経絡治療脉診流氣鍼医術 さん プロフィール

  •  
経絡治療脉診流氣鍼医術さん: 氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記
ハンドル名経絡治療脉診流氣鍼医術 さん
ブログタイトル氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記
ブログURLhttps://www.kishin-ijutsu.com/%E7%97%87%E4%BE%8B%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/
サイト紹介文脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/02/13 17:45

経絡治療脉診流氣鍼医術 さんのブログ記事

  • 北海道風邪」と「生理前症候群」
  • 33才 女性 病院事務員  「体がだるくてしんどいんです」 北海道旅行から帰って1週間がたっても疲れが取れない。むくんでだるく、k朝起きも悪いという。 脉状 やや数、虚にして浮(やや微熱がありだるさありの脉) 腹気鍼診断 下脘・膻中・気海が脉締 奇経診断 左公孫―左合谷で脉締(外関―照海ではなかった) 「おなかが重く、腰もだるい」 [続きを読む]
  • 東京風邪
  • 57才 主婦 「東京で風邪をもらったみたい。頭が重くのどがイガイガする」 娘の様子を見に行くと言っていた女性が東京風邪をもらって帰ってきた早々来院した。 「空気が悪かったのかな?」「そんなでもなかったけど真夏日で油断しました」 脉状 浮にして数 やや革を呈している 体温37.2度 腹気鍼診断 中脘・下脘が脉締 巨闕・左期門がやや革脉 奇経診断 左申脈・ [続きを読む]
  • 驚くべき「腎実瀉法」の効果〜後日談
  • 原因不明の大血尿と尿詰まり〜驚くべき「腎実瀉法」の効果 こちらのエントリーの後日談です。 5回目の来院時、「まったく出血なしです」とのこと。 この前通院していた2軒の病院に検査に行ったとき、ドクターに「4回の鍼治療で出血が止まったんですよ」といったら「そんな話聞いたことない」と機嫌の悪いこと。 2軒目の大病院のドクターにも [続きを読む]
  • 原因不明の大血尿と尿詰まり〜驚くべき「腎実瀉法」の効果
  • 66才 男性 清掃業 <<経過>> 昨年11月、突然血尿が出はじめる。その後大量に出たりやんだりしていたが、12月に入っても止まらず。ある日から黒い血の塊が出始め、12月25日に小便が全くでなくなり緊急入院した。 2件の病院で検査をしたが、癌もなく腎臓結石もなくまったく原因不明であるという診断が出た。 血尿は、毎日出る上に固まって詰まりやすいので、管を差し込んで [続きを読む]
  • ホワイトデー症候群
  • 42才女性 会社員  > 生理不順 予定日すぎて10日にもなるのに来ない。 6か月前不順で来院して治療し順調になっていたのに、やっぱり遠のくとだめですね。 脉状 この日は特に左手・関・尺に革脉を呈しており肝腎の流れに滞りを感じる。普段は虚・軟・緩の血圧低めの疲れやすい脉状である。 経過 特に自分では体に異常は感じないが、生理が遅れているのが気になる [続きを読む]
  • 心経の痛みをとるためには
  • 〜 右肩が挙がらない/右肩・肘の痛み 〜 68才 女性 会社役員 << 経過 >> 1週間前、前のめりにこけて手をついてしまった。3日目から右腕が痛くてあがらない。結髪動作プラス(大腸経・心経)結帯動作プラス(心経・大腸経) 子午診断 顕著な子午診断は出なかった。左腎経がやや締まりはしたが、一番ではない。 奇経診断 左臨泣―右合谷 証 心虚腎虚 [続きを読む]
