むぎ さん プロフィール

  •  
むぎさん: むぎの城さんぽ
ハンドル名むぎ さん
ブログタイトルむぎの城さんぽ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mugiide
サイト紹介文日本百名城や史跡・城郭めぐりの旅の記録と日本城郭検定の問題でお城の勉強をしよう!という日記です。
自由文日本城郭検定準1級〈武者返級〉合格。1級合格目指しブログを通して予習復習しながら勉強中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供228回 / 364日(平均4.4回/週) - 参加 2016/02/20 05:52

むぎ さんのブログ記事

  • 雉岡城(埼玉県)
  • 築城者 山内上杉氏築城年代 15世紀中期廃城年代 1601年(天正18年)別名 八幡山城指定史跡 県指定史跡場所 本庄市児玉町八幡山【 地図 】山内上杉氏の居城として築かれたが、地形が狭いという理由で上州平井城に移り、家臣に守備をさせいた。北条氏に攻略され北条の属城となるが豊臣秀吉による小田原攻めの際前田利家によって落城させられた。その後徳川氏が関東入りすると松平家清が領主となるが三河の吉田城に転 [続きを読む]
  • 後閑城(群馬県)
  • 築城者 依田忠政築城年代 15世紀中頃別名指定史跡 市指定史跡(本丸のみ)場所 安中市中後閑【 地図 】所有者のない未開拓地であったこの地に信州の佐久から移って来た依田忠政が築城し、以後3代に渡り城主であったが1538年に安中市の「鷹巣城」へ移ったとされる。その後北条政時が入るものの富岡市の「丹生城」城主である新田景純に落城させられる。新田景純の子である信純が後閑氏を名乗るようになった。後閑城祉公 [続きを読む]
  • 神成城(群馬県)
  • 築城者  小幡氏 神成氏築城年代別名指定史跡場所 富岡市下丹生【 地図 】宮崎城の詰城として築かれた城で眺めが良く、物見台や狼煙台が設けられています。日本一きれいなハイキングコースと称する道で構成されている。確かに道の落ち葉は箒で掃かれた跡もあり、巡回されている方にも行き会いました。とても管理されたハイキングコースですが、城の遺構に関してはそこまで力は入っていないが藪を歩かないのですがすがしい。神 [続きを読む]
  • 下仁田町本宿(群馬県)
  • 設置 文禄年間廃止場所 甘楽郡下仁田本宿【 地図 】中山道の本庄宿から藤岡宿に入り下仁田宿を経て軽井沢の追分宿までの間の街道を「姫街道」と呼びます。女の人も容易に通れることから姫街道と名付けられました。姫街道に従って国道254号線から逸れて軽井沢方面へ向かう道に進みます。案内看板本宿への入口には本宿や藤井関所(西牧関所)周辺の案内看板が掲げられています。旧道を進むと道はとても狭く、周囲の土手は何段 [続きを読む]
  • 鷹ノ巣城(群馬県)
  • 築城者 小幡通家築城年代 不明廃城年代 天正18年 別名指定史跡場所 甘楽郡下仁田町吉崎【 地図 】上州には「鷹ノ巣城」というのは二か所存在し、ここ下仁田町と安中市板鼻にもあります。安中の鷹ノ巣城は「板鼻城」と呼ばれこちらの方が城の規模が大きい。鷹ノ巣城大崩山物見大崩山の断崖上に物見があったとされる。近くまで行くと岩盤で出来た絶壁が人を寄せ付けない迫力があり、とても登れる気がしない。御郭廃園となっ [続きを読む]
  • 小泉城(群馬県)
  • 築城者 富岡直光築城年代 1489年(延徳元年)指定史跡 場所 邑楽郡大泉町城之内【 地図 】富岡氏の居城として6代に渡り栄えた城。北条氏の傘下に入り現在の城の形が成形された。大手橋ここにパンフレットが入っているらしいが、この日は空っぽでした。残念・・。駐車場公園周囲にはいくつか駐車場があります。この駐車場の隣にはトイレも完備されています。水堀鴨が沢山泳ぐ水堀が張り巡らされています。本丸本丸を囲う [続きを読む]
  • 蟻塚城(長野県)
  • 築城者 笠原氏築城年代 14世紀(室町時代)指定史跡 市指定史跡場所 伊那市美篶笠原【 地図 】蟻塚城は本丸から袖郭まで7段で構成され雛段式に築かれています。また、この城は中の城と呼ばれ前身に天神城、後ろに守屋山城(砦)の間に構築されています。高遠城の西の守りを担っていたのではなかろうか。伊那市美篶笠原バス停にある看板で位置関係を確認。看板で見た辺りに行くと案内看板があります。それに従い御射山神社 [続きを読む]
  • 菅谷城(埼玉県)
