まるちゃん さん プロフィール

  •  
まるちゃんさん: ピンポンパール多肉植物丸いのが好き
ハンドル名まるちゃん さん
ブログタイトルピンポンパール多肉植物丸いのが好き
ブログURLhttps://ameblo.jp/marusakaito/
サイト紹介文ピンポンパール、多肉植物にはまっています。 たまにエアープランツも。アラフォー主婦です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2016/02/15 15:52

まるちゃん さんのブログ記事

  • 養魚作業着
  • マーケットの看板娘のカブトニオイ亀、玄武ちゃんは、前日に甲羅の苔を落とした。すっかりご機嫌真横になり、自宅待機だ。雨の中、5時起きし、養魚作業を済ませた。今の時期は、飼い込みという作業が行われるらしい。うちは、相変わらず朝しか餌を貰えない。非常食の浮き草は、一匹ずつ順番に一つずつ食べるうちのらんちゅう。ひもじい思いをさせてしまっている。ゴメン!マーケットに向かう時間となって、養魚作業着(長靴、ジー [続きを読む]
  • コメリのりゅうきん
  • 母の日のプレゼントに、義母愛子に購入して拒否されたコメリのりゅうきん。一匹198円だったのを見透かされたのだろうか?仕方が無いから、自分で育てている。りゅうきんというものは、実に性格が良く、丈夫だ。金魚初心者にうってつけの金魚だ。外飼育で完全放置しているが、最近は急に大人びた雰囲気になってきた。コメリでは、初夏に金魚を入荷している。毎年違った種類を三種くらい、一時的に販売している。今新しく建設中 [続きを読む]
  • 一揆
  • 台風が近づいているし。気温が下がり、餌を抜いている。らんちゅう稚魚、初の餌抜きデーだ。餌を寄越せ!水面を波打たせていらいらしている。兄弟の鱗をエイヤとつきだした。農民一揆か。いやいや、フランス革命勃発か。パンを寄越せ!飼い主を処刑するぞ。らんちゅうは、ガンを飛ばしつづける。中のらんちゅうは、気性が荒い。なんで、こんなになったのかなあ。外飼育らんちゅうは、性格が良い。今日は、苔や浮き草で餓えをしの [続きを読む]
  • 察するらんちゅう
  • 朝早くから忙しい。洗濯機、掃除、金魚のせわ。それから仕事に行く。仕事場は、ルンバが頑張ってくれているが、そもそも私は掃除機を信用していない。床を拭くと、布が黒くなるからだ。毎日拭いても、必ず黒くなる。ほれみろ。ルンバ相手に、明治時代の姑になった。そんな忙しい飼い主に、金魚は気を使う。必ず一段落着いたとき、餌くれをする。金魚が一カ所に集合して、私が口を鳴らす。すると、嬉しくなり、身をよじらせる。お [続きを読む]
  • 揺るぎ無い産卵
  • 今日は、誕生日だ。昔は、菊の節句生まれだ、女の子らしいと喜んでいた。北のカリアゲの国の建国記念の日だと最近知ったとです。黒らんちゅうさん。昨日、水温が26度に達したせいか、揺るぎ無い産卵が始まった。卵の数が少ないので、卵詰まりが心配!かびたので、揺るぎ無い無精卵だ。卵を産みだして、七ヶ月目に突入。一体、彼女らの腹の中はどうなっているのだろうか?昼から仕事の為、水変え出来た。りゅうきん水槽。金魚掬 [続きを読む]
  • 苔を喰らう
  • 室内飼育稚魚、らんちゅう。室内に舟を持って来て、その中に入れている。室内に舟という暴挙も、もはや亭主は何も感じなくなったみたいだ。らんちゅうは、上からじっとりと嫌らしい目つきで見て楽しむ金魚だ。まず顔を見て、頭を見てから、体つきをこねくり見る。うん。太ってかわいらしい体つきだ。ぽっちゃりバーを開く。お客は、私一人。ホステスは、うちのらんちゅうだ。「さあさあ!ぽっちゃりバーは、いかがですか〜入場料一 [続きを読む]
  • 動物を愛せよ子供
  • お客さんの子供たちに「めだかをあげる。」言ったが、ことごとく断られている。親も動物が嫌いだし、子供が面倒見なくて結局親がやるはめになるからと断る。「今の子供たちは、動くものは、あまり好きで無いです。」という。ひたすら、テレビや、ゲームを与え子供たちは、その時間を消費していた。幼稚園児童でスマホゲームはお手の物だ。私は、テレビや、ゲームの価値がわからない。何の発展性も無いからだ。将来の飯の種にもならな [続きを読む]
  • テキオーリョク
