FUTAAI さん プロフィール

  •  
FUTAAIさん: 色から墨へ
ハンドル名FUTAAI さん
ブログタイトル色から墨へ
ブログURLhttp://sumisumi21.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の日記、創作活動の日記、色に関する和歌などなどの紹介。墨でのスケッチ、毎日の努力目標、作品の紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 222日(平均3.2回/週) - 参加 2016/02/17 20:50

FUTAAI さんのブログ記事

  • 「百万本のバラ」のジョージアへ
  • モスクワの次はジョージアロシア統治下だった頃は、グルジアと呼ばれてました。ワインの発祥地です。様々なところで日本と関わっている国です。格闘技が盛んな国でもあります。「百万本のバラ」の歌、この歌詞の題材になった天才画家、ニコ・ピロスマニはこのジョージア出身。青空市では、沢山のバラの花束が売られてました。日本にはない空気間の中、しっとりというより、華やか・鮮やか な感じでした。モスクワでもジョージアで [続きを読む]
  • モスクワにて  再会
  • 旅はいいですね!はるか昔、若かりしころの夢が蘇ってきたようでした。気持ちも軽くなって、また行きたい病が出そうです。しばらくは、旅の思い出にお付き合いをしてください。父の画です。「モスクワの月」ひょんなことからご縁ができて、望まれてモスクワに渡りました。十数年来の再会です。父の画を解説中の校長先生父が描いた一つ一つの教会のお話をなさってます。この学校の礼拝堂に飾っていただいてます。歓待を受けました。 [続きを読む]
  • お久しぶりです
  • 旅から戻りました。案の定、タブレット使いこなせずでした。WiFi環境は悪くはなかったですが・・・今日からまたコツコツです。顔出しもしていきます。作品頑張らなくては!!でも、しばらくは時差ボケです。旅の写真のオンパレードになります。 モスクワ滞在中のホテル民宿のような感じ。エレベーターなしで、スーツケースを3階まで運びました。ぐったりでした。ホテルの看板猫ちゃん毎朝、出迎えてくれて荷物のチェックもしてくれま [続きを読む]
  • 今日は、処暑
  • 「処暑」この頃が台風の発生しやすい時期らしい。発生するだけでなく、日本を直撃するような大型台風も多いらしい。今回も続々と来ているようだ。どこも被害が大きくなりませんように!山奥では、朝晩涼しくなった。秋の虫がしきりに鳴いていて秋を感じている。今日の1枚 [続きを読む]
  • 久々の旅行になります
  • 先日の文香を入れる箱を作った。といっても、もともと「匂い袋」が入っていた箱を再利用したもの。あと数日で、久々の海を渡っての旅行。行先は、ロシア。 訪れるのは、モスクワとジョージアモスクワでは、父の画とも対面出来そうで楽しみにしている。タブレットからうまく発信出来ればいいけど今、それが心配うまくいかなかったら、9月まで更新出来ないかも(´・_・`)今日の1枚は、もう一つのプレゼントの品     [続きを読む]
  • 文香作りました
  • 平安貴族も愛した香りのお遊び。文をしたためるのに最後に自分の好きな香りを忍ばせる。今度、外国の方にちょっとしたプレゼントをと思ってこれに決めた。さて、入れ物の工夫が必要それは、これから製作予定。今日の1枚 [続きを読む]
  • 稲穂垂れて
  • 「石上布留の早稲田の穂には出でず心のうちに恋ふるこのころ」 万葉集 石上の布留の早稲田の穂が、他に先駆けて穂を出す。       そんなように軽々しく表に出さないようにして心の中で恋焦がれているこのごろだ連日のオリンピック熱戦の応援で、寝不足が続く今朝は、4時前に起きてしまった。錦織選手の試合が気になったからかどうか、そのまま最後まで見続けて応援。ナダルに1勝しかしてないので、どうか心配だったが、勝 [続きを読む]
  • せめて画像で涼を
  • 標高400メートルの山奥では、朝晩、かなり涼しくなってきた。今日は、お庭の木陰でティータイム。お抹茶を氷水で点ててみた。 美味!!苦いのが好きなので、ぼーっとした頭が、ちょっとはすっきりした。ここは、全くといっていいほど 蚊がいない。「どうして?」周囲の人に聞いてみた。「農薬を使っているからかも」とあまり喜ばしいとはいえない返事が返ってきた。農業に全く詳しくないので、事情はわからないけど、私個人の事 [続きを読む]
  • アスリートたちに学ぶこと
  • 7月に我が家の梅を干したもの。猛暑続きなので、暑気ばらいに酸っぱさ感じていただければ幸い。連日のメダルラッシュで暑さも吹き飛ぶほどだが、私たちが観ているのはほんの少し。オリンピックに焦点を当てて人知れず努力する彼らから学ぶところは大きい一言でいえば、諦めないこと私も頑張ろ!!更新も頑張ります。今日の1枚【重要】こんな世界史、学校で教わらなかった…号泣必至の感動の講演が、8月14日、無料放映されます。 [続きを読む]
  • 早いんじゃない??
