croquettepunch さん プロフィール

  •  
croquettepunchさん: CroquettePunchの“呑んでたまるか!”
ハンドル名croquettepunch さん
ブログタイトルCroquettePunchの“呑んでたまるか!”
ブログURLhttp://ameblo.jp/croquettepunch/
サイト紹介文安酒,古酒場,大衆食堂,B級グルメ...「昭和」大好きオヤヂは今日もうろちょろ,ぶははは.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供273回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2016/02/16 12:15

croquettepunch さんのブログ記事

  • 第13回路地裏探険隊 V0l.3 中華・洋食ふじ @ 鴬谷
  • *** Vol.1(☆)のつづきです ****** Vol.2(☆)のつづきです ***幻の中華ランチが,ぶっはは,ついに明らかとなった.半分にカットした揚げ肉団子が4片.自家製叉焼が2枚,きざんだナルトと紅生姜がチャーミング.アーモンド型ライスの小島にたっぷりの野菜餡の大海原,完璧です.これほどの銘品をスルーして中華ランチ研究家★を名乗れるでしょうか.やべいっす,やべいっす.果たしてそりゃアタシのことでした, [続きを読む]
  • 第13回路地裏探険隊 番外編
  • いよいよ優秀女性隊員★が記事をアップされました.ですがちょっくらこちらをご覧くだせえやしな,うっふふ.実際の時系列ではアレです.第13回路地探の5日後に自責の意味を込めて自作したのです.なぜ自責なのかは,うわっは,引き続き第13回記事をお読みください.なんのこっちゃ,ぶっははははは! [続きを読む]
  • 第13回路地裏探険隊 V0l.2 謎の鴬谷再探検
  • *** Vol.1(☆)のつづきです ***いくらね,いくら.たとえ分科会であろうともですね.同じ土地に2度目というのはアレじゃね.路地探史上いかがなものかじゃね,と困惑する俺です.構わず力強く歩を進めるお2人の隊員(★★).本日の分科会はお2人の極秘立案によるものです.たいちょーの私と言えどもそれに従わざるを得ない.今考えればアレです,何かあるな.そう,この時点で気付くべきであったのです,わはは.そんな [続きを読む]
  • 第13回路地裏探険隊 Vol.1 こひなた@新橋
  • うほほい,遅ればせ第13回のはじまりでありなす.いつものようにこちらに集合する.新橋駅前ビル2号館地下の《こひなた》さん.我らが探険隊の東方進軍中継基地としてお世話になってます.そしていつものように.1人1品肴でそれぞれの近況を報告するです.mag隊員★は以前にも増して激務なご様子ですなあ.これもいつものように,嬉しいなあ.kimimatsu隊員★から素敵なプレズントを頂きます.これに関しましては後日ご紹介いたし [続きを読む]
  • アメド de グッナイ
  • やはりね,やはり.この歩道橋を通行する場面ではですね.夕暮れ時(★)を問わず.本日のような深夜を問わずして,かならずやアレなんですね.アメドを食っちゃうわけなんですね,わっははは.こりゃもう自身の中でのルーティン・ハビットと言わざるを得ねいっす.一口齧ってグッナイ・ベイビー.涙こらえちゃうぜ,ぶはははは,なんのこっちゃ. [続きを読む]
  • 大菊総本店 @ 都立大学(東急東横線)
  • 蕎麦屋でラーメン,蕎麦屋でカレーライス.これは代表的なマヌケ食であると何かの本で読んだ.では蕎麦屋で五目中華そばはいかが,うっふっふ.マヌケ度数もよりいっそうとは思いませんか,私は思います.《 大菊総本店 》考えてみればアレですね.このお店ではマヌケ食ばかり食べているかもね.そうさせるお店の空気は決して嫌いではないのです.しかも,ラーメン(★)もカレー(★)もかなりの上出来品ですよ.普段,ラーメン [続きを読む]
  • ひとり牡蠣鍋
