双葉蓮 さん プロフィール

  •  
双葉蓮さん: ママ友付き合い20年弱の、トラブル回顧録w。
ハンドル名双葉蓮 さん
ブログタイトルママ友付き合い20年弱の、トラブル回顧録w。
ブログURLhttp://hutabaren.blog.fc2.com/
サイト紹介文人付き合い苦手主婦が、カースト内で奮戦したママ友トラブル地獄実録・危険予知術・対策記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/02/19 12:57

双葉蓮 さんのブログ記事

  • ママ友達の異常なこだわり「どこが田舎でどこが都会!?」その2
  • ウチみたいな転勤族からすると、旗竿だろうがなんだろうが土地付一戸建てを構えられてのんびり自分の好きな風にしつらえていける・・・なんて、最高なんですけどね。それなのに、その西の人は東の人に馬鹿にされたのが悔しいのか、旗竿旗竿連呼するし。そもそも転勤族ゆえか無知で、ハタザオチって何・・・?って感じだったのですが。要は、アルファベットの大文字のPみたいな形をしていて、奥の四角の部分に家を建てて、外の道ま [続きを読む]
  • ママ友達の異常なこだわり「どこが田舎でどこが都会!?」その1
  • あと、ママ友界で非常に面倒くさいと思ったのは、ママ友達の「どこが都会で、どこが田舎か」の価値観の具合。それに異常反応する人が、結構いたんです。先日は職業でママ友達をざっくりジャンル分けしてみましたが、実際ピリつくのはこっちのネタの方が多かったかも。私みたいな転勤族からすると、どこが田舎でどこが都会・・・なんて、あんまりこだわりはないんですけれど。だって過疎の村と大都会との戦いとかじゃなくて、「え、 [続きを読む]
  • 私が目にしてきたママ友たちを、ジャンル分けしてみた。
  • もちろん全員が全員でないものの、悪目立ちしていたママ友をジャンル分けしてみると、こんな感じかなとか思ってしまいました。●医者妻よく開業医妻は勤務医妻をバカにすると言う噂があったけれど、そうでもなかったかな・・・!?意外と結束力が強かった。ただ、出身の医大とか、奥様も医師かとか、実家が病院かとかで上下関係が多少生まれていたような。他に、奥様が看護師だと嫌味を言う人がいたりも。●外資系・金融系・IT系・ [続きを読む]
  • ママ友界の変なルール。許される趣味の範囲が狭い。
  • ママ友界の変なルール。許される趣味の範囲が狭い。あと、ママ友界で違和感を感じたのは、そのグループやその居場所によって、「許される趣味」の「範囲」が全く違ったことです。ママ友の年代とか・幼稚園か小学校かで違うとかじゃなくて。同じ幼稚園でも、Aと言う係の時と、Bと言う係の時に「普段、ママはどんなものが好きなのか・趣味は何か」みたいなのを言わなきゃ行けないときがあったので、適当に答えたのですが。Aの時はOkだ [続きを読む]
  • 良い年こいて、幼い演出でごまかそうとするママ友・その2
  • 良い年こいて、幼い演出でごまかそうとするママ友・その2ツイッターでコンビニの冷凍庫に入って画像をあげてしまった子がたたかれたりしていて、「SNSはバカ発見器」なんて言葉を聞いたことはあったものの、それって若者の世界だけの話かと思っていました。まさかそこそこ大人の、しかもかなり大きなお子さんを持った母親が、小学生低学年の女の子みたいなことをして、周りを引っ掻き回そうとするなんて。。もちろん全員が全員とか [続きを読む]
  • 良い年こいて、幼い演出でごまかそうとするママ友・その1
  • 良い年こいて、幼い演出でごまかそうとするママ友・その1うちはもう子供がかなり大きくなったので、ほとんどママ友づきあいがなくなりました。ですがまだママ友づきあいがそれなりにあった時期・最後の方に「SNS普及の波」が押し寄せまして、それなりにメアドやラインを交換してしまったので、まだたまに変な連絡があったり・結構今でも誰がどうしているのかわかってしまったりします。メールアドレスだけだと、そうでもないんです [続きを読む]
  • 久しぶりに遭遇したママ友
  • 久しぶりに遭遇したママ友やっとママ友界から足を洗ってだいぶ経ちますが、意外と世間は狭い。駅でばったり会ってしまったり、知り合いの知り合いの知り合いが最悪なママ友だったり、病院の待合室で会ったり・・・と、何気に油断が出来ません。ウチなんて転勤族だったから、遭遇率は低いはずなのに・・・!一番嫌だったのは、総合病院の産婦人科・婦人科に卵巣の病気で通院していて、そこから会計に向かおうとしたときにバッタリ会 [続きを読む]
  • 4ママ友とお受験〜中学生編
