Yuima さん プロフィール

  •  
Yuimaさん: アメリカの真ん中のちょっと東から
ハンドル名Yuima さん
ブログタイトルアメリカの真ん中のちょっと東から
ブログURLhttp://watervalleyyuyu.blog55.fc2.com/
サイト紹介文米国ミズーリ州でカウンセラーとして働き、博士号を取得を目指して鳥と旦那と毎日必死に生きています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/02/19 08:28

Yuima さんのブログ記事

  • 結婚記念日
  • 毎年二回やってくる結婚記念日。第一回目は2月に、第2回目は8月にやってきます。これはCity Hall で結婚したのが2月で、結婚式挙げたのが8月だから。めんどくさいなーって三年目になって思うのですが、よく考えると記念日と銘打たないとなんにもしないんですよね。二人とも忙しいから週末疲れてるし、私は平日仕事ばっかなので週末しか学校の準備する時間ないし…ということで、記念日とかないとずるずると二人で外でデートと [続きを読む]
  • かんころ餅
  • 先週ブログ友さんから頂いたかんころ餅作ってみました。恥ずかしながら、いただくまでかんころ餅の「か」の字も知りませんでした。「かんころ餅入りますか?」と聞かれ(美味しそう)「いただきます」と返事…その数週間後にいただきました。アメリカで日本のお菓子自体手に入らないのに、地域の名産品を頂けるなんて、本当に恵まれています私が知らないなりに調べたところ、かんころ餅は長崎県の郷土菓子で「餅」と言っても、実は [続きを読む]
  • 素敵な出会い
  • 先週、普段はここでコメントを頂くだけのブログ読者の方と出会う素敵な機会がありました読者の方はセントルイスから少し離れたミズーリ州の州都ジェファソンシティーに住んでおられる日本人の方で、2−3時間離れているので会うことは難しいかなと思っていた方です。ところが数週間前に日本から頂いたもののおすそ分けにととても優しいお申し出があり、セントルイスに来たついでにと会えることになりました。当日は私もドキドキ読 [続きを読む]
  • 今年の誕生日
  • ブログの良いところはいろいろな方と交流できることと、将来日記のように読み返せること。何年後に、こういうことがあったなーっと振り返れるのは意外に良いと昨日ようやく気がつきました。ということで将来の私のために書きます。私の今年の誕生日。私の誕生日はバレンタインデーの前日。2月13日。昔から、物欲があんまりないらしい私。いつもプレゼントはなにが良いと聞かれると本当に困ります。色々悩んだ挙句、カメさんから [続きを読む]
  • カウンセリング学生グループの集まり
  • 博士課程には色々なクラスがあるのですが、(そりゃもう本当に色々と…)その中でLeadership and Advocacy Internship Hours というなんだかわけのわからない名称のインターンシップがあります。簡単に言うと「コミュニティに奉仕できるグループを立ち上げ、計100時間働いてください」というものです。このグループ、既存のではダメで、博士課程に入ってから立ち上げたものでないといけないので、面倒くさいったら結構面倒くさ [続きを読む]
  • Emergency St. Louis Rally for Immigrants and Refugees
  • Emergency St. Louis Rally for Immigrants and Refugees (移民と難民のための緊急集会)と銘打たれたイベントがfacebookに流れたのは三日前。トランプの反ムスリム法にサインしたのと同時に三日前に急遽決定したのがこのデモでした。トランプの悪夢は就任10日なのに、予想以上で、ありえないくらいの影響力をアメリカのマイノリティグループに与えています。私はアメリカ市民ではなくただのグリーンカード所持者なので、本当はあ [続きを読む]
  • 氷の世界二日目
  • Ice apocalypse(アルマゲドン級の氷襲来)の次の日セントルイスはどうなったかというと、平穏でした。前日の氷が嘘のように気温が上がり(と言っても3度くらいでしたが)、氷がドンドン溶けていきました。全部溶ける前に記念すべき大寒波を見ておきたいと、滑るから心配だと一緒に付いてきたカメさんと一緒に散歩に行ってみました。気温が上がっても全てはまだ溶けていませんでした。駐車場に停めてある私の車もこの通り。カメさ [続きを読む]
  • 氷の世界