  • 築城者 畠山重忠築城年代 不明史跡指定 国指定史跡 場所 比企郡嵐山町【 地図 】都幾川と槻川の合流地に位置し、断崖上に堀と土塁を築き兵馬を置ける広い郭を備えた雄大で技巧性の高い城館である。駐車場搦め手から入った「史跡の博物館」前の駐車場。パンフレットは史跡の博物館でもらえます。三の郭郭は広く、搦め手から入ってすぐの位置にあり武士や騎馬の集合場所として使われていたのではないかと考えられれている。蔀 [続きを読む]
  • 杉山城(埼玉県)
  • 築城者 不明築城年代 不明別名指定史跡 国指定史跡場所 比企郡嵐山町杉山【 地図 】杉山城は土造りの城の見本とも言われている城で、この城ひとつで多くの基本的防御の策が見ることのできる城である。大手入口お寺の駐車場約3台分程あります。杉山城は私有地なのでマナーを守って見学させてもらいましょう。出郭ここの入口には隣の中学校の生徒が育てている畑もあります。また、ボランティアで中学生が清掃したりしているよ [続きを読む]
  • 高見城(埼玉県)
  • 築城者 石井政綱築城年代 1180年(治承4年)指定史跡場所 比企郡小川町高見【 地図 】鉢形城と松山城の間にあり、交通路を抑える重要地点であった。上杉軍の内乱により「高見原合戦」が繰り広げられた場所でもあります。鳥居をくぐり参道を登って来るといよいよ城の入口です。神社があるため、道は舗装されています。腰郭この先舗装が無い道は城郭へ。急な階段を登ると直に本郭にある神社へと続いています。女道行きは舗 [続きを読む]
  • 武蔵松山城(埼玉県)
  • 築城者 上田友直築城年代 1399年(応永6年)指定史跡 国指定史跡場所 比企郡吉見町北吉見【 地図 】上杉軍と北条軍が幾度となく奪い合った武蔵の国、松山城。上杉方であった上田氏が北条方に寝返りその後、争奪戦が繰り広げられた城である。松山城入口東の住宅地側から四ノ曲輪方面に入る入口があります。武蔵松山城は民有地なので園路以外は立ち入らないように注意書きがあります。四ノ曲輪西側に堀があり、堀の側には [続きを読む]
  • 松山陣屋(埼玉県)
  • 築城者 松平直克築城年代 1867年(慶応3年)指定史跡 場所 東松山市【 地図 】幕末は幕府直轄として領有され、川越藩松平直克が管理していた。松平氏は国替えにより姫路から前橋藩主となるが、度重なる利根川の氾濫により前橋城は損壊し1767年に川越藩に移転した。川越藩に移転して100年後、再建した前橋城に帰城し、この地は前橋藩の飛び地となった。この飛び地を治める必要性から松山陣屋が誕生した。松山陣屋 [続きを読む]
  • 青鳥城(埼玉県)
  • 築城者 不明築城年代 不明別名指定史跡 場所 東松山市石橋【 地図 】築城者、築城年代は不明ながら源頼朝が1183年に青鳥城に陣をはったという記録から平安時代末期にはすでに築城されていたようです。看板二の郭にこの案内看板は掲げられています。この場所はラブホテル前なのでちょっと居ずらい場所でした(^^;虎口民家の脇道を入るとすぐに本郭に到着します。車はこの先に停めることができるのですが畑になっているよう [続きを読む]
  • 上ノ平城(長野県)
  • 築城者 源為公築城年代 平安時代末期指定史跡 県指定史跡場所 上伊那郡箕輪町東箕輪地図平安時代末期に源為公により築城され、鎌倉時代中期には諏訪氏同族の知久氏が治めることになるが、知久氏が下伊那に移されると城は使われなくなったと考えられていたが、近年の発掘により戦国時代も城は機能していたことが判明した。三の堀一の郭(主郭)と三の郭との間にある堀。ここには案内看板も設置されており、ポストの中にはパンフ [続きを読む]
  • 田中城(長野県)
  • 築城者 藤沢頼親築城年代場所 上伊那郡箕輪町三日町地図福与城主であった藤沢頼親が、福与城開城後三好氏を頼って京都に移る。三好氏没落後この地に戻り「田中城」を築く。近くを流れる天竜川を防備とした平城であった。案内看板福与城登城ついでに来てみて下さい。田中城祉碑土塁跡石碑の下の土塁が唯一の遺構である。よく買い物に行く「綿半スーパーセンター」の駐車場西側にあります。こんなところに城があったの?と驚きまし [続きを読む]
  • 福与城(長野県)
