七田・浜松西教室・浜松北教室 さん プロフィール

  •  
七田・浜松西教室・浜松北教室さん: 七田チャイルドアカデミー浜松西教室・浜松北教室
ハンドル名七田・浜松西教室・浜松北教室 さん
ブログタイトル七田チャイルドアカデミー浜松西教室・浜松北教室
ブログURLhttp://ameblo.jp/ma2sa7o/
サイト紹介文七田チャイルドアカデミー浜松西・浜松北教室の経験を元に、将来伸びる子を作るヒントを紹介しています
自由文七田チャイルドアカデミー浜松西教室・浜松北教室は、子育ての基本の勉強会を大切にし、個別の勉強かで、将来伸びるお子さんをお母さんと育てていくことを目標に頑張っています。0歳1歳2歳から3歳、幼稚園児、小学生、中学生、高校生とその年齢に合わせた勉強会を個別に行っています。少しでも子育ての参考になればとブログを買いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2016/02/18 20:51

七田・浜松西教室・浜松北教室 さんのブログ記事

  • 挨拶しなさいと言い過ぎていませんか
  • 挨拶をする事は、良い事だよと教えるのは良いのですが いろんなところで聞こえてく来ます 「ありがとうは」 「こんにちは」 「ごめんなさいは」 と言う要求の言葉 どうも挨拶出来る子はいい子に見えるよですね でもそのお子さんは 本当に「ありがとう」と思っているのかな 本当に「ごめんあさい」と思っているのかな そんなに要求しなくても お母さんが、しっかり挨拶をしていれば お子さんの心育ってくれば 自然に出てくる言葉で [続きを読む]
  • 愛されている自信がお子さんを変える
  • どうも気になる3歳の男の子がいました お母さんを呼んで勉強会をしました どうも引っ込み思案で 恥ずかしそうな子 でもどっか違うように見える なので自我と自制心と ダダコネの関係の勉強会をやってみたら やはりお母さんも気になっていたようなので しっかり対応の仕方を学んでもらった それだけではうまくいかないと思ったので 今度は、お子さんと一緒に来てもらい お子さんとお話しながら様子を見たら やはり、お子さんは い [続きを読む]
  • なぜお母さんの心がイライラしてくる方がいるのか
  • まず安心したいが先に立ってしまうと うまくいかない事が多い まず、1歳半から3歳位のお子さんは 自己主張が仕事のようなものです その自己主張をうまく引き出して 導いてあげると 始めて自己抑制を覚えます 初めの自己主張が 怒ってわめいて泣いてなので どうも頑張ってきたお母さんには理解できない と言うよりは 多分自分の心が反応して苦しくなっているのに 気づきたくないので 違うところに原因を求めてしまうようです 沢 [続きを読む]
  • 幼児期は伸び伸びと結果にこだわらない方が後で伸びる子に
  • やはり気になるのは お子さんが色々と出来る様になってくるとたくさん教えたくなる情報豊富にするところまでは非常にいいのですがどうしても、親としては覚えたか気になる出来るを表現するには認知スキルをあげないとできないすると段々認知スキルを伸ばそうとしだすとたんに 出来るを演じる子ややらされれてアップアップする子が出てくる自然に認知スキルが伸びるのを待った方が小学校高学年でぐんと伸びるのにやらされてきた子は [続きを読む]
  • 小学生以降自然に伸びる子にしたい
  • お教室を始めて18年 やはり目標は今でも 小学生になった時 自然に机に向かう子 授業を落ち着いて聞けて いつのまにか理解してしまうこ 一回の説明で当たり前のように解ってしまう子 良い悪いを自分で判断して 良いことはするけど 悪いことは自己コントロールできる子 そんな事を目標に子育て指導や 学習指導を(インプットの仕方)等の勉強会をしています おかげさまで、だいぶ理解していただける お母様方が増えて来て 小学生 [続きを読む]
  • 時間に追われた子育てになってませんか