  • 4.ママ友とお受験〜中学生編こんなよそで話をすると、「よっぽどの進学校なの?」とか、「特殊すぎるケースなんじゃない?」とか「信じられない」とか言われてビックリされてしまうけれど、そうでもないです。でも、どんな学校でも天狗のように鼻高々のママ友がいて、その人が猛然とお受験熱が高ければ・そして自分のことしか考えていなければ、そこではこれが「常識」になってしまうんです。そのレアケースに一度遭遇してしまえば [続きを読む]
  • 3ママ友とお受験〜中学生編
  • 3.ママ友とお受験〜中学生編そもそも、優秀な子にしかパスを回さないって事は、チームが負けてしまう可能性が高いわけで、それでも彼女はいいのかな?かわいい我が子が勝つ姿、見たくないのかな?それだけ負けず嫌いなら、普通に戦って勝てる相手には勝ちたいと思うのではないのかな?敗因・戦犯と周りから思われたくないとか、周囲から批判されたらどうしようとか思わないのかな?私は疑問がつのって仕方なかったので、ある時聞い [続きを読む]
  • 2ママ友とお受験〜中学生編
  • 2.ママ友とお受験〜中学生編あとびっくりしたのは、学校によって親の参加要請度・親同士の交流の場の設定度合いがまったく違う事です。PTAが無い学校もあるし、逆にPTA関係の役員をクラスで何人も出さなきゃ行けない学校もあるし、親同士の交流を好まない学校もあったし、親同士での交流の場を公式にもうけてカルチャースクールのような講座を開いたり・イベントを企画するような学校もあったり。バザーやなにやらで、幼稚園のよう [続きを読む]
  • 1.ママ友とお受験〜中学生編
  • 1.ママ友とお受験〜中学生編そんなこんなで、わが家は一人だけ私立中学に進み、あとは公立だったのですが・・・。中学に入ったらそんなにママ友に煩わされることはないのかなあと思っていたら、意外とそうでもなかったり・そうだったり。子供が中学生になると言うことはそれだけママ友の年齢も全体的にあがっているはずなのですが、子供っぽい人は結構いて。今のように共働きが一般的じゃない時代だったときは、「あの人は社会から [続きを読む]
  • 2.ママ友とお受験〜小学生編2
  • 2.ママ友とお受験〜小学生編2そう言えば、当時の土地柄か塾もこだわって入れる人が多かったから、塾の研究家って呼べる位各塾や試験内容に詳しかった人も結構いたし、自分が通っているA塾○○校だけじゃなくて、A塾の他の校舎や歴代の塾長の名前やら方針やらにまで詳しい人がいて、びっくりしました。最初は親がそこまでしなきゃ受験って乗り越えられない面もあるのかな・・・なんてその雄弁ぶりに気圧されたけれど、やっぱり振り [続きを読む]
  • 2.ママ友とお受験〜小学生編
  • 2.ママ友とお受験〜小学生編塾にも色々あって、完全に家庭教師だけの人、大手塾と個別指導塾のダブルで通っている人、大手塾と家庭教師だけの人、近所の補習塾プラスアルファくらいの所に通っている人・・・とさまざまでした。それで、塾によっては方針やらプリントのまとめ方やら何やらが変わっていたり・親の為の説明会・保護者会が頻繁にあったりしたため、父・母・子の3人で強力にタッグを組んで中学受験に猪突猛進!なご家庭 [続きを読む]
  • 1.ママ友とお受験〜小学生編
  • 1.ママ友とお受験〜小学生編思い出しながら書いているので、話があちこちに言っちゃったりするかも知れません。すみません。・・・当時周りを見ていて、思ったんですが。幼稚園時代はペーパー以外にも英才教育や受験勉強として英語から・楽器系から・体操系から・お絵かきからいろんなことをやらせている人がいたけれど、小学生になって中学受験を見据えたご家庭はやっぱり勉強がメインになりました。中には少年野球を高学年まで続 [続きを読む]
  • 4.ママ友とお受験〜幼稚園編〜
  • 4.ママ友とお受験〜幼稚園編〜でもその編入試験にはものすごくたくさんの人が集まるから、そうそう簡単には受からない狭き門だそうで。妹の知り合いの女の子は、お姉さんの通う学校に落ちて・毎日自分の落ちた制服を着て登校する姉の姿を見ながら自分は公立に通って・毎日編入試験のための勉強をして、それでも落ちて・また受けて・・・で何年も過ごしているそうで。放課後普通に無邪気に遊ぶのも控えて編入試験に受かる為の塾に通 [続きを読む]
  • 3.ママ友とお受験〜幼稚園編〜
  • 3.ママ友とお受験〜幼稚園編〜今までほぼ女性誌かいない学びの場や職場にいたことがあったけれど、ママ友界は特殊だな〜。特に受験が絡むと、キツイんだなぁ・・・と思ったんですよね。職場とかだと、虐めたり陰口たたいたりはあったけれど、その人や家族の人生を簡単には左右できない。でもママ友界・特にお受験関係は簡単にちょっかいを出せるし・妨害も出来るし・精神的ダメージを二重・三重に加えることが出来てしまう。。ニュ [続きを読む]