  • 築城者 藤沢頼親築城年代 1532年〜1555年(天文年代)場所 上伊那郡箕輪町福与<地図>この城は藤沢氏の城館跡である。武田晴信の伊那攻略にあい、藤沢権次郎を人質に出して和議を結んだが、城は放火され藤沢氏は城を出たとされる。こちらに駐車スペースあります。福与城跡入口縄張図第一の郭、第二の郭、北郭、南郭と大きく4つの郭に分かれており、南郭の先に屋敷が建ち並ぶ城郭となっている。本城を望む入口を進むと [続きを読む]
  • 龍ヶ崎城(長野県)
  • 築城者 諏訪継宗築城年代 文明19年頃場所 上伊那郡辰野町伊那富<地図>城山登山口お墓の横にある登山口。土手を登る小道を一段登ると池上寺の裏手にある龍ヶ崎公園に出ます。案内図登山口にある龍ヶ崎城の案内看板にある図。いろいろな石物群を見ながら細い山道を登ります。龍ヶ崎公園まだあまり高い位置ではないのですが眺めが良い公園に出ます。御社宮司社跡の碑龍ヶ崎公園内にある石碑。諏訪大社上社の支配下であったため [続きを読む]
  • 丹生城(群馬県)
  • 築城者 岩松満長築城年代 1425年(応永32年)場所 富岡市上丹生<地図>金乗寺裏山に新田岩松氏が丹生城を築城し、丹生郷を支配していました。尾根を利用した小規模な郭が階段状に造られた広い城域で構成された山城である。金乗寺入口付近に掲げられている看板。この道をどんどん登って行くと高速道路の橋に出る。そこに丹生城への入口の看板があり、その先はもう城内になるので軽自動車が一台やっと侵入できる道幅になっ [続きを読む]
  • 飛山城(栃木県)
  • 築城者 芳賀高俊築城年代 1293年〜1298年場所 宇都宮市竹下町<地図>現在の飛山城跡は約300年続いた時代の移り変わりの中で城域が最も広がった戦国時代の輪郭を残し、史跡地内に古代から豊臣秀吉の命で破却されるまでの中世を中心とした建物や堀・土塁など復元した史跡公園となっています。飛山城史跡公園のパンフレットは木橋の前のボックスととびやま歴史体験館に置いてあります。とびやま歴史体験館は無料で見学 [続きを読む]
  • 茂木城(栃木県)
  • 築城者 茂木知基築城年代 1190年〜1199年(建久年間)場所 芳賀郡茂木町小井戸 地図 桔梗山に築かれた茂木氏の居城で、北条軍によって二度落城した城である。第3駐車場の目の前に広がる広場。真ん中の窪地が溜池。ゴルフ場かと思うような芝生が広がりますが、ちゃんとゴルフをしないで下さいの看板が立てられていました^^;駐車場駐車場は第1から第3駐車場まであり、公園だけにトイレも完備であります。茂木城跡平 [続きを読む]
  • お城EXPO2016
  • お城EXPO2016 行ってきました!(24日)パシフィコ横浜 会議センター入口に入場券をもっといる人と当日券を買い求める人との列が分かれて開城になるまで待っています。開城になると、忍者な方々が案内でまずは4階から見て歩きました。後にこの忍者な方々が3階へ来るたびに私たち一家をいじってくれて、とても楽しませてくれました。^^;めっちゃおもしろい方々です。最終日遊びに行かれる方はぜひ絡んでみてください!ひごまる [続きを読む]
  • 西明寺城(栃木県)
  • 築城者 益子氏築城年代 1058年〜1065年場所 芳賀郡益子町益子地図平安末期に益子氏により高館山に築城された西明寺城(高館山城)。西明寺の本堂脇の道を登って行くと高館山の山頂に出ます。西明寺駐車場に車を停め、休憩所を過ぎた右手に竹林と手水鉢があります。後から知ったことですがここの竹は丸い竹ではなく、四角い竹という珍しい竹だそうです。近くでよく見ると節に爪があるそうです。中国南部原産の竹で秋に筍 [続きを読む]
  • 益子古城(栃木県)
  • 築城者  紀正隆築城年代 1058年〜1065年場所 芳賀郡益子町益子  「陶芸メッセ・益子」地図「陶芸メッセ・益子」の敷地内にあり、陶芸美術館や陶芸の工房と遺跡でくつろげる公園になっています。戦国時代には益子古城を日常の生活の場とし、西明寺城を戦闘に備える城としていました。本郭(遺跡広場)発掘調査により建物や井戸跡が確認されました。建物の礎石と思われる石が並んでいますが、実際使用されていたものか [続きを読む]
  • 石戸城(埼玉県)
  • 築城者 太田氏築城年代 15世紀後半場所 埼玉県北本市石戸宿石戸城は岩付城、松山城、河越城との連絡のために築かれた石戸氏の館です。五の郭五の郭に案内看板があります。この細道から自然遊歩道、一夜堤の方へ行くことが出来ます。石戸城跡の看板ここで縄張り図を確認。四の郭各郭は住宅地と農地になっています。堀跡四の郭の南側にある堀跡。北本市自然遊歩道一夜堤上杉方であった当時、北条方が攻めて来てなかなか落ちない [続きを読む]