エピファ さん プロフィール

  •  
エピファさん: エピファの馬言
ハンドル名エピファ さん
ブログタイトルエピファの馬言
ブログURLhttp://epiphaneia.seesaa.net/
サイト紹介文競馬大好き人間のブログです。 一口馬主や競馬ソフト開発の経験があります。 ほぼ毎日更新です!
自由文・アラサー会社員
・競馬が大好き、野球も好き
・親子3代で一口馬主
・初めて観たレースはバブルガムフェローが勝った天皇賞秋(当時小学生)
・プログラミングが得意のため、馬券で100%儲けられるような競馬ソフト開発に取り組む(失敗)
・ここ数年馬券購入は控えめ(上記理由により)
・借金はなく普通の生活をしています。笑
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2016/02/20 15:02

エピファ さんのブログ記事

  • 日本にアロゲートみたいな馬は出ないものか
  • にほんブログ村現状ではそんな怪物が日本で産まれることはないでしょう。結論としてはそうなってしまうのですが、少なくともアロゲートのような馬を輩出する可能性自体は少しならあるかもしれないと、無理にポジって書いてみたいと思います。現在の日本競馬は基本的に芝のクラシックディスタンスが王道とされており、ダートはどちらかというと芝で頭打ちになった馬や、芝で適応できるスピードがなく、パワーがある馬が行くパターン [続きを読む]
  • ドバイWCのブックメーカーオッズとJRAオッズを比較してみた
  • にほんブログ村本日はドバイWCデー。日本の競馬ファンにとっては長い夜になることでしょう。今年は日本でも馬券を買えるようになっていますので、そういった競馬ファンの数も去年より上回ると推測します。今回のドバイ国際競走は日本では3レースが販売対象とのこと。UAEダービーやゴールデンシャヒーンも買いたかったけど、どうやら販売はされないようですね(残念)てっきり日本馬が出るレースはすべて買えるものだと思ったのです [続きを読む]
  • サトノアーサーとガンサリュートという真逆の戦歴
  • にほんブログ村今週は毎日杯です。ドバイや高松宮記念もありますが、出資馬が出るということで、今回は毎日杯に着目させていただきます。さて、この毎日杯。実は2000年以降、毎日杯の勝ち馬でダービーを勝利した馬がキズナ、ディープスカイ、キングカメハメハと3頭もおります。ここを使った馬はほとんど皐月賞をパスし、ダービーに向けて青葉賞やNHKマイルC、京都新聞杯などのレースを使うことが多いため、皐月賞で激戦により消耗 [続きを読む]
  • サトノダイヤモンドは本当に鉄板なのか
  • にほんブログ村今週の阪神大賞典。普通に考えればサトノダイヤモンドとシュヴァルグランの2頭が抜けており、有馬記念の内容を見てもサトノダイヤモンドが負けることを想像する方が難しいかもしれません。しかし、個人的にはそこまで鉄板ではないのではないかと疑いを持ってみたいと思います。サトノダイヤモンドのここまでの成績は(6,1,1,0)と、皐月賞ダービーを除き全勝で、阪神も2戦2勝ですので、普通に負ける可能性の方が低い [続きを読む]
  • 競馬予想TVの一幕について審議
  • にほんブログ村昨日の競馬予想TVでの一幕。中山牝馬Sの予想で小林さんがメイショウマンボのハンデが重すぎることに言及。今や衰えて中央では(今日のレース前の段階で)16レース連続で2ケタ着順を叩いている状態になっているこの馬。かつてはG1を3勝したということで、この実績があるためにハンデがなかなか軽くならないという話をしていました。本来50kgくらいで走るべきなのに54kgを背負わされているというのはおかしいという指 [続きを読む]
  • 海外競馬、日本馬に来てほしくてしょうがない状態になる
  • にほんブログ村海外レースの馬券販売は近年のJRAの中で最も有能な施策かもしれません。前から海外レースの馬券が買えたらいいなと漠然に思っていたのは事実なのですが、「日本馬が出走するレースのみを販売する」としたJRAの手段が賢いですね。全G1を販売させるとマンネリ化してしまう上に、G1が多い週などは競馬ファンが日本競馬よりも海外競馬に対してお金を落とすようになってしまうという危惧がありました。マンネリ化を防ぎ日 [続きを読む]