  • 2.ママ友とお受験〜幼稚園編〜
  • 2.ママ友とお受験〜幼稚園編〜これが知人だけじゃ無くて、出産後になるとその「元凶」人口が更に増えて、本当に厄介でした。元々の知人達はまあお互いある程度の素性も知っているし・「なんとなくこういう人」と言うのが分かっているから・ある程度はイメージ通りの発言をしてくれるからそんなにギョッとはしなかったけれど。ニューカマーたちは一皮剥いてみるとその本性が外見の印象と違いすぎて、ギョギョギョッとしまくってしま [続きを読む]
  • 1.お受験とママ友〜幼稚園編〜
  • 1.お受験とママ友〜幼稚園編〜結構昔の話なので今とは違うかも知れない・・・とは思いつつも、今回はお受験とママ友について書いていきたいと思います。わが家は直接は「いわゆる幼稚園受験(狭き門の・鍛えられた子か選ばれた家柄のみの子が通うようなところ)」とは無縁だったのですが、当時周囲にかなりそう言う人がいまして。そして、知人達は お受験派と非お受験派でギスギスしたり・お受験派の中でもいざこざを起こしたり・ [続きを読む]
  • 4.私のママ友界での基本ポリシー/ママ友界は遊園地
  • 4.私のママ友界での基本ポリシーなんでわざわざそんな遠い遊園地まで行って、お金払って、叫んで、それでも楽しいって思えるのかな?ママ友界と何が違うのかな?と思ったら、やっぱり一番は「非日常」だと割り切ってるところじゃないかなって思ったんです。ここは変な格好と行動をするキャラクターが出てきますって分かってるからギャーって叫んでもまあまだ精神的余裕が残せるし、それだけじゃなくてもしかしたら園内でミッキー○ [続きを読む]
  • 3.私のママ友界での基本ポリシー/ママ友界は遊園地
  • 3.私のママ友界での基本ポリシー/ママ友界は遊園地私がママ友界に足を踏み入れた当初は、ヘンな人に会うたびにものすごくビックリしていました。お金に汚かったり・手癖が悪かったり・ウソばかりついたり・他家の事故や不幸も平気であざ笑ったり尾ひれをつけたり・・・俗に言うモンスターペアレントもいっぱいいて、幼稚園の先生はさぞかし大変だろうなぁ・・・私にはとてもじゃないけど務まらなそう・・・と、痛感したものです。 [続きを読む]
  • 2.私のママ友界での基本ポリシー
  • 2.私のママ友界での基本ポリシー勿論、子供達が自分で勝手に進路を決めたりする可能性はありますが、やっぱりふとした言葉やサポートや・後ろで適切な距離で見守っている感じは、幼少期よりもよっぽど思春期の方が肝心です。思春期は友達関係・ホルモンバランス・第二次性徴・恋愛等々、時として急につまづいたり悩んだりもします。幼少期の方が手がかかったりやらなければいけない事が多いけれど、思春期の親の存在は本当に大事だ [続きを読む]
  • 1.私のママ友界での基本ポリシー/一番踏ん張り所な時期は幼少期じゃない
  • 1.私のママ友界での基本ポリシー今回は被害報告メインじゃなくて、自分がママ友界でこういう風に考えるようになったら楽になった、と言う基本ポリシーを書きたいと思います。ちょっと偏った意見になってしまうかもしれませんが、一個人の考えとして、このページに残したいと思います。いや、まだ被害報告は数々あるんですけどね・・・。でも転勤族としてあちこち覗いてきた各ママ友界の闇ばっかり書いてると、「とにかくママ友って [続きを読む]
  • 2.微妙なママ友の共通点!?
  • 2.微妙なママ友の共通点!?あとすぐ否定しないで、なんかこういう時にいっつも面白く無さそうにしている人もいました。なんだろこの不満感な空気・・・?と、理由があんまり分かっていなかった当時は不思議に思ったものです。それと、その場ではノリ良く「私もやってみる!」なんて言ってても、その後の言動が微妙だったり・経験した結果の報告でやんわりと「大したことない」という意味合いの言葉を発してディスってきたり。自分 [続きを読む]
  • 1.微妙なママ友の共通点!?
  • 1.微妙なママ友の共通点!?ママ友界に足を踏み入れて、二十年程。人づきあいの観点から見ると、ママ友は4タイプに分かれるような気がします。1.「見るからに危険人物・一目見て地雷だと分かるママ友」2.「ちょっと付き合ってみてアレ?と思うような微妙なママ友」3.「大人の常識があって・感情的にならない・距離感をほどよく保ってくれる落ち着いたママ友」4.「誰とも一切関わろうとしない鉄壁のママ友」スポンサーリンクそれで [続きを読む]