ヨミト さん プロフィール

  •  
ヨミトさん: はじめに男ありき
ハンドル名ヨミト さん
ブログタイトルはじめに男ありき
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/requiem1791/
サイト紹介文この世から消えてしまった僕が、男として男にあこがれ続けた軌跡を、ここに遺してゆきます…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/02/14 13:06

ヨミト さんのブログ記事

  • ひとつの終わりは、永遠の旅立ち
  • 僕のブログも始めてから1年と少しが経ちました。その後も訪問者は、のべ49000を突破しました。いつもこんな影の薄い僕を支えて下さった読者の皆様、本当にお世話になりました。思えば僕がここで一番最初に書いたブログのタイトルはすべての終わりは、ひとつの始まりでしたが、ゼロから始まったブログも、無限に続くと思われたコースを、今走り終えてようやく、再びゼロに戻ることができそうです。今日まで僕を応援してきてくださ [続きを読む]
  • 美しき者よ汝の名は男なり
  • はい、4月から始まる新しい世界への旅立ちに向けて、毎日身辺整理に追われているヨミトです。その中で僕のお宝画像コレクションというのも、まだまだありまして、これ処分するにはもったいないなーと思いつつ、皆様にお餞別がわりとして、ここで一気にご披露したいと思います。では、イクよー№1西川俊介さん ここからはお世話になったブロガーさんの自画像です。№2丸 [続きを読む]
  • 〇〇〇ー依存症?
  • 僕に依存症があるとすればそれはもちろん○○○ー依存症です。中学1年の冬の真夜中から、どうしてもやめられない、止まらない。若い時分ならまだしもほぼ毎晩って多くね?でも最盛期は一日3回はヤッてたから…チンパンジーかよ〜けれど年齢とともに、放出の度に何かが損失していくような気になり毎日亜鉛サプリを補給しています。亜鉛の含まれる食品もいいみたいで牡蠣は高いけど、奮発して買って食べてます。それにしても毎晩だ [続きを読む]
  • 夢の続き
  • これは2013年12月1日に書いた記事なんですが、今もって「世にも奇妙な物語」のようでなんともフシギな「現実」でしたので、復刻して紹介します。 ことの起こりは今日のお昼前にさかのぼる僕たちは、冬場に備えて、運動場のローラーがけをしてたローラーって、あのドラム缶横に倒したようなコンクリート状のものね本日は年上の僕がバーのど真ん中で両サイドはイケメン学生さん!(やるじゃん!)三人は並んで後ろ向きで、ローラー [続きを読む]
  • タイのBLドラマに出てた子
  • あっ、この子どこかで見たことある〜歯の矯正してるところがまたカワイイ確か、タイ国のBLドラマに出ていた常連の子だったような…milky bodyとでも呼びたくなるような柔和な物腰で…こういう展開、わりと好きなパターンです。※音声を消してサイレントでご視聴ください。ああ、あの頃のあいつと自分に戻りたーい! [続きを読む]
  • それでも小出恵介さんが好き
  • 小出恵介さん、1984年2月20日生まれの33歳、身長175cm、血液型はA型。慶応義塾大学文学部人文社会学科では美学美術史学を専攻しました。小学校時代、家族でインドのニューデリーで暮らしていたこともあり、ヒンドゥー語、中国語、英語が話せるバイリンガルです。2005年「WATER BOYS 2005年夏」では、競パンでシンクロに挑戦。 2006年「のだめカンタービレ」では玉木宏さんに恋するゲイの音大生を好演しました。2009年「風が強く吹 [続きを読む]
  • 彼らが本気で編むときは、
  • とても気になっている映画があって、思い切って観てきました。「彼らが本気で編むときは、」(2017.2.25〜3.23)生田斗真さんが初のトランスジェンダー役として、体当たりで臨んだ作品としてマイナーではありましたが、異色の話題作となっていました。りんこさん…自分が男性の体として生まれてきたことに悩み、思春期に至って、女性の体を取り戻します。それまで生きた少年としての「りんたろう」と訣別していく…それは身体的苦 [続きを読む]
  • 台湾のメンズヌードモデル、姜皓文さん
  • 以前から画像検索で「イケメン」「裸」で出てくる、この人がすごくチャーミングで気になっていました。あっ、ぎりぎりのところで止めてありますが、閲覧には注意してくださいね。調べたところ、台湾のそっち系のモデル、姜皓文さんらしいです。1992年生まれの現在25歳 A型 乙女座身長171cm 体重60kg で19cm(?)専攻は心理学。得意なスポーツは、綱引き、短距離走。趣味は、映画、バッティング。キュートな感じもしますが、どこ [続きを読む]
  • ステキな勘違い
  • 自分の見つめていた相手が目をそらさずに真っ直ぐ見つめ返してくるともうそれだけで「こいつオレに気がある?」と思ったりおもむろに服を脱ぎ出した相手が包み隠さずに真っ直ぐに正面を向いて立ちはだかると「そいつ見てもらいたい?」と思ったり自分が浸かっていた湯舟の中にためらいもなく全身を潜らせ透明を隔てて肌を寄せてくると「僕と一体となりたい?」と思ったり今日も湯けむりの中に、ステキな勘違いが揺らめいています… [続きを読む]
  • エロメン、北野翔太さんを知ってますか?