  • いろいろ情報が氾濫している時代 結構情報に翻弄されて杓子定規に守らなくちゃと思っている方が増えている お母さんも忙しい でもお子さんも元気にいい子に育てたい 目標をもつのはいいけど 杓子定規にそれを守って子育てしていると どうもお子さんの心にまで気が回らない お子さんの気持ちはどうなんだろう 1歳半から3歳ごろのイヤイヤ期 ちゃんと自己主張が出来ているのだろうか お母さんはしっかり睡眠を取らさなければ 成長 [続きを読む]
  • 6月体験レッスン空き情報
  • 無料体験レッスン及び教室説明会空き情報です0才0か月〜5が月のHappy Babyコースも好評です6月〜12月HappyBabyコースキャンペーン開催0か月1か月児受講料無料(初回教材費4,320円のみ)で受けられます一度体験レッスンに来てください浜松西教室6月16日 13:00〜14:006月23日 13:00〜14:00浜松北教室6月21日 11:00〜12:006月22日 15:00〜16:006月28日 11:00〜12:006月29日 15:00〜16:00必ず予約してください予定が合わない場 [続きを読む]
  • 少しお子さんへの対応を変えるだけでいい循環になるのにな
  • 10年ぐらい前からちょっときになりだしけど 最近やっぱり気になる いろんな場所で見る お子さんのへの対応の仕方 お子さんが疲れて泣く 退屈で怒れる まだ小さいお子さんなら当然だよね まだ理性が育ち切っていないお子さんの当たり前な行動 昔なら、お母さんがじっくり付き合っていたような気がする どうも最近のお母さんは どっかイライラしていて余裕がないように見える方や おろおろしてどうしていいか分からず困っている方 [続きを読む]
  • 自我が出る前から始めた方が後がスムーズ
  • 意外と幼稚園に入る前と考える方が最近は増えていますでも、一番大事なのは自我がでてきたときの対応で間違った対応をしたお子さんがレッスンを椅子に座ってしっかりやるのはちょっと難しいそれを、直していくのに時間がかかるこの時間が非常にもったいない0歳から来ているお子さんの集中力はすごいとにかく全部吸収しようと集中しているそれでも、自我が出だすと好奇心で動きだすでも、割と期間が短くまた集中してレッスンを受け [続きを読む]
  • 無事「ダダコネ育ち」の講演会終えることが出来ました
  • 多くの御参加有難うございました 皆さんが真剣に聞いていただけたので 話も大変やりやすい講演になりました 多くの質問や アンケートにも多くの方が書いていただけて 大変うれしく思っています 本日は大変ありがとうございました 勉強会は個別で開いています メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも お答えしています 幼児教育に興味のある方 七田チャイルドアカデミー浜松西教室?浜松北教室に体験レッスンに来て下さい [続きを読む]
  • ちょっと注意しすぎじゃないと思えることがある
  • いろんなところで、こうしなさい、ああしなさい、はやくしなさい 結構しなさい攻撃を目にすることがある それを聞いてるお子さんは、どう思っているのだろう きっとお母さんは、お子さんのために教えているつもりだと思うけど 本当にお母さんが言ってあげないと何もできないんだから から来ていないかな そうするとお子さんは どうせ僕はお母さんがいないと何もできませんよ 本当に愚図な子なんだからと怒れていませんか する [続きを読む]
  • 幼児期に本当に必要な教育は
  • 意外と気づかれていないけど 幼児期に特に0歳〜3歳児大きく言うと6歳までに 正しい教育をする事によって 非認知能力を育てる事ができる 要するに将来伸びるお子さんの基礎が作られる しかし残念な事に 非認知能力という観点で教育がされていることが少ない 多く認知能力、要するに学力 出来る出来ないにこだわる教育が多い 当然出来る我が子を見るのはうれしい その期待に応えて早く出来る子を見せる教育に走る そんな幼児教育 [続きを読む]
  • つくづく0歳1歳から能力の基礎はつくられていると感じる