  • まだまだ寒い夜が続きます.いまだに燗酒の恩恵にあずかる日々です.そんな場面ではね.小鍋を用いたひとり牡蠣鍋が重宝である.旬の季節は外れますが.あとは大好きな栗飯なぞがあれば言うことがない.家人達の食卓に揃う時刻も不規則な昨今.いつしかこのスタイルを用いるようになった.牡蠣,豆腐,葱.ごたごたと多くは入れない.冬の鍋には柚子片は欠かせない.一般的にはいかがなものかと思うのだが.栗飯にもたっぷりと用 [続きを読む]
  • 更科 @ 西小山(東急目黒線)
  • 「セット」と「プラス」.まず,最初に悩む.ここに来ると必ずや悩むのである.《 更科 》コップの清酒.これだけは迷いません,迷いません.しばらく迷った末に.本日は「プラス」といたすのです.出前にも対応万全の二段重ね丼鉢が頼もしい.「セット」と「プラス」.その詳細はこちらをご参照くださいな(⇒★).ま,とは申しましても,うはは.あまり関心はござらぬと思いますが.お蕎麦はデフォルトでたぬきでございます. [続きを読む]
  • アメド de 夕陽
  • 内なる真情の煩悶に関わらず.いつものように陽は沈みます.内なる真情の動揺とはうらはらに.アメドはうめぇっす,わっはは.内なる真情を慰安するのに存分な趣き. [続きを読む]
  • 中抜け公園昼餉酒,ぬっふふ
  • 例によりまして,どわっはっは.せっかくの週末と言うのにアレです.くそくっだらねえ会合のあったとです.そしたら,お!いかにも上等そうな仕出しが出た.であるのでアレです.それを持って早々に近隣の公園に中抜けするです.公園を選ぶ際のご注意点を申し上げる.近からず,遠からずのロケーションが最適です.何となれば近過ぎると露見発覚の恐れがある,むはは.遠すぎれば移動に時間を要して中抜けの嫌疑が濃厚となる,ぶ [続きを読む]
  • そば太田 @ 西馬込(都営浅草線)
  • 私だってね,私だって.たまにはちょっとオサレメなお店にも行くです.目の前は国道1号線第2京浜というナイスなロケーション.なんか昔,芝浦にあったトーキョーベイゴーゴーみたいな雰囲気.しかもアレです,うっひっひ.こんな素敵なセットがいただけるわけでんす.こりゃもう何も言うことねえんではねえですかい.《 そば太田 》いわゆる着席型路麺のカテゴリーに属しますが.その品目揃えには他の追随を許さぬものがあります [続きを読む]
  • 大衆酒場やかん @ 大岡山(東急大井町線)
  • そういえばこちらではお初の燗酒ですね.その都度記事にはしてませんが.ことあるごとに寄っちゃうお店なのです.自身の中でもっとも天国に近い酒場なのです.あさつきの酢みそあえです.ここの肴は小粒でもピリっと工夫が利いている.こういうアイディア考えるのは女将さんですよね,きっと.ポテサラの下には水菜が敷いてある.簡単肴でもこんなひと手間かけてるのが素敵.季節感満点の酒肴類もね,むふふふ.開店当初より大分 [続きを読む]
  • 尾張屋 @ 下神明(東急大井町線)
  • こういうね,こういう.《 尾張屋 》街角の何気ないお蕎麦屋さんにたち寄りましてね.徳利の一本も呑っかけるのを無上の悦びとする男です.で,こんな気の利いたのが出てめえりやすと.うっふっふ,途端にすっかりと嘉悦してしまう男です.オーソドックスなお品書きの他にもね.五時からのメニュー,なんてぇのもね.取り揃えがよろしいと気分もよろしい男なのです.あれこれ迷ってチョイスするのはかつ煮.面倒くせえ蘊蓄を言う [続きを読む]
  • 喜楽 @ 武蔵新城(JR南武線)
  • 内なる真情の煩悶とは無関係に流れゆく日常.この日は南武線で出掛けの途中.武蔵新城の近くで昼餉をしたためることとした.《 喜楽 》偶然に見つけたお店ですが.たたずまいといい店内といい喜楽という店名といい.いいねいいね,これこそジャストに街中華な趣きだね.これも理想的.気の良さそうなご主人が厨房で腕を振るう式.中華鍋が強力バーナーにガコンガコンと踊る式.ときおり上がる火焔が「ここはいいよ!」と謳う式. [続きを読む]
  • 深夜の残業失敗メシ,ぶははは.