  • 昨年AV男優としてデビューしたエロメンの北野翔太さんがイイです。1991年6月9日(シックスナインの日)生まれの24歳168cm、62kg 血液型はO型東京都出身、原宿で女性向けAV男優さんとしてスカウトされました。経歴はなんと美術大学の写真学科を卒業しました。これがその作品です。こちらの腕前も確かです。身体は水泳で鍛えました。趣味はもちろん水泳、写真。それとオナニー(笑)オナニーは小3の時にマスターしてイケたそうで [続きを読む]
  • 成宮寛貴さんが諦めきれない
  • 僕は成宮寛貴さんが大好きでした。成宮寛貴さんは1982年9月14日生まれの34歳母子家庭であったところ中学2年の時に母親まで亡くし、高校進学をあきらめて、アルバイトで生計を立て、6歳下の弟の弁当を作っては、よく面倒をみたそうです。体格は172cmのA型、その細腕と熱血さで、家族を支えました。2005年9月には女性週刊誌で裸一貫の自分を披露しました。とにかく働いて稼ぎたかった、だから何でもやった、という成宮さん。彼が守 [続きを読む]
  • 今さら聞けない、ジャスティン・ビーバーって何者?
  • ピコ太郎さんがいきなり人気急上昇となったきっかけとして、ジャスティン・ビーバーのお墨付きをもらったことは、やはり大きかったと思いますが…ところで、ジャスティン・ビーバーって何者?何してる人?って今さら聞けずに「すごい人なんだよね〜。」としか言い表せなかった僕にとって、ピコ太郎の流行よりも、なぜジャスティン・ビーバーがいきなり関与してきたのか、その方が不可解でたまりませんでした。そこで今宵は、ジャステ [続きを読む]
  • 大団円の中の一人
  • 僕のリアルについては、あまりブログでは語れず、読者の皆様にお察ししていただくしかないのですが、本日、大団円を迎えました。この日ばかりは、今までの苦労も悩みもすべてふっとんで、明るい陽光の中に包まれる心地です。このお仕事でよかったのかな〜と、つい思わされてしまいます。ただ最近は漠然と成就感に酔うのではなくて、ある一人との出会いが、大きく自分の生きがいになっていたと感じることが多いです。えこひいきは申 [続きを読む]
  • 立ち上がる人…中村隼さんを支えて
  • 中村隼(はやと)さんは1991年生まれのサッカー選手です。ポジションはゴールキーパー、鉄壁の守りとしてチームを支えました。高校生時代すでに浦和レッズユースで頭角を現し早熟のサッカーの申し子はU18、19日本代表にも召集されました。2010年には当時J1のモンテディオ山形に加入、これは浦和レッズユースからは史上初のJ1チームへの新卒加入となります。卓越したサッカー技術に伴い、若きイケメン青年GKとして皆の羨望と期待と [続きを読む]
  • 春の脱毛
  • はい、久々の男の脱毛ネタです。僕は、ホントは毛深い男子大好き派なんですけどね…けど、自分自身はお手入れした方がイイかなぁ…と思ってしまう身勝手なタイプです。ただ、バレバレにやり過ぎるのも、なんかキモいらしいんで…やはり男は、残すべき毛はしっかり残して適度な脱毛がイイですよね。たとえば、こんな感じに仕上がるといいなぁ…ということで、あなたもこの春、脱毛デビューしてみない?なんか、新しい一歩が踏み出せ [続きを読む]
  • イケメン都道府県民ショー
  • 今から数年前に、各都道府県から一人ずつイケメンと思われる人を選んでいくという、自作自演の企画を書いてたことがありました。その下書きがたまたま見つかったんだけど、今となっては、なんでこの人が選ばれてるのかナゾなところもあり、ほほえましい記事になりましたので、復刻して紹介したいと思います。北海道代表__生田 斗真    青森県代表__松山 ケンイチ秋田県代表__柳葉 敏郎    岩手県代表__真崎 航 [続きを読む]
  • 片面だけのキセキ
