ぶんごう池やん さん プロフィール

  •  
ぶんごう池やんさん: ぶんごう池やんのブログ小説
ハンドル名ぶんごう池やん さん
ブログタイトルぶんごう池やんのブログ小説
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mituko_032
サイト紹介文戦闘妖精雪風のサイドストーリーと思われがちですが、実は日本vs中国・北朝鮮の戦いを書いてみました。
自由文絵が下手なので、挿絵としてネットから画像を流用しようかと思いましたが、著作権・肖像権がありますので、人物及び性的な画像は各サイトのリンクを貼り付けていますので御了承願います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/02/16 02:23

ぶんごう池やん さんのブログ記事

  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第34章−LAST
  •            第34章−3 始まりの刻(2)クレイユ基地から車で10分程走った所にシャンティの駅がある。 俺は駅の駐車場に車を停めて、岬と一緒に北へと歩く。しばらくまっすぐ行くと、噴水のある広場に出て、そこを右に曲がるとコネタブル通りに出る。更に通りを左に行った所に、目的地であるCouleurs caféと言う小洒落た喫茶店がある。 ここは珈琲も美味しいがパンも人気で、パン好きの岬が喜ぶ [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第34章−3
  •            第34章−3 始まりの刻(1)いよいよ岬と別れる日がやって来た。伊藤総司令と児玉参謀長、そして岬達日本支部員を乗せて、轟が操縦する専用機が日本への帰途につく。 今度はいつ、岬に会えるか分からない。 岬は昨夜遅い時間にクレイユのホテルに戻り、俺はユキカゼで一夜を過ごした。 今日のフライトは、17:00離陸。 専用機の護衛に当たるのは、俺達グール隊とリックさんがリ [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第34章−2
  •             第34章−2 藤堂と佳子藤堂と佳子が送られた収容所は、人里離れた山間地域で、山に囲まれた河川の上流部に立地していた。都市やその近郊に所在している、高い塀に囲まれた監獄に、独房や雑居房が並んでいるという刑務所や強制収容所の一般的なイメージとは異なり、広大な土地を鉄条網と武装した監視員で取り囲んでいるこの場所は、「管理所」と称されていた。 収容所の建物は、崩れかけた廃 [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第34章−1
  •            第34章−1 安全と平和韓国では今年の冬。記録的な大寒波が国土全土を覆っていが、先日までの身を切る程の寒さから変わって、今はポカポカと春の陽気に過ごしやすい日が続いている。 公安2部部長である木村庄之助は、暖かい日が差す公安韓国オフィスのテラスで紅茶を楽しんでいた。 「部長。公安2部北朝鮮調査課の須本様から、お電話が入っています」秘書の篠田あゆみは、テラスにいる木村に [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第33章−LAST
  •                          第33章−LAST 藤堂の決意脱北する為の船は、コソンの港から約20km程離れた洞窟の小さな湾に隠されていた。 怪しまれない為に、わざと北朝鮮の船らしく錆びついてボロボロに朽ち果てた漁船を公安は用意していたが、船としての性能はかなり良く、今井元整備長が強化したエンジンのお陰で、速度は一般の漁船に比べると遥かに凌駕していた。 「ここです [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第33章−LAST
  •                          第33章−LAST 藤堂の決意脱北する為の船は、コソンの港から約20km程離れた洞窟の小さな湾に隠されていた。 怪しまれない為に、わざと北朝鮮の船らしく錆びついてボロボロに朽ち果てた漁船を公安は用意していたが、船としての性能はかなり良く、今井元整備長が強化したエンジンのお陰で、速度は一般の漁船に比べると遥かに凌駕していた。 「ここです [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第33章−2
  •             第32章−2 いざ脱北へ北朝鮮のコソンは、朝鮮半島の中東部、江原道沿海部に位置する郡である。朝鮮半島を横断する軍事境界線の最東部で、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国の双方に同名の行政区域が存在する。 コソンに入る手前で、藤堂は各ポイントで待機していた公安2部の連中と合流した。 「藤堂さん。御無事で」公安2部の吉住は、先輩であり上司でもある藤堂に、土で汚れた手を差し出 [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第33章−2
