ニャンコだいすき! さん プロフィール

  •  
ニャンコだいすき!さん: ニャンコだいすき!
ハンドル名ニャンコだいすき! さん
ブログタイトルニャンコだいすき!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tamamusi110
サイト紹介文シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2016/02/19 11:52

ニャンコだいすき! さんのブログ記事

  • 漱石の猫と千駄木
  • 千駄木で撮った野良チャン。漱石の猫の後裔かな?夏目漱石の大ヒット小説「吾輩は猫である」は漱石が千駄木に住んでいるときに書いたものです。千駄木の漱石邸に1匹の子ネコが迷い込んできたが、奥さんが猫嫌いで、すぐにつまみ出したが、何度そとへつまみ出しても家に入り込んできてしまう。ある日、漱石がこの猫の存在に気づき、奥さんに、「そんなに家に戻ってくるようなら、家に置いてやれば」といいといい、晴れて漱 [続きを読む]
  • 1円商法の裏
  • どうもAmazonで1円で売っている本のことが気になって、ネットで調べてみました。「アマゾン 1円 古本」でググってみると、一杯出てきました。その中でも簡潔で分かりやすい説明は、1円で古本を販売している業者は以前から存在しており、脱法性があるわけではない。彼らは書籍をメール便(送料100〜160円程度)で安価に配送できることに対し、アマゾンの書籍配送料が257円固定であることなどを活用し、アマゾンの販売手数料を [続きを読む]
  • 大事なことはみ〜んなネコに教わった
  • タイトルの本は、アメリカのスージー・ベッカーさんの絵と文で、谷川俊太郎さんの訳の絵本です。友達から面白いよと言うことで購入しました。けっこう面白いのですが、すこし驚いたことがあります。それは、この本は1990年に出版され、1991年に日本で翻訳出版されました。もう26年前の本ですから古本として、Amazonで探しましたら、本の値段1円という文庫本化された小学館文庫の本が見つかりました送料が257円で合計258円で購 [続きを読む]
  • ベジタリアンのネコ
  • ベジタリアンの人がネコを飼ったとき、ネコにも野菜中心の食事を考えたりします。私の体に良いからネコにも良いはず・・・というのとんでもない考え違いです。ネコ科動物は食肉目の中でも、徹底して肉食中心に進化してきたので、栄養学的にも肉中心の食生活でなければ、生きて行けないのです。体に必須アミノ酸であるタウリンは、人やイヌは体の中で合成できますが、ネコはできません。タウリンが不足すると、目の障害や心臓疾患 [続きを読む]
  • 靴下だいすき!
  • ちゃーちゃんは、わたしの靴下が大好きです。とくに、運動靴を履いて、運動した後のくさい靴下に目がないです。靴下を抱え込んで、ときどき鼻を押しつけて、「ううぅ〜、たまらないわ〜」なんていう顔をします。つまり蒸れた靴下の匂いが好きなんです。わたしは、フィットネスクラブでベルトコンベアみたいなランニングマシンで30分ほど早足歩きをするので、かなり汗をかきます。そのときの靴下がたまらなく好きみたいです。ネ [続きを読む]
  • ベルを鳴らすネコ
  • 先日、TBSテレビの「生き物にサンキュー!」でネコの動画特集をやっていました。そのなかで、食事の催促にベルを鳴らす2匹のネコが出てきましたが、おかしかったですね。久しぶりに爆笑してしまいました。ネットで探したら、動画がありました。もし見てなかった人がいたら是非見てください。https://www.youtube.com/watch?v=s9268GbUyEQ爆笑ものです。ネコってほんとおかしい動物ですね。ちゃーちゃんにもやってみようかな [続きを読む]
  • ネコの顔洗い2
  • ネコが顔を洗うのは湿度のせいだけではありません。ネコは、箸もナイフ、ホークも使わずにエサを食べます。野生時代はネズミを口で食いちぎりながら、口の周りを血だらけにして、食べたわけです。ですから、口の周りの毛やヒゲが汚れます。この汚れを放っておくと、細菌などが増え、くさくなります。ネコは待ち伏せ型の狩りをしますので、くさい匂いを放っていたら、獲物は警戒して近づかず、逃げてしまします。このため、食事の [続きを読む]
  • ネコの顔洗いと天気予報
  • よくネコが顔を洗うと雨が降るといわれます。これはかなり科学的根拠があります。毛髪湿度計というのがあります。人の髪の毛で空気中の湿度を測るのです。毛髪はフランスか北欧の女性の金髪の毛が一番いいそうです。実際、最近まで気象庁で、人の毛髪を使った湿度計が使われていました。髪の毛は湿度が上がるとわずかですが伸びるのです。逆に湿度が下がれば、縮みます。湿度が高いほど伸びるので、その伸びは湿度に比例するわけ [続きを読む]
  • イヌ型人間、ネコ型人間
  • イヌ型人間は、上司の言うことをよく聞き、命令に忠実で、協調性があり、時にはゴマスリをして、うまく世の中を渡って行きます。したがって、イヌ型人間は、現代社会の管理された、規律正しい会社人間には、絶対必要な人間ですね。これに対して、ネコ型人間は、自分ファーストで、自分勝手な行動をこのみ、協調性はなく、わがままで、気まぐれで、マイペースで、ゴマスリなんて大嫌いです。ですから、規律を重んじる組織の中で [続きを読む]
  • デンプンはダメな猫
  •  完全カリポリ食のちゃーちゃんイヌの先祖オオカミは、食肉目に属し、肉中心の食生活でした。シカやイノシシなどの草食獣を集団で狩り、肉を食べる生活です。ところが、オオカミのなかから、人間に依存して人間の出す残飯を食べて暮らすものが出てきて、それが次第に人間と暮らすようになり、イヌに進化して行きました。人間は雑食性で、果物、穀類、肉、魚などいろいろなものを食べます。イヌは人間と生きて行くために食性 [続きを読む]
  • 自分勝手の「かたまり」がネコ!