  • 水温が、室内水槽、ここ2、3日で9度低下。現在、21度。水温急降下に、異様に神経質になってしまう。カブトニオイ亀のカブニーズだけ、適応出来ずにいる。まだ二歳。ベッドに引きこもり、餌は食べない。ただひたすら飼い主を睨みつけている。ヒーター入れろか。明日、まだ寒くて餌を食べないようだったら、ヒーターいれたるわ。物置行くの面倒でな。しかし、9月入ってすぐにヒーターは無いだろ〜。金魚達は、水温急降下に適 [続きを読む]
  • 水温急降下
  • 昨日まで、暑くて汗が止まらなかった。今朝は、寒くて長袖を着たいくらい。金魚水温、24度。泣く子も黙る、水温25度以下だ。「気を引き締めて行こう。」独り言を呟いたが、どうしようも無い!外らんちゅうさんは、スケジュールでは、本日水変え全部の予定だった。フントリ、少しの水変えに変更。舟の台は、リサイクルショップのオッサンから貰った。たまに、うちに来て、勝手に飼育台など整えてくれる。たまに、ご飯をご馳走し [続きを読む]
  • 外らんちゅう
  • 24匹を三つに分けた。一番大きなので、10センチ。腹周りが欲しいが。一日二食付きにならないと無理かな?バルーンオランダ。急に成長。りゅうきんと仲良し。金魚掬い連中。過密のせいか、あまり成長しない。オランダショートテールも混ざっている。めだかさん達。もう、水変えする気力無し。来年は、あまり繁殖しないよう、気をつけて飼育して行く。何匹いるか、把握不可能。 [続きを読む]
  • 掘り返された婆さん
  • だいぶ前だが、婆さんのお客さんがきた。婆さんは、戦争中生まれ。10人兄弟の末っ子だ。日本中、食料のない時代、これ以上子供は育てて行けないと、母親は判断した。婆さんは、生まれてすぐに外便所の脇に穴を掘り、生き埋めにされた。埋めてすぐに、最後の子供だからやっぱり育てても良いかと、母親は考えなおした。その時、鍬で掘り返された時出来た傷だと、脇腹をみせた。うーむ。どうみても、鍬で裂かれたような傷だった。 [続きを読む]
  • 姑のような男
  • 最近、朝、金魚様の世話をして、日中は仕事で不在だった。亭主は、休みはただ家に居る。お家が大好きなのだという。ネット小説を読んだり、庭のパトロールをしているらしい。庭のパトロールとは、何をするのか聞いた。私が、勝手に金魚を増やしていないかチェックしているのだという。「丹頂さんの水が茶色になっていましたよ。」「黒らんの小さいの、背中に白いのが付いているよ。」何もしないが、報告だけする。「白いのは、ゴミじゃ [続きを読む]
  • ご趣味は?
  • 私がまだ若かったら、見合いをするとしよう。趣味は?と聞かれたら。「金魚の水変えです。あと、フンとり。卵の掃除。それから、稚魚飼育です。」これで、結婚してくれる男性がいるのか試してみたかった。たとえ、金魚趣味の男性と出会ったとしても、飼育場所で争い、離婚したりして。今日は、休みで唯一雨の降らない日中らしい。やることがあり、2時半に起床してしまった。洗濯、掃除。床が、すっきりとしないので、床拭き。水槽 [続きを読む]
  • 看板娘
  • 秋のオーガニックマーケット開催。多肉やサボテン販売。カクトゥスげんげん。千葉県匝瑳市川向79長福寺にて9月23日10時から15時このマーケット。オーガニックを謳い文句にしているが、侮れない。美味い有名店の目玉メニューが食べられる。ピザは、イタリアで食べるレベル。大阪タコ焼きも美味いらしい。たけおご飯のロールケーキは、一度食べてみたかった。私は、普段お祭りでは一切飲食しない。しかし、このマーケットでは [続きを読む]
  • 赤くなる
  • 黒らんちゅうさん。一匹しっぽの付け根が赤くなってしまった。気温の急降下(10度)で、体調を崩してしまった様子だ。外飼育組にもいた。水変えしてしまえば、翌日治っている。黒らんちゅうさんは、そう行かなくて、塩浴させている。特別タイグーだ。だってカワイイんだもん!他は、元気。梅雨入りした時期の陽気だ。毎日、雨、雨、雨。朝顔は、雨に当たり綺麗。フリル朝顔。多肉さんたちは秋が来たと勘違いした様子。起きてしま [続きを読む]
  • デラックスツインルームお取りしました
  • カブトニオイ亀のカブニーズ。寝場所で争うので、ダイソーに隠れ家を物色しに行けば、ちょうど良いサイズあり。ダイソーの隠れ家シリーズ。毎回違う隠れ家に変わるみたいで、次回はあるかわからない。二つ購入した。右はカブイチ。(気の強いほう)左はカブニ。寝場所は必ず決まっている。自分の隠れ家に、片方が来ると怒って追い返す。実に、カブトニオイ亀はコミカルだ。萌えポイント。鼻の穴。くちばし。前足、特に水掻き。玄武 [続きを読む]
