • 「おじいちゃん、お口 臭〜い!」30年程前に放送されていた、入れ歯洗浄剤のCMのフレーズです。孫にそんなこと言われたおじいちゃんの心境はこれ如何に…さて、時期は同じくして、くしくも子供達の間で流行していたのがコレです。『かみつきばあちゃん』(昭和62年/三菱鉛筆)こちらはおじいちゃんではなくおばあちゃん、文房具屋で三菱鉛筆のノベルティとしてもらえました。着脱式の歯の部分が消しゴムになっていたり、鉛筆等を [続きを読む]
  • どうぶつのり
  • 「取っておけば何かに使えるかもしれないから」そう言って空き缶や空き箱などを捨てられない人、多いのではないのでしょうか?今回ご紹介するのは、使用後の容器が小物入れにピッタリのこちら!『どうぶつのり』(昭和50年発売/フエキ)すっかりおなじみの黄色(犬)のこの容器ですが、当初は青(象)とピンク(うさぎ)も発売されていたようです☆主原料はとうもろこしでんぷん100%で安全!小さい子供が間違って食べてしまって [続きを読む]
  • ロケットペンシル
  • 小学校ではシャーペンの使用が禁止されています(大体)鉛筆で筆圧を加減してハネ・止めなど、正しく文字を書けるようにするためだとか理由は様々。「鉛筆の芯を削る手間がかからないからシャーペンの方が良い!」「プラスチックのカラフルな感じのシャーペンの方が良いなぁ…」それでも禁止されている物は駄目なのです。が…そんなあなたにはコチラ!『ロケットペンシル』(昭和40年代/ナック)もともとは台湾で発明された文房具 [続きを読む]
  • 鉛筆削り
  • 社会人になると筆記用具はもっぱらボールペンです。小学生の筆記用具といえばもっぱら鉛筆です。(シャーペンは禁止の学校が多かったですね)さて、そんな鉛筆と切っても切れないのがこちら!『鉛筆削り』学校には電動自動式のタイプも置いてありましたが、一家に一台、子供の勉強机の上には必ずコレがありました。大人になるとあまり鉛筆を削る機会はありませんが…手動式のハンドルを回すガリガリ ガリガリって音、なんか [続きを読む]
  • スクールパック
  • 4月も半ばですが… 新生活いかがお過ごしでしょうか?子供達や学生、社会人にもまず必要なのが筆記用具。そんな筆記用具などの必要な物が一セットになったのがコレ!『スクールパック』(昭和50年頃/サンスター)子供にはシンプル イズ ベストなんて言葉は響きません。でかでかとプリントされたF1カーの写真が男の子の心をわしづかみ!筆箱や鉛筆に鉛筆キャップ、消しゴムからノリに定規まで… 「お気に入りの文具だと勉強 [続きを読む]
  • スーパーカー消しゴム
  • ドキドキしますね。小学校のクラス替え。ちなみに僕の小学校の時は3年生と5年生の2回でした。さてさて、小学校は勉強するところ、とは言っても、「子供の仕事は遊ぶこと」なんて言葉もあるように、遊びにも勉強にも役に立つのがこちら!『スーパーカー消しゴム』訂正します。 消しゴムとは言うものの基本的には字は消えないので、勉強には役に立ちませんが消しゴムと言う名の下に、堂々と学校に持ってくる少年達の数知れず…B [続きを読む]
  • ジャポニカ学習帳
  • 春です。入学シーズンです。新学期です!小学校の勉強では色々と必要な物がありますが、まずは科目ごとにこれを用意しましょう!『ジャポニカ学習帳』(昭和45年発売/ショウワノート)緑の枠に動植物の写真がおなじみの表紙ですが、近年では「昆虫の写真が気持ち悪い」とのクレームで、植物のみになってしまいました。中ページには学習百科が掲載されており、授業の合間… ではなく、休み時間にも楽しく読めて、子供達の知的好奇 [続きを読む]
  • マルカワ FELIX
  • 勘違いは誰にでもあるものです。勘違いしていた本人が言うと、自分で言うなよと言われそうですが、そうなのです。というわけで子供の頃勘違いしていた駄菓子がこちら!『マルカワ FELIX』(昭和35年発売開始/丸川製菓)何を勘違いしていたかというと…包装紙に描かれているこのキャラクター、てっきりのらくろとミッキーを組み合わせた、駄菓子によくあるパチものキャラだと思っていました。ところが商品名にFELIXとあるように、 [続きを読む]
  • ミニ提灯
  • 子供は春休み真っ直中で、桜も見頃を向かえたこの季節、レジャーや旅行で観光地に行かれる方も多いのではないのでしょうか?そんな観光地のお土産売場で必ずと言っていい程見かけるのがコレ!『ミニ提灯』以前紹介したペナント・キーホルダーと合わせて、日本の三大土産の最後の一つがこのミニ提灯です!和室の長押しに引っ掛けてずらりと並べて飾るのが粋です。その土地その土地の地名の入った提灯は眺めているだけで、色とりどり [続きを読む]
  • もちもち君 コーラ餅
