まりあんぬ さん プロフィール

  •  
まりあんぬさん: Mlle Marianne
ハンドル名まりあんぬ さん
ブログタイトルMlle Marianne
ブログURLhttp://mllemarianne.fukuwarai.net/
サイト紹介文だいたいドラマ三昧
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 220日(平均1.4回/週) - 参加 2016/02/15 14:47

まりあんぬ さんのブログ記事

  • 風の国 #6-15
  • HDDがパンパンなので駆け足で観てる。ヘミョン王子はテソ王暗殺に成功したかと思ったけど殺したのはテソ王の影武者だった。テソ王は激怒し、高句麗に攻めてくる。ユリ王に謝罪し、自らテソ王のもとに行くヘミョン王子。扶余が兵を引くことを条件に自決する。駆けつけて泣き崩れるユリ王。ペグクの襲撃でムヒュルとマロはヘアプたちと離れ離れになり、扶余の暗殺集団黒影の奴隷に。度重なる毒実験で命を落としそうになったムヒュル [続きを読む]
  • クリミナル・マインド エミリー復帰!
  • 【今日のニュースふり返り】『クリミナル・マインド』のエミリー復帰が「完璧」な理由https://t.co/GbC7lZHIgo … #海外ドラマ#クリミナルマインド#パジェットブリュースター— 海外ドラマNAVI (@dramanavi) 2016年4月1日私が観てるシーズン7ではまだ降板してないけど、そのうち降板することは知ってたから残念に思ってたのだよ。でもまたまた復帰するんだね!もうね、エミリーはこの番組の良心だよ。エミリーは急にお [続きを読む]
  • 風の国 #3-4
  • 洞窟を襲って来たのは扶余の兵だった。ヘアプはがんばったけど捕えられ、チュモンの墓に連れて行けと言われる。墓には仕掛けがあって、行けば死ぬので殺せと言うヘアプ。実際に兵が行くと、仕掛けが発動。ムヒュルが名乗り出て、神聖な剣を取りに行くことになる。神託やら神聖な剣やらに左右されてしまう権力、悲しいな。ムヒュルは案の定剣を持ってくるんだけど、このあたりの描写は…。「朱蒙」のタムル弓エピソードをまね [続きを読む]
  • 風の国 #5
  • ムヒュルは医女でお姫様なヨンを連れ去ったことで牢獄へ。そこで具合の悪そうな囚人になぜかのど輪されるんだけど、そんな状況からなぜか「ソンタクという商人に渡してくれ」と何かを託される。相変わらず訳が分からない。その囚人は黄龍国の反乱軍らしく、死んだっぽい。後でわかったけど、じつはテソ王暗殺のために来ていた人だったらしい。黄龍国の前王はテソ王の意向で黒影に殺されていて、いまの王は扶余よりなので、反発する [続きを読む]
  • 階伯 #8-9
  • 成長したケベクとウンゴとウィジャ。ウィジャはウンゴと協力してサテク妃に対抗するためにいろいろ謀をしているみたい。人望厚いヨン・ムンジンの娘とウィジャの異母弟でサテク妃の息子キョギの縁談を壊し、ヨン氏の娘を娶るようウィジャに言うウンゴ。ウィジャはウンゴが好きなので気が進まないよう。「朱蒙」でイェソヤをやっていたソン・ジヒョ登場。サテク妃のオ・ヨンスとの朱蒙コンビ!今回は厳しい関係だな。ウンゴはいまサ [続きを読む]
  • 階伯 #10-11
