Asami さん プロフィール

  •  
Asamiさん: ふんわり魂
ハンドル名Asami さん
ブログタイトルふんわり魂
ブログURLhttp://overture01.hatenablog.com/
サイト紹介文ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。
自由文ゲームのプレイ日記を中心とした雑記メモです。現在ドラクエビルダーズをプレイ中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2016/02/14 18:39

Asami さんのブログ記事

  • ウィッチャー3 クリア後感想
  • 2月からプレイしていた「ウィッチャー3」でしたが、ようやく全てクリアいたしました!途中「ニーア・オートマタ」に浮気したとはいえ、4ヶ月近くプレイしていたのではないでしょうか。記事数も過去最高記録な長さに・・・!そんなどっぷり遊んだ後の感想というか個人的な評価を書きたいと思います。ネタバレ激しく含みますので注意です。・グラフィック ★★★★★グラフィックはもう何も文句ないです。モンスターや人物、オ [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記66 DLC 血塗られた美酒⑦
  • 今回は「血塗られた美酒」のエンディングまでの記事となります。ネタバレ注意です。テシャム・ムナゲラルトとレジスはシアンナを連れて、デトラフのいるテシャム・ムナへやってきました。しばらく待っていると、シアンナの前にデトラフが現れ、「これは本当に、お前が仕組んだことなのか?我々の絆も・・・すべて計略のうちだったのか?」と尋ねました。シアンナは「そんな単純な話ではないわ・・・私は・・・」と言ってデトラフの [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記65 DLC 血塗られた美酒⑥
  • あの山の向こうに宮殿の遊戯室にある本を開いてゲラルトが呪文を唱ると、そこは千のおとぎ話の国の世界でした。(注:これは「ウィッチャー3」のプレイ日記です)大きいキノコがおとぎの国っぽい!まさかこのゲームでこんな世界が見られるとは!レジスの姿は見当たらずないので、どうやらゲラルトだけがこちらの世界に来たようです。黄色く光る道を辿って散策していると、小屋の前でシアンナと魔女っぽい老婆を発見。魔女はゲ [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記64 DLC 血塗られた美酒⑤
  • 城を手中に公爵の姉シアンナとデトラフの恋人レナを人質にとった誘拐犯がいると思われるダン・タイン城へ向かいました。公爵の護衛隊長ダミアンとその兵士達と共に奇襲作戦開始!衛兵達を倒し、ダン・タイン城の城主ロデリックを捕まえて話を聞きだすと、誘拐された女性の事は知らないけれど、シアンナに説得されてこの城にシントラ人達を引き入れたのだと言います。シアンナは塔の最上階にいるとのことなので、早速シアンナ [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記63 DLC 血塗られた美酒④
  • ワインは神聖なりこれまでの捜査で分かった事を報告しに、アンナ・ヘンリエッタ公爵に会いに行きました。怪物の正体は強力な吸血鬼で、かつての恋人を人質にとられ脅迫されていることなどを報告し、誘拐犯を捕えて吸血鬼の恋人を解放するとゲラルトは言いました。公爵に誘拐犯の手がかりについて聞かれ、犠牲者の名前が書かれた紙切れにワインの染みがあったことを報告すると、公爵は宮廷のソムリエを呼びました。そしてソムリ [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記62 DLC 血塗られた美酒③
  • 前回のメインクエ「愚者の檻」の続きです。<共鳴水>の材料のひとつであるスポッテッド・ワイトの唾液を入手できたので、レジスの元へ戻りました。しかし材料はまだあと一つ足らないようで、それはデトラフと同じ種族の血液なのだそうです。それならレジスの血液で解決なのではとゲラルトは言いますが、そう簡単なものではないらしく、その血液は活性状態でなければならないそうです。つまりレジスの精神と肉体を興奮状態にし [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記61 DLC 血塗られた美酒②
  • 前回の続きです。怪物の次のターゲットがミルトンではないかと考えたゲラルトと公爵は、ミルトンのいる温室へと急いでやってきました。公爵を外に待たせ、ゲラルトが温室の中を伺うと、ひと足遅かったようでミルトンの死体の傍に長い鉤爪の怪物が立っていました。逃げ去る怪物を追いかけていくと怪物が空き家の中へ入って行ったので、ゲラルトも中へ入ると、部屋の2階から「私はここだ」と怪物が現れました。そして「私の仕事は [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記61 DLC 血塗られた美酒①