  • 庭の萩が咲き始めたまだ8月になったばかりなのに (@_@)例年なら9月半ばごろから咲き始める。他にも10月半ば頃に咲く「しゅうめいぎく」もこのとおり、蕾を持ち始めた。異常気象だろうか? 今日は、ツクツクボウシも鳴いてた。このセミの声を聞くと、いつも「ああ、夏休み終わりだ(;д;)」 急に宿題のことが気にかかって慌てていた小学生時代を思い出す。今日の1枚【重要】こんな世界史、学校で教わらなかった…号泣必至の感動 [続きを読む]
  • 「わたしとあそんで 」(エッツ)
  • 30分ほど トンボさんがポーズとってくれるのを待った。やっと這いつくばって パシャリ!それまで、近づいては離れ離れたかと思ったら、帽子にとまり、と結構、遊んでくれてた(笑)このトンボさん、前足を曲げて頭にくっつけている。結構アクロバティックなことしている。トンボの観察をしている間に、すずめ君が、となりに着陸咄嗟に撮ったので、ピンボケ(´・_・`)人間がいるというのに、しばらく全く気にする様子なく、えさを啄 [続きを読む]
  • Sleeper観ましたか?
  • 少し前になるが、NHK BSプレミアムで「スリーパー 眠れる名画を探せ」という番組があった。面白そうなので、録画しておいたが、観るのを忘れてた。埋もれた絵画を現代に蘇らせるその手法が、推理小説のようで、とても面白かった。けど、肖像画に囲まれたら落ち着かない気がするが、ヨーロッパの人たちは、平気なんだろうか?かの岡倉天心も「茶の本」の中で、似たようなことを書いていた。『・・・宴会の食卓の席で、食堂の [続きを読む]
  • ひっこめひっこめ
  • どうしても忙しくなると自分以外の人やモノにあたりたくなるそんな時、かめをイメージして「ひっこめひっこめ」と自分の悪いイメージを閉じ込めることにしている亀好きの人には申し訳ないが、今日も亀さん登場ひっこめひっこめ 今日の1枚 [続きを読む]
  • 夏の夜は・・・
  • 「夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいづこに月宿るらむ」 古今和歌集夏の夜は、まだ宵のつもりでいるうちに明けてしまうが、月は雲のどのあたりに宿をとっているのであろうか山奥だからか、日中どんなに暑くても日が落ちると ヒンヤリする昨日、今日とは特に布団を一枚重ねたくらい若冲も金閣寺の襖絵に月に照らされる動植物を描いたが、こんな山奥で、 真っ暗闇を経験すると、月の光の有難みのようなものを感じる今日は色紙 [続きを読む]
  • ただ今、充電中
  • 安来市加納美術館へ茶道のお仲間たちと行ってきた。この美術館、画家加納莞蕾のご子息によって建てられたもの戦後、加納莞蕾が、フィリピン大統領に旧日本兵助命嘆願を訴え続けた。その活動によって、108名が無事、釈放された、というエピソードをもつ洋画家。人間国宝の茶碗がずらりだが、私は、右端の硯にも目がいった。岡山産らしい。  遠くから、遠慮して撮影した。一番奥のふすまには、莞蕾の墨絵があった。何かわからない [続きを読む]
  • 苦労したけど・・・
  • 1年前に、カルガモ親子を描こうと思って水辺に観察に出かけた。ちょっと時期が遅くてかなり成長してしまってた。なのでこの画はスケッチから描いたのではない去年、作品にしようとチャレンジしたけど親が思うように書けなかったので、断念したそのまま他の下書き用の画といっしょにしてたので折り目つき秋にでも再挑戦しようかな・・  [続きを読む]
  • 初めてかも・・・
  • 庭にいた主人が叫んでた主人「おい、オニヤンマの脱皮!!」私「はあ??」主人「脱皮してるぞ!!」私「誰が??」記憶にないから多分、初めて見たかもしれない間近で観察出来たので、ちょっと神秘的けど、黄色と黒のはっきりした模様なんでこんな模様なんだろ?今日の1枚  [続きを読む]
  • 疲れふっとぶ〜???? 
