かかぽ さん プロフィール

  •  
かかぽさん: おっぽろ!
ハンドル名かかぽ さん
ブログタイトルおっぽろ!
ブログURLhttp://tomotomo100.blog.fc2.com/
サイト紹介文ツンデレ母から届く四季折々の絵手紙と、絶滅寸前のんきなかかぽ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/02/19 01:34

かかぽ さんのブログ記事

  • キウイさんのつぶやき「時間ですよ」
  •   私が絵手紙を描くのには、制限時間があります。 娘達が私の体調を気遣って決めたものです。 それを注意喚起するのが、この絵↓     この絵の原画は、二女が描いてくれたイラストです。 私がいつも絵を描いている居間の壁に貼ってあります。 今回はそれを模写して色を付けてみました。 描かれているのは我が家の2代目猫であるトム君。 愛しのトム君に見つめられると、ルールを守らない訳にはいかないじゃないですか [続きを読む]
  • 2017年春コレクション⑮『ルピナス』
  •  「ルピナスは 颯爽と 天空をめざす」 母の花壇の片隅に、存在感たっぷりに咲いていたルピナス。  帰省中、鹿児島はあいにくのお天気で、うち一日は嵐だった。 雨が止んで花壇を見ると、多くの花が風雨にやられてぐったりしている中、ルピナスだけは平然と立っていた。  「みんな、だらしないわね。しゃんとしなさいよ。ホラ、雲の隙間から陽が差してきたわよ!」 (↓押していただけると励みになります)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花見??対決
  •   こんにちは。かかぽです。 実は4月前半から長い風邪を引いておりまして、ようやく終息に向かいつつあります。 その間、なかなか外出もままならなかったので、家の中で花見をしました。 甘い香りも漂ってきそうなピンク系の花々に桜餅を添えて↓ こちらは心が洗われそうな白から黄色系の花々に玉ねぎを添えて↓ ――皆さん、どちらがお好みですか?(↓押していただけると励みになります)にほんブログ村 [続きを読む]
  • キウイさんのつぶやき「絵手紙は安定剤」
  •  (ひとつ下の記事から目をお通しください) 絵手紙では、菜の花畑の中にいる自分を想像することも可能です。  4年前、長年付き合ってきた持病が悪化しました。 安静時間が増え、自分でも訳の分からない不安に襲われることがありました。 そんな時、目に付いたのが、娘達から贈られた絵手紙セットでした。 私は子供の頃から絵は苦手。 かと言って習いに行く体力もなく、貰ってから1年以上放っておいたのです。 母の日の [続きを読む]
  • 新コーナー設置のお知らせ
  •  ご訪問頂いている皆さま、こんにちは。 4月になり、フレッシュな気持ちで当ブログも新しいコーナーを設けることにしました。 その名も、「キウイさんのつぶやき」です。 「キウイさん」とは、母のことです。 ご存知の通り、当ブログは、母から送られてくる絵葉書を紹介するブログです。絵を描いているのは母で、その絵にコメントを添えてきたのが私かかぽ。時おり、母を固有名詞で描写する文章を書きたくなる時があり、さす [続きを読む]
  • 『魔除け イーブルアイ』
  •  「エーゲ海を連想させます ギリシャ土産」 先日ギリシャに行った際に、お土産に買ってきたものののひとつ。  この青い目玉はギリシャやトルコなどに古くからある魔除けで、イーブルアイと言うそうな。 言い伝えによると、人の不幸や病気やトラブルは悪魔の視線がもたらすもの。その視線をイーブルアイは睨み返し、跳ね返してくれる。基本ガラスで出来ていてたまに割れてしまうけど、それは身に着けている人の代わりに災いを [続きを読む]
  • 『スーツケース』
