moyamoya0701 さん プロフィール

  •  
moyamoya0701さん: もやもや日記
ハンドル名moyamoya0701 さん
ブログタイトルもやもや日記
ブログURLhttp://moyamoya0701.hatenablog.com/
サイト紹介文もやもやした毎日を過ごしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/02/16 09:13

moyamoya0701 さんのブログ記事

  • ALSと頸椎症性脊髄症の合併
  • medu4.comALSと頸椎症性脊髄症の違いをテーマにしてるんだけれども、この二つの疾患を違いを問うた問題。細かい病態生理の話はおいておいて、ALSは上肢と下肢ともに、上位・下位運動神経の障害が出現するのに対し、頸椎症性脊髄症は上肢のみ上位・下位運動神経の障害が出て、下肢は上位運動神経の障害のみという違いがあります。つまり、ALSで頸椎症性脊髄症が発症すると、下肢の下位運動神経の障害が出現する、というのが [続きを読む]
  • medu4の過去問データベースがリニューアル!
  • www.youtube.commedu4の過去問データベースがリニューアルしましたが、これすごいですね。medu4受講者としては、セット問題としてテキストの問題演習ができるっていうこと。親切なことに、ちゃんと2016年版にも対応しています。HZM先生、神対応すぎるでしょwまた、キーワード検索も秀逸です。動画でも紹介されているように、例えば「ニコチン」というキーワードを入力すると、ニコチンが入ってる問題がすべてピックアップされ [続きを読む]
  • サルコイドーシスの語呂合わせ・覚え方
  • A:高度AVブロック、網目状血管増生@気道B:ぶどう膜炎(→角膜裏面豚油様沈着物・真珠首飾り状硝子体混濁)、BHLC:高Ca血症(→尿崩症、尿路結石)、結節性紅斑、脚ブロック、心室中隔の菲薄化、顔面神経麻痺、手足の短管骨病変D:活性化ビタミンD上昇(←高Ca血症の原因)E:ACE上昇F:CD4/CD8比上昇(→ツベルクリン反応陰転化)G:γグロブリン上昇、ガリウムシンチで集積H:副腎皮質ステロイドI:可溶性IL-2受容体上昇、ICD [続きを読む]
  • ベーチェット病の語呂合わせ
  • A:有痛性アフタ性潰瘍B:ぶどう膜炎C:結節性紅斑・回盲部潰瘍・関節炎D:大動脈瘤E:外陰部潰瘍(Cに好中球遊走とコルヒチンいれてもいいですけど、徴候とぐちゃぐちゃになるのでやめています)またHLA-B51の陽性率が高いということですが、疾患名をベーチェット病→○○○○○●Byou(5文字+1文字+B)→HLA-B51に分解して覚えるようにしました。 [続きを読む]
  • PDE5阻害薬と併用禁忌の薬は?
  • 近年、ポリファーマシーに関する出題が増えているみたいですが、薬物相互作用に関する問題も111回では出題されています。以前にも、リファンピシンと副腎皮質ステロイドに関する問題について書きました。moyamoya0701.hatenablog.com今泌尿器をやっていて、薬物相互作用で狙われそうなところだなーと思った問題があったので書いておきます。medu4.com前立腺肥大の治療薬ですが、第一選択としてはα1阻害薬を用いますが、 [続きを読む]
  • 髄膜炎の治療法の出題があつい
  • 最近の国試では髄膜炎の抗菌薬に関する問題がよく出題されています。medu4.commedu4.commedu4.com111I3が正答率75%111D34が正答率93%110A32が正答率19%(メディックメディアの過去問より)とそんなに正答率にかなりばらつきがあり、重要なところではあるけれども、なかなか得点率が伸びないところのようです。おそらく来年度に関しても、髄膜炎の出題はあると思いますが、個人的には細菌性髄膜炎の治療に対するempiric t [続きを読む]
  • 心不全と気管支喘息の鑑別
  • medu4.com111回医師国家試験で、気管支喘息とうっ血性心不全を鑑別するさいに必要な身体所見を答えさせる出題があります。メディックメディアによると、正解率は66.5%で、合否を分けるような問題だったのではないかと思われますが、近年の国家試験らしい出題なのではないかと思います。近年の国家試験らしい出題というのは、キーワードだけで解ける従来型の問題とは違って、選択肢全部間違ってないんだけど、まず最初にやる治療 [続きを読む]