  •             第32章−2 いざ脱北へ北朝鮮のコソンは、朝鮮半島の中東部、江原道沿海部に位置する郡である。朝鮮半島を横断する軍事境界線の最東部で、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国の双方に同名の行政区域が存在する。 コソンに入る手前で、藤堂は各ポイントで待機していた公安2部の連中と合流した。 「藤堂さん。御無事で」公安2部の吉住は、先輩であり上司でもある藤堂に、土で汚れた手を差し出 [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第33章−1
  •              第33章−1 軍人の責任ユウとタカを自室に案内した後、菊江は自分が所属する備品管理課の自机に座り、花江からの手紙をゆっくりと読んだ。 「姉さんへ 元気にしてるかい? 調度ユウちゃんが姉さんと同じ艦に乗る事になると言うので、この手紙をユウちゃんに預 けます。 突然の手紙に驚いたと思うけど、許しておくれ。 実はこの間、体の調子が悪くて医者に診て貰ったんだけど。 私も [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第33章−1
  •              第33章−1 軍人の責任ユウとタカを自室に案内した後、菊江は自分が所属する備品管理課の自机に座り、花江からの手紙をゆっくりと読んだ。 「姉さんへ 元気にしてるかい? 調度ユウちゃんが姉さんと同じ艦に乗る事になると言うので、この手紙をユウちゃんに預 けます。 突然の手紙に驚いたと思うけど、許しておくれ。 実はこの間、体の調子が悪くて医者に診て貰ったんだけど。 私も [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第32章−4
  •            第32章−4 別れのSEX昨夜恭子から、人民朝鮮軍傘下の傭兵艦隊によって、南シナにおける制空・制海権が奪われた事実を知った俺達は、まだ太陽が昇りきらない早朝から、ユキカゼに向かって飛行している所だった。ユキカゼの飛行甲板の修復には、今日1日かかるらしく、出航が遅れる事で、皆を苛立たせていた。「それにしても、進藤先輩がね・・・」「多分、先輩も今日位に、ユキカゼに乗艦するんじゃな [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第32章−4
  •            第32章−4 別れのSEX昨夜恭子から、人民朝鮮軍傘下の傭兵艦隊によって、南シナにおける制空・制海権が奪われた事実を知った俺達は、まだ太陽が昇りきらない早朝から、ユキカゼに向かって飛行している所だった。ユキカゼの飛行甲板の修復には、今日1日かかるらしく、出航が遅れる事で、皆を苛立たせていた。「それにしても、進藤先輩がね・・・」「多分、先輩も今日位に、ユキカゼに乗艦するんじゃな [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第32章−3
  •         第32章−3 301飛行隊のパイロット達「うわぁー!可愛い!」 「可愛いだろ?今日は折角、君達ユウとタカの奥さんが来てくれたんだ。サービスするよ」 奥田は、カウンターで大声を張り上げて喜んでいる岬と智美を見てニコニコしている。 「奥田さん!これ伊勢海老ですよね?!」 「そうだよ。今朝、仕入れたばかりだ」 岬は、カウンターに置かれた伊勢海老を見て興奮し [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第32章−3
  •         第32章−3 301飛行隊のパイロット達「うわぁー!可愛い!」 「可愛いだろ?今日は折角、君達ユウとタカの奥さんが来てくれたんだ。サービスするよ」 奥田は、カウンターで大声を張り上げて喜んでいる岬と智美を見てニコニコしている。 「奥田さん!これ伊勢海老ですよね?!」 「そうだよ。今朝、仕入れたばかりだ」 岬は、カウンターに置かれた伊勢海老を見て興奮し [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第32章−2
  • 第32章−2 児玉の誘い智美はタカの後ろから奥田の暖簾を潜ると、店の前で感じの良い笑顔で笑う、40歳位の綺麗の女性が、智美達を迎えてくれた。 「タカ君。元気になったのね。あのまま、もう意識が戻らないのかと心配してたのよ。良か った。ユウ君も喜んでたでしょ」 タカは懐かしい顔を見て、顔を緩ます。「塔子さん!お久しぶりです。何とか生きてます」 すると店の中から、調理服を来た男が出てくると、 [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第32章−2
