yuisen さん プロフィール

  •  
yuisenさん: 由泉の作陶日記
ハンドル名yuisen さん
ブログタイトル由泉の作陶日記
ブログURLhttp://yuisen.exblog.jp/
サイト紹介文岐阜市で陶芸をしています。茶器、花器、アクセサリー、食器作り、漆塗り、金継ぎもします。
自由文平野鴻先生の油滴天目茶碗に魅了され岐阜市の平野鴻ものづくり工房鈴泉窯で陶芸をしています。土もの、磁器もの、漆塗り、天然石などいろいろな素材や手法を取り入れてユニークなものづくりをしています。美しい音楽を聴いたり美しい景色を見たり、日々の生活の中にあるきらめくことを見つける事が好きです。陶芸がメインですが、茶道や旅行についても載せていきたいと思います。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供274回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2016/02/15 05:33

yuisen さんのブログ記事

  • ミルフォオリの実験
  • ミルフォオリがどのくらいの焼成温度でどれ程溶けるか3ヶ月前からいろいろ温度を変えて焼いてみています。ミルフォオリの直径の違いで体積が違うので溶ける温度もさまざま・・・。同じ条件でもガラスの色によっても溶けやすいものもあるように思われます。お花の模様がすっかり溶けてしまってトルコの魔除けの白とブルーの目玉みたいなものになってしまいました。でも面白いからどこかに取り入れようと... [続きを読む]
  • ガラス粒を溶かしたら・・・
  • 数か月前からガラスと陶器のコラボ作品の実験をしています。すでに実験済みで今回は本番でした。私の大好きな孔雀の羽根の模様をつけてグリーンのガラス粒を底に置いて焼きました。くぼみをあらかじめつくってその中に入れました。左側のは事前に実験焼きしたもの・・・。けっこう気に入っています。こちらは足元に溝を彫ってガラス粒をいれて焼きました。 [続きを読む]
  • ブルーのステンシルは・・・。
  • ピンクの絵の具でのステンシルは色が薄かったくらいでまずまず成功しましたが、ブルーの絵の具でのステンシルは流れて模様が消えてしまいました。実験の時に成功したのは平らな面に施して平らにして焼いたからです。今回はうつわの側面だったので斜めになっていて重力に従い釉薬の影響もあってにじんでしまったのです。特に内側の絵が滲みます。外側のは何とか模様が残った物もあります。次回はその... [続きを読む]
  • スワロフスキーの埋め込み
  • 前回の作品展の為にアクセサリー作りをしていて陶器に穴をあけて天然石やビーズを埋め込もうと思っていました。ポンスでいろいろの大きさの穴をあけて焼成後にどのくらい縮んで小さくなるかの実験用に何か月か前に作ったものです。どれだけ縮むか分かったのでいよいよ本番の生地作りをしてようやく本焼きにこぎつけたので早速、いろいろ埋め込んでみました。こちらのはスワロフスキーのビーズです。... [続きを読む]
  • ピンクのお茶碗
  • 本当はもっと淡い桜色のお抹茶茶碗を作りたかったのですが、焼いてみたらピンクピンクしています(;^_^A 伊勢型紙のステンシルはまずは成功・・・。こちらは絵の具が薄すぎたかも・・・。この画面ではいい感じの薄ピンクですが実際はもっと濃いピンクなんです。こちらは練り込みに〇の模様。 [続きを読む]
  • 視覚障害者福祉大会
  • 私がお手伝いさせていただいている関身障合唱団の団長の清水さんは岐阜県視覚障害者の会長を長年務められています。そして合唱団の副団長の光村さんは関市の会長さんです。昨年は全国の視覚障害者福祉大会が岐阜県の担当だったので全国から岐阜市に集い清水会長の指揮のもと大盛会に終わりました。今回は県の大会なので規模は小さいですが岐阜県中から約300人の視覚障害者の方が集まりました。光村会長の... [続きを読む]