  • 婦女子の腎臓結石はおっさん化のシルシ
  • 〜 胃が痛い、実は腎臓結石の発作だった 〜 55才 主婦 <<4月4日(火曜日・上弦の月)>> 昨日夕方、突然胃が痛くなって夜中まで痛くて眠れないくらいでした。朝から痛みは少しマシになりましたが、吐き気がすこし、と来院。 脉状 数にして堅く沈んで緊 奇経診断 右外関―右臨泣 証 脾虚腎肝実証左から(上弦当日) 治療 左陰陵泉・左少 [続きを読む]
  • 【月間アクセス上位10記事】2017年03月分
  • 第10位:「魔女のひと突きその後報告」ともう1症例 第09位:3日間寝たきりだっためまい(頚椎捻挫症候群後遺症) 第08位:10年ぶりの魔女のひと突き〜ギックリ腰 第07位:氣鍼医術臨床講座 普通部の第10回目を開催いたしました 第06位:「肺虚の風邪」患者が多いのはなぜ? 第05位:【症例】頭痛を訴える11歳男子 第 [続きを読む]
  • 胆の砂・腎の砂
  • <<62歳 会社役員 男性 胆の砂、悪露の発作>> 星の砂なら聞いたことがあるが、胆砂で入院したことがあるなんて初耳だった。腎の砂は私の造語だと思っていたが、まんざら当たっていないこともないのだ。 経過 この患者さん、ベッドに仰臥して検脉中に、右背中がこむら返りみたいにひきつると言い出したのだ。ふくらはぎならともかく、背中とは珍しい。ところが同時に脉状が急に弦 [続きを読む]
  • 生後4ヶ月の赤ちゃんに裏内庭のお灸
  • 小児湿疹だろう、と病院に行くと塗り薬が出た。 塗り始めるとあれよあれよという間に湿疹は全身に広がり、かきむしりで血まで出始めた。 ひどいでしょう、と新米ママは涙目。 治療 小児鍼はスプーンで散鍼を行い、邪気を祓ってから裏内庭のツボを取穴した。 参考エントリー:【家庭でできる治療法】スプーン小児はり 泣き叫ぶ4か月児、母親に足の指をむんずとし [続きを読む]
  • 氣鍼医術臨床講座研究部の第10回目を開催いたしました
  • 数あるブログの中から、当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただきありがとうございます。氣鍼医術臨床講座研究部の第10回目を開催いたしましたので、本日はその報告をさせていただきます。 開催日:2017/03/12 開催場所:兵庫県民会館 研究部は3年間の普通部を終えられた方々を対象としています。氣鍼医術の理論をしっかりと学ばれた方ばかりですので、研究部における講座は実践がメイン [続きを読む]
  • パニック障害という病名がつくであろう症例
  • 46才 主婦 2男子の母 160? 45キロ 主訴:動悸・不安・めまい・頭痛・顔面硬直 経過:1ヶ月前に過呼吸発作で救急入院。電車に乗ることもできないし不安な言葉に反応してしまう。主婦業にも差し支え実家の母親に来てもらっている。 奇経診断:陥谷ー後谿  証:心包虚肺腎実証 奇経診断:合谷ー陥谷 証:腎虚心包虚証などを7回治療、8回目 [続きを読む]
  • 臨床を通して歯痛考察する
  • 63才 男性  主訴:朝から左下奥歯がしみるように痛み、歯茎も浮いてます 子午診断:古典理論では下歯は大腸経、上歯は胃経が主るが原則 この患者は左下奥歯痛だから大腸経の主りだと思い、 子午拮抗経絡右腎経の太谿に金10番鍼で補法を加えた。しかし脉は締まらない。 なんと右心包経太陵に金10番鍼で脉締。しみるように痛んだ下の歯本体上部は胃経の主 [続きを読む]
  • 「肺虚の風邪」患者が多いのはなぜ?
