亜沙美 さん プロフィール

  •  
亜沙美さん: 着物のぶろぐ
ハンドル名亜沙美 さん
ブログタイトル着物のぶろぐ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/masubuchi4996/
サイト紹介文筆者の着物の覚え書き。これから、気楽にきものを着てみたい方に、着物の買い方などを載せます。
自由文自己紹介
琴、胡弓弾き。お稽古では必ず着物をきています。会社員の方々が、会社へいくのにスーツを着るのと同じような感覚です。
このblogでは、一日着ていた着物たちの紹介だけではなく、筆者が得てきた着物の知識、買い方、着方などの工夫を掲載し、より気楽に着物を着られるよう、伝授していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2016/02/19 14:05

亜沙美 さんのブログ記事

  • 作り帯をつくったよ
  • 昼間、すこしばかり、時間ができたので、久々に作り帯を製作しました。半幅帯を文庫結びにしたものです。正確には二重文庫といいますよね。作り方は簡単。まず、半幅帯を必要な長さで、三つに切り、どうにまくところを先に作り、次に残りを輪にして、リボンになるように折り畳み、中心をたこいとで、頑丈に結びます。そして、真ん中の部分でリボンの中心を丸めて縫い付けるだけ。はじめは難しいなあと思っていましたが、すぐできま [続きを読む]
  • 引き続き黒でした。
  • 今日、正確にいうと昨日ですが、また、練習したために着物生活でした。また黒。しかも小紋の連発。これはいけないとかじゃないけど、同じようには、したくなかったので、こちらの紫の帯にしました。黒に紫は、ちょっと変わった組み合わせだと、家族には言われました。でも、着物が柄物なので、帯は無地にしました。普段着なので、その方がよいかなあと思った。まあ、単純な考えですけどね。こちらは花柄で、どちらかというと、かわ [続きを読む]
  • 黒でした。
  • 今日は、昨日の雨がやんだあとでしたので、穏やかで静かな天気でした。ほんとは、これが一番幸せなんですよね。今日着用したお着物はこちらでした。黒に黄色、なんだか蜜蜂みたいですね。変わった柄の着物ですが、気に入っています。黒は、意外に合わせるのが難しいとも感じています。やっぱりどうしても、老けて見えてしまうようなので。確かに、こういう着物を着る年代ではないと言われても不思議ではないかも。ただ、大きさはち [続きを読む]
  • 大事な用事があったので
  • 今日は、すごい雨でしたが、どうしてもでかけなければならないところがありまして、出掛けてきました。よりによって肩の調子がよくなく着物でいくしかない。雨でしたから、洗ってもokなポリエステルの着物にしました。これです。ポリエステルの訪問着。小紋ではちょっと失礼になりますので、ポリエステルがあってほんとによかったです。洗濯表示があり、洗濯機ではないけれど、洗うことができます。ポリエステルは、家元が大嫌いで [続きを読む]
  • 反省。
  • 今日は、また暑い1日になりましたが、練習はしたく、こちらにいたしました。黄緑に、はなとか入れてある夏着物です。帯は、赤か黄色か、すごく迷いました。結局赤にしてみましたが、黄色の方がよかったかなあと、反省しています。紬のきものなんですが、生地が固くなっており、襟を半分におるのに苦労しました。紬はそうなりやすいのかな。もともと、パリッとした生地ですからね。あと、おは処理作ったりするのも苦労したせいで、 [続きを読む]
  • いよいよ単の
  • 大分暑くなってきた1日になりました。まあ、これが、本来のこの時期なんじゃないかな。少し安心しています。着物も、そんなわけで、うらなしの単になりました。やっと単の出番ですね。今日着たお着物はこちら。紫に、クレマチスを入れた着物でした。大人っぽい着物ですので、帯は黄色にしてかわいくしました。こちらはバチ襟で、着付けにちょっと苦労したかな。バチ襟は、衣紋にくっつけるのが難しいのですよ。ひろ襟は、襟を自分 [続きを読む]
  • 講座にいってきた
  • 今日は月に一度の講座の日。服装制限もないので、着物でいきました。というより、着物の方が、返って楽になった。意外にそうなってしまいます。慣れるとね。それに、こういう場所にいくときは、普段の気持ちではない方がよいとおもうから、気を引き締める思いもあります。制服はそのためにあるわけで、超ミニスカート等がいけないのはそのためでしょう。こちらのつけ下げを選びました。こちらです。こういうタイプはお稽古では着用 [続きを読む]
  • お稽古にいきました。