  • ブルーの練込だと思ったら・・・
  • 自宅の窯あけをしました。魚の練り込み平茶碗が楽しみだったのですが・・・ブルーだと思っていた練り込みはピーコックという濃いグリーンの土だったんです(;^_^A水色の魚がいまいちで残念な出来に・・・。先日、先生の窯で焼いていただいたお茶碗との比較です。左が今回の・・・。思ったような仕上がりでなかったので早速、今度は間違いなくブルーの土を練り込んでろくろをまわしまし... [続きを読む]
  • 魚の平茶碗
  • 鈴泉窯の窯の本焼きで焼いていただいた平茶碗が出来上がりました。還元焼成です。もう一つの同じデザインの平茶碗は自宅の窯で酸化焼成するので仕上がりの比較をするのが楽しみです。 [続きを読む]
  • INTERNATIONAL DAY OF YOGA
  • 先月に引き続き京都の娘からイベントのお手伝いを頼まれているので明日6月18日の早朝に京都に向かいます。長女の出産予定日まであと2週間・・・秒読み段階にはいっているので長く家を空けるわけにはいけません。今回はお仕事が終わったら早々に家にもどります。今回は ”国際ヨガDAY関西2017in 京都” という大きなヨガのイベントです。2014年に国連で正式に制定された世界共通の記念日... [続きを読む]
  • 窯はいっぱいです
  • 久々の家での本焼きなのでずいぶん素焼きしたものがたまり窯が一杯になっりました。早く焼かないと雨のシーズンが来てしまうので釉薬を付けて1日しか待たず、窯詰めしたため一旦300度で焼いて水分を飛ばしました。ほかにもずいぶん前に作ってあったアクセサリーパーツもすき間に入れました。器だけで30個は入っています。 焼き上がりが楽しみです。 [続きを読む]
  • 釉薬付け
  • 梅雨入り宣言されてからこのところずっと良いお天気続きで湿度も低くカラッとした日が続いています。梅雨前線が日本列島のずっと南にあるみたいです。本格的な梅雨になる前に家の窯で本焼きをしたいのでせっせと釉薬を付けました。素焼きの後にいろいろ下絵の具で描いてから透明釉を薄めに吹き付けました。今回は内面の底にガラスフリットを置いて焼きます。溶けて広がらないようにくぼみをつけてありまし... [続きを読む]
  • 関身障合唱団
  • 私は3歳からピアノを習い高校の音楽科でピアノを専攻していました。ピアノを弾くのは好きでしたがステージで弾くことが嫌いで楽しめなかったので音大には進まずピアノは趣味に留めることにしました。京都の下宿さがしもピアノを置いて良いという条件だったのですがB&B帯座に変わった山幸織物さんのお部屋に置かせていただけました。そんなわけで高校時代の友人は音楽関係者がほとんどですがその一人に頼まれて大学... [続きを読む]
  • ステンシルで絵付け
  • 以前から試してみたかった伊勢型紙を使った絵付けをしました。3月に伊勢型紙を何種類かgetできたので早速、下絵つけに使えるかどうか試し、釉薬をかけて本焼きも実験済みでした。本番の生地ができていなかったのですがようやくそれも素焼きができたので絵付けをしました。何年も前からステンシル方式で絵付けをしようと、ステンシル用の筆は用意してありました。絵の具の濃度とか筆の種類もいろいろ試し... [続きを読む]
  • 朝の満月・・・
  • 私の父は朝型人間、母は夜型でしたが私は父に似たらしく昔から早寝早起きが習慣になっています。今朝も4時前に目が覚めて身支度をしてから居間のカーテンを開けると美しい満月が西の空に浮かんでいました。あまりに美しかったので思わず写真を撮りました。電柱と電線が入るのが残念ですが・・・。見る見るうちに沈んできて電線に乗っかっているみたいに見えます。とうとう電線がかぶってしまった... [続きを読む]
  • 平茶碗
  • 4月に作った練り込みの茶碗の平茶碗に魚を泳がせました。素焼きが終わっているのでこれから釉薬をつけて本焼きします。実はもう一つ同じく魚を泳がせた平茶碗があり、工房の窯で本焼きしていただく予定なので自宅の窯の仕上がりと比較できるのが楽しみなんです。 [続きを読む]