  • 今年も桜の季節がやってまいりました。ちょうど一年前に紹介したのがこざくら餅、そんなこざくら餅の姉妹品とも言えるのがこちら!『もちもち君 コーラ餅』(富士製菓)正確にはこざくら餅の製造元は明光製菓なので、姉妹品と言うよりは類似品と言った方がいいのでしょうか…?もちもち君の名の通りの食感で美味しいのですが、大人のみなさんは気を付けなければいけません。何をって?油断すると銀歯が取れます。 [続きを読む]
  • おとくでっせチョコ
  • 以前ご紹介したごえんがあるよチョコレート、通称5円チョコの親分とも言えるチョコレートがあります。それが今回ご紹介する…『おとくでっせチョコ』(福助製菓)50円硬貨をモチーフにしたおとくでっせチョコ、子供達は異口同音に50円チョコと呼びます。(多分)おとくでっせの名前の訳は、10円〜100円の金券くじが付いているからでしょう。しかしそう簡単にはおとくでっせ(当たり)にはならないんだな〜 これが。 [続きを読む]
  • 玉葱さん太郎
  • 駄菓子屋に君臨する太郎三銃士…一人はキャベツ太郎、もう一人はもろこし輪太郎。そして今日ここに、最後の一人を紹介しよう。『玉葱さん太郎』(昭和57年頃発売/菓道)パッケージには玉葱を擬人化したキャラクターのイラスト。服装からすると畑仕事をするファーマーのようだ。今まさにスコップで玉葱を収穫している最中…ってその収穫している玉葱は 子供では…?もしかしたらそれはあなたの息子ではないのですか!?手塩にかけ [続きを読む]
  • 当たり券
  • 新幹線ゲームなどに代表される駄菓子屋10円ゲーム。上手くゴールすると当たり券が出て来て、駄菓子などに交換出来るシステムが一般的です。『当たり券』さて、思い出商店で遊べる10円ゲームの当たり券は7種類、券の色によって10円〜100円と金額が決まっています。何色が出てくるかは完全にランダム、実力でゴールを勝ち取ったあとは運に任せるのみ!ハラハラドキドキの10円ゲームのラインナップはこちら☆『新幹線ゲーム』『UFO』 [続きを読む]
  • 甘いか太郎
  • 以前ご紹介した酢だこさん太郎。そんな酢だこさん太郎のライバルとも言える駄菓子があります。いや、酢だこさん太郎が勝手にライバル視してるだけかもしれません。『甘いか太郎』(華道)酢だこさん太郎と同じ系統の駄菓子ながら、値段もサイズもビッグで倍なのが甘いか太郎です。もはやヘビー級とフェザー級のようなウエイト差、サイズでは負けるが値段では酢だこさん太郎が優勢です。はたしてどちらの手に勝敗があがるのか…!? [続きを読む]
  • Dr.スランプ アラレちゃん ファンタジーライオン
  • 男の子はプラモデルが好きである(大体)大人になってもプラモデルが好きである(多分)という訳で作ってしまったのがこちら!『Dr.スランプ アラレちゃん ファンタジーライオン』(1985年発売(2007年再販)/BANDAI)鳥山明先生のイラストが全面に描かれた箱は、もう開ける前からワクワクしてしまいますね!・・・・・・・・・・・・ハイ あっと言う間に出来上がりです!実際はコツコツ作って色塗って、1ヶ月位かかりました [続きを読む]
  • 元祖 植田のあんこ玉
  • 駄菓子は基本的には子供向けの食べ物ですが…こちらの駄菓子はお茶請けにもピッタリです。おばあちゃん家にお土産で持って行くと喜ばれる事請け合い!『元祖 植田のあんこ玉』(植田製菓工場)この本格的な和菓子のような佇まい…それでいて一つ10円というお手頃な価格!さらにはあんこの中に当たり(白い砂糖の玉)が入っていると、一回り大きな大玉が貰えるくじ要素が付いているのも魅力です☆ [続きを読む]
  • トンガリ菓子
  • 駄菓子のネーミングは子供にも分かりやすい、ユニークで『名は体を表す』的な物が多いです。そなんな中でも、あまりにもストレートな名前の駄菓子がこちら!『トンガリ菓子』(井桁千製菓所)袋には可愛らしい動物のキャラクターのプリント、熊・猿・犬(何故かサーファー)等の種類があり、中身のお菓子が同じでも選ぶ楽しさがありますね☆三角形の尖ったお菓子なのでトンガリ菓子!子供が付けそうでいてなんとも的を射ている秀逸 [続きを読む]
  • 100円分の駄菓子《AB型の場合》
  • 最近はブラハラ(ブラッドタイプ・ハラスメント)なんて言葉で問題になったりしていますが…なんだかんだ言って日本人って血液型占いが好きですよね(多分)というわけで…血液型別、100円分の駄菓子占いをお届け致します。最終回はAB型です。駄菓子屋さんで100円分の商品を選ぶとこうなるでしょう。さくらだいこん/50円梅ジャム/10円すもも漬/40円合計100円一癖も二癖もある個性的なチョイス。なんとかと天才は紙一重と言いま [続きを読む]