  • 第32章−2 児玉の誘い智美はタカの後ろから奥田の暖簾を潜ると、店の前で感じの良い笑顔で笑う、40歳位の綺麗の女性が、智美達を迎えてくれた。 「タカ君。元気になったのね。あのまま、もう意識が戻らないのかと心配してたのよ。良か った。ユウ君も喜んでたでしょ」 タカは懐かしい顔を見て、顔を緩ます。「塔子さん!お久しぶりです。何とか生きてます」 すると店の中から、調理服を来た男が出てくると、 [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第32章−1
  • 蘭亭さんの蒼き翼神はこちらのリンクへどうぞ!http://blogs.yahoo.co.jp/rantei2661/12792811.html#12792811第32章−1 思いがけぬ再開俺達は、クレイユ基地の待機室で装備を外して寛いでいた。皆で雑談を交わし、話が盛り上がっていた時、肩の痛みが急に俺の体を襲った。俺は肩に手を当て、床に膝まづく。 パイロット達に薄い珈琲を淹れていた岬は、盆にのせたカップを驚いて落とした。 「ユウ!大丈夫?」 「 [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第32章−1
  • 蘭亭さんの蒼き翼神はこちらのリンクへどうぞ!http://blogs.yahoo.co.jp/rantei2661/12792811.html#12792811第32章−1 思いがけぬ再開俺達は、クレイユ基地の待機室で装備を外して寛いでいた。皆で雑談を交わし、話が盛り上がっていた時、肩の痛みが急に俺の体を襲った。俺は肩に手を当て、床に膝まづく。 パイロット達に薄い珈琲を淹れていた岬は、盆にのせたカップを驚いて落とした。 「ユウ!大丈夫?」 「 [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第31章−LAST
  • 第31章−LAST 翼休める場所「ユウ!3時方向でポンが追われてる!」 「よし!ポンを助ける」俺は機速を上げると、ポンを追う敵機へと機首を向けた。 敵機に近づく俺達に、敵のパイロットは気付いていないらしい。 「こいつら・・・甘いな」 敵機は、ポンの駆るグリフォン01を追い詰める事に必至で、全く廻りを警戒していなかった。 「よし!ロックするぞ!」 HUDのレティクルに敵機に合すと [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第31章−LAST
  • 第31章−LAST 翼休める場所「ユウ!3時方向でポンが追われてる!」 「よし!ポンを助ける」俺は機速を上げ、ポンを追う敵機へと機首を向けた。 敵機に近づく俺達に、敵のパイロットは気付いていないらしい。 「こいつら・・・甘いな」 敵機は、ポンの駆るグリフォン01を追い詰める事に必至で、全く廻りを警戒していなかった。 「よし!ロックするぞ!」 HUDのレティクルに敵機に合すと、迷 [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第31章−2
  • 第31章−2 死闘 対艦攻撃ヘルメットから、先行する早期警戒機E−2Cホーク01が4航戦の隊長機を駆るジェイクを呼び出すのが聞こえて来た。 <アンクル・フライト。こちらホーク01。敵空母が位置するポイントから北西5マイルの地点を通過> <こちらアリス。アンクル・リーダー。敵空母への攻撃を開始せよ!グール隊はアンクル隊を上空から援護のこと> <アンクル・リーダーより各機。右旋回。準備良い [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第31章−2
  • 第31章−2 死闘 対艦攻撃ヘルメットから、先行する早期警戒機E−2Cホーク01が4航戦の隊長機を駆るジェイクを呼び出すのが聞こえて来た。 <アンクル・フライト。こちらホーク01。敵空母が位置するポイントから北西5マイルの地点を通過> <こちらアリス。アンクル・リーダー。敵空母への攻撃を開始せよ!グール隊はアンクル隊を上空から援護のこと> <アンクル・リーダーより各機。右旋回。準備良い [続きを読む]
  • 蒼の翼神 死闘!国連FAF軍 第31章−1
  • 蘭亭さんの蒼き翼神はこちらのリンクへどうぞ!http://blogs.yahoo.co.jp/rantei2661/12792811.html#12792811 第31章−1 反撃開始俺はグラーフの飛行甲板に5年ぶりに足を置いた。 「ユウ。久しぶだな、この感じ」 「ああ。久しぶりだ。やっぱり良いな。航空母艦は」 「ちょっと良いか?」 「ん?」 「お前なら、壁を乗り越えられると信じてた」タカは微笑むと、俺に向けて手を差し伸べる。 「お [続きを読む]