スポーツプロショップ コダマ さん プロフィール

  •  
スポーツプロショップ コダマさん: スポーツプロショップ コダマ
ハンドル名スポーツプロショップ コダマ さん
ブログタイトルスポーツプロショップ コダマ
ブログURLhttp://sp-kodama.com/
サイト紹介文スポーツ専門ショップコダマのブログです。手にフィットする野球グラブの型付を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/02/12 19:30

スポーツプロショップ コダマ さんのブログ記事

  • プロテインの種類と摂取時間
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日はサプリメントについて話をしていきましょう。【カラダづくりに役立つサプリメント】カラダづくりのためのサプリメントとして、筆頭にあげられるのが「プロテイン」です。プロテインというと、「筋肉マッチョ」や「ムキムキ」を想像する人も多いようですが、実はそれは大きな誤解です。プロテインを上手に活用してカラダづくりに役立てましょう。■プロテインの種類 「プロテイ [続きを読む]
  • 睡眠と老化の関係
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日も健康寿命と睡眠について考えてみましょう。【良質な睡眠をとる重要性】成長ホルモンは、子供にとっては骨の発育、成長を促す大切なホルモンです。もちろん大人にとっても大切なもので、大人にとっての成長ホルモンは、筋肉を増強させ、血液中の水分や糖分などの代謝を調節し、体の様々な組織の修復、疲労回復、脂肪燃焼などを促進するホルモンなのです。成長ホルモンが不足すると、 [続きを読む]
  • 良質な睡眠が健康長寿を延ばす
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日は健康寿命と睡眠について考えてみましょう。【良質な睡眠が健康長寿を伸ばす】健康で長生きし、充実した人生を送っていくためには、食事・運動とともに良質な睡眠をとるということが非常に重要です。人間は通常、人生の3分の1は眠って過ごします。その3分の1についてもっと関心を持ち、より良い睡眠を取るよう考える必要があります。無頓着ではいけないのです。年を重ねてくると、よ [続きを読む]
  • アスリートにとってのサプリメントの役割
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日はサプリメントについて話をしていきましょう。「サプリメント」の語源は、「補足」「追加」「おまけ」などを意味する英語「supplement」から来ています。この言葉どおり、サプリメントは“足りない栄養素を補う食品”を指し、日本では「栄養補助食品」とも呼ばれています。(1)サプリメントとは 人間が健康的に生きていくためには、必要な栄養素を毎日十分に摂れているかどうかが [続きを読む]
  • ウォーキングの血圧への4つ効果
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日は血圧とウォーキングについて考えてみましょう。【ウォーキングで血圧が下がる】 高血圧の方にとって最もいい運動は、ただ歩くだけの「ウォーキング」です。歩く以上の激しい運動を行うと、心臓や血管に負担がかかり、命にかかわるリスクの方が大きくなります。しかし、気になるのは「ウォーキングで本当に血圧が下がるの?」ということです。感覚的には分かっても、今ひとつピ [続きを読む]
  • コンディションに必要なビタミン
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日はコンディションに必要なビタミンについて話していきます。毎日、練習の効果を身体で表現するために、また質のよい練習をするために必要なビタミンがあります。練習の効果で、より質の高い体になれば理想です。その際に欠かせないのが、タンパク質やアミノ酸の代謝に関与するビタミンです。ビタミンB6は、たんぱく質の代謝が高まった時(筋肉剛性が高い時など)や、タンパク質の摂 [続きを読む]
  • 動脈硬化とウォーキングの関係
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。 本日は動脈硬化とウォーキングについて考えてみましょう。動脈硬化と言えば高齢者がなるものと思っているかもしれませんが男性は45歳、女性は55歳あたりからリスクが高まります。今から血管年齢をあげない生活を心がけてほしいものです。【動脈硬化の犯人コレステロール】動脈硬化の犯人が増えすぎてしまったコレステロールで間違えではないんですが、本来、コレステロールは細 [続きを読む]
  • エネルギーを生み出すために
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日はエネルギーを生み出すビタミンについて話していきます。アスリートにとってビタミンの重要度は、一般人よりも高くなります。その理由はまず、アスリートと一般人ではエネルギーの使い方が違います。エネルギーがたくさん必要になると、そのエネルギーを作る過程で欠かせないビタミンが大量に必要になります。エネルギー源となる栄養素からエネルギーを産生することを代謝と言います [続きを読む]
  • 糖尿病にウォーキングが最適と言われる訳は?