  • 【症例その1】69歳男性 主訴:朝から目の奥が重く、肩が凝りしんどい 腹気鍼診断:中脘・下脘が締まり、巨闕・左期門が革脉を帯び浮いた。 奇経診断:左申脈・N―左外関・Sで脉締。 証:肺虚肝心実証右から 【症例その2】小学2年生 男子 主訴:昨夜から食欲なく咳き込みが始まった。体温37.5度 腹気鍼診断:中脘・下脘・右期門が締まる 奇経診断:左申脈・ [続きを読む]
  • 【症例】頭痛を訴える11歳男子
  • 「朝から頭痛がする」と母親につれられて来院したのは少年サッカー部員である11歳男子。 脉状診は、やや浮いて躁を帯びて数。 頭はどの辺が痛いか?と聞くと、おでこの真ん中をさし「この奥あたりです」とはきはき答える。 腹気鍼診断 中脘・下脘が小締まる 左期門・巨闕がやや浮く。 奇経診断 左申脈ー左外関で脉締 証 肺虚肝心実証右 [続きを読む]
  • 【月間アクセス上位10記事】2017年02月分
  • 第10位:氣鍼医術臨床講座 研究部の第09回目を開催いたしました 第09位:原因不明の強度な難聴・耳鳴りに刺絡鍼法 第08位:【症例】わけのわからない体調不良 第07位:【医考】鍼灸師は職人である〜治療実力は繰り返しの技術鍛錬でこそ獲得できる! 第06位:3日間寝たきりだっためまい(頸椎捻挫症候群後遺症) 第05位:おめでた!中国夫 [続きを読む]
  • 3月に限り2000円です
  • 毎月第1日曜と第2日曜は氣鍼医術研究会の臨床講座が開催されています。 第1日曜は普通部、第2日曜は普通部で3年間学ばれた方が対象の研究部です。 受講生以外の方の見学は通常は8,000円を申し受けておりましたが、3月に限り2,000円とさせていただきます。 3月5日(日)普通部 場所:漢医堂三ノ宮分院 時刻:10時〜16時(途中休憩あり) 講師:中村泰山 [続きを読む]
  • 「聴門の一鍼」ではなく「頂門の一鍼」でした
  • 学のなさを暴露してしまいました。36年間、聴会穴と耳門穴をまとめて「聴門穴」と勝手に思い込み、その上正しくは「頂門の一鍼」なのに先日のブログ「原因不明の強度な難聴・耳鳴りに刺絡鍼法」において「聴門の一鍼」と全くの勘違いを書いてしまいました。あらためて訂正させていただきます。 ことわざの「頂門」とは「頭頂部」のことで頭に鍼をすることで劇的な治療効果を出すことを意味し「 [続きを読む]
  • 氣鍼医術臨床講座 研究部の第09回目を開催いたしました
  • 数あるブログの中から、当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただき、ありがとうございます。氣鍼医術臨床講座研究部の第09回目を開催いたしましたので、本日はその報告をさせていただきます。テキストは当サイト管理人IKが担当いたします。 開催日:2017/02/12 開催場所:兵庫県民会館 研究部は3年間の普通部を終えられた方々を対象としています。氣鍼医術の理論をしっかりと学ばれた方ば [続きを読む]
  • 【症例】わけのわからない体調不良
  • 36才 主婦 妊娠2か月半 【主訴】 今朝から右耳が痛く、声がこもっています。つわりらしく、お腹がすいたときと食べた後がとてもしんどい。家事もしんどくて息ぎれがする。 目まい・頭重・動悸・息切れ・胃のつかえ 経過 風邪気味で鼻水がでるのをかんでいたが、奥が痛くなり同時におでこから鼻周辺に鈍痛が出る。今朝からは耳が痛んでしょうがない。 脉状 虚にしてやや数 [続きを読む]
  • 原因不明の強度な難聴・耳鳴りに刺絡鍼法
  • 68才 男性 農業  《主訴》強度の耳鳴りと難聴で医療機関を回ったが全くよくならないとのこと 《経過》証は省くが気鍼医術の治療5回目で耳鳴りが半減し、聞えも少し良くなったという。しかしそのあとが足踏み気味であった。更なる効果を出すためには刺絡が有効だろうと、刺絡と吸い球をかけることにした。 治療 耳鳴り・難聴の特効穴に、耳のすぐ前の聴会穴・耳門穴というツボがある。 [続きを読む]