kano さん プロフィール

  •  
kanoさん: ドラマのなかのニューヨークで英会話
ハンドル名kano さん
ブログタイトルドラマのなかのニューヨークで英会話
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/eigo-subtitle-study
サイト紹介文ニューヨークが舞台の海外ドラマの台詞から英語を勉強しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/02/20 11:33

kano さんのブログ記事

  • You can't put a price on art(ホワイトカラーS1_EP5「父の遺志」)その8
  • 『ホワイトカラー』(White Collar)シーズン1エピソード5「父の遺志」から、ニールたちが、ターリンの画廊でドーセットを待ち受ける準備をするシーンを取り上げます。(英文に付した和訳は試訳拙訳です。英語スクリプトは英語学習のために、ドラマから引用しております)[美術館の展示物の前でニールがピーターを待っている]ピーター:That's a big load of laundry.(でかい洗濯物の山だな)ニール:It just sold for a hundred a [続きを読む]
  • What's he into?(ホワイトカラーS1_EP5「父の遺志」)その7
  • 『ホワイトカラー』(White Collar)シーズン1エピソード5「父の遺志」から、ドーセットに盗んだ絵画を持ってこさせるための作戦会議をしているシーンを取り上げます。(英文に付した和訳は試訳拙訳です。英語スクリプトは英語学習のために、ドラマから引用しております)[FBIの会議室でニールとピーターたちはドーセットの行動記録を見ている]ジョーンズ:Yeah, we got him. We've been sitting on him for two days. They were go [続きを読む]
  • I let him do all the talking(ホワイトカラーS1_EP5「父の遺志」)その6
  • 『ホワイトカラー』(White Collar)シーズン1エピソード5「父の遺志」から、ゲイリーが書いた小切手から事件の黒幕が判明するシーンを取り上げます。(英文に付した和訳は試訳拙訳です。英語スクリプトは英語学習のために、ドラマから引用しております)[ゲイリーから小切手を受け取ったニールがピーターと合流する]ピーター:He wrote you a personal check to the guy he helped steal his mother's painting?(自分の母親の絵画 [続きを読む]
  • Her class got out early(ホワイトカラーS1_EP5「父の遺志」)その5
  • 『ホワイトカラー』(White Collar)シーズン1エピソード5「父の遺志」から、ピーターから許可をもらったニールがゲイリーから情報を得ようと接近するシーンを取り上げます。(英文に付した和訳は試訳拙訳です。英語スクリプトは英語学習のために、ドラマから引用しております)(ニールがゲイリーを待ち伏せしている)ニール:Tell me, Gary. Does Julianna know you helped steal the painting?(教えてくれよ、ゲイリー。ジュリ [続きを読む]
  • Your report only had a description(ホワイトカラーS1_EP5「父の遺志」)その3
  • 『ホワイトカラー』(White Collar)シーズン1エピソード5「父の遺志」から、ピーターとニールが絵画の盗難にあったジュリアナの家を訪問するシーンを取り上げます。(英文に付した和訳は試訳拙訳です。英語スクリプトは英語学習のために、ドラマから引用しております)(盗難被害にあった家にピーターとニールがやってくる)ジュリアナ:Oh, so the FBI. You're really taking this seriously, huh?(あ、それでFBIが。本当に真剣 [続きを読む]
  • I started poking around(ホワイトカラーS1_EP8「殺人部屋の捜索」)その18
  • 『ホワイトカラー』(White Collar)シーズン1エピソード8「殺人部屋の捜索」から、事件解決後に、ピーターがニールに隠し事を打ち明けるシーンを取り上げます。(英文に付した和訳は試訳拙訳です。英語スクリプトは英語学習のために、ドラマから引用しております)(エイブリーたちがFBIに連行されて、ピーターとニールが一息ついている)ピーター:What you did in there.(さっきはなんてことをしたんだ)ニール:I knew you'd t [続きを読む]
  • Shots fired (ホワイトカラーS1_EP8「殺人部屋の捜索」)その17
  • 『ホワイトカラー』(White Collar)シーズン1エピソード8「殺人部屋の捜索」から、ピーターとニールがエイブリーの家の金庫に閉じ込められるシーンを取り上げます。(英文に付した和訳は試訳拙訳です。英語スクリプトは英語学習のために、ドラマから引用しております)(FBIの車両内)ジョーンズ:Suit up. This is about to get ugly.(準備しろ。きな臭い感じになってきたぞ)(エイブリーの金庫にニールとピーターが閉じ込めら [続きを読む]
  • "Quite a piece of metal.”(ホワイトカラーS1_EP8「殺人部屋の捜索」)その14
  • 『ホワイトカラー』(White Collar)シーズン1エピソード8「殺人部屋の捜索」から、株のダンピングがおこなわれる当日にニールとピーターがエイブリーの家に招待されているシーンを取り上げます。(英文に付した和訳は試訳拙訳です。英語スクリプトは英語学習のために、ドラマから引用しております)(株の一斉売りを待つパーティーでピーターとエイブリーが話している)エイブリー:You got the new Ferrari yet?(フェラーリの新 [続きを読む]
  • Raina Telgemeier. Ghosts
  • 今回は、レイナ・テレグマイアの最新作『幽霊たち』(Ghosts)を取り上げます。テレグマイアは、いまアメリカのグラフィックノベルのなかで最も人気がある作家の1人です。グラフィックノベルとは、中高生以上も対象にしたストーリー性が高いマンガです。グラフィックノベルは、「ノベル」という言葉がつきますが、日本では一般的にマンガと呼ばれるジャンルです。いわゆるライトノベルやジュブナイル小説ではありません。簡単なプ [続きを読む]
  • Jean Leroy, Matthieu Maudet. A Well-Mannered Young Wolf.
  • 今回は取り上げるのは、 A Well-Mannered Young Wolf(『おぎょうぎがよい 子どもオオカミ』)です。イラストを担当しているマチュー・モデは、1981年、フランスのナント生まれです。グラフィックスクールを卒業後に、イラストレーターとして主にフランスで活動しています。『ぼく、いってくる!』(光村教育図書)や『れいぞうこにマンモス!?』(光村教育図書)など、日本でも絵本が翻訳されています。文章を担当するジャン・ル [続きを読む]
  • Vera Brosgol. Leave Me Alone!
  • 今回は、ヴェラ・ブロスゴルの『ひとりにして!』です。ヴェラ・ブロスゴル(Vera Brosgol)は1984年、ロシアのモスクワ生まれです。5歳のときにアメリカ合衆国に移住しています。カナダのトロントにあるデジタルメディアの教育で名高い大学シェリダンカレッジ(Sheridan College)で古典アニメーション(Classical Animation)を学び、卒業後は長編アニメの絵コンテの仕事をしていました。現在はアメリカのオレゴン州ポートランド在住 [続きを読む]
  • B. B. Cronin. The Lost House
  • 海外の絵本の書評の紹介というちょっとねじれたことを始めてみたいと思います。日本でまだ翻訳が出版されていない作品を選んでいます。今回取り上げる絵本は、B・B・クローニンの『なくしもののおうち』です。B・B・クローニンは、アイルランドのダブリン出身ですが、ニューヨークのブルックリン在住で、『ニューヨーカー』や『ニューヨークタイムズ』といった雑誌や新聞にイラストが掲載されていることで知られています。ニューヨ [続きを読む]