ぱーぷ さん プロフィール

  •  
ぱーぷさん: 機械オタクの朝は遅い・改
ハンドル名ぱーぷ さん
ブログタイトル機械オタクの朝は遅い・改
ブログURLhttp://mechaota.blogspot.jp/
サイト紹介文一体型PCいじったり、バイクいじったり、BOF6やってみたり。
自由文原付の改造や一体型PCの改造など、気になったことは何でもやってみるブログ。
痒いところに手が届きたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2016/02/13 01:31

ぱーぷ さんのブログ記事

  • 無申請ボアアップ、いわゆる「闇ボア」について
  • たまに「ボアアップしてありますが、50cc申請です」という触れ込みで販売しているバイクがあったりしますが、大抵の場合「50ccで登録後にボアアップし、そのまま無申請」という状態です。いわゆる「闇ボア」という状態です。Twitterなんかで、「闇ボアもして誰にも迷惑かけてない」みたいなことを抜かしてる人もいますが、事故を起こした場合確実に迷惑がかかります。ではどんなことになっていくのか、説明していきたいとおもいま [続きを読む]
  • KH125 車体データ・スペック
  • カワサキのKH125のスペックなんかを説明していきます。古いバイクですが、何だかんだで息の長いバイクです。部品もそれなりに出たりします。主要諸元エンジン 124cc 2サイクル 空冷単気筒 ロータリーディスクバルブ式内径x行程 / 圧縮比 56.0mm x 50.6mm / 7.0:1最高出力 14PS/7,000rpm最大トルク 1.40kgm・f/6,500rpm 乾燥重量 95kgパワーウェイトレシオ 6.79kg/PS [続きを読む]
  • 90TR 車体データ・スペック
  • カワサキの90TRのスペックなんかを説明していきます。90SSS系のエンジンですが、フレームも一新して90SSSよりもよりオフロード色が強くなっています。主要諸元エンジン 89.9cc 2サイクル 空冷単気筒 ロータリーディスクバルブ式内径x行程 / 圧縮比 47.0mm x 51.8mm / 7.0:1最高出力 10.5PS/8,000rpm 最大トルク 0.98kgm・f/7,000rpm 乾燥重量 84.8kg パワーウェイトレシオ 7.52kg/PS [続きを読む]
  • 90SS 車体データ・スペック
  • カワサキの90SSのスペックなんかを説明していきます。SSの名が示す通り、立派なマッハシリーズです。90S、90SS、90SSSとラインナップがあるようですが、すべてこの記事で説明していきます。主要諸元エンジン 89.9cc 2サイクル 空冷単気筒 ロータリーディスクバルブ式内径x行程 / 圧縮比 47.0mm x 51.8mm / 7.0:1最高出力 10.5PS/8,000rpm 最大トルク 0.98kgm・f/7,000rpm 乾燥重量 (90S・SS)79kg [続きを読む]
  • GN80 車体データ・スペック
  • スズキのGN80のスペックなんかを説明していきます。アメリカンタイプのバイクでありながら、優れた動力性能を持つバイクです。(写真はキャストホイールモデルのGN80E)主要諸元エンジン 79cc 2サイクル 空冷単気筒 ピストンリードバルブ式内径x行程 / 圧縮比 49.0mm x 42.0mm / 7.2:1最高出力 10.0PS/8,500rpm 最大トルク 0.80kgm・f/8,000rpm &nb [続きを読む]
  • GP125 車体データ・スペック
  • スズキのGP125のスペックなんかを説明していきます。似たようなバイクの名前やレースの名前がありますが、別物ですwww当時、GT125とスズキの双璧をなすバイクだったみたいです。主要諸元エンジン 123cc 2サイクル 空冷単気筒 ロータリーディスクバルブ式)内径x行程 / 圧縮比 56.0mm x 50.0mm / 6.8:1最高出力 14.0PS/8,000rpm 最大トルク 1.30kgm・f/7,500rpm  [続きを読む]
  • K125 車体データ・スペック
  • スズキのK125のスペックなんかを説明していきます。K90と共通する点も多々あります。同じくビジネスバイクにしてスタイリッシュなバイクです。主要諸元エンジン S-10型 123c 2サイクル 空冷単気筒 ロータリーディスクバルブ式 (8型からはロータリー+リードバルブ)内径x行程 / 圧縮比 54.0mm x 54.0mm / 7.0:1最高出力 12.0PS/7,000rpm 最大トルク 1.30kgm・f/5 [続きを読む]
