お萩/篠有里 さん プロフィール

  •  
お萩/篠有里さん: 萩沢写真館 with 「街を歩く」
ハンドル名お萩/篠有里 さん
ブログタイトル萩沢写真館 with 「街を歩く」
ブログURLhttps://hagisawa.jimdo.com/
サイト紹介文萩沢写真館と「街を歩く」は2人による合同写真ブログ。主に宮城県仙台市を中心に撮影した写真を掲載。
自由文使用機材はLOMO、G1、魚眼、チェキ、写ルンです、トイデジ等。萩沢写真館は銀塩写真が多く、街を歩くはデジカメ中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供378回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2016/02/20 15:23

お萩/篠有里 さんのブログ記事

  • (再)Symptom 20160919(№21)(お萩)
  • (写真:萩沢写真館) たずねられると困惑してしまう問いを、僕は幼いときから持っていた。それは世間一般ではごくあたりまえに問われ、そして答えられる問いだ。だれもがこの問いをたずねられ、そしてだれもがこの問いをたずねる。あたりまえ、と扱われるこの問いに、僕はつねに困惑させられる。 僕は公立高校の教員をしている。望んでなったわけではない、と思う。もともと僕は、職業というものに対 [続きを読む]
  • (再)Symptom 20170217(№75)(お萩)
  • (テキスト:お萩 / 写真:篠有里) 文章5 有線放送のBGMがニュース番組の音声と重なり、奇妙な不協和音を生み出していた。それは、そこで診察を待つ患者と、彼らの付き添いや医者、受付の事務員らとの「それ以上歩み寄ることのできない境界」が接して起こる “きしみ”の様に聞こえた。 眠気は突然やってくる。常にぼんやりした頭の中でいつ訪れるかわからない睡魔と、気だるい [続きを読む]
  • ご近所セルフさくらまつり魚眼と刺す虫(篠有里)
  • 「サクラサク4月、もしくはご近所サクラ」 というわけで、今日は何を置いても桜を撮りに行ったるんじゃい!と思って魚眼を装備していたところ、 母から「特売の卵、ツナ缶、あと私のおやつ」という上位命令が入り、結局近場の桜を撮るしかできなかった。 特売やってるスーパーに最後に寄るルートを取らないといけないので、どうしても行動に制限が出る。 お母さん…私もやりたいことあるんす…ただうす [続きを読む]
  • (再)Symptom 20161124(№52)(お萩)
  • ニーバーの祈り OK、わかったよ。もう何でもとりあえず全部受け入れてやる。結局「どこで生きるか」ではなく、「そこでどう生きるか」ってことだろう?だから俺は今日も、ネクタイという首輪を巻き(笑)、泥水をすすりながらじっと俺の時間がくるのを待ってやる。(雌伏(反対語:雄飛)だな。) 俺よりひどい状況で、俺より一生懸命やっている奴らなんていくらでもいるんだ。自分では変 [続きを読む]
  • UFOキャッチャー魚眼とトモコレ花見部屋他(篠有里)
  • 「UFOキャッチャーのほわほわ景品」 1回100円。ちょっと欲しいなーとプレイしかけたが、以前もこのアームの弱さで1個も取れなかったのを 思い出して止めた。かっくんかっくんでクラクラしてるアーム。何かを掴もうという機能がまるで無い。 さ、桜が…なんか急に咲いちゃったよ!こりゃ連休までまでもちそうにない。 平日だろうが無理矢理カバンにEOS-5Dさんをつめて(高確率でカバンが痛む)撮影 [続きを読む]
  • (再)Symptom 20161118(№49)(お萩)
  • (テキスト:お萩 / 写真:篠有里) 文章1 ディーラーで車の整備を待っている間、2階のショールームでアイスコーヒーをすすりながら窓の外を眺めていた。実際、それは入れものといい(すかしの入ったグラスだった)、色といい、アイスコーヒー然としないアイスコーヒーで、僕は麦茶と勘違いしてしまい、どうして接客の彼女はミルクとガムシロップを置いていったのだろう、おそらく冬にホットコー [続きを読む]
