moyamoya0701 さん プロフィール

  •  
moyamoya0701さん: もやもや日記
ハンドル名moyamoya0701 さん
ブログタイトルもやもや日記
ブログURLhttp://moyamoya0701.hatenablog.com/
サイト紹介文もやもやした毎日を過ごしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/02/16 09:13

moyamoya0701 さんのブログ記事

  • 疑義照会における医師の対応
  • 医師国家試験でポリファーマシーがあつい、ということで、なんかネタがないかなーと思いながらたどり着いたのがこの記事。ケース12 89歳高度認知症患者にドネペジル継続投与は必要か治療方針を巡り、主治医と薬剤師の意見が“対立”http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/aoshima/201610/548754_3.htmlこんなのフィクションでしょ、と思いながら読み進めていたけど、コメント欄に同じ印象をもつコメントがあ [続きを読む]
  • JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職
  • JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職東京都港区のJCHO東京高輪病院で、感染症内科を中心に、医師が一斉退職していたことが明らかになった。2017年3月末には、7人の感染症内科医が一斉に退職した。また、これと時期を同じくして2017年4月から、同病院では救急、人工透析、健康管理センターを除く全科で、土曜診療を休診している。http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201706/551737.htmlこのニュー [続きを読む]
  • 研修医の初期研修におけるマッチングの小論文
  • マッチングで小論文を課す病院がいくつかありますが、周りの意見を聞いていても一番よくあるテーマとしては、「どんな医師になりたいか」系。ただ、あまりにも質問の内容がざっくりしていて、何を書けばいいのか最初はあまり検討もつかず、かなりトンチンカンな小論文を書いてしましました。それで、「どんな医師になりたいか」系の小論文に何を書くべきかということについて考えたのでまとめたいと思います。医師としてのキャリ [続きを読む]
  • お昼ごはんを食べるとやる気がなくなる問題
  • タイトルの通りです。最近の生活はこんな感じ。最近のスケジュール平日0630起床0715-0900勉強(←集中できる)0900-0915実習0915-1030勉強(←まぁまぁ集中できる)1030-1130お昼ごはん1130-1400勉強(←かなり集中力低下)1400-1600やる気なくなって家かえってダラダラ1600-1700夕ご飯1700-2200勉強(←まぁまぁ集中)2400就寝土日0630起床0700-0830勉強(まぁまぁ集中できる)0900-1800バイト1830-2100勉強(かなり疲れてる [続きを読む]
  • アレルギーの分類の覚え方
  • アレルギーの分類についてまとめてみました。Ⅰ型アレルギーマーチの3疾患:気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎allabout.co.jp他にも、アナフィラキシー、蕁麻疹、食物アレルギーなどイメージしやすいものばかりで語呂合わせ必要ないですね。Ⅲ型Ⅱ型とⅢ型がやっかいです。Ⅱ型を飛ばして、まずはⅢ型からですが、Ⅲ型は抗原複合体が全身に波及して組織を障害することから、全身に症状がでやすい膠原病疾患 [続きを読む]
  • サイトカイン語呂合わせ
  • 細胞性免疫と液性免疫Th1:細胞性免疫Th2:液性免疫一茶を駅に(いっさをえきに)いち:Th1さ:細胞性免疫えき:液性免疫に:Th2サイトカイン最初に発熱し、セルに参観。よい誤差無視して、天才抑制。一茶も我慢。最初に発熱:IL1が発熱セルに:IL2が細胞性免疫活性化参観:IL3が造血幹細胞の分化増殖よい:IL4がIgE産出促進誤差:IL5が好酸球の増殖無視:IL6がCRPなど炎症タンパク産出天才抑制:IL10が細胞性免疫(Th1やマ [続きを読む]