  • ソウルスターリングのダンスインザムード感は異常
  • にほんブログ村こんばんは。競馬を何年も見ていると過去の名馬と重ねてしまうことは多々あると思いますが、前走チューリップ賞を快勝したソウルスターリングはダンスインザムードとかなり重なって見えるのは私だけでしょうか?血統は全然違いますが、調教師と馬主は同じで、好位から無難に抜け出す安定した競馬スタイルも似ています。ダンスインザムードは新馬、若竹賞、フラワーCと無傷の3連勝で桜花賞を快勝し、4戦無敗で桜の女 [続きを読む]
  • 武幸四郎騎手ありがとうの会
  • にほんブログ村武幸四郎騎手が引退。今まで楽しませてくださってありがとうございましたと言いたいです。自分が競馬を始めたころからいる騎手ですので(ほとんどそうですが)、非常に別れ惜しい感じがありますね。衰えによる引退ではなく、調教師になるというある意味栄転のような形で幕を終えるので、寂しさは和らぎ、むしろ今後の活躍に期待したいという前向きな気持ちにもなりますね。こういった騎手が引退するときの最終週はこ [続きを読む]
  • 対ガンサリュート勝者、ついに全馬が重賞制覇
  • にほんブログ村アーリントンカップはペルシアンナイトが勝利。これはすごいことです。何がすごいことかというと、我らがキャロットクラブのガンサリュートさん。デビュー戦でこのペルシアンナイト相手に敗れているのです。ペルシアンナイトが1番人気1着、ガンサリュートが2番人気4着だったのですが、デビューで当たった相手はここまで強かったのかと嬉しいような悲しいようなそんな気持ちにさせられます。このペルシアンナイトの勝 [続きを読む]
  • JRAの2歳重賞改革によって世代レベルが高く見えるようになってきた件
  • にほんブログ村ここまで3戦以上して無敗の馬たちです。ブレスジャーニー 3戦3勝(東スポ杯2歳S)レイデオロ 3戦3勝(ホープフルS)ソウルスターリング3戦3勝ファンディーナ3戦3勝一応ダートではエピカリスやリエノテソーロもいるのですが、今日は芝馬の話をしますので割愛します。ここ数年、JRAの2歳戦線改革によって2歳重賞が増えました。その理由もあり、重賞勝ち馬は過去よりも増えやすくなっています。そして、この改革に起因 [続きを読む]
  • 今年もとりあえず外人騎手の単勝買っておけば当たるらしい
  • にほんブログ村フェブラリーSはゴールドドリームが快勝。今日は競馬場で見ていましたが、デムーロ騎手のパフォーマンスはさすがですね。自らのパフォーマンスに酔い過ぎて、飛行機ポーズをやってしまい制裁を食らうというのもデムーロ騎手らしいといえますが、そのくらい完璧な乗り方でゴールドドリームをG1馬に導きました。私はカフジテイクの末脚の魅力に洗脳されていましたので、この馬が抜け出した時点ではずれが決まってしま [続きを読む]
  • ダイヤモンドSの平均年齢7.2歳wwwwwwwww
  • にほんブログ村今週は熱い戦いが3つ!まずは土曜日のダイヤモンドS。我らがファタモルガーナさんが出ます('ω')ノこのレースは馬券を買います。ファタモルガーナさんから全力でいきますよ〜理由は勝ち目があるから。もちろん9歳馬で衰えも発生して不思議のない年齢ではありますが、他の馬も高齢ばかりですし、全然チャンスあるよね。何とG3にして平均年齢は7.2歳。5歳以下の馬が2頭しかいない異例のレースといえましょう。4度目の [続きを読む]
  • ルメール騎手、今年は牝馬でダボつく
  • にほんブログ村クイーンCはアドマイヤミヤビが快勝。アドマイヤミヤビはパフォーマンスが派手ではないながらも、戦ってきた相手が強く、かなりの能力をもっているといえるでしょう。新馬戦ではクライムメジャーに屈したものの、2戦目の未勝利で1.3倍の断然人気に応え快勝。さらに百日草特別では後の重賞勝ち馬となったカデナや、ひいらぎ賞を強い勝ち方で勝ち切ったアウトライアーズなどを破っての勝利でした。それを加味して考え [続きを読む]
  • キャロットクラブの馬名が決定!