  • 午後の光とトモコレみんなの一言集その2(篠有里)
  • 「午後の光(またはレミニセンス/テーマ/その2)」 自転車置き場の窓越しに撮りました。めっちゃ茶色+すすけてていい感じ。 こういう加工したように見える。実際は窓が汚いだけなんすが。 自転車が邪魔(自転車置き場なんで仕方ない)でこれ以上近くに寄れない。 せめてもーちょっとまっすぐ正面から捉えればよかったかな。今度また撮ってみよう。 今回もMii一言集をお送りし [続きを読む]
  • (再)Symptom 20160910(№17)(お萩)
  • (テキスト:お萩 / 写真:篠有里) 模擬試験を受けた。自転車がパンクした。引っ越し屋のバイトをした。ピアノを弾いてみた。髪を染めたくなった。風邪で学校を休んだら女の子がノートを取っててくれた。マックでダベった。酒を飲んでみた。遊園地でダブルデートをした。女子の後輩に待ち伏せされた。母親に泣かれた。アメリカに行った。ビートルズに心酔した。友達が学校を辞めた。図書室で英単語の練習をした [続きを読む]
  • 母の描いた絵魚眼とセラ、その愛の迷走(篠有里)
  • 「おひさま・赤いチューリップ・おうち・女の子」 チューリップの球根の話(球根は掘らなきゃいけないから手ぇかかるよね)つながりで、 「昔の子どもの絵はチューリップ、家、太陽、女の子、みたいな感じだった」と母が再現画を描きました。 つかこれ、絶望的に女の子が可愛くないんすが。どこのクリーチャーだよみたいな。 突っ込んだら「この手の絵を描いてたのは学校に入る前!」とか取り繕っ [続きを読む]
  • (再)Symptom 20161018(№35)(お萩)
  • (テキスト:お萩 / 写真:篠有里) 2004年11月21日、日曜日。彼は、故郷の駅裏の必要なもの以外は一切置いてないというタイプのビジネスホテルの一室で、4年ぶりに高校時代の部活動の先輩と携帯電話で話をしていた。硬貨を入れるとスイッチが入るタイプのテレビジョンでは、有名無名のタレント達が自分達の芸名の画数占いに一喜一憂していた。 「想像してみて。あなたは中国の古い王朝の皇帝で [続きを読む]
  • LOMOFishEyeプリント発見とトモコレ猫おまけ(篠有里)
  • 「知らない街の記録の中」 去年からLOMOFishEyeギャラリー更新したいと言ってましたが、肝心の写真自体がどっか行っちゃってました。 探さなきゃいけないなー見当はついてるんだけどねー、とか思いつつ放置してました。 あー、この度めでたく元プリント発見できたんで、後はこれを取り込み直すだけです…それがめんどい。 去年作業した分が16枚ほどあるので、ギャラリー更新するにはあと20枚選定&取り [続きを読む]
  • (再)Symptom 20160816(№05)(お萩)
  • ここではないどこかに、今の君をありのままに受け止めてくれる場所があると君は信じているようだね。そう、そこはまるで楽園のような場所。しかし残念ながらそんなものはどこにも存在しない。こことは違うどこか、君の全てを受け入れてくれる場所、そんなものはないんだ。それらは全て幻想にすぎない。 楽園っていうものはね、いいかい?ここからが大事なんだけど、自ら武器を持って戦火をくぐり、荒れ果 [続きを読む]
  • (再)Symptom 20160908(№16)(お萩)
  • (テキスト:お萩 / 写真:篠有里) 会議百景 「んと、ニュアンス?んーと、えーと、ほんで、ほんでもって繰り返しませんのでもう一度言うと、重要かなと思うものをいくつか8点あげました。そんでB5版の折ってある小冊子風の全部は読みません。英語ではない方です。」 「どうですか?よーしいいんじゃないですか?どうします?ではどうしますか?いいですか?もう一組ぐらいですか?いい [続きを読む]