  • 解毒がうまくいき、目覚めたウィジャに襲い掛かるケベク。ケベクが生きていたと知ったウィジャは、もうケベクに殺されたい様子。ウンゴが戻ってきて、久しぶりに3人が再会。ウィジャを殺すなとケベクを諭すウンゴ。そこに異変を察知した兵が乱入してきてケベクはウィジャを連れて逃げる。追いかけるウンゴ。もうすっかり生きる気力がないウィジャ。追いついたウンゴは自分も一緒に斬るようにケベクに言う。結局ウィジャを殺せない [続きを読む]
  • GOTHAM/ゴッサム シーズン2 #1-3
  • あまり熱心な視聴者ではないけど、それにしても、うん、訳が分からないね。バーバラは完全におかしくなってる。フィッシュは前シーズンラストでほんとに死んだっぽい。あれだけ不死身を誇ってたのに。いつの間にか登場していた新キャラの実業家テオ。市長を捕えたりバーバラやジェロームを脱獄させたり、いまのところ絶賛悪事中。この中の人は「THE TUDORS〜背徳の王冠〜」のクロムウェルやってた人だね。あれはエロおもしろかった [続きを読む]
  • 鄭道伝 チョン・ドジョン #14
  • ヤンジたちが捕まったのは、イ・ソンゲを陥れようとするイ・イニムの策略だったが、ドジョンにはまだ全貌がわからない。モンジュは弥勒寺と聞いて、ソンゲが法会に行くと言っていたのを思い出す。ソンゲのもとに急行するモンジュ。イニム一派は、ソンゲの罪をでっちあげるためにヤンジと住職に嘘の自白を強要する。都堂ではモンジュが女真族討伐にソンゲを向かわせるよう提議する。ソンゲを逃がすためですな。会議を長引かせるイ [続きを読む]
  • 鄭道伝 チョン・ドジョン #15-16
  • 1383年。日本だと室町時代。三代将軍義満のころ。ドジョンは地租の回収の手伝いをしているが、じつは不正の取り立てを行う輩で、兵を連れた役人がやってきて捕まってしまう。この役人はナム・ウン。ドジョンの知己らしい。ドジョンにご飯食べさせながら、権勢門家の手下に成り下がったドジョンを責めるウン。まっすぐなウンをからかうようにあしらうドジョン。ドジョンは食わせ物になったなぁ。ドジョンは権勢門家の財政状況を調べ [続きを読む]
  • 真田丸 #11
  • 沼田を渡さない真田家に業を煮やした家康は室賀正武を呼び出し、室賀に昌幸の暗殺を示唆する。信繁は子どもができた梅を側室に迎えることにするが「ほかに妻はもたぬからほとんど正室」とか言っちゃってる。その後の信繁を考えるとなかなか笑えるけど、まあいい。堺雅人だから。祝言を挙げたいが高畑淳子が出自にこだわって反対するだろうと、ここでも策を練って三十郎、佐助に協力を頼む。昌幸は「人質が増える」と喜び、信繁も [続きを読む]
  • 鄭道伝 チョン・ドジョン #15-16
  • 1383年。日本だと室町時代。三代将軍義満のころ。ドジョンは地租の回収の手伝いをしているが、じつは不正の取り立てを行う輩で、兵を連れた役人がやってきて捕まってしまう。この役人はナム・ウン。ドジョンの知己らしい。ドジョンにご飯食べさせながら、権勢門家の手下に成り下がったドジョンを責めるウン。まっすぐなウンをからかうようにあしらうドジョン。ドジョンは食わせ物になったなぁ。ドジョンは権勢門家の財政状況を調べ [続きを読む]
  • 真田丸 #12
  • 上田城の天守閣(?)。祝言の日に起きた室賀暗殺の際に、自分の気持ちを代わりに口にしてくれたきりに礼を言う信繁。きりを見直した様子。「信繁の行くところが自分の行くところ」。すぐにおどけたふりをするが、きりはまだまだ信繁が好きなんだな。室賀が暗殺されたと本多正信から報告を受ける家康。真田が上杉につくかもと不安に思う。爪をかむ癖を阿茶の局に注意される家康。「かま、ない」とゆっくりと語気強くたしなめる斉藤 [続きを読む]
