DerbyWeek さん プロフィール

  •  
DerbyWeekさん: DerbyWeekの毎日がスペシャル
ハンドル名DerbyWeek さん
ブログタイトルDerbyWeekの毎日がスペシャル
ブログURLhttp://ameblo.jp/derbyweek/
サイト紹介文for Instagram,Youtube 郡山・福島でのあれこれ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2016/02/16 09:13

DerbyWeek さんのブログ記事

  • ふくしまラーメンショー2017出店店舗紹介⑩
  • 東京都渋谷区つけ麺 五ノ神製作所海老つけ麺【スープ】甘海老の頭をたっぷりと使用し、強火で2時間ほど豪快に炒めることで、海老の香りと旨味を最大限に抽出している。創業以来限られた人しかそのレシピを知らない秘伝の海老油がさらにコクをプラス。スープに感じられるざらつきも海老の殻そのもので、余すことなく海老を堪能できる濃厚な一杯。【麺・具材】全粒粉を使った自家製麺はスープに負けないようモチモチの太麺に仕上げ、 [続きを読む]
  • ふくしまラーメンショー2017出店店舗紹介⑨
  • 埼玉県川越市頑者濃厚魚介豚骨つけ麺【スープ】脂ののった大型のカタクチイワシに厚削りのサバ節といった魚介系と、鶏ガラ・豚骨の動物系を15時間以上掛けて炊くことで高い次元での濃厚な味わいを引き出す。提供直前に煮干油と魚粉を入れることで魚介のパンチを前面に出し、極太麺を引き立てる力強い味わいに仕上げている。添えられたユズで味の変化を楽しめる。【麺・具材】北海道産の小麦を100%使った極太の自家製麺は茹で上が [続きを読む]
  • ふくしまラーメンショー2017出店店舗紹介⑧
  • 鹿児島県指宿市麺屋 二郎あっさりスープの鹿児島ご当地豚骨 味玉入り【スープ】鹿児島産豚骨と鶏ガラを炊き出し、白濁する寸前で火を止めることで雑味の無いスープに仕上げている。北海道・日高産の昆布で味に柔らかなふくらみを持たせた上に、4段階に分けて揚げた焦がしニンニクがパンチのある旨みを演出している。柔らかくそれでいてパンチの効いたスープは一度口にするとクセになる。【麺・具材】福岡産の数種類の小麦をブレン [続きを読む]
  • ふくしまラーメンショー2017出店店舗紹介⑦
  • 兵庫県明石市ラーメンこがね家極濃豚骨Wチャーシュー麺味玉入り【スープ】創業以来、釜を空にすることなく継ぎ足し続ける「呼び戻し」で、深い旨味とコクを追求した濃厚な熟成スープ。そこに新しい豚骨を加えるひと手間を加えることで、サラリと口に流れ込むスープに仕上げる。表面に浮かぶのは良質なコラーゲンであり、品質の証でもある。【麺・具材】豚骨ラーメンにあう極細の麺が、濃厚なスープをまといながら引き上げる。一頭 [続きを読む]
  • ふくしまラーメンショー2017出店店舗紹介⑥
  • 白神中京麺人会純系名古屋コーチン 〜炙り焼豚スペシャル〜【スープ】使用する鶏は全て認定を受けた「純系名古屋コーチン」のみ。贅沢に丸鶏も加えて弱火でじっくりと炊くこと5時間。黄金色に輝く鶏油と、澄んだスープが完成。にぼしの島とも言われる香川県・伊吹島産の旨味の強い煮干しと、北海道の天然羅臼昆布を、地元のこだわり醤油と合わせた「自家製煮干しだれ」がスープに奥行きをもたせる。【麺・具材】麺は、味・香り・食 [続きを読む]
  • ふくしまラーメンショー2017出店店舗紹介⑤
  • 福島県福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊極上六大福島鶏白湯〜香ばしさ漂う焙煎小麦手揉み太麺と 炊き立てトロトロチャーシューの饗宴〜【スープ】豊かな自然の中で育てられた「やますけ農園」(会津坂下町)の“ゴトウもみじ”、“会津地鶏”・“川俣シャモ”・“伊達鶏”・“本宮烏骨鶏”・“松川笹やか地鶏”を三日かけて炊き上げコラーゲンの溶け出した濃厚なスープを取る。一か月ねかせた醤油だれと塩だれをダブルで使い鶏の旨味を [続きを読む]
  • ふくしまラーメンショー2017出店店舗紹介④
  • 宮城県気仙沼市気仙沼 かもめ食堂かもめラーメン【スープ】1942年創業の「かもめ食堂」。サンマの水揚げ日本一の気仙沼港で、地元の人に愛される小さな食堂でした。しかし、2011年3月、東日本大震災の津波で店舗が流失。そこで、気仙沼出身の「ちばき屋」店主・千葉憲二氏が港町の復興の灯にと2015年11月に復活。再建が進む気仙沼の港町で元気いっぱいに営業しています。【麺・具材】醤油は創業160年の老舗「ちば醤油」(千葉県香取 [続きを読む]