  • 昨日の夜は毛布が欲しいほど冷えたけど今日は上天気だったやっと洗濯物がスッキリ干せた連日、パソコンに向き合ってブルーライトあびあびの毎日だったブログ おさぼり?? 本業は?これからこれから              今、色々勉強中もちろん、英語もパワーアップするぞー!!        って意気込んでたら  ピンポーン季節の便りがやってきた疲れ吹っ飛ぶ〜〜うふ、甘酸っぱさごちそうさま(??>?<?)。? [続きを読む]
  • これぞ教育!
  • 今日は、BSでソムリエの世界一を決めるコンクールの番組を観た。その中で、有力候補のフランス人の日常が映し出されていた。愛娘を連れて市場へ出かけ、色々な食材の香りを嗅いで、五感を鍛えているのだろう。愛娘も父親と同じことをして「どんな香りがする?」と確かめ合っていた。「色々なものの香りを嗅ぐことで脳が刺激される」と父親のソムリエは言っていたが、教えるでもなく、日常の中で交わされる会話に、将来のこの子の種 [続きを読む]
  • 微かな記憶
  • そろそろ 団扇の季節去年、遊びで描いた。団扇の下は、母の形見の着物。草木染めコチニールを使っている、と言ってたようなかすかな記憶サイズが合わないので私は着られないいずれはリフォームすることに・・なるかな「思ひ出づるときはの山のほととぎす韓紅のふり出てぞ鳴く」 古今和歌集 昔を思い出すときは、常盤の山のほととぎすが韓紅の色を染めるように声をふりしぼって啼く。そのように私も泣くのだ今日の1枚      [続きを読む]
  • 短いわ 
  • 鳥取、花街道へ行ってきた今は、ゆりが盛りだったゆりのスケッチが間に合わず今日は写真のみあー、やることいっぱい一日が短いわ〜(;_;)「月草に衣ぞ染むる君がため斑の衣摺らむと思ひて」 万葉集 つゆ草で着物を摺り染めにしている。あの方のために、斑に染めた美しい着物に仕立てようと思って  [続きを読む]
  • 笹の香り〜?
  • 引っ越してまなしのころ近くの施設でこの季節限定の笹巻づくりの講習会があり参加した農家の方々がこだわりをもって作られているので                              同じようでも違うらしいそのこだわりの差はわからなかったがおもちに笹の香りが移ってとても素朴ながら美味しい!! 砂糖醤油かきなこで頂くのが一般的昔ならどこでも作られていただろう粽もう高齢化で、作れる人も繋いでいく人も風 [続きを読む]
  • まだまだ しょうぶ
  •   先日まで黄色の菖蒲が咲き乱れていた今日やっと紫が咲いた 数は少ない去年は隣町の菖蒲園で買った数種類の菖蒲を植えたはずだが・・・待つとしよう「暇なみ 来まさぬ君にほととぎす 我れかく恋ふと 行きて告げこそ」万葉集暇がないからとお見えにならないあの方に、時鳥よ、私がこんなにも恋こがれていると、行って伝えておくれ今日の1枚 [続きを読む]