  • 鄭道伝 チョン・ドジョン #14
  • ヤンジたちが捕まったのは、イ・ソンゲを陥れようとするイ・イニムの策略だったが、ドジョンにはまだ全貌がわからない。モンジュは弥勒寺と聞いて、ソンゲが法会に行くと言っていたのを思い出す。ソンゲのもとに急行するモンジュ。イニム一派は、ソンゲの罪をでっちあげるためにヤンジと住職に嘘の自白を強要する。都堂ではモンジュが女真族討伐にソンゲを向かわせるよう提議する。ソンゲを逃がすためですな。会議を長引かせるイ [続きを読む]
  • 真田丸 #11
  • 沼田を渡さない真田家に業を煮やした家康は室賀正武を呼び出し、室賀に昌幸の暗殺を示唆する。信繁は子どもができた梅を側室に迎えることにするが「ほかに妻はもたぬからほとんど正室」とか言っちゃってる。その後の信繁を考えるとなかなか笑えるけど、まあいい。堺雅人だから。祝言を挙げたいが高畑淳子が出自にこだわって反対するだろうと、ここでも策を練って三十郎、佐助に協力を頼む。昌幸は「人質が増える」と喜び、信繁も [続きを読む]
  • 階伯 #10-11
  • 解毒がうまくいき、目覚めたウィジャに襲い掛かるケベク。ケベクが生きていたと知ったウィジャは、もうケベクに殺されたい様子。ウンゴが戻ってきて、久しぶりに3人が再会。ウィジャを殺すなとケベクを諭すウンゴ。そこに異変を察知した兵が乱入してきてケベクはウィジャを連れて逃げる。追いかけるウンゴ。もうすっかり生きる気力がないウィジャ。追いついたウンゴは自分も一緒に斬るようにケベクに言う。結局ウィジャを殺せない [続きを読む]
  • GOTHAM/ゴッサム シーズン2 #1-3
  • あまり熱心な視聴者ではないけど、それにしても、うん、訳が分からないね。バーバラは完全におかしくなってる。フィッシュは前シーズンラストでほんとに死んだっぽい。あれだけ不死身を誇ってたのに。いつの間にか登場していた新キャラの実業家テオ。市長を捕えたりバーバラやジェロームを脱獄させたり、いまのところ絶賛悪事中。この中の人は「THE TUDORS〜背徳の王冠〜」のクロムウェルやってた人だね。あれはエロおもしろかった [続きを読む]
  • 映画「ぼくたちの家族」 実家のにおいを思い出す
  • 日本映画専門チャンネルでちょうど始めから観られたので、キャストに魅かれてなんとなーく観始めたんだけど。これは当たりな映画。物忘れがひどくなった妻(原田美枝子)を病院に連れて行く夫(長塚京三)と長男(妻夫木聡)。脳腫瘍で余命1週間と言われる。混乱する夫と長男、意外に冷静な次男(池松荘亮)。病気だけでなく借金の問題もあり、みんなが途方に暮れる…。って話なんだけど。みんな眉目秀麗でそれだけで嘘くさ [続きを読む]
  • 階伯 #8-9
  • 成長したケベクとウンゴとウィジャ。ウィジャはウンゴと協力してサテク妃に対抗するためにいろいろ謀をしているみたい。人望厚いヨン・ムンジンの娘とウィジャの異母弟でサテク妃の息子キョギの縁談を壊し、ヨン氏の娘を娶るようウィジャに言うウンゴ。ウィジャはウンゴが好きなので気が進まないよう。「朱蒙」でイェソヤをやっていたソン・ジヒョ登場。サテク妃のオ・ヨンスとの朱蒙コンビ!今回は厳しい関係だな。ウンゴはいまサ [続きを読む]
  • 風の国 #5