  • にほんブログ村キャロットクラブの馬名が決定。名前の善し悪しなんて主観であって好き嫌いがあるのは仕方がないので、ここは自分のブログということで好き嫌いをそのまま書いていきますよ。まず私が本命として出資したアヴェンチュラの産駒はデサフィアンテ。語呂的には可もなく不可もない感じの、良くも悪くもキャロットっぽい名前ですね(´・ω・)スペイン語で挑戦という意味らしいですので、頑張ってクラシックに挑戦してほしい [続きを読む]
  • 競馬ソフト開発はオッズの変動が一番難しい
  • にほんブログ村こんばんは!前回の続きです。競馬ソフトを人工知能で発展させて勝てるシステムを作ることについて述べていきます。競馬で勝ち続けるソフトを作るうえで最も難しい点がオッズだとちらっと書いて別のことを話していくという、非常に中途半端な文章になってしまいました。すみません。文章は変でしたが、今回言いたいことはオッズが変動制であることが、非常に競馬で勝つことを難しくするのです。こういったギャンブル [続きを読む]
  • 人工知能を使って勝てる競馬システムを作る難易度
  • にほんブログ村こんばんは!先週末は旅行に行ってまして少し間隔があいてしまいました。※決してアメリカズカップやブラックスピネルが勝つという地味な結果で書くことがなかったというわけではありませんそんな余計な一言を添えたところで、本題に行きましょう。本日は今はやりの人工知能について。Artificial Intelligenceということで、AIともいいますね。現在人工知能は将棋や囲碁で人間を超えようという勢いをみせており、近 [続きを読む]
  • 1番人気と2番人気の馬はどちらか一頭だけを選ぶべき?
  • にほんブログ村今回は久々に統計的なデータ理論。競馬の確率を考えます。今回出てくる数字は私が数年前に競馬ソフト開発を試み、失敗した際に取得したデータベースのものですので、去年や今年のデータはなく、多少の抽出ばらつきはあるかもしれません。そんなお断りをしつつ、書き綴っていきましょう。まず、1番人気の馬について。1番人気の勝率は約31.9%。3着内率は約63.6%です。2番人気の勝率は約18,7%3着内率は約50.5%です。こ [続きを読む]
  • 2歳の素質馬は朝日杯とホープフルSのどちらに行くべきか
  • にほんブログ村ホープフルSがG1昇格。正直競馬ファンからすれば賛否両論あると思いますが、決まったということで歓迎しましょう。今の世界の競馬における日本の地位を考えると、だいたいJRAがこうしたいと思ったらそのようになるという状況が出来上がって来ているような気もしますので、話が出たときからほぼ決定的だったのでしょう。有馬記念後とは別日となり、今年で言うと木曜日にあたる28日に年間最後の中央G1として行われるよ [続きを読む]
  • ジャンポケ千田、ウオッカ鮫島、カナロア古川、モーリス内田
  • にほんブログ村表題を見て何て似つかわしくない馬と騎手が並んでいるのか、と思ったかもしれません。しかしこの組み合わせ、すべてデビュー戦を組んだコンビなのです。しかも全て勝利を飾っているというのも面白いところ。後に名馬となるような馬でも、新馬戦ではその馬から連想される騎手と異なる騎手が乗っているケースは少なくないようです。ということで、今の時期は競馬の話題が過疎期ですので、今日は過去の年度代表馬を振り [続きを読む]
  • ヨハネスブルグとかいう地味な優良種牡馬
  • にほんブログ村今日は地味に頑張っている種牡馬について書きます。ディープインパクトやキングカメハメハのようなメジャーな種牡馬は、現役時の実績から良い牝馬をたくさんつけられていることもあり、素晴らしい成績を収めています。しかしながら、リーディング級の種牡馬以外にもひっそりと種馬になり、あまり良血でもない牝馬をつけられながら少頭数でがんばって勝ち上がらせている優良種牡馬もいます。最近だとスクリーンヒーロ [続きを読む]
  • 歴代ダービー馬のデビュー日を調べてみた
  • にほんブログ村一月中旬。競馬では最も面白くない時期かもしれません。G1はなく、夏競馬のようにデビュー馬や上り馬が出る時期でもなく、ただ寒い時期。唯一あるとすれば、明け3歳のクラシックに向けたレースが、レベルの高さはさておき毎週のようにあることでしょうか。こういったところからクラシックの予想につなげていくのも手でありますので、条件レースもしっかりと見ておくことが大事といえましょう。現段階ではサトノアレ [続きを読む]