  • プレイバック夏
  • 一昨日から急に10度も気温が下がった。現在23度。涼しいを通り越して寒い。植え替えやら、金魚の世話やらはかどりそうだが、体が動かない。外飼育しているペッツ達も辛かろう。餌やりは、無しだ。欲しがるペッツ達にしか、あげない。室内飼育している稚魚だけは、やたらに餌を欲しがる。集まって睨みつけ、ガンを飛ばしつづけた。朝だけだよと、おとひめを撒いた。外飼育しているらんちゅうさんは、一日中餌をやることはない [続きを読む]
  • 黒らんちゅう平常運転
  • 半年間、ずっと産卵を続けている黒らんちゅう。いまだ産みつづけている。全てメスみたいで、分けて飼育不可能。場所もなし。水温26度当たりが一番産む。室内飼育していて、エアコンをつけ、翌日エアコンを使わないとまた産卵する。最近は、朝産んだ卵がすぐにくさりだす。夕方までに帰宅出来ない時もある。断腸の思いで、半分漁師のお客さん宅にうつした。漁師のお客さんは、金魚飼育は成魚はまず死なせない。餌は、のぞみちゃ [続きを読む]
  • らんちゅうさん出来上がり
  • 3月に青子から譲り受けたらんちゅう稚魚。当歳魚と呼べる姿になって来た。昨日はほぼよしずの中。朝、らんちゅうに会いたくて早起きしている。なぜか、アカムシは食べないのでおとひめだけで立派になった。濾過装置は、自分の掃除が甘くなってしまうだろうと、ブクブクだけ。三日に一度全部水をかえる。水が痛んだらその都度かえる。私は、昨年鈴木和男系らんちゅう成魚を、鉄工所の伊藤さんから譲り受けた。しかし、仕事が忙し [続きを読む]
  • お目にかかれない暑さ
  • 外飼育組。日が午前中しか当たらない連中は良いにしても。らんちゅうさんは、朝と夕方、日が当たる。暑い日は、日中お目にかかれないのだ。にしても、らんちゅうさん達は、中で涼しい顔をしてゆらゆらと泳いでいる。こちら側としては、背中をやけどされたくないのである。何匹か、背中が赤くなって病気かと心配した。背中のやけどだった。夕方になってから、日よけを外す。漁師のお客さんから貰った稚魚。舟にも慣れてくれた。急 [続きを読む]
  • 稚魚生後二ヶ月
  • 漁師のお客さんから貰った稚魚たち。生後二ヶ月。らんちゅう、江戸錦の卵が同じ水槽に入っていたようで、今からわかってくる。背中にひかりが載る今が一番かわいい。舟にした。気に入らない様子。奮然やるしかたないという態度をとる。こんなに小さくとも、意思があるのだな。前の苔だらけのりんごスチロール箱がよかったみたいだ。しかし、スチロール箱が崩壊されると、こちら側としては困るんだ。我慢してくれるか。亭主は、稚 [続きを読む]
  • コメリの舟、廃盤品
  • コメリに舟を買いに行った。みどり色の舟は、廃盤になってしまった。黒の舟しかない。残念がっていたら、店長さんが外の睡蓮が入っている、みどり色の40リットルの舟を売ってくれた。中古品なので、400円に。黒は、同じサイズで1580円だ。ずいぶん負けてくれた。コメリは、親切な店員が多い。一応、ハイターしよう!みどり色の舟は、使いやすい。黒だと、温度が上がってしまいそうで、躊躇している。カインズホームの水 [続きを読む]
  • 夏の金魚の世話(女の古編)
  • 夏だ。海だ花火だ。そして金魚の世話だ。今は、仕事に行く前、2時間はみっちり金魚の世話をする。いい案配に、多肉さんたちは、休眠期間だ。多肉さんたちは、下手にいじらず、うちの環境に適応してくれるやつを残している。紫外線の弱い、朝5時当たりを金魚の世話に当てる。日焼け止め。蚊に刺されぬよう、真冬のズボン着用。長靴。ワンレングスの長髪は、手ぬぐいでくくる。ワンレングスにしているのは、復活した麻布のマハラ [続きを読む]
  • 開墾
  • 涼しい雨が降った。一ヶ月ぶりのまとまった雨だった。気温は、24度だ。こんな夏なら、オッケーだ。やる気が出た。芝生を剥がして、松葉ボタンをうえた。多肉植物をカキコした。ハオルチアオブツーサは、秋にはマーケット出店予定。ハオルチアは、野ざらしの限り、日も当たりすぎてひどい有様。こんなんは、売れない。真面目に、日に当てない努力をしないとならない。色あげ餌、特売していた。試しに、赤いチームにあげたら、綺 [続きを読む]