  • ムヒュルは医女でお姫様なヨンを連れ去ったことで牢獄へ。そこで具合の悪そうな囚人になぜかのど輪されるんだけど、そんな状況からなぜか「ソンタクという商人に渡してくれ」と何かを託される。相変わらず訳が分からない。その囚人は黄龍国の反乱軍らしく、死んだっぽい。後でわかったけど、じつはテソ王暗殺のために来ていた人だったらしい。黄龍国の前王はテソ王の意向で黒影に殺されていて、いまの王は扶余よりなので、反発する [続きを読む]
  • 風の国 #3-4
  • 洞窟を襲って来たのは扶余の兵だった。ヘアプはがんばったけど捕えられ、チュモンの墓に連れて行けと言われる。墓には仕掛けがあって、行けば死ぬので殺せと言うヘアプ。実際に兵が行くと、仕掛けが発動。ムヒュルが名乗り出て、神聖な剣を取りに行くことになる。神託やら神聖な剣やらに左右されてしまう権力、悲しいな。ムヒュルは案の定剣を持ってくるんだけど、このあたりの描写は…。「朱蒙」のタムル弓エピソードをまね [続きを読む]
  • 鄭道伝 チョン・ドジョン #12-13
  • イ・ソンゲは民が飢えていることの対策を会議で主張するが、ほかの重臣たちにバカにされる。戦場とは違う政治の世界の厳しさに苦悩するイ・ソンゲ。ドジョンは腑抜けになったようだけど、ヤンジに喝を入れられて、またいろいろ考えてるみたい。ドジョンを仲間に引き入れようと画策するイ・イニム。3度も家を壊して、ドジョンの腹の内を探ろうとし、以前と違うドジョンの様子に開京に戻すことにする。意外とおとなしくドジョンが開 [続きを読む]
  • 雑感 真田丸
  • 昨年の大河は2話ぐらいで「これは少女マンガだな」と思って視聴を断念したけど、今年はなかなかよいな。池波正太郎の傑作「真田太平記」はドラマも傑作で、草刈正雄がさわやかに幸村を演じていた。そのさわやかイメージが強すぎて、昌幸役はどうかと思っていたら、丹波昌幸を彷彿とさせる飄々さを受け継ぎながらも、丹波昌幸があくまで明るい「陽」のイメージだったのに対して、策士としての冷酷で暗い陰鬱さをも兼ね備えた稀有な [続きを読む]
  • 鄭道伝 チョン・ドジョン #11
  • ずっと書いてないけど、実は観ている「チョン・ドジョン」。ほとんど早送りだけど。ドジョンはイ・イニムとの権力争いに負けて僻地に流されている。そこでも役人と闘ったりしながら過ごしてるけど、面倒を見てくれる女性、ヤンジに文字を教えたりしてそれなりに過ごしていたところ、村が襲われる。倭寇なのかしら。ドジョンはなにがどうなったのかわからないけど、イ・ソンゲと倭寇の戦場にたどり着いてて、モンジュに救われる。こ [続きを読む]
  • 風の国 #1-2
  • HDDがパンパンで慌てて観てるんだけど追いつかないな。チャンネル銀河で放送中の「風の国」は、チュモン死後の高句麗を描いたドラマなんだけど、ドラマ「朱蒙」とのストーリー上の関係性はないみたい。とはいえ、主役である3代目王のムヒュル役は「朱蒙」と同じソン・イルグク。「産まれたばかりの王子が国を滅ぼす」という神託で、王様は赤子を殺したふりして逃がすというのがこのドラマの始まり。王妃様は産褥死して、赤子は [続きを読む]
  • ブラックリスト シーズン3 #1-7
  • 韓流ドラマを観るのに忙しくて、なかなか観ることができなかった「ブラックリスト」。3話ぐらいまで観て、その後放っておいたのをようやく観ましたよ。このドラマは最初のシーズンからスピード感があっておもしろい。細かい話はよくわかんないけど(!)、裏切ったり裏切られたり、でも愛し愛されたりでもうドキドキドロドロなドラマ。いいですなぁ。主人公のリズは美人で優秀で勇敢な正義感あふれるFBI捜査官だったのに、レディン [続きを読む]