V88 さん プロフィール

  •  
V88さん: 赤ワイン
ハンドル名V88 さん
ブログタイトル赤ワイン
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/rixv88
サイト紹介文ワインは値段ではありません、安くて美味しい赤ワインが沢山あります。安くて美味しいから価値があるのです
自由文私は建築家ですが、赤ワインがこよなく好きで----飲んだワインをメモするうちに、やがて膨大な資料となり、それを自力で電子書籍として販売しました。
Amazonで「安くて美味しい赤ワイン2013年度版」と「安くて美味しい赤ワイン2015新版」を発売中です。2013年度版はiBooksでも発売しています。
今は電子書籍の簡単な作り方を執筆中で、今秋には販売予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/02/17 11:29

V88 さんのブログ記事

  • [赤川釣行初日サクラマスをゲット!]
  • [赤川釣行初日サクラマスをゲット!]赤川の川幅は広く思い切りキャストしても、中ほどまでは届きません。ですので対岸の人がキャスティングしても絡むことはありません、頭の中は赤川に立てた、嬉しさのあまり空っぽ状態------何回もキャスティングを繰り返しました-----おそらく30分が経過した、そんな時、一瞬強いアタリ------ウソでしょう、こんなことはあり得ない、でもラインの先には何かがいるが、本当か-----喰ってきたの [続きを読む]
  • 赤川釣行初日「サクラマス」は釣れたでしょうか?
  • [赤川釣行初日「サクラマス」は釣れたでしょうか?]日曜日の深夜零時に横浜を出発し、赤川の河口に立ったのは午前8時。入漁券を購入して赤川へ、日曜日なので赤川は人で溢れていて、入る余地がありません。まずは河口でキャスティングの練習を繰り返し、10時頃には上流へ移動、一番人気の右岸は、人で溢れていて入る余地が全くありません!やむを得ず左岸の第三堰堤下へ、だがここも人が多く、入る余地が見つかりません。そうこ [続きを読む]
  • [ラベルに美味さが溢れている!]
  • [ラベルに美味さが溢れている!]兄弟のセンスと美意識が詰まったワイン!最近の人気赤ワインを紹介しています。②評価は五つ星!スペイン権威の[ギーア・ペニン]にて二年連続コストパフォーマンス度[最高満点五つ星★★★★★]。あの大人気ワインを造る凄腕兄弟が発掘した超古木畑からなる激安旨。[コカ・イ・フィット][ジャスピー]シリーズを造るコカ・イ・フィット兄弟の待望の新作です。スペイン北部のフランスとの国 [続きを読む]
  • [ラベルに美味さが溢れている!]
  • [ラベルに美味さが溢れている!]兄弟のセンスと美意識が詰まったワイン!最近の人気赤ワインを紹介しています。②評価は五つ星!スペイン権威の[ギーア・ペニン]にて二年連続コストパフォーマンス度[最高満点五つ星★★★★★]。あの大人気ワインを造る凄腕兄弟が発掘した超古木畑からなる激安旨。[コカ・イ・フィット][ジャスピー]シリーズを造るコカ・イ・フィット兄弟の待望の新作です。スペイン北部のフランスとの国 [続きを読む]
  • [最強のトロ!最強の赤ワイン!]
  • [最強のトロ!最強の赤ワイン!]今後最も注目すべき新顔が放つ激旨!最近試飲した赤ワインで優れたものを、選び紹介します。その第一弾が[最強のトロ!最強の赤ワイン!]です。若きフランス出身気鋭醸造家が放つ激旨1880円。パーカーも「今後最も注目すべき新顔」とベタ褒め。あのルイヴィトンも進出した銘醸地トロ。高地畑から収穫した最高樹齢60年の古木ブドウ使用。しかも接木なしの貴重な根(ピエ・フランコ)です。しっか [続きを読む]
  • [タケノコ掘り 2017!]
  • [タケノコ掘り 2017!]5月2-3日 伊豆の故郷湯ヶ島でタケノコ掘り。今年のタケノコは4月が寒くて遅いと言われていましたが----この時期にはタケノコの最盛期で、掘れる採れるなんと20本の収穫でした。伊豆のタケノコは-----太くてデカイのが特徴です。京都の可愛いタケノコとは、大違いです。特に実家の竹薮は、なんと杉林の中-----杉林は杉の落ち葉が腐葉土となり厚く覆っている。そこに出てくるタケノコが、デカイのです。丈は [続きを読む]
  • [サクラマス!こうして掛けた!]
  • [サクラマス!こうして掛けた!]サクラマスは釣れない-----5年や10年では釣れない、19年でもまだ釣れない。それほど釣れない難しい魚ですの、相当の覚悟で挑まないと釣れません。簡単には釣れないを肝に銘じ、研究と対策を重ねた。① まずは赤川を知ること、よく釣れるポイントを入念に調べて-----どこで釣るかを徹底的に調べ上げた。そこでの結論がサクラマスの遡上してくるルートで、そこに立てば必ず釣れる。その結論が第三 [続きを読む]
  • [またまた喰ってきました!サクラマス!]