  •  「気休めと 分かっています 親心」 どうです、この絵? 素敵でしょう? スーツケースに比べてお守りのサイズがちょっと大きすぎる感もありますが……と〜っても気に入っています♪ 実は3月、かかぽはヨーロッパに行ってました。 遺跡やら街並みやら芸術やらサッカーなどが好きで、海外旅行をする際はいつもヨーロッパになってしまうのですが、今回もギリシャとイタリアのアドリア海側をめぐる旅でした。 そして先週の帰 [続きを読む]
  • 2017春コレクション⑬『スイートピーその2』
  •  「新たなる旅立ちを祝う スイートピー」 こちらは実家から私が救い出した一枚。 先日別のスイートピーの絵を紹介したのだが、母はそれを気に入っていなかった。 サイトにアップされたのを目にするや否や、  「やっぱりヘタだ」 「え?別にヘタじゃないよ」 「スイートピーの花びらの透き通った感じが出てない」 「そうですかね」 「うん。この前にももう一枚描いたんだけど上手く描けなくて。描き直したけど、やっぱダ [続きを読む]
  • 2017年春コレクション⑫『伊勢えび』
  •  「友人より 活伊勢えび届く 気合だ! ピンピン跳ねた 気力をありがとう」 冷凍庫を開けて、 「ぐあ〜!どこぞの異星人が攻めてきたんだ!!!」  ……と思ったら、伊勢海老だった。 伊勢海老には赤いイメージがあったのだが、それは茹でた後の色。 茹でる前はこんな勇ましい姿なのである。  ちょっと前に母のご友人が活きた伊勢海老を送って下さり、その中の一匹を母が私の為に冷凍保存していてくれたもの。 シンプ [続きを読む]
  • 2017春コレクション⑪『新玉葱』
  •  「新玉葱 旬のおいしさ 味わいましょう」 実はいま、実家にちょろりと帰っております。  キッチンの扉をあけると、まあ、でるわでるわ、玉葱の山。 「これ、どうしたのよ?」 「上の山迫さんからもらったの」 「これはどうしたのよ?」 「おばちゃんがくれたの。サラダ玉葱」 そしてまた、定期的に購入している生協からも届く、玉葱の山。 こんなにたくさん食べられないだろうと思うのだが、 「好きだからあっという [続きを読む]
  • 2017年春コレクション⑩『桃源郷』
  •  昨日スイートピーで今日は桃、明日は桜と参りましょうか。 春の良き日に、桃色を重ねて、しばしの夢心地に酔う。 耳を澄ませば聴こえてくる小さな歌声あり。 ♪行ってみたいと 思いませんか? ♪うふふ うふふ〜 あれはいったい誰の声? 井上陽水?斉藤由貴? いいえ。 見事に咲いた対の桃。   (↓押していただけると励みになります)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 2017春コレクション⑧『黄水仙』
  •  「ぱっと目に付く 黄水仙 水仙も 色々あって どれもいい」 水仙は背筋をすっと伸ばしているので、遠くからでも目にとまりやすい。 この子も、まあなんて清楚な佇まいでしょう! 静かな春の美をひっそりと歌っているよう。 これまでにも二度、母は水仙の花を描いて送ってくれた。    こちらは日本水仙。  もひとつ、ラッパ水仙。   たしかに、「色々あってどれもいい」ね♪ (↓押していただけると励みになりま [続きを読む]
  • 2017春コレクション⑦『白もくれん』
  •  「病院の受付に飾られた 小さな白もくれん 一時 私を癒してくれた」 かかりつけで通っている病院の受付にて。 キウイさんは花瓶に生けられた白い花を目にしました。 見たことがあるようでない花です。 「この白い花はなあに?」 尋ねると、受付のお姉さんはにっこり笑って答えました。 「もくれんですよ」 「もくれんってもっと大きい花じゃない?」 「生け花様に小さいのもあるみたいですよ」 「まあ、こんな小さい [続きを読む]
  • 2017春コレクション⑥『ポンパチ』
  •  「軽やかに ポンパチの音 初午祭」 説明しよう。 「ポンパチ」とは、鹿児島神宮の初午祭で用いられる小さな和太鼓のことである。 大きさは直径40cmのものから7cmのものまで大小さまざま。大きなものは祭りで練り歩く馬の背に飾られ、小さなものはお土産用に500円くらいで売られている。 絵は、お土産用のもの。貼られた和紙には鮮やかな黄色を背景に、何とも色っぽい白馬が描かれている。両脇には糸で大豆が2個 [続きを読む]