  • 脳の高次機能障害の語呂合わせ
  • FaceBookとTWitterつくるProGrammerF : frontal (前頭葉)B : Broca失語T : temporal (側頭葉)W : Wernicke失語P : Parietal (頭頂葉)G : Gerstmann症候群自画自賛ですが、これはなかなかいい出来ですwそもそも英語を覚えなきゃいけないというつっこみがあるかもしれませんが、前頭葉はそのままだし、格闘技などでテンプルという言葉はよく使われているので、側頭葉というイメージももちやすいと思います。ちなみに後頭葉 [続きを読む]
  • 血液検査の前に、神経生検
  • 昨年の医師国家試験の問題です。(111I-54) 72歳の女性。発熱と歩行障害とを主訴に来院した。(略)右腓腹神経生検のH-E染色標本を別に示す。診断に最も有用なのはどれか。a 抗ARS抗体 b MPO-ANCA c 抗セントロメア抗体 d 抗ガングリオシド抗体 e 抗ミトコンドリア抗体medu4.comこの問題では、病理がわかったうえで、診断に必要な抗体を選ばせるという、臨床の流れとは異なる気がします。実際には、臨床症状や [続きを読む]
  • 「マジンガーZ」で「麻疹がゼロ」…だじゃれで予防 厚労省が啓発活動
  • www.sankei.com厚生労働省は27日、麻疹(はしか)予防のため、人気漫画「マジンガーZ」と協力して制作したポスターやリーフレットを使って啓発活動を始めた。計2回の予防接種を求め、海外旅行した場合は2週間程度の健康状態の留意を呼びかけている。 麻疹は感染力が非常に強く、発症した場合は肺炎や中耳炎になることがあり、先進国でも患者千人当たり1人が死亡する。昨年は世界で約19万人の患者が報告された。 日本は [続きを読む]
  • 疑義照会における医師の対応
  • 医師国家試験でポリファーマシーがあつい、ということで、なんかネタがないかなーと思いながらたどり着いたのがこの記事。ケース12 89歳高度認知症患者にドネペジル継続投与は必要か治療方針を巡り、主治医と薬剤師の意見が“対立”http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/aoshima/201610/548754_3.htmlこんなのフィクションでしょ、と思いながら読み進めていたけど、コメント欄に同じ印象をもつコメントがあ [続きを読む]
  • JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職
  • JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職東京都港区のJCHO東京高輪病院で、感染症内科を中心に、医師が一斉退職していたことが明らかになった。2017年3月末には、7人の感染症内科医が一斉に退職した。また、これと時期を同じくして2017年4月から、同病院では救急、人工透析、健康管理センターを除く全科で、土曜診療を休診している。http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201706/551737.htmlこのニュー [続きを読む]
  • 研修医の初期研修におけるマッチングの小論文
  • マッチングで小論文を課す病院がいくつかありますが、周りの意見を聞いていても一番よくあるテーマとしては、「どんな医師になりたいか」系。ただ、あまりにも質問の内容がざっくりしていて、何を書けばいいのか最初はあまり検討もつかず、かなりトンチンカンな小論文を書いてしましました。それで、「どんな医師になりたいか」系の小論文に何を書くべきかということについて考えたのでまとめたいと思います。医師としてのキャリ [続きを読む]
  • お昼ごはんを食べるとやる気がなくなる問題
  • タイトルの通りです。最近の生活はこんな感じ。最近のスケジュール平日0630起床0715-0900勉強(←集中できる)0900-0915実習0915-1030勉強(←まぁまぁ集中できる)1030-1130お昼ごはん1130-1400勉強(←かなり集中力低下)1400-1600やる気なくなって家かえってダラダラ1600-1700夕ご飯1700-2200勉強(←まぁまぁ集中)2400就寝土日0630起床0700-0830勉強(まぁまぁ集中できる)0900-1800バイト1830-2100勉強(かなり疲れてる [続きを読む]