  • K90 車体データ・スペック
  • スズキのK90のスペックなんかを説明していきます。歴史の長いバイクで、型がたくさんあります…主要諸元エンジン 88cc 2サイクル 空冷単気筒 ロータリーディスクバルブ式 (8型からはロータリー+リードバルブ)内径x行程 / 圧縮比 50.0mm x 45.0mm / 6.7:1最高出力 7.5PS/6,500rpm 最大トルク 0.95kgm・f/4,500rpm &nb [続きを読む]
  • NS-1の社外クラッチディスク
  • 各社からNS-1用クラッチキットが販売されている。クラッチディスクは消耗品であるので、カスタムや補修に。 今回はNS-1用のものを紹介しています。KN企画 強化3枚クラッチディスク補修用部品なんかで有名なKN企画のクラッチディスク。価格も抑えてあり、強化クラッチなので純正よりも性能は高いかと。アマゾンではクラッチディスクのみも扱っている。アマゾンでは強化クラッチスプリング付で販売中。アマゾン 楽天【あす楽対応】K [続きを読む]
  • RA125 車体データ・スペック
  • スズキのRA125のスペックなんかを説明していきます。輸出仕様はTS125Xと呼ばれ、ハスラーシリーズの系譜である事がわかります。(画像は輸出仕様のTS125X)主要諸元型式 SF13Aエンジン F115型 124cc 2サイクル 水冷単気筒 パワーリードバルブ式 内径x行程 / 圧縮比 56.0mm x 50.6mm / 6.6:1最高出力 22.0PS/8,000rpm 最大トルク 2.00kgm・f/7,500rp [続きを読む]
  • GT125 車体データ・スペック
  • スズキのGT125のスペックなんかを説明していきます。SYM社から同名のスクーターが販売されていますが、勘違いなさらぬように。主要諸元エンジン 124cc 2サイクル 空冷2気筒 ピストンリードバルブ式内径x行程 / 圧縮比 43.0mm x 43.0mm / 6.8:1最高出力 16.0PS/9,500rpm最大トルク 1.30kgm・f/8,500rpm乾燥重量 115kgパワーウェイトレシオ 7.19kg/PS製造期間 1971年-1987年全長x全幅x全高 1910mm&n [続きを読む]
  • Twitterの人達のバイクを見てみる。その7
  • 本当は前回で全部紹介するつもりだったんだけど、様々な事情により紹介しきれませんでした。申し訳ないッ!ということで、今回で全て紹介します。過去のやつはこっち。てかこっちも見たほうがいい→Twitterの人達のバイクを見てみる その1 その2 その3 その4 その5その6 RG50ΓとWOLF50では行きましょ。ピンクドラのりょっちんさんのTZM50R走り屋仕様?のTZM50R。尖ったアクセントもなく、キレイにまとま [続きを読む]
  • Twitterの人達のバイクを見てみる。 その6
  • なんの節目でもないけど、またちょっとだけこのシリーズやります。理由は後述。過去のやつはこっち。てかこっちも見たほうがいい→Twitterの人達のバイクを見てみる その1 その2 その3 その4 その5 RG50ΓとWOLF50では行きましょ。minelvaさんのGSX400SとCB50S改とスーパーディオ今回の企画の発起人ですwwwやっぱカタナはいいねぇ、スズキって感じがする!(褒め言葉)ただしマフラーには穴が開いている [続きを読む]
  • RG125/E 車体データ・スペック
  • スズキのRG125とRG125Eのスペックなんかを説明していきます。GT125の後継車両であり、RG125Γへと繋がる車両です。RG125RG125E主要諸元エンジン 123cc 2サイクル 空冷2気筒 ピストンリードバルブ式(RG125Eはパワーリードバルブ式)内径x行程 / 圧縮比 43.0mm x 43.0mm / 6.9:1最高出力 16.0PS/9,500rpm最大トルク 1.30kgm・f/8,500rpm乾燥重量 122kgパワーウェイトレシオ (初期型)7.63kg/PS製造期 [続きを読む]
  • RG80/E 車体データ・スペック