  • 内分泌疾患と電解質と尿量
  • 内分泌疾患って勉強していくとはまりますねw次の疾患でどのような機序でこれらの症状が出現しているのかを調べるとなかなか興味深かったです。詳細は間違っていると嫌なので載せませんが、興味がある人は調べてみてください。最後に、これに関連した国家試験の問題を掲載しておきます。これらの病態をすべて説明できれば、問題はとけると思われます。食塩水を飲む高Na血症で尿量低下クッシング症候群高Na血症で尿量増加低 [続きを読む]
  • 平成30年度医師国家試験出題基準の追加項目
  • 111回は必修が難しかったということですが、必修の難化の原因として、いわゆる必修らしくない問題が増えていた、ということが挙げられるらしいです。必修の難化anond.hatelabo.jpまずMLF症候群とか脊椎靭帯に関する解剖の問題が「必修」というのはおかしいと思うし、胃管に関する理念の問題はまあ良いとしても学生が実習で経験できない動脈穿刺の手技の問題出すのはどうかと。必修といえど簡単すぎるのもどうかと思ったのか知 [続きを読む]
  • 小児の発達のゴロ合わせ
  • moyamoya0701.hatenablog.com小児の原始反射についてまとめたけど、その一方で運動、言語、社会性などの発達に関する語呂合わせは非常に充実していますw個人的に覚えにくいものだけまとめました。粗大な運動系つかまり立ち(10か月)はいはい(は:8か月)、一人立ち(一:1才)は非常に有名ですが、その間につかまり立ちがあると考えれば覚えなくて済みます。小走り(1才半)、走る(2才)これも先と同じように一人立 [続きを読む]
  • 小児の原始反射の消失時期も含めたゴロ合わせ
  • 小児の原始反射はネットで探しても、消失時期を含めた語呂合わせがあまり見当たらなったので作りました。かっこは消失時期を示しています。歩行反射(2か月)歩行は足2本探索反射、吸啜反射、Moro反射、非対称性緊張性頸反射(4か月)おっぱいもっとくれし!おっぱい(探索、吸啜)も(Moro)く(頸→非対称性緊張性頸反射)し(4か月)背反射(5か月)、手掌把握反射(6か月)、足底把握反射(7か月)背後にテロのあ [続きを読む]
  • 閉塞性疾患と拘束性疾患の覚え方
  • この疾患名だと、閉塞してるから吸いにくいのか、吐きにくいのか、一見してわかりずらいですよね。講義や参考書で理解したつもりでいても、しばらくするとすぐ忘れてしまいます。医学的には正しくないところもあるかもしれませんが、僕はこういうイメージと語呂合わせで理解しました。閉塞性疾患の「閉塞」とは?細気管支の「閉塞」をイメージします。吐くときに胸腔内の陰圧がかかるため、細気管支がさらに狭窄して吐きにくいと [続きを読む]
  • グラム陰性球菌の語呂合わせ、からの淋菌の名前の由来
  • グラム陰性球菌の語呂合わせを探していたところ、こちらのサイトに書いてあるのがしっくりきたので、使わせてもらいます。一休さんは随分淋しくて1 ̄   234 1陰性球菌2髄膜炎菌3ブランハメラ菌4淋菌語呂ゴロごろ五郎1|いーこっこ | えリこ(∵`)のブログブランハメラ菌、というよりもどちらかというとモラクセラで出てくることが多いと思うので、「一休さんも随分淋しくて」に改変して覚えようと思います。とこ [続きを読む]
  • 血尿の鑑別で考える疾患は大きく分けて5つ
  • 血尿に関する問題をやったので、血尿に関する鑑別疾患について調べました。やった問題はこちら。medu4.com血尿の鑑別疾患医療機関│福岡県泌尿器科医会より引用グルーピングしてみたこれを僕なりに単純化すると、こんな感じです。血尿で考えるべき疾患糸球体腎炎感染結石腫瘍その他(奇形や腎下垂などの形態の異常、激しい運動など)あとは、年齢と原因臓器(腎、膀胱、尿管、前立腺)を考えれば、具体的な疾患に絞り込 [続きを読む]
  • SIADHがわかりにくい理由について考えてみた