  • [またまた喰ってきました!サクラマス!]赤川釣行 最終日 ② 2匹目のサクラマス!二投三投と川の中央めがけてキャスティング、思い切り投げても川のセンターには届かない。第五投目ぐらいにアタリらしさが、だが魚信がない------サクラではなく流木を掛けたと思って、引寄せるが重すぎて寄ってこない、渾身の力でさらに寄せる------大きな流木を掛けたと思っているので、喜びはない!さらに寄せてくると、やがて魚信らしき引き [続きを読む]
  • [夢には続きがあるでしょうか-----]
  • [夢には続きがあるでしょうか-----]赤川釣行 最終日 ③この話には、続きが-----。釣行最終日の金曜日、前日から本波さんが見えていて既に一尾掛けていました。私は憧れの右岸で本波さんが釣っていた同じ場所-----あの「石畳の上」に立つべく、二時半にはそこに来ました。本波さん達は、三時に来ましたので場所を譲りましたが、そこはあなたがと言って、すぐ私の上に入りました。暗闇の中、明るくなるのをジーと待ってやがて薄明 [続きを読む]
  • [喰った!サクラマスだ!]
  • [喰った!サクラマスだ!]赤川釣行 初日 ②何回もキャスティングを繰り返しました-----おそらく30分が経過した、そんな時、一瞬強いアタリ------ウソでしょう、こんなことはあり得ない、でもラインの先には何かがいるが、本当か-----喰ってきたのです、ウソのような本当の話です、頭が真っ白になって虚ろな私がステラのリールを巻き上げていました。とても長い時間をかけて引寄せた気がしますが、実際にはほんの僅かでしょうか、 [続きを読む]
  • [サクラマス 赤川釣行初日-----果たして!]
  • [サクラマス 赤川釣行初日-----果たして!]日曜日の深夜零時に横浜を出発し、赤川の河口に立ったのは午前8時。入漁券を購入して赤川へ、日曜日なので赤川は人で溢れていて、入る余地がありません。まずは河口でキャスティングの練習を繰り返し、10時頃には上流へ移動、一番人気の右岸は、人で溢れていて入る余地が全くありません!やむを得ず左岸の第三堰堤下へ、だがここも人が多く、入る余地が見つかりません。そうこう [続きを読む]
  • [サクラマス&渓流釣り]の本を発売
  • 本日[サクラマス&渓流釣り]の本をAmazonのKindle版で発売しました。4月30日までキャンペーン中で-----無料です。サクラマスの不思議な魅力やアメマスがなぜ本州にいないのか、またイトウの巨大伝説について詳しく取り上げました。はじめに渓流には人を魅了するものが沢山あり-----その渓流に魅せられています。自然はとても大切で-----渓流は自然の無限の美しさで溢れています。自然の大切さを思いながら、この本をまとめてゆき [続きを読む]
  • [伝説の巨大魚 イトウ]
  • [伝説の巨大魚 イトウ]「湿原の王者」今日は湿原の王者-----イトウのお話です。湿原を流れるわずかに濁りの入った川に目を凝らすと、ゆったりと体をくねらす巨大な魚影。引き締まった体はパワーを秘め「湿原の王者」にふさわしく、悠然と周囲を睨め回しています。 王者の名は「イトウ」。イトウとは、一体どんな魚なのでしょうか!イトウはサケ科イトウ属に属する、日本最大の淡水魚です。成魚は体長1mを超え、体重は最大で45kg [続きを読む]
  • [アメマスはよく分からない!]
  • [アメマスはよく分からない!]北海道と本州に大きな違い!イワナは海に降りやがて同じ川に戻り「アメマス」になります。「イワナとアメマス」は「ヤマメとサクラマス」に比べて、複雑でわかりにくい特徴があります。特に北海道のイワナと本州のイワナに大きな違いがあり、紛らわしくなっているようです。サクラマスの聖地は「北の赤川」と「南の九頭竜川」ですが-----アメマスの聖地が本州に無いのは何故か疑問!!どの河川へ行 [続きを読む]
  • サクラマスの不思議!
  • 大変ご無沙汰しました-----久しぶりに投稿します。今日はサクラマスのお話です。サクラマスの不思議!サクラマスの多くの不思議な魅力に今、取り憑かれています。その魅力は不思議に満ちたもので、それに惹かれるのです-----あのヤマメですよ、それが白銀に輝く宝石のような魚体になって戻ってくるサクラマスの不思議が、何故だかよく分からず-----惹かれるのです。ヤマメが海に降りてオホーツク海で1-2年過ごすそうですが、どうし [続きを読む]
  • [赤ワインYahoo!ブログ!感謝の最終回・データ公開!]