  • ネコは、先祖が単独生活者だったので、その生活習慣、習性をそのまま受け継いでいます。イヌは、ネコと違い、群れ生活者だったので、飼い主の一家の主人はリーダーとして敬い、絶対的にいうことを聞きます。ところが、ネコはリーダーなるものの存在を認めません。ただ、自分の役に立つと思う家族をうまく操って、いろいろな仕事を分担させます。一家の主人でも、ネコにとってまったく役に立たないことが分かれば、まったく無視し [続きを読む]
  • 寄り目むし
  • 虫嫌いの人が増えていますね。虫嫌いの母親の子どもは虫嫌いになります。幼児の頃は、母親の行動を見て育ちますから、虫嫌いの態度はそのままインプリントされます。都会の虫は、蚊、ハエ、ゴキブリなど、ロクなものが居ませんから、無理もないのですが・・・今頃ですがススキの葉に赤い小さな虫(体長4mm)がいますが、この顔は、面白いですよ。正式名称は「アカハネナガウンカ」といいます。虫嫌いの人もこれなら許せる?!と思い [続きを読む]
  • 寒さが布団にもぐらせる
  • このところ寒いですね。今年の夏はどこに行ってしまったのだろう?東京の8月の降雨日27日間もあり、気象観測が始まって以来の記録だそうです。なにか毎日雨だった感じですね。昆虫や花の写真が好きで撮っているものにとって、どこにも行けずに悶悶とした日々を過ごした感じです。この寒さで虫たちも死に絶えてしまった?かもしれません。8月の日照時間も平年の半分の84時間です。農地を借りて野菜作りをしていますが、今年 [続きを読む]
  • 多頭飼いの猫たち
  • 多頭飼いをしている人のブログを見ていると、いろいろネコ同志の関係が面白く、私の知らない、ネコの一面が見られ、飽きない面白さがあるようです。一度やってみたいと思いますが、多頭飼いの時にはいろいろ注意が必要なようです。社交的で、たくさん仲間がいた方が好きなネコがいれば、1頭だけで自由気ままに暮らしている方が好きなネコもいます。前者のネコ同志ならまったく問題は発生しませんし、ネコにとっても幸せで楽しく [続きを読む]
  • 猫の年齢
  • ちゃーちゃんは、11才になります。猫の年齢を人間の歳に換算すると、1才で17才、2才で23才、その後は1才歳を取るごとに、人でいえば、約4才歳を取るそうです。ですから猫の11才はなんと人間の60才になります。還暦のおばあさんですね。赤いちゃんちゃんこ着せてやるかな?!最近はネコジャラシを動かしても、体は動かさず、手だけで遊んでいて、遊ばす方も張り合いがないので、すぐ止めてしまいます。あっちでゴロゴ [続きを読む]
  • ネコをなでると癒やされる
  • ネコを飼っている人には常識ですが、ネコをなでると、気持ちが落ち着きます。これはなでるという手からの刺激で、脳にエンドルフィンが分泌されるせいです。同時にネコはなでられることによって、人間以上、エンドルフィンが大量分泌されます。なでられると、ネコは幸せ感に満たされ、のどをごろごろ言わせるわけです。子ネコの時に、全身を母ネコに舐められ、とくに排泄は母ネコの舐められる刺激で出していた訳ですからなでられ [続きを読む]
  • 父ネコの遺伝
  • 病院への運搬用のキャリーバックでお休み。「父ネコが人なつこいと、その子ネコも人なつこくなる」という研究があります。実際は、父ネコは育児に参加しないので、子ネコの性格を決めるのは圧倒的に母ネコの影響が大きいと思います。この研究がどのように行われたかの詳しいことは分かりませんが、本当かな?とも思いますね。人なつこいオスと人嫌いのオスを同じメスと交尾させて、遺伝的な検査もして、どちらの子かを確 [続きを読む]
  • ネコの性格
  • 私の膝の上でよく眠っていた頃。成ネコの性格は大きく二つに分かれるのだそうです。(ネコ学の本より)①は、人間や他のネコともうまくやってゆけ、いつもリラックスしている。おおらかな性格のネコ。②は、飼い主の家族のうち、一人か二人としか一緒にいたがらず、他の人間とはいやいやながら我慢して付き合い、他のネコとは親しくならないことが多い。ちょっと飼いにくいネコ。①のタイプと巡り会えば、ネコと幸せな関係を [続きを読む]
