とろねこ さん プロフィール

  •  
とろねこさん: カテーテルアブレーション体験記 心房細動
ハンドル名とろねこ さん
ブログタイトルカテーテルアブレーション体験記 心房細動
ブログURLhttp://toroneko.way-nifty.com/af/
サイト紹介文2013年心房細動でカテーテルアブレーションを受けました。術後3年を機に体験記を書きました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 216日(平均0.2回/週) - 参加 2016/02/19 23:45

とろねこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 6、術前検査 経食道心エコー検査
  • アブレーションを受けるにあたってどうしても避けることができない検査。術前最大の難所です。 脳梗塞の原因となる血の塊が左心房内にできていないかを確認する検査である。左心房は体表からのエコーでは確認しにくいため食道にプローブ入れて食道から心臓を観察しようというものです。1?近くあるプローブのついた管を、喉から食道へ押し込むのだから、そりゃ苦しいに決まってます。 ネット上にある体験談を見てみても [続きを読む]
  • 5、はじめて徳洲会病院へ
  • 事がどんどん進みます。最初の診療所で心房細動の診断がついてアブレーションを受けることになり、そしてアブレーションを受ける徳洲会病院を受診ここまで、わずか3週間です。徳洲会病院までは、我が家から車で約1時間です。受付を済ませて、先ずは、レントゲン、エコー、血液、心電図など一般的な検査。 そして、診察室へ。担当の医師Y先生と初対面です。30代になったばかりの(あくまでも想像)若手の先生(若っ!!ちょっ [続きを読む]
  • 4、市民病院循環器内科へ
  • 2013年1月下旬、紹介された市民病院循環器内科を受診しました。 先ずは検査。血液検査、胸部レントゲン検査、心電図検査、運動負荷心電図検査、エコー検査、そしてホルター心電図検査。 検査結果は1週間後。 3日くらいして、最初にかかった診療所の医師から電話がありました。循環器内科の医師のところへ行って来たのだけれどやはり深夜に長時間の心房細動が起きている。アブレーションを受けた方が良いという結論 [続きを読む]
  • 3、近くの診療所へ
  • 心房細動が見つかり、病院へ行こうと決心し今後の治療のために元旦から禁煙し(実は1日2箱吸うヘビースモーカーでした)年明け早々、知り合いの医師が院長を務める町の診療所へ行きました。その医師には心房細動のことで事前に相談にのってもらっていました。 胸部のレントゲン、血液検査、心電図検査、をしホルター心電計を取り付けてきました。ホルター心電計は24時間心電図を記録するもので本体は煙草の箱くらいの大きさで [続きを読む]
  • 2、もしや心房細動?いや間違いなく心房細動!
  • 10年ほど前、ドクンという感覚の不整脈が起きるようになりホルター心電図の検査をしたことがありました。その時は上室性期外収縮なので、心配はないし治療の必要はなしとの診断でした。私の心電図(赤丸が心室性期外収縮)安全な不整脈ということで、このドクンはあまり気にしない事にしていました。 しかし、ここ半年くらいはこのドクンの頻度がかなり高くなってきたこと。いつもと違う何とも気持ちの悪い感覚の不整脈を感じ [続きを読む]
  • 1、はじめに
  • 「とろねこ」といいます。中部地方に住み、小さな動物病院を経営しています。3年前の2013年2月(当時49歳)心房細動の治療、カテーテルアブレーションを受けました。この時の体験を何か残しておきたいとずっと思いながらなかなか実行に移すことができないまま、時が過ぎていました。術後3年をきっかけに、記憶が薄れてしまう前にと重い腰を上げ、体験記を書いてみることにしました。あくまでも体験記です。専門的医学的なことは自 [続きを読む]
  • 過去の記事 …