  • ワインの国からの使者ヴェレンの掲示板にゲラルト宛の怪物退治の依頼があり、依頼人であるトゥサンの騎士の元へ話を聞きにホロウェイの村へ行きました。村に着くと、見たことのない金色の派手な鎧を身に着けた2人の兵士と村人達が話し合っていました。2人の名前はミルトンとパルメリンといい、今回の依頼人でもあるトゥサンの騎士でした。ゲラルトとは友人関係のようです。彼らはゲラルトへの用件を話す前に、村を脅かす盗賊 [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記60 DLC 無情なる心⑥
  • まいた種は・・・イリスから受け取ったスミレ色の薔薇をオルギエルドに届けに行くと、いつもの酒場にオルギエルドはいませんでした。そこへ奥の席からゲラルトを呼ぶ声が聞こえたので見てみると、そこにはオーディムが座っていました。ゲラルトがオーディムのところへ行こうとしていると、酔っ払いに一緒に飲もうと声をかけられ、断ってもなかなか離してくれません。その様子を見ていたオーディムが手を叩くと、突然周囲の人たち [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記59 DLC 無情なる心⑤
  • 前回の続きです。ボルソディの金庫室で手に入れた<マクシミリアン・ボルソディの家>の箱をオルギエルドに届けに行きました。オルギエルドに書類はどこにあるのかと尋ねられたので「金庫室に置いてきた。お前は<家>を望んで、<家>を手に入れた。中身の話は知らん」と答えると、オーディムと同じくらいずる賢いと言われてしまいました。オルギエルドは書類を病院に渡るようにし、ボルソディを路頭に放り出して復讐したかっ [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記58 DLC 無情なる心④
  • 次はオルギエルドの2つ目の願い『マクシミリアン・ポルソディの家を持ってこい』に取り掛かりますよ。開け、ゴマ!オクセンフルトにあるボルソディの競売場へ向かうと、競売場はレダニア兵が警備しており、招待客以外は入場禁止だと言われました。そこへ銀行家のヴィム・ヴィヴァルディがやってきました。ゲラルトとは知り合いのようです。ヴィヴァルディは衛兵に「俺は招待されている。そして彼は俺の連れだ」と言ってくれ、 [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記57 DLC 無情なる心③
  • 前回からのメインクエ「死者の宴」の続きです。シャニと待ち合わせをしている結婚式の祝宴会場へヴロジミールとやってきました。ゲラルトに憑依したヴロジミールは民家に干してある礼服を拝借して着替え、シャニの元へ行き、新婚夫婦に紹介してもらいました。ヴロジミールは新郎に思っていることをズケズケと言うので、ハラハラしましたよ・・・。悪気はないようなので憎めないんですけどね。その後、ゲラルトに憑依したまま [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記56 DLC 無情なる心②
  • 前回からのメインクエ「悪魔の手が触れるとき」の続きです。オルギエルドから3つ願いを聞き出すために、屋敷へと向かったゲラルト。オルギエルドの屋敷に到着すると、なんと屋敷が燃えているところでした!そばにいる子分の話では、悪乗りしすぎたとのことですが・・・。他の子分達が男を連れてやってきて、男の首を斬ろうとしていました。話を聞いてみると、頭領の命令だと言います。そこへ燃えている屋敷の中から、頭領のオルギエ [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記54(本編エンディング)
  • 今回はエンディングの記事となります。未プレイの方は注意です!クッションに意味もなくハートを散りばめたダンディリオンの画像を置いておきます・・・。よし。ではここからエンディングの記事です。終わり、そして始まり時が経ち、ゲラルトはウィッチャーの仕事で人狼を探しに沼地へ訪れましたが、そこで妖婆の痕跡を見つけました。討伐対象の人狼に、命を助ける代わりに妖婆の元へ案内してもらうことに。「妖婆に何をされた? [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記53
  • 長かったウィッチャー3もいよいよ最終局面に突入しました!船に戻り、アヴァラックに全ての準備が整ったことを報告します。その時、アヴァラックに研究室に入ったことを言い、<古き血脈>を使った実験や研究について聞いてみると、アヴァラックは「シリを守るために打ち込んだ研究だ。ララ・ドレンの血を継いだものなら、誰でも守りたかった」と言いました。私はこの言葉はアヴァラックの本心だと信じていますよ!ともあれ [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記52