  • 最近0歳1歳からお教室に入られる方が増えている 0歳児ですでに差ができていることに気づかされる お話しを伺って 不足している取り組みをしていただくと 2,3週間で急激に伸びてくる 小さい子ほど成長が速いのを痛感させられる この状態を3歳ぐらいまでほっておいたらと思うとゾッとする 最近のお母さんたちは お子さんと遊ぶのが下手になっていると感じられる 今までな [続きを読む]
  • 親の安心より、子供の安心を優先できればいい子育てになる
  • どうも勉強会をしていると気になることがある お母さん自身が厳しく育てられている方が増えている そんな方には共通しているところがある どっか自信がなくて虚勢を張って生きてるように見える 周りの目が気になる いいお母さんにみられているか いいお子さんにみられているか 周りのお子さんと比べて何か劣ってないか 自分が嫌だったからそうしないように子育てしようと思って&nbs [続きを読む]
  • 伸びている子には、伸びる理由がある
  • 長くお教室をやっていると いろんなことが見えてくるすごく伸びている子あまり伸びていない子勉強から逃げてしまっている子小学生ぐらいから差が出てくるもちろん成長の差性格の差はあると思うけど伸びている子の一つは0歳1歳から通ってきているためお勉強が、遊びの一環になっている二つ目はお母さんが、楽しく自然に情報をインプットしたから好奇心が旺盛になっている子お教室の宿題もコンスタントにやっているが無 [続きを読む]
  • 「ダダコネ」付き合い方間違ってません
  • ダダコネは大変と思っている方が多い もちろん間違った付き合い方をしていると ダダコネはエスカレートしたり 何時間も収まらなかったりします 要は悪循環に入っているダダコネです ダダコネの元は 自我の芽生えによる自己主張から始まり 挫折感情や、お母さんの期待応えるためのがんばりが 限界を越えたときに 自分の心を守るために 元の頑張れる心に戻すためにしている [続きを読む]
  • 「ダダコネ」にもいろいろありますよ
  • ダダコネには大きく分けると2つあります 1つは、正常なダダコネ 挫折感情や嫌な思いをお母さんにぶつけて お母さんにじっくり言い分を聞いてもらって 元の自分に戻るためのダダコネ いわゆる心の自己治癒力を正常に発揮しているダダコネ 年齢が大きくなって体験に来るお子さんは このダダコネは少ない もう一つのダダコネは 我慢の限界を越えたダダコネ 突然切れるよう [続きを読む]
  • 感じる力落ちているのかな(自己中心になってるのかな)
  • お母さんがお子さんの気持ちを感じないで 見た目で判断したり ママともの間でも相手の気持ちを感じないで 感情的になったり見栄の張り合いをしたり 逆に相手の言った言葉をマイナスにとったり 先生が生徒の気持ち考えずに 自分の思い通りに動かそうとしたり 自分の楽のために怒ったり 結構自分は傷つきやすいのに 相手が傷ついているは分からなかったり ストレス社会だか [続きを読む]
  • やらされる勉強じゃなくて、やりたい勉強にしなくちゃ
  • 幼児期は、楽しくいたずらして 一杯教えてもらって 好奇心を旺盛になっるように 出来る出来ないより 興味を持った事を褒めて応援しましょうと お教室もお母さんたちに伝えます 育てたいのは 非認知スキルだから 無意識脳を鍛えるということだよね しかし結構無意識に 無理して覚えさせる 無理してやらせる お母さんの安心のため これってお子さんに意識さ [続きを読む]
  • 能力はお母さんの愛情と信頼から育ちますよ
  • 処理能力が高いお子さんになりますと説明すると 不思議なことが起こる 動作を速くしようと 「もっと速く速く」や 「遅い遅い」 と叱りだすお母さんが出てきます 反対に遅くなりますよ 「速くしなさい」や 「遅い」は お子さんに あなたはのろまな子ねと言っているのと同じ お子さんは、始めは少し頑張りますが 段々 「どうせ僕はのろまですよ。どうせダメな子で [続きを読む]