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。 本日は糖尿病とウォーキングについて考えてみましょう。 【糖尿病と運動の関係】糖尿病の改善には運動をするといいって言われていますが、そうは言ってもなかなかできないものです。運動と言っても、単に体を動かすのではなく、糖尿病にいいとされている運動を進んでするようにしてください。それが「ウォーキング」です。運動が苦手だという人でも、いわば歩くだけのウォーキ [続きを読む]
  • 「可部の街散策ウォーキング」開催
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。 1月29日(日)にコダマ主催で「可部の街散策ウォーキング」を実施しました。 今後コダマでは、健康寿命を延ばすことを目的としたイベントをいろいろ開催していきたいと考えています。 その第1回目としてガイドボランティアの人に旧跡を説明してもらいながら、2時間ほど散策を行いました。 集合 まずは安佐北区総合福祉センターに集合し、今回は参加者9名、ボ [続きを読む]
  • 貧血対策と予防に必要な栄養素
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日は貧血対策と予防に必要な栄養素について見ていきます。①鉄体内に存在している鉄は、約60〜70%が血液中の色素タンパクであるヘモグロビンの中に、ヘム鉄(機能鉄)として存在します。残りの20〜30%の鉄はたんぱく質と結合し、貯蔵鉄として肝臓や骨髄、脾臓に貯蔵されます。この貯蔵鉄は、ヘム鉄が不足すると、血液中に出てきて補給します。機能鉄は、血液中のヘモグロビン [続きを読む]
  • 健康運動の王様「ウォーキング」
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日は健康運動の王様「ウォーキング」について話をしていきましょう。 からだに優しく、手軽な運動として、最近は「ウォーキング」が注目されています。しかし、効果はすぐ現れるものではなく、はっきりと効果を実感できるようになるには2~3ヶ月かかります。動脈硬化ボチボチ、気長に、気楽に取り組みましょう。 【 ウォーキングの効果 】 ●肥満防止解消 有酸素運動な [続きを読む]
  • 知っておきたいミネラルの話
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日はミネラルについて話をしていきましょう。ミネラル類とは、人間にとって必要不可欠な五大栄養素のひとつで、体の組織をつくる原料となり、体の働きを維持・調節する働きを持つ微量栄養素です。人間の体の約96%は、炭素、水素、酸素、窒素で構成される炭水化物 (糖質)やたんぱく質、脂質、ビタミン類などの有機物と水分からできています。残りの約4%を構成しているのがミネラル類 [続きを読む]
  • スポーツ貧血の予防には
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日は貧血と予防策について見ていきましょう。【アスリートに多いスポーツ貧血】アスリートの多くは、実はスポーツ貧血に苦しんでいます。貧血とは、血液中のヘモグロビン濃度が基準値以下になることです。筋肉など全身各組織への酸素の運搬能力が低下し、持久力が低下します。さらに、身体が冷えやすくなったり、エネルギー産生能力が低下したり、血中乳酸濃度が増加したりするといった [続きを読む]
  • 知っておきたい骨代謝とカルシウムの話
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日は骨代謝とカルシウムについて詳しく見ていきましょう。【骨代謝】日常的に運動するアスリートは、骨の代謝が早くなります。骨代謝とは、破骨細胞が骨を少しずつ溶かし(骨吸収)、骨の細胞がそれを修復する(骨形成)働きのことです。骨は常に壊しては作ることを繰り返していますが、アスリートはこの骨代謝が早いと同時に、骨量の減少が起こりやすくなります。また、カルシウムは汗 [続きを読む]
  • 知っておきたいビタミンの話
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日はビタミンについて話をしていきましょう。炭水化物、脂質、たんぱく質に比べると、ビタミンの必要量はほんのわずかですが、ビタミンの役割は人にとって欠かすことはできません。ビタミンの働きは、それ自体での働きよりも、おもにタンパク質から作られる酵素の働きを助ける、補酵素としての役割が大きいです。酵素の働きは、生命活動に必要な代謝には欠かせないものとなっていて、補 [続きを読む]
  • センター試験2日目は雪模様!