  • 今日は、お稽古にいきました。暑くなってきたなあと思い、単の鮫小紋で。無地にみえますけど、白い点で鮫小紋が入っています。魚の鮫のがらが入っているのではありません。鮫の肌に近い柄だからだそうです。これは、江戸時代からある由緒正しいがら。江戸時代の徳川に仕える人たちが、裃につけていた柄に起因するをだそうです。それからずっと残ってるんですね。会社員のスーツみたいなもの、と言えばいいのかな。だから、お稽古に [続きを読む]
  • 梅雨の季節は青がよい。
  • 今日は梅雨の中休みというか暑い1日でした。涼しげになりたくこちらの着物をえらびました。青色に白で花を入れたものです。青では涼しくはない暑さでしたけれども、これかなり使える着物です。今回は赤をあわせましたが、黄色とかでもいけるし、白やグレーの帯も使える。グレーは落ち着きすぎないように気を付けて。お稽古にも着ていますが、わりと他のお弟子さんからの評価も高いです。ただ、お稽古専用にはしたくない柄つきです [続きを読む]
  • お稽古は、小紋がピッタリです。
  • 今日はお箏教室へお稽古にいってきました。お稽古にいくときは小紋なんですが、今日はこちらをえらびました。一見すると色無地にみえますよね。でも、近くでみるとわかりますが、白い小さな鎖の柄が入っています。こういうタイプの小紋は、かなり高度な技術のいる染めものだったようで、比較的格が高い位置にあるようです。はっきりとわからないようにするのが、日本のおしゃれのルールみたいだけど、遠くでは色無地にみえ、近くに [続きを読む]
  • 訪問着とつけ下げ
  • 今日は、遠方へ用事があり、着物もそれらしくと思い、こちらにいたしました。水彩画みたいな訪問着。正絹ではございません。でも、可愛らしいので入手した着物です。こちらは、おくみから背中まで柄が繋がっている訪問着で、つけ下げとは明らかに違う。つけ下げは、柄が繋がってなくそれぞれの部分の中に収まっているものをいうそうですが、最近はつけ下げ訪問着というわからないものもあるらしい。いや、そういう方が多い。つけ下 [続きを読む]
  • 今日はこちらでした。
  • 今日もまたちょうどよいくらいの気候の日でした。着物は単の小紋で、こんな感じですごしました。夕方には単だと寒いくらいでした。これから梅雨にはいるから、青や水色が役にたちますね。水の色は透明なのに、なぜ青なんでしょうか、不思議なところです。帯は、黄色にいたしました。青に黄色は安定感のある色で、私はお気に入りです。青とか水色は、純真さとか幼さを表す色なんだそうで、私もまだまだなのですねえ、、、。着付けも [続きを読む]
  • 風変わりな着物でした。
  • 今日もまたいつも通りに練習。少しばかり疲れていたせいか、あまりはかどりはしなかったのですが、そういう日もあるかと、立て直す。で、今日のコーディネートはこちらにいたしました。はい、ちょっと洋風の風変わりな着物でした。和洋折衷のような気がして意外に好きな着物です。こういうものは、すごく現代的で、個性的になりますよね。袖がやや長いのが気にはなりますが、それでもいいなと思っています。リサイクルでは袖が長い [続きを読む]
  • 振袖
  • 今日は、あるイベントに参加したため、振袖で出掛けてきました。こんな感じの振袖。体のことがあり、長時間はいなかったのですが、なかなか好評でした。振袖といいますと、成人式や結婚式を連想すると思いますが、箏を弾く人には結構着ることがあります。雅楽の演奏会なんかも、私は振袖でいきましたし。この写真は中振袖ですが、足首まである本振袖も着ることがありますね。そうなると、すごく仰々しく見えますが、いまは、カジュ [続きを読む]
  • 講座受講に行ってきた
  • 今日は、ある講座に行ってきました。もう少し、心理学的なものを学びたいと思い、通い始めたのです。特に服装制限もないので、着物で行ってきましたよ。なるべくなら洋服は着たくない、着物のほうが着用は楽。意外かもしれませんが、これなれるとわかります。さて、着物そのものは、あまり格の高いものを要求する講座ではなく、もっとお気軽なものでしたから、これを選びました。はい、少しばかり派手かもしれませんが何とかして明 [続きを読む]
  • 足袋と一緒に買ってきました、てんようさんにて
  • 先日、衣替えをしたのですが、その時に夏用の足袋に穴が開いてしまっていたので、今日新しいのを買ってきました。足袋は、最近は靴下みたいなものもあるけれど、正式な場所の時は、やっぱりこばぜがあったほうがいい。それも、四枚ではなく五枚のほうが好きです。足がすっきり見えるから。一度座ってからはくようになfりますが、すくなくとも、ストッキングよりは、履きやすいと思う。でも、五枚はなかなかないですね。だから、通 [続きを読む]
  • 衣替え