  • 現在セントルイスに警報が出されています。今日(金曜)の昼から日曜日の正午まで氷警報。一昨日くらいから天気予報のマークも氷と氷点下のマークに。初めて見る日本人学生から、「なんのマークですか」って質問がきました(笑 確かにあんまり日本じゃ見ないよね。氷のマークですって言ったら、(@_@)の返事が。簡単いうと、すんごい冷たい気温の時に雨が降って、それがめっちゃ怖い氷になるってことなんですけどね。ある意味雪よ [続きを読む]
  • 韓国の激辛ラーメン
  • 今週はセントルイスは極寒です。昨日久々の雪が降り、昨日と今日は最高気温がマイナス8度くらいです。最低気温となると−15度とか。健康のためと思い一応寒さ対策をして近くのWalgreensに薬を取りに歩いてみたのですが、寒くて耳が本当にもげるかと思いました。帰る時には顔が真っ赤に腫れ上がり、ちょっと出た水分が凍って目も痛くなってしまいました。寒さを舐めてかかってはいけませんね。お昼は珍しくお家。友人に勧められ [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 新年あけましておめでとうございます。今年もペースは遅いですが、時間があるときにブログをアップしていきたいと思います。去年は色々(本当に…)あったので、カメさんと二人で今年願わくばStable (安定した)一年でありますようにと祈りながら2017年を迎えました。もともと日本食が基本の我が家ですが、大晦日から新年は特に日本文化食が濃くなります。年越しそばにおせちの準備と大晦日は大忙しでした。途中昆布巻き用の戻して [続きを読む]
  • 街のクリスマス
  • 日本ではクリスマスが終わるとすぐ新年の飾り付けで、デコレーションもなにも様変わりしてしまいますが、アメリカでは1月過ぎまでクリスマス気分を味わいます。最近時間があると健康のためにpokemonGo片手に散歩をしています。この寒いなかとカメさんに嫌な顔をされますが…。家はセントルイスの中心地の一つCentral west endにあるので、小さなショッピング街(Pokestopも多いですし)が徒歩で行けるので散歩がてら行きます.゚+.(・ [続きを読む]
  • くるみ割り人形
  • 自分へのご褒美と思って先週くるみ割り人形を観てきました。大学付属の舞台が大学構内にあって、毎月色々な催しがあります。学生は割引が効くので、チケット一人十ドルで買うことができます。購入したチケットは金曜日の夜。初演でした。くるみ割り人形はセントルイスバレエ団が毎年催しています。ここの劇団長は実は日本人の方なんですよ。堀内元という元ローザンヌ国際バレエコンクールの優勝者なんですよ!かの有名なバランシン [続きを読む]
  • 我が家のクリスマス
  • 今朱抹はクリスマスですね!まだ風邪が完治していない私ですが、クリスマスは刻々と迫ってくるので、なんか気持ちが焦ります我が家も小さいながら毎年クリスマスツリーを飾っております。去年から始めましたが、毎年デコレーションのオーナメントを必ず一つ新しく買います。将来大きなツリーを買った時に、今までの思い出話しになるように一応いつ買ったかも書いてあったりして。これは去年買ったもの、今年の新入りはこちら、フェ [続きを読む]
  • Baby it's cold outside
  • 冬休みに入った途端に風邪引きました(ノ_<)。熱が意外に出てて、今日と明日は仕事のボスから自宅療養の命令が出されてしまいました。色々あった一年。昨日私のアドバイザーにアカデミックジャーナルのドラフトを送り、次の日に熱が出るなんて…何て正直な体だろうとちょっと呆れて笑っちゃうほど。時間ができたので、ブログアップします。ずっと書こうかなって思っていたCNNのニュースの記事です。クリスマスが近くなるとアメリカ [続きを読む]
  • 食わず嫌い
  • クリスマスも近づいてきたので、テンプレート変えてみました。ほとんど嫌いなものはないと自負している私ですが、食べたくないものも多少はあります。例えば、ハワイのポイとか…。その数少ない食わず嫌いの食べ物を今年克服しました。その食べ物とは…オートミール小さい頃(多分幼稚園の年長か小学生低学年の頃)にお腹が空いて、母が作ってくれたオートミール…一口食べて無理でした。昔から暖かいミルクがダメで、味もなにもな [続きを読む]
  • テトの朝
  • 全然テトのことをブログに書いていませんでした。元気ですよー。先日3歳になりました。年を重ねるごとにどんどんおやじ臭くなるのはどうしてだろう…いつも同じところで寝ているテトさん。一番落ち着くようです。私たちが起きてくると、しばらくまだ眠いのかムズムズしています。しばらくすると降りてきて、挨拶してくれます。今日は機嫌が良いようで、挨拶も可愛かった(* ´ ▽ ` *)すぐご飯とお水の用意。昨日の残りをチェックし [続きを読む]
  • Children's Grief Awareness Day