  • 錆び車魚眼と過去銀塩魚眼錆び盛り(篠有里)
  • 「錆び自動車の3月」 ここで使ってる写真と同じ車です。 3月の日向でこの状態でしたが、今は日陰(つかウチの庭)以外は雪消えました。 太陽の力ってすごい。人力でどうにかできないレベルの雪もガンガン融かす。当たり前だけど。 雪が消えたので、最近は庭木の手入れとか枝の剪定とかその片付けをしています。土日それでつぶれた。 特にしたい訳じゃないけど、私だけ参加しないとあとで [続きを読む]
  • 水路沿い魚眼とトモコレホッチナー家の肖像
  • 「水路のある抜け道」 大きな通りより、つい脇道とか砂利道とか獣道とかそーいう所を通りたくなる>撮影時。 さすがに私有地とか人ん地所を通り抜けたりはしません。 グレーっぽいとこを足早に通り過ぎる事はままあります。はい。 2017/03/29 「街を歩く(魚眼)」 Life with Fish-Eye 7 更新。 キーワードは「fragments」 カバン問題が解決しなくて魚眼持って歩けない。 靴問題 [続きを読む]
  • (再)Symptom 20160906(№15)(お萩)
  • (テキスト:お萩 / 写真:篠有里) 「文章38」 彼女はひどく憔悴した様子で言った。 「自分が磨耗しているのが分かるのよ。一日、一日と、少しずつ、本当に少しずつなんだけど確実にすり減っているのが。そのことを考えると気が狂いそうになるわ。ひどい焦燥感に駆り立てられるのよ。でも、それでも体が動かないの。どうしていいか分からないのよ。ただすり減るのを黙って見ていることしかで [続きを読む]
  • 落とし物3とセラ、その愛の彷徨(篠有里)
  • 「落とし物3」 1と2はこっちに。 この時計「もし使えたら拾って帰ろー、もうけー」と思ってたけどめっちゃ壊れてた。使えない。 つか拾ってちょっぱって行こうと思うな自分。しかるべきところに届けようぜ! ちなみに昨日はメガネ落ちてるの見ました。 雪が融けると色んなもの落ちてるの発見するなぁ。 2017/03/29 「街を歩く(魚眼)」 Life with Fish-Eye 7 更新。 キーワード [続きを読む]
  • (再)Symptom 20160818(№06)(お萩)
  • (テキスト:お萩 / 写真:篠有里) なあ、安穏と暮らせよ?安定した仕事。社会保障。各種手当て。終身雇用。何を焦ってるんだよ、もういいだろう?おまえにしてはよくやったじゃないか。 高校の成績は真ん中より下、地方三流無名大学の文学部をどうにか卒業。おまえがこれ以上、何を望む?おまえの努力以上に十分に与えられた生活じゃないか。そんなに欲張ってどうするんだ。もう、十分だろ? [続きを読む]
  • (再)Symptom 20160831(№12)(お萩)
  • (テキスト:お萩 / 写真:篠有里) ちょっと遅い昼食をたったひとりで、近所のファミリーレストランでとっていた。(あまりにも中途半端にお昼から時間がずれていたので、「一人なの?ファミレスなのに?」と突っ込む誰かさえ見つからなかった。) 八宝菜ピラフをほおばりデザートメニューを遠くへ近くへしながら老眼チェックをしていたら、ひそひそ声だった角のパーテーションに区切られた席から [続きを読む]
  • 首のないひまわりと派手目過去銀塩魚眼(篠有里)
  • 「fragments」より「首のないひまわり」 2017/03/29 「街を歩く(魚眼)」 Life with Fish-Eye 7 更新。 キーワードは「fragments」 ここは道路を1本挟んだ未舗装の裏道の出口部分になります。 つか廃屋(多分。でも何か住んでそうな気はする)の横の畑の獣道じみた道を抜けて元の道路に出ます。 いつ通っても「ここほんとに歩いてていいのか?」という気分になります。 でも元来た道を引 [続きを読む]