  • [赤ワインYahoo!ブログ!感謝の最終回・データ公開!] Myブログのデータを公開します!Yahoo!ブログの投稿は、昨日で終了しました-----長い間お付き合い、頂いた多くの方に感謝いたします。総評 13ヶ月に渡りYahoo!ブログを投稿し多くの訪問者があり、感謝に絶えません。ありがとうございました。データを分析しましたので公開します。赤ワインのタイトルで投稿していますが、訪問者の多くは釣りに集中しました。にほんブ [続きを読む]
  • [赤ワインYahoo!ブログ!感謝の最終回・データ公開!]
  • [赤ワインYahoo!ブログ!感謝の最終回・データ公開!] Myブログのデータを公開します!Yahoo!ブログの投稿は、昨日で終了しました-----長い間お付き合い、頂いた多くの方に感謝いたします。総評 13ヶ月に渡りYahoo!ブログを投稿し多くの訪問者があり、感謝に絶えません。ありがとうございました。データを分析しましたので公開します。赤ワインのタイトルで投稿していますが、訪問者の多くは釣りに集中しました。にほんブ [続きを読む]
  • [九頭竜川!サクラマスの救済!]ブログ最終回
  • col?[九頭竜川!サクラマスの救済!]ブログ最終回サクラマス保護活動 いい制度ですので応援しましょう!今日は、九頭竜川のサクラマスを福井県が官民一体で保護してゆく活動を紹介します。九頭竜川では、釣ったサクラマスを福井県内水面総合センターが預かり、サクラマスの新魚を蓄養、採卵、人工授精する制度=サクラマスレストレーションがあり、素晴らしい制度だと思っています。九頭竜川のサクラマスをさらに復活保護 [続きを読む]
  • [九頭竜川!サクラマスの救済!]ブログ最終回
  • col?[九頭竜川!サクラマスの救済!]ブログ最終回サクラマス保護活動 いい制度ですので応援しましょう!今日は、九頭竜川のサクラマスを福井県が官民一体で保護してゆく活動を紹介します。九頭竜川では、釣ったサクラマスを福井県内水面総合センターが預かり、サクラマスの新魚を蓄養、採卵、人工授精する制度=サクラマスレストレーションがあり、素晴らしい制度だと思っています。九頭竜川のサクラマスをさらに復活保護 [続きを読む]
  • [サクラマス!謎の多さが魅力!]
  • col?[サクラマス!謎の多さが魅力!]私の疑問!サクラマスの 謎に迫ります!今日は、サクラマスの謎の多さの魅力を紹介します。サクラマスにはなぜ謎が多いのでしょうか。サクラマスは謎の多い魚です。ここでは、私の疑問に迫りたいと思います。サクラマスは、ご存知のようにヤマメが海に降りオホーツク海などで過ごした後、巨大になって元の川に戻ってきて-----それをサクラマスと呼んでいます。サクラマスは春に元の川 [続きを読む]
  • [サクラマス!謎の多さが魅力!]
  • col?[サクラマス!謎の多さが魅力!]私の疑問!サクラマスの 謎に迫ります!今日は、サクラマスの謎の多さの魅力を紹介します。サクラマスにはなぜ謎が多いのでしょうか。サクラマスは謎の多い魚です。ここでは、私の疑問に迫りたいと思います。サクラマスは、ご存知のようにヤマメが海に降りオホーツク海などで過ごした後、巨大になって元の川に戻ってきて-----それをサクラマスと呼んでいます。サクラマスは春に元の川 [続きを読む]
  • [イワナが釣れて釣れて前に進めない魚野川!]
  • col?[イワナが釣れて釣れて前に進めない魚野川!]準備万全 魚野川の無念!今日は、私が一番釣れるであろうと思った-----源流釣行の河川「魚野川」を紹介します。この源流釣行は入渓が難しく、最低でも二泊しないといけなくて、どうしてもゆく機会がありませんでした。どなたかこの源流釣行を代わりに実現して下さい。雑魚川と魚野川は切明で合流する名河川同士で、下流は中津川です。私の無念とは、魚野川釣行を何度も企 [続きを読む]
  • [イワナが釣れて釣れて前に進めない魚野川!]
  • col?[イワナが釣れて釣れて前に進めない魚野川!]準備万全 魚野川の無念!今日は、私が一番釣れるであろうと思った-----源流釣行の河川「魚野川」を紹介します。この源流釣行は入渓が難しく、最低でも二泊しないといけなくて、どうしてもゆく機会がありませんでした。どなたかこの源流釣行を代わりに実現して下さい。雑魚川と魚野川は切明で合流する名河川同士で、下流は中津川です。私の無念とは、魚野川釣行を何度も企 [続きを読む]
  • [イワナの不思議!アメマスの不思議!]
  • [イワナの不思議!アメマスの不思議!]本州にはサクラマスのような アメマスの聖地はありません!今日は、イワナの不思議とアメマスの不思議について紹介します。本州も北海道にもアメマスの聖地が、ハッキリと存在しないのが不思議です。どこの河川でも標高が高ければ、イワナであふれていますが-----アメマスの聖地がありません。これがイワナとアメマスの不思議です。そこでイワナの不思議とアメマスの不思議に迫りたい [続きを読む]