  • 毎年感謝祭の前週の木曜日は Children's Grief Awareness です。日本語に訳すと「大切な人を亡くした子供達の悲しみを考えようの日」という感じです。この日に使われるのが青い蝶々。オフィシャルサイトから許可をもらって写真を使っています。蝶々は死と再生を表していて、亡くなった大切な人が痛みも苦しみもないところで幸せに暮らしているよ、というメッセージを込めてこのイラストになったそうです。素敵ですね。アメリカで [続きを読む]
  • 大統領選の翌日
  • 大統領選が終わり、結果は予想外のトランプ。私のFacebook feedが大荒れに荒れています。私の心も荒れていて、論文書ける状態ではないので、将来のためにブログを書いておくことにしました。今の気持ちを表すと、夢なら覚めて。何をしていても涙が出てくる状態で、自分でもかなり良くない状態です。今回は私の友人のFacebookやメールのここに訳して掲載することにします。1年後、4年後、8年後に振り返れるように。友人M。博士過程 [続きを読む]
  • 色々なこと
  • この2週間色々なことがありました…。まず一番大きかったのは先週のカメさんの入院。長くなる+思い出したくないので、詳細は書きませんが、医療検査後の体調が思わしくなく、夜10時に救急車で救急病棟へ…そのあと状態が急変して入院となりました。アメリカでの入院平均日を超える6日間入院していました。ICUに二日、一般病棟に三日。先週は1週間仕事を休み、カメさんにつきっきりでした。今週も最初の二日間は休み、家で介護 [続きを読む]
  • ちょっと気晴らし
  • 優しいコメント、励ましの数々本当にありがとうございました。問題はまだ山積みですで、とうとう今週体調を崩してしまいましたが、黄門様の歌を歌いながら毎日頑張っています。今日ご紹介するのは先週気晴らしにと寄ってみた、新しいアイスクリーム屋さん。お店の名前は[Snow Factory]。タイのアイスクリーム屋さんで、アイスクリームロールが食べられます!大都市で人気のアイスクリームロールが、セントルイスにもやってきたと知 [続きを読む]
  • 色々大変
  • 色々大変な日々が続いております。ですが、人生大変な時もあるからと自分に言い聞かせて毎日生きている感じの今日この頃です。何が大変かはちょっとまだ書きませんが、とりあえず生きていますとご報告したくブログをアップいたしました。学校が始まってしまい、仕事もあり…家庭も色々ゴタゴタ(夫婦間は円満ですよ!)していて、気が滅入る日が続きますが、こうして生きられることが幸せだと思いつつ頑張ります。セントルイスは秋 [続きを読む]
  • お弁当
  • 今年も行ってまいりました。アメリカでも最大級の日本のお祭り、日本祭INセントルイス。毎年Labor day weekendの土曜日ー月曜日に催されるお祭りで、Missouri Botanical Gardenで行われます。私たちは毎年折り紙ブースののお手伝いをするボランティア。お客さんに折り紙を教えてあげるボランティアなのですが、意外に人気で結構疲れる。人気があるのが、ペンギン、トトロ、動物系(犬猫豚キツネetc.)、お花系(ハスの花、桔梗)で [続きを読む]
  • ハリーポッター
  • いままで言わなかったけれど、結構ハリーポッター好きです。でも私が好きなのは映画じゃなくてもっぱら本。私が最初にハリーポッターを手に取ったのは忘れもしない中学生の頃。昔から本の虫で、あまり小学生のころ友達がいなかった私には図書館の本が友達のようなものでした。中学に上がり、初めて行った図書館でワクワクしながら見ていると不思議な装丁の本が。それまでは歴史の本やヨーロッパの童話なんかが好きだったのですが、 [続きを読む]
  • Waiting list(予約待ち)
  • 今日ボスから言われたこと、「新規のクライアントのWaiting list(予約待ち)が現在全くないので、いま受け持っているクライアントを延長するか前のクライアントに連絡して必要だったらカウンセリングをまた再開してください。」私が今働いているカウンセリングセンターは、普段は6−10週間の予約待ちが普通です。カウンセラーは二つのエージェントと合わせて常に18−20人ほど。カウンセラーはこんな事情があっても週に必要 [続きを読む]
  • グルテンフリー
  • 日本から帰ってきております。時差ぼけと生理でばてておりましたが、なんとか回復してきました。今月は大学も秋学期始まるので、気持ちもちょっと引き締めて行かないといけません。仕事も大変ですが、なんとか頑張ってきます。カメさんは私がいなくてやはり寂しかったようで、素敵なお花でお出迎えしてくれました。帰国してる間2週間家を空けていたので、テトの反応が気になりましたが、最近は慣れてきたようです。最初はとても驚 [続きを読む]