  • ごぞんじのように,私はこれまでに.数々の深夜残業メシを喫してきました(★).ご紹介してきたのは自分アグリーなものばかりです.だがしかし,その陰には見るも無惨な失敗作が存在します.今回は特別に,うっはは,惨敗を喫した失敗メシを露見いたします.100均でゲットしたチキンライス.見て瞬時に私の心に到来するものがあった.贋性トルコライスを作ろう,そう決起したのです.(ちなみに真性トルコライスとはコチラです⇒ [続きを読む]
  • さか本そば店 @ 西大井(JR横須賀線)
  • 西大井「のんき通り」にひっそりとあるお店.《 さか本そば店 》ふと思い出したように.ふと何かに誘われるように.時折こちらの暖簾をくぐるのです.チキン唐揚をお願いする.期せずしてフライドポテトが付いてくる.人知れずして私は小さな感動を覚えるのです.蕎麦屋らしからぬ肴.と,言われれば確かにそうなのですが.こういうので盃をゆるりと傾ければすでに脱力無防備の態.2本目は常温にしていただいて.カレーライスをい [続きを読む]
  • 晴れた冬の日に映画メシ “ 太陽がいっぱい ”
  • 晴れた週末のランチタイムには.こんなんはどうっすか.バゲットとチーズ,ドライソーセージ.それに赤葡萄酒だけを持って近所の公園に.性格が暗いので,うふふふ.独りランチでもしよかいな,という場面です.ドライソーセージはですよ,こうして.ナイフで削ぎ切るようにするのが男子の憧れマナー.ご明察です,映画「太陽がいっぱい」の中のワンシーン.ヨットの上でアラン・ドロン演じるリプリーがこうやっていた.これはあ [続きを読む]
  • 伊勢久 @ 泉岳寺(都営浅草線)
  • こんな場所にお蕎麦屋さんがあったのね.泉岳寺駅からまさに直近なのに気が付かなかった.《 伊勢久 》国道15号線に面してはいるのですが.大きな車道に比べて極端に狭い歩道のコントラスト.その窮屈そうな立地が目につきずらい理由なのかもですね.赤い提灯が印象的な店構え.呑める蕎麦屋の面目躍如なお品書き.いいぞいいぞ,近隣の勤労人方も飲酒モード全開ですね.こういうのを注文します.蕎麦がきですよ.ごぞんじでしょ [続きを読む]
  • ” 丸東 @ 西小山 ”の閉店...
  • まさか,という思いで一杯です.店内への扉も焼き台のあるカウンターも.最近はいつも固く閉じられたままなのです.お知らせの貼紙を見た記憶はありませんが.やはり,閉店されてしまったのでしょうか.お店の前にはもうニ度と.常連の方々が賑やかに集うことは無いのでしょうか.誠に無念です.西小山の銘店がまたひとつ...*** 丸東の記事「番外編★」*** [続きを読む]
  • かき揚げ蕎麦と浅蜊飯
  • 20年以上も使っている古い愛車です.ナンバープレートの分類番号.2ケタ表記はもはや結構レアものらしい.1998年以降は3ケタに改定されたそうですね.ですが未だ買い換える機会が私を恵まないのです.私がケチだという側面は確かにあります,ではありますが.古く馴染んだ物には安堵感があり,とても気に入っているのです.仕事から遅くに帰ると夜食の用意があった.三ッ葉をあしらったかき揚げ天婦羅の蕎麦.たっぷりと浅蜊を炊 [続きを読む]
  • 朝日屋 @ 鶴見(JR京浜東北線)
  • 昭和枯れすすきが似合う年齢の男です.訳ありまして鶴見川の川辺に来ております.本日はこれからこの少し先にありますですね.アソコ(★)にでも行こかいな,という場面なのです.実は去年の夏頃にも訪れたのですがね.なんでもその少し前にTV番組で紹介されたそうでして.まさかの人出で断念したのです,そのリベンジというわけです.ではありますが,うっひっひ.まさにその道すがらでのことなんですが.強烈に匂い立つ情景に [続きを読む]
  • 小さな幸せ
  • スーパーで買ってきた卵パックが.冷蔵庫のストッカーに.過不足もなくジャストに収まったとき.カレーライスに乗っているのが.赤いタコさんウインナーだったとき.期せずしてカレーに.大好きなグリンピースが入っていたとき.そして食後に.何気なく入れたほうじ茶に.見事な茶柱が立ってたとき,うっふふ.そんなとき,小さな幸せを感じませんか.私は感じます.すみません,相変わらず小っちぇ男ですみません,ぶはは. [続きを読む]
  • 南甫園 @ 溝の口(東急田園都市線)
  • れっきとした中華屋さんなのですがね.《 南甫園 》ここに来るとついついね.中華以外のメニュウばかりを注文しちゃうんですね.お隣にはですね.沿線きってのカレー専門店もありますが(★).こちらのお店のカツ丼やカレーの安心美味にも魅かれるのです(★).炒飯をいただいたことがあります.それはそれはチャーミングな炒飯なんですね.私の炒飯ランキングのなかでも上位をしめる素敵炒飯(★).中華の味にも定評がある. [続きを読む]