  • 明日から六月ですので、着物を夏バージョンに衣替え。しまいこんでいた、単のきものを押し入れから出して、いつでも出せるようにしました。袷とは、しばらくおわかれかな。洋服は、ワンシーズンで終わるけれども、着物は破れなければいつでも使えるところがいい。 取り出すと、今年もお世話になるよ、と声をかけたくなります。こうなるのはやっぱり着物バカなんでしょうか。また、夏帯なんかもほしいですし、絽の着物がもっとほし [続きを読む]
  • おさえ目なスタイル。
  • 今日は、試着も兼ねて、この着物に1日を彩ってもらいました。座って仕事をすることが多かったため、帯はお太鼓にしました。すこしばかり、幅が狭かったでしょうかね。さて、批評はといいますと、落ち着きすぎというか、自信がないのかといわれました。うん、確かに自信はありません。でも、こういうタイプは落ち着いていて、たまに着たくなります。今日は、体調もあまりよくありませんでしたので、自然にじみになってしまったのか [続きを読む]
  • お箏屋に商談してきた。
  • 今日は、昨日絃の切れてしまったお箏をなおしてもらうため、お箏屋にいきまして、そのあとまた別の用事がありましたので、着物でいきました。 こんな感じですね。なんか、渋い感じの着物。華やかさというか、これはこれでいいと思ったんですけどね、訪問先では不評でした。帯も、かわいくしたつもりだったのですが、これでは、40代でも着れるとか言われて、ほんとに、失敗だったなあと思います。相手がどんな印象かを考えて着るべ [続きを読む]
  • 演奏をききました。
  • 今日は、一度いきたいと思っていた、正絃社関連の社中を拝聴してきました。家元の先生も演奏して大盛況。すごく楽しい演奏会でした。同時に、こんなに面白いきょくがあるのか!と、新しい発見もあり、あらためて、正絃社の力量を感じましたし、やってみたい気持ちもわいてくる。山田流にしても、違和感少なく合奏できる曲がたくさんあるのが嬉しい限りです。うちでも、取り入れていきたいな、と、本当に思いました。ありがとうござ [続きを読む]
  • 本日は可愛らしく
  • 今日は、自分だけの練習ではなく、家族の前で箏を弾いたりしました。おかげで、ほんとに疲れてしまいましたけれども、教訓はもらいましたよ。古典は古典のよさがありますが、ながすぎるのは、やっぱりだめだし、上がらないように自身をかっこよく見せたいと思わないこと。長すぎたら、会場の貸し出し時間をすぎてしまうし。で、今日はこちらの着物を着てみました。はい、ピンクに雲や流水を入れたかわいい系の小紋。古典柄を変形し [続きを読む]
  • お稽古でした
  • 今日は稽古にいってきました。そのあと着物のヘアアレンジ講座の申し込みにもいきました。私は、そんな講座をやっていたとは知らなかったのですが、ある友人がつれていってくれたもの。いつも、じみな髪形なので、ちょっと変えてみたいかなと思い、申し込みしました。教えてくれて本当にありがとう!さて、今日着用しましたお着物は、こんな感じです。小さな花がついたものです。赤一色なのがつまらないかも知れませんが、自分では [続きを読む]
  • アンティークで打ち合わせにいってきた。
  • 今日は、親戚で打ち合わせがありました。なので、練習したあと、会場にいって、すごい長く議論してきた。何についてかは言えないけど、何とか結論は出せてよかったです。打ち合わせも着物でした。今回は、生まれて初めて?アンティークの訪問着を着用。アンティークものは、私は、大がつくほど苦手ですが、おもいきって着てみました。帯の組み合わせにかなり悩みましたが、結局これで落ち着いた。それにしても、夜は羽織がまだ登場 [続きを読む]
  • 今日の一着はこちらです。
  • 今日は、また練習したのでお着物をきました。練習するときは、必ずお着物にしていますが、きょうはこれ。はい、ちりめんのちょっと現代的な着物です。帯はピンクにしてみましたが、あんまりインパクトはなかったかな、、、。とうちの家族にはいわれてしまいました。柄物なので、あんまり柄の多い帯は向かないと思いましたが、インパクトというものも、必要ですよね。現代柄には、やっぱり現代柄のほうがいい。と、思う。でも、着物 [続きを読む]
  • 今日はこちらの着物でした
  • 久しぶりの更新です。ずいぶん投稿できなくてすみません。いろいろ忙しく、また体調をくずしがちで、写真を撮れずにいました。今日やっと撮影。はい、青色にお花の可愛げな小紋です。ちょっとぼやけてすみません。帯は紫にしてみました。無地に見えますが麻の葉の柄がついています。今日は、帯の破れたところとか直しました。あ、今つけているものではなく、別のものです。青ではあるけれど、花柄は結構好きです。青はなかなか明る [続きを読む]