  • 「ゲイで○○だけど、なにか?」そう自分に問いかけたくなる時が、たまにあります。この場合、隠さなければいけないのは、ゲイであることか?○○であることか?現実世界では、○○であることは公然としており、隠すべきは、ゲイであること。ブログ世界では、ゲイであることを公表していて隠すべきは、○○だということ。つまり僕は、どちらの世界においても片面でしか生きられないのです。けれどもよく考えると、誰だって皆、外面 [続きを読む]
  • 2月14日はフンドシの日
  • 何を今さら…ですが、誰か記事に書いてくれてないかな…しょうがないので、自爆します。お次は2人組でそして3人集まれば…さらに4人、5人と増えてとうとう10人のふんどしボーイズにふんどし万歳!そう言えばボクも、ふんどしキャラでした… [続きを読む]
  • 一周忌
  • 僕が一度死んで、再び生まれ変わってから今日で1年が過ぎました。当初は、喪失した悲しみのあまり、自暴自棄な気分から始まった、この「はじめに男ありき」でしたが、今日までに、削除した記事も含めると100ほどの物語を書き残すことができました。ここで改めて、僕の甦生に至る経緯をご紹介します。2016年2月9日まで僕は「理星人」というブログネームで「美しき者よ汝の名は男なり」というタイトルで、約4年間続けて来たブログが [続きを読む]
  • ケツ別の時
  • たまたまスパ銭で、後ろ姿がカッコカワイイ男子クンがいたんで、おもむろに近づいちゃいました。すると…あれっ?顔に見覚えあるんだけど…やばいっ「あっ○○!お久しぶりです。」…見つかっちゃった…もう大学生になっているんで、時効(?)かとは思いますが、こういったニアミスというのは、たまに起こります。大きくなってて、分からなかったとはいえ、話しているうちに、昔の面影がよみがえってきて、無邪気な表情は、少しも [続きを読む]
  • 長い友だち
  • 「いつもので…」「はい、いつもので…」この二言以外には、お互いほとんどしゃべらない。そして90分が過ぎた時「いかがですか?」「これでイイです。」終わりもその二言だけ。そんな関係を僕たちは10年以上、いやもうどれぐらい続けて来たか覚えていない。最初にこの店には、よくしゃべるマダムと無口な息子さんとがいた。いつしか息子さんは、マダムの後継ぎとなり、たまたま、マダムのお得意さんだった僕が、息子さんの初の実験 [続きを読む]
  • 検索のはてに…
  • ちょっと前の話なんだけど、今年1月15日に大阪府の四条なわて市長に当選した東修平さんが28歳で全国最年少市長の記録を更新した、とニュースで聞いて若い市長さんを一目見たいと思い、さっそく「東修平」で検索してみたよ…すげー、まさに闘う男じゃん!こんな市長さんだったら、僕もKOされちゃいそう、って全然同姓同名の別人だってことに気がつきませんでした…で、こちらが東修平市長さんご当人…そうだよね、これが現実…あっ [続きを読む]
  • 手放す思い
  • 全盲の方が駅のホームから誤って落下し死亡するという痛ましい事故が何件があった時そこに哀しすぎる「お別れ」があったことを後日談でお聞きしました。いずれの事故でも、亡くなった方々は落下する直前に盲導犬のハーネスを手放したそうです。一生涯愛したものを道連れとはしないために…僕にとって、愛する者と一緒にありたいという一途な気持ちが、その者の命を生かすために手放すという選択肢があるのだろうか…ただ、その時き [続きを読む]
  • 鈴木一徹さんの選択
  • 僕がお世話になったAV男優さんの1人に「鈴木一徹」さんがいました。まだ女性も許容範囲だった頃、後学のためと見たAVの中で彼はひたすらお仕事してました。その時に一徹さんの甘いマスク、マイルドなボディーのわりにワイルドな下半身の毛深さ、そしてムクムクと屹立する尖鋭な「秘密兵器」に競演の女優さんよりも先にヤラれてしまいました。そんな彼が中央大学法学部卒業で、エリート路線を進んでいたことは、一徹さんのことを少 [続きを読む]