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。 本日は昨夜からの雪で広島市内も全くの雪景色になっています。今日は大学のセンター試験の2日目、交通機関の乱れも予想されます。受験生を持つ保護者の方や関係者の方はさぞかし心配されていることでしょう。 私は、昨年次男が大学受験でした。天候は良かったのですが、次男の体調が大変だったのです。 なんと、朝起きてみると38度を越す高熱が出ていました。日頃熱の [続きを読む]
  • 知っておきたいタンパク質の話
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。 新型栄養失調において不足していると言われる「タンパク質」ですが、本日はその「タンパク質」について詳しく見ていきましょう。 健康寿命を延ばすためにも知っておきたい知識です。 人間のカラダを構成する要素を大まかに分類すると、最も多いのが水(約60%)で、次に多いのがタンパク質(約20%)、以下、脂肪(約15%)、その他(5%)となります。水を除くと [続きを読む]
  • 骨を弱くするNG習慣
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日は骨を強くすることについてもう少し詳しく見ていきます。【骨を弱くするNG習慣】どんな生活が骨を弱くするのでしょうか。●過剰な塩分塩分(ナトリウム)を摂りすぎるとカルシウムとマグネシウムの利用が悪くなるため減塩を心がけましょう。●過剰な加工食品(リン)加工食品に含まれるリンの摂りすぎは、カルシウムとマグネシウムの吸収を妨げます。●過剰な飲酒アルコールはマグ [続きを読む]
  • 骨を強くする栄養素
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日は骨を強くすることについてもう少し詳しく見ていきます。【骨を強くする栄養素】◎カルシウム体内のカルシウムの 99 パーセントが骨と歯に存在しているため、丈夫な骨や歯をつくるために欠かせない栄養素です。牛乳や乳製品に代わるカルシウム源として是非お勧めしたいのが、ブロッコリーや小松菜、からし菜などの色の濃い野菜です。カルシウムだけでなくほかのミネラルやビタミンも [続きを読む]
  • 健康寿命とタンパク質の関係
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。2013年の日本人の平均寿命は、女性86.61才(世界1位)、男性80.21才(世界4位)です。しかし、健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)は、男女ともに、平均寿命より10年前後短いのです。 つまり、生きてはいるけれど、人生最後の10年間は何らかの介護を受けながら生きている状態なのです。健康寿命を延ばし、元気で自立した老後を送るために大 [続きを読む]
  • 骨密度と運動とカルシウムの関係
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日は骨とカルシウムについてもう少し詳しくお話ししましょう。骨は、骨基質というタンパク質が網目状に走っており、そこにリン酸カルシウムや炭酸カルシウムなどの形でミネラルがくっついてできています。骨密度とは、単位面積あたりの骨量を示しており、どのくらい骨の中が詰まっているかを表しています。骨密度の数値が高いほど骨の中身が詰まっていることを示しています。一般的に骨 [続きを読む]
  • 新型栄養失調をチェックしてみよう!
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。本日も引き続き「新型栄養失調」について考えてみましょう!新型栄養失調とは、カロリーは足りているのに、タンパク質やビタミン、ミネラル不足の状態の事です。食事や睡眠をしっかり摂っているのに疲れが取れない、最近集中力が低下した、風邪をひきやすくなったとういう方は、新型栄養失調の可能性があります。最近、この新型栄養失調にかかる人が増えてきています。特に40代以上の日本 [続きを読む]
  • 詳しく知っておきたいコラーゲンの話
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。前回怪我予防と栄養についてお話ししましたが、本日はコラーゲンについてもう少し詳しくお話ししましょう。コラーゲンとは、タンパク質の一種で、からだを構成する全タンパク質の約30%を占めています。体内コラーゲンのうち40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在し、その他は血管や内臓など全身に広く分布しています。コラーゲンは、アミノ酸 (グリシン、プロリン、ヒドロシキプロリンなど [続きを読む]
  • 今また栄養失調の人が増えています!
  • サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。今日は新型栄養失調について考えてみましょう!今日本人の食生活に黄色信号が出ています。隠れた栄養失調ともいえる「新型栄養失調」が子供や若い男女、高齢者に増えてきているのです。日本人に足りない栄養素は何か?日本人は「たんぱく質」「ビタミン」「ミネラル」が足りていないのです!そもそも栄養失調とは、十分なカロリーや栄養が足りていない状態のことをいいます。栄養失調にな [続きを読む]