  • レンゲショウマ撮影記
  • 8月21日月曜日、奥多摩の御岳山に行って来ました。今が盛りのレンゲショウマの花を撮るためです。家から3時間半もかけて、中央線で「御嶽」で下り、バス、ケーブルカーに乗って御岳山駅に着きます。家を朝8時に出てここに着いたのが11時過ぎ、なんと霧が出ていて暗い。レンゲショウマのあるところに行くと、おおお!咲いている咲いている。撮影に来ている人も結構います。構図の良い花を見つけるとモデル撮影会みたいに人が集ま [続きを読む]
  • ドライブレコーダーに豪雨の記録が・・・
  • 昨日書いた記事の映像です。そうだ!ドライブレコーダーに記録が残っているはずだ!と今日、突然思いつき、車から記録カードを抜いてきて、パソコンに取り入れ、ユーチューブに載せました。落雷があり、7人が負傷したとかいう多摩川の事故の時に近くを走っていました。ものすごい雨が降り出し、まるで消防車のホースから水がフロントガラスに当たるという感じでした。駐車場に逃げ込んで、雨が弱くなるまで待ちました。ガラガラガ [続きを読む]
  • 初めての経験、恐ろしいくらいの豪雨
  • 昨日、ちょっと車で郊外に出掛けて、その帰りです。ものすごい豪雨に遭いました。ワイパーが左右に激しく動いても、前がほとんど見えません。とにかくすさまじ量の雨で、危険を感じたので、しばらく、広い駐車場に臨時駐車。雷もピカピカ、ゴロゴロ、この頃、多摩川の川原で花火を待っている人たちも巻き込まれたと、ニュースで知りました。生まれて初めての、凄い雨、こんな雨があるのですね。なんとか無事に家に帰り着き、家に着 [続きを読む]
  • エサに砂かけ行動、うんっ??
  • ネコはトイレでウンチをすると丁寧に砂かけします。トイレが汚れていて、周りにウンチだらけだと砂かけは止めてしまいます。砂かけしても無駄と思うのでしょう。野生時代、自分の匂い(ネコのウンチはかなりくさい)を獲物や天敵に気づかれないようにするため、砂を掛けて消しました。トイレは当然と分かるのですが、ときどきエサに砂かけ行動をします。この行動を誤解する飼い主が多いみたいです。エサへの砂かけ行動を、このエ [続きを読む]
  • ネコがしゃべる
  • https://www.youtube.com/watch?v=bB4vPUVEj6kyoutubeにあったおしゃべりネコです。このくらいしゃべったらおもしろいだろうな〜ネコは「ニャ〜」と鳴くだけかと思っていたら、けっこう人間に近い言葉をしゃべりますね。ネットやテレビよく特集までしています。お腹が空いたネコが、飼い主に「ごはん!ごはん!」とかご飯を食べながら「うみゃい、うみゃい」とか起きてきて「おはよ〜」とあいさつするとか、それらはあきらかにそ [続きを読む]
  • ネコの居候
  •   うちの居候?デブ黒シャム?野良ネコの世界では、生まれた子どものメスは大きくなっても母親の元に残ります。ライオンもそうですが、親戚のメス同士は仲がよく、成熟したメスは群れに残り、オスは追い出されます。ライオンの群れは親戚のメス同士が中心で、オスは他から来て仲間に加わります。このとき群れを乗っ取ったオスは、前のオスの子どもがいると、全て殺してしまいます。野良ネコの雄も母親から疎まれ、1才頃に追い [続きを読む]
  • 富岡八幡のお祭り
  • 8月13日、東京都江東区の富岡八幡(深川八幡祭りともいう)の例大祭を見に行きました。これは3年に1度のお祭りで、東京でも規模の大きいお祭りです。別名「水掛け祭」ともよばれ、この暑い時期ですから、沿道の人たちは手に手に桶を持って神輿の担ぎ手に水を掛けます。近年は、消防車の消火栓からのホースによる放水や、大型トラックの荷台にブルーシートをかぶせて、水をたっぷりためで、10人くらいでバケツで水を掛けると [続きを読む]