  • 前回の続きです。<太陽の石>探しが途中ですが、その前にシリとイェネファーとゲラルトの三人でアヴァラックの研究室を調べに向かいました。古き血脈の子アンドヴィクとスピカローグの間にある小島にある洞窟に、アヴァラックの研究室はありました。研究室の扉は高度な魔法障壁で守られていたので、イェネファーが呪文を唱えて魔法障壁を消し去ります。その間、番人のゴーレムと戦闘になりました。扉の奥には、探索しがいのある広 [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記51
  • 戦闘準備エレディンを罠にかけるのに必要な<太陽の石>を探しにスケリッジへと向かいます。アヴァラックが待っている船へ向かうと、船のそばでイェネファーがマルガリータとフィリパに「ワイルドハントからシリを守るのに協力してくれれば、陛下の特赦が受けられるわ」と話していました。トリスが連絡が取れないと言っていた女魔術師フリンギラについて、イェネファーに尋ねてみると、帝国の地下牢に幽閉されているとのことでし [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記50
  • またまた前回に続き、メインクエ「最後の準備」の記事です。アヴァラックとトリスの件は終わったので、残るはイェネファーですね。大脱走娼館クリプルド・ケイトにイェネファーはいました。会った早々イェネファーにも、イムレリスを倒しに行ったことの話をされましたが、イェネファーは怒っているどころか、「あなたは勝った。『もしも』の話はなし」と言って勝利を褒め称えてくれました。イェネファーは何故こんな場所にいる [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記49
  • 前回に引き続き、メインクエ「最後の準備」の記事です。灯台下暗しダンディリオンの宿屋の2階の部屋にいるトリスに会いにいきました。トリスはゲラルトがシリとイムレリスを倒しに行ったことを知っていて、シリを危険にさらしたことを怒っていました。が、チューをしたらご機嫌が戻りました。トリスに女魔術師会の残党集めについて聞いてみると、断られたり行方不明だったりと中々順調にはいっていないようでした。イェネファー [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記48
  • 前回、はげ山でヴェセミルの仇であるイムレリスを討ち取ったゲラルトとシリは、ノヴィグラドにやってきました。ノヴィグラドでは、魔術師がいなくなった今、今度は非人間族を捕まえて、火あぶりの刑にしているようです。ダンディリオンが経営するキャバレー「カメレオン」へ行くと、店の中にダンディリオンとゾルタンがいました。シリとダンディリオンは久しぶりの再会をし、互いに無事な姿を見て嬉しそうです。それからすぐにシリ [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記47
  • はげ山ヴェセミルの仇を討とうと、シリとゲラルトは<魔女の集会>が行われる<はげ山>へと向かいます。小舟に乗り、ヴェレンの<はげ山>の麓の村へ到着しました。<はげ山>はアード・セルビンといい、昔はドルイド達の聖地だったそうですが、森の貴婦人達がドルイド会を滅ぼして棲みついたそうです。年に1度開かれる饗宴<魔女の集会>には、村人全員が出席し、森の貴婦人に招かれてイムレリスも来るはずだとシリは言いまし [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記46
  • 戦いが残した課題ケィア・モルヘンの長い戦いが終わり、ヴェセミルを弔っている夜、集まってくれた仲間達一人ひとりに一緒に戦ってくれたお礼を言いました。ロッシュとヴェスはノヴィグラドに戻って次の戦場で戦うそうです。そしてエルミオンとヤルマールもこれからスケリッジへ戻ると言っています。今回の戦でヤルマールのシーンが全くなかったので、あ、いたんだっけっていう感じでした。ヤルマールさん、すみません・・・。ヤルマ [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記45
  • ケィア・モルヘンの戦いケィア・モルヘンでのワイルドハントとの戦いに備えて、各方面から集まってくれた仲間達を集めて、砦の広間で作戦会議を行います。ロッシュにくっついてヴェスも来てくれていました。そして驚いたのが、ヤルマールの傍にヴィギがいるじゃないですか!<愚か者のヴィギ>ということでヤルマールは巨人との戦いのとき、檻に入れたままにしようとしていたのに、こんな大事な戦に連れてきちゃって大丈夫なんで [続きを読む]
  • ウィッチャー3 プレイ日記44
  • 霧の島前回ついにシリの居場所が<霧の島>だということが判明したわけですが、ケィア・モルヘンにシリを連れてくると、シリを追いかけてワイルドハントも押し寄せてきてしまいます。なので、まずはケィア・モルヘンで一緒にワイルドハントを迎え撃って戦ってくれる仲間を集めなくてはなりません。ヴェレンのキーラさんは以前やったサブクエでケィア・モルヘンにくることになっていたので、そのままクリアとなりました。スケリッ [続きを読む]