  • SIADHはわかりにくい?SIADHって、説明を受ければ理解できるんだけれども、それは試験中に再現に時間もかかるし、それだからといって症状や所見をガチガチに暗記してもすぐに忘れてしまいます。そこで、SIADHのややこしい理由について考察した上で、わかりやすく理解する方法について考えてみました。まずはSIADHについておさらいバゾプレシン分泌過剰症(SIADH)の診断と治療の手引き(平成22年度改訂)A. バゾプレシン分 [続きを読む]
  • 続発性膜性腎症の原因のイラスト
  • 足や目の周りの浮腫や体重の増加、尿の泡だち、疲労感などで発症することが多い。IgA腎症で見られるような肉眼的血尿は稀である。高血圧も比較的に少ない。基本的に病気の進行は緩徐であり、ほとんど無症状だったり、寛解と増悪を自然に繰り返したりもする。成人検診での蛋白尿陽性を経て、初めて診断されることもある。また、明らかな病因がある二次性の膜性腎症と、それらが特定できない一次性の膜性腎症とに分けられる。二次性 [続きを読む]
  • サカナモン
  • 勉強しているときにラジオ聞いてると、ラジオの内容が全く頭に入ってこないので、最近は音楽聞きながら勉強しているけど、Spotifyを使ってます。www.spotify.comランダムに音楽が流れていくなかでめちゃくちゃ耳に残った曲。www.youtube.comSAKANAMON(サカナモン,肴者)は、日本のスリーピースロックバンド。バンド名の由来は「聴く人の生活の"肴"になるような音楽を作りたい」という願いから。”サカなもん”というマ [続きを読む]
  • 羽ばたき振戦
  • 今日、なんとなく参考書をペラペラとめくっていたら、こんな羽ばたき振戦を見つけましたwビジュアルノートより引用一般的には前方に腕を出すことが多いイメージですけど、もしかしたら横に伸ばしても振戦は誘導されるのかもしれませんが、あえてこのイラストを書く必要はないよねw僕が持っているのがかなり古い版(第2版 平成14年発行)なので、新しい版では変更になっているかもしれませんが。www.youtube.com羽ば [続きを読む]
  • 医師国家試験111回受験記録(メモ)
  • anond.hatelabo.jp・これからの国家試験の対策(もし落ちた時の自分の来年のためにも) 必修対策が絶対必要になったと思う。テコムとかmedu4とか多くの塾会社が口をそろえて「必修で8割いかない人はそもそも一般・臨床で点が足りない。だから一般・臨床で合格ライン乗る勉強すれば必ず必修も合格してる」みたいなこと言うけど今回の内容見るにこれからはそういうの通用しないと思う。どうせ今回も難しい問題が除外問題になって調 [続きを読む]
  • 伝染性単核球症は心筋炎の合併はまれである、の出題意図は?
  • medu4.com消去法で解けるっちゃ解けるけど、こんな問題作らないでほしいなとは思いましたが、いちおうbを正解にする理由を調べてみました。「伝染性単核球症は心筋炎の合併はまれである」という事実は、おそらく他の疾患との鑑別とのポイントで重要だということを、作成者の意図と考え、心筋炎を発症する伝染性単核球症と似た症状の疾患を調べてみたところ、心筋炎のガイドラインでは次のような記載があります。小児期に発 [続きを読む]
  • 112回医師国家試験に向けて勉強日記再開します
  • 以前にブログでテコムの記録を付けていましたが、勉強のモチベーションを維持するために勉強の記録を再開しようと思います。最近はもっぱらmedu4ですが、あと神経と呼吸器と感染症をちょっとすれば、メジャーと小児、産婦、公衆衛生の1週目は終了ということになります。テコムで問題演習をしないという失敗を繰り返さないように、自分で問題を解くというアウトプットを意識しながらやっています。今は感染症をやっているので [続きを読む]
  • 親が小児科医を信じるかは「グーグル先生」次第?
  • www.carenet.com今回の研究では、子どもを持つ親1,374人(平均年齢34歳、男女比は半々)を対象に、子どもに発疹と発熱が3日間続いているという内容の寸劇を見てもらった。親を3群に分け、第1群には「子どもの症状は猩紅熱である」と示すように細工したインターネット検索の結果を見せ、第2群には「川崎病である」と示す結果を見せた。第3群は何も情報を見せない対照群とした。その後、全ての親に、「医師の診断は猩紅熱であった [続きを読む]