  • 2017春コレクション⑤『桜もち』
  •  「花よりだんご 桜もち」  もち米のお餅に粒あんを入れて、塩漬けにした桜の葉で巻いたら……ハイ、桜もちの出来上がり。桜の葉の独特の香りがたまりません!  ところで、絵に描かれているのは関西風の桜もち。 桜もちには大きく分けて2種類のタイプがあって、関西風の桜もちは「道明寺」、関東風の桜もちは「長命寺」と言うんですって。 絵のようにもち米のつぶつぶ感が残っている方が関西風の「道明寺」。 対する関東 [続きを読む]
  • 2017春コレクション③『琉球ガラス』
  •  「雰囲気をエキゾチックに 琉球ガラス」   シルクロードを経てはるばる日本に伝えられたガラス工芸。 こちらは琉球ガラスにございます。 ご覧ください。 沖縄に降り注ぐ太陽の恵みをたっぷりと吸収して、なんとも暖かな色味に仕上がっているではありませんか。 この水差しに水を入れれば、その水はたちまち気泡を発して爽やかなソーダ水になります。 この水差しにタイ米と黒麹を入れれば、あら不思議、美味しい泡盛の出 [続きを読む]
  • 2017春コレクション②『ミモザ』
  •  「男性よ 愛する女性に ミモザを贈ろう」 昨日3月8日は国連が定めた「国際女性デー」でした。 この日にちなんで、世界各国では男性から女性へ花を贈る習慣があるそうです。  特にイタリアでは、この日、男性は黄色に輝くミモザの花を女性たちに贈ります。 恋人からお母さんから……すれ違った旅人にまで。 4年前、母と娘たちでイタリアに旅行した際、私たちはイタリア中部のウルビーノという街で3月8日を迎えた。街の [続きを読む]
  • 2017春コレクション①『タンカンふたつ』
  •  「タンカン 今が旬 香りさわやか ジューシー」  ん〜。 柑橘類の甘酸っぱいさわやかな香りが漂ってきます! 特に半分に割られたタンカンの断面図が食欲をそそります。 妹なんかは「ダメ、この絵を見るとスプレムータ(イタリアの絞りたてオレンジジュース)が飲みたくなる!」とぼやいていました。 母上、描いたからには責任をもってスプレムータをご馳走してください! (↓押していただけると励みになります)にほん [続きを読む]
  • 『応援団長』
  •  3月に入りました。 このあいだ年が明けたと思っていたら、もう春! 月日が流れるのは早いものです。    ところで。 3月中旬までわたくしかかぽ(管理人)が忙しいため、このブログの更新はゆっくり目になります。1週間に2回くらいの更新ペースになるかと思いますが、皆さま、思い出した頃にひょこっと覗いてやってください。 さて、今日は季節外れの絵を貼ります。   「はるか昔の 体育祭 あの時 彼は確かにヒ [続きを読む]
  • 2017春コレクション④『さくら草』
  •  「街に さくら草が きれいです」 小さいくせに一生懸命背伸びして、しかもみんなでこちらを見ている。 さくら草ってそんな感じ。 一言で言うと”幼気”な花。  だからでしょうか? 江戸時代には武士階級に愛好者が多く、日本各地で品評会が開かれたんですって。 武骨な武士たちがこんな小さな花を囲んであーだこーだと……。  きっと庇護欲が掻き立てられんでしょうね。(↓押していただけると励みになります)にほん [続きを読む]
  • 2017冬コレクション?『ガーベラ一本』
  •  「おまけに貰った ガーベラ一本 心にほんわか春の風」 実は1月、祖父が亡くなった。  95歳の大往生だった。 亡くなる日の午前中、父は母から預かった絵葉書を2枚、郵便ポストに投函してから祖父の入院している病院に向かったのだが、その日の午後に祖父の病態は急変した。勘の良い方ならもうピンときていることだろう。そう、少し前に絵葉書が2枚紛失した話を書いたが、それはこの日に父が投函した2枚のことである。『藪 [続きを読む]