  • スズキのRG80Eのスペックなんかを説明していきます。ガンマシリーズの先祖?と思いきや、80ccクラスで独立しているモデルのようです。(画像はRG80E)主要諸元エンジン 79cc 2サイクル 空冷単気筒 パワーリードバルブ式 内径x行程 / 圧縮比 49.0mm x 42.0mm / 7.2:1最高出力 10.0PS/8,500rpm 最大トルク 0.89kgm・f/8,000rpm & [続きを読む]
  • TS90(ハスラー) 車体データ・スペック
  • スズキのTS90(ハスラー90)のスペックなんかを説明していきます。海外ではHoncho(ホンチョ?)なんて呼ばれているみたいです。主要諸元エンジン 89cc 2サイクル 空冷単気筒 ロータリーディスクバルブ式 内径x行程 / 圧縮比 47.0mm x 51.8mm / 6.8:1最高出力 10.0PS/7,500rpm 最大トルク 0.97kgm・f/7,000rpm &nb [続きを読む]
  • TS125R 車体データ・スペック
  • スズキのTS125Rのスペックなんか説明していきます。TS125(ハスラー125)のフルモデルチェンジ版車両ですが、こちらはハスラーとはあまり呼ばれません。(公式にもハスラーの表記はありません…)主要諸元型式 SF15Aエンジン F115型 124cc 2サイクル 水冷単気筒 クランクリードバルブ式 内径x行程 / 圧縮比 56.0mm x 50.6mm / 7.1:1最高出力 22.0PS/9,500rpm [続きを読む]
  • TS125(ハスラー125) 車体データ・スペック
  • スズキのTS125のスペックなんかを説明していきます。モタードモデル?であるTS125Tもこの記事で触れていきます。TS125Rはまた別で説明していきます。1型TS125T最終型主要諸元エンジン 123cc 2サイクル 空冷単気筒 ピストンリードバルブ式 (79年式からはパワーリードバルブ式)内径x行程 / 圧縮比 56.0mm x 50.0mm / 6.8:1最高出力 (初期型)13.0PS/7,000rpm &nb [続きを読む]
  • 一次減速比と二次減速比、ミッションの変速比との関係は?
  • バイクのスペックなんか見てると、一次減速比や二次減速比なんて言葉が出てくるかと思います。割りと見過ごしがちですが、バイクの性能を大きく左右する要素だったりします。今回は、この減速比について説明していきたいと思います。一次減速比これは、エンジンの回転を直接減速する値です。エンジンが5000rpmだとして、1分間にタイヤは5000回転もしませんよね?(rpmは1分間にどれだけ回転するか、の値です。)変速機(ミッション)に [続きを読む]
  • バンバン75/S(RV75) 車体データ・スペック
  • スズキのバンバン75のスペックなんかを説明していきます。バンバン75スポーツと呼ばれるモデルも、この記事で説明します。(写真は海外モデル)主要諸元型式 RV75エンジン 72cc 2サイクル 空冷単気筒 ピストンリードバルブ式内径x行程 / 圧縮比 47.0mm x 42.0mm / 6.4:1最高出力 (RV75)5.0PS/6,000rpm (RV75S)6.5PS/6,000rpm最大ト [続きを読む]
  • ウルフT125 車体データ・スペック
  • スズキのウルフT125のスペックとかを説明していきます。RGシリーズのバリエーションであるWOLF125とはまた別車種ですのでご注意。主要諸元エンジン 124cc 2サイクル 空冷並列2気筒 ロータリーバルブ式内径x行程 / 圧縮比 43.0mm x 43.0mm / 7.3:1最高出力 15.1PS/8500rpm最大トルク 1.38kgf・m/7000rpm乾燥重量 96kgパワーウェイトレシオ 6.36kg/PS製造期間 1967年-1972年全長x全幅x全高 1 [続きを読む]
  • ウルフT90 車体データ・スペック
  • スズキのT90のスペックなんかを説明していきます。正式名称はウルフT90みたいです。単なるペットネームではないっぽい?主要諸元エンジン 89cc 2サイクル 空冷並列2気筒 ロータリーバルブ式内径x行程 / 圧縮比 38.0mm x 39.6mm / 7.3:1最高出力 10.5PS/8500rpm最大トルク 0.92kgf・m/7500rpm乾燥重量 98kgパワーウェイトレシオ 9.33kg/PS製造期間 1969年-1972年全長x全幅x全高 1820mm × 5 [続きを読む]