  • 仙寿庵 part4
  • また仙寿庵のつづきです。庭を散策していくと奥には読書室があります。中に入ると暖炉がありドリンクコーナーや外のウッドデッキには寝転んで川のせせらぎをききながら読書もできる椅子もあります。本を読んでいるとホテルの方がコーヒーを入れてくださいました。お部屋にはコーヒーはもとよりハーブティーのセットも置いてあって至れり尽くせりでした。全室にそれぞれ露天風呂がついていま... [続きを読む]
  • 仙寿庵 part3
  • 仙寿庵の敷地は広くて散策できるようになっています。谷川の上流でしょうか・・・違っていたらすみません。清流の音を聞きながら瞑想できるスペースも河原に設けてありましたさまざまな花の咲く季節で庭園にはきれいに咲いた菖蒲やアジサイなどなど、散策にはもってこいの季節です。ハンモックやブランコもあちこちにあってゆっくり時間を過ごしたい気分です。 [続きを読む]
  • 茶入をまわしました。
  • 久しぶりに茶入をまわしました。5個作ったのですがしっぴきで底を切り離すと底が薄すぎて穴が開いていまいました。1つ減って今のところ4個は無事です。わざと崩してみました。でも右から2番目はお抹茶を回しだす時にひねった所にたまって出にくいかも・・・。もしきれいにお抹茶の粉が出なかったら一輪挿しに使います(;^_^A [続きを読む]
  • 仙寿庵 part2
  • 館内は伝統工芸の技を活かしたデザインの造りで私にとっては美術館のようでした。素晴らしい組み木細工の自動ドアです。和紙でできた天井の明り取りのデザイン。長い廊下は美しいカーブを描いでいます。廊下の壁も天井も土壁には素敵な模様が入っています。暗くなると廊下はまた趣きが変わります。見るもの見るものが素敵なので一人であちこに館内をうろうろして来ました。 [続きを読む]
  • 仙寿庵に・・・
  • いつもの勉強会で同じクラスの方が経営される谷川温泉の、『別邸 仙寿庵』に行ってきました。群馬県みなかみ町の谷川温泉にあります。群馬県には縁が無かったので初めて群馬に足を踏み入れたという感じです。東京駅から上越新幹線で上毛高原駅まで1時間、そこから車で20分弱で到着しました。仙寿庵は「旅行業界のアカデミー賞」とも称される権威のある賞“World Luxury Hotel Awa... [続きを読む]
  • ブルーのお皿
  • 流氷のような模様を作りたくてベースをブルーの粘土に磁器土を貼り付けてみました。派手すぎて器としてはいまいちですね(・_・; でも何かに応用出来そうです。一応、実験成功。 [続きを読む]
  • 夏の寄せ植え
  • 玄関の寄せ植えのお花が終わりに近づいてしまったので久しぶりに寄せ植え用のお花を買いました。ガーデニングは苦手で花の種類もよく知らないのでお店の人に暑さに強そうなお薦めのお花を教えてもらって買ってきました。7個の鉢に寄せ植えして玄関の階段に置きました。7月には隣の家の長女に3人目の子が誕生するので三羽のアヒルさんの親子のオーナメントを通販で買いました。 [続きを読む]
  • 萩土のお湯呑み
  • 何年も前に自宅の窯で焼いた萩土のお湯呑みが大好きで同じような形のお湯呑みを萩の土で作ってありました。鈴泉窯の工房の窯で萩焼きをすると伺い、試しに2個だけ焼いていただきました。意図的にところどころ釉薬を撥水剤で飛ばして火あとをつけました。一番左が以前に自分で焼いた萩焼ですが、ちょっと小ぶりです。残りの6個は自宅で焼きます。 [続きを読む]
  • 久しぶりのロクロ・・・
  • 4月、5月はイベント続きでなかなか陶芸ができなくてうずうずしていました。我慢できず久々にロクロをまわしました。6月も泊まり予定やピアノ演奏を頼まれていてピアノの練習があるので腰をすえて大物を作る時間とエネルギーがないのでしばらくは小物を作って楽しみます。 [続きを読む]