KAI AYASE さん プロフィール

  •  
KAI AYASEさん: 東京近郊夜景撮影記
ハンドル名KAI AYASE さん
ブログタイトル東京近郊夜景撮影記
ブログURLhttp://night-view-lover.tokyo/
サイト紹介文東京近郊で撮影した夜景画像を主に載せています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/02/21 00:41

KAI AYASE さんのブログ記事

  • 神奈川県-横浜市-JR国道駅
  • 止まった時の中で 鶴見線国道駅川崎駅から2駅、都市部にありながらも存在感が無く、名前すら知らないと言う人も多い鶴見線国道駅。1930年代にタイムスリップ1930年の完成から変わる事無くあり続ける国道駅や高架下の建物。歴史の証人国道15号線に面した入口の右手側を見上げると、網ネットで覆われたコンクリートや割れた窓ガラスがそのまま残されているのが見れるかと思います。これは第二次世界大戦中に米軍機に機銃掃射を受け [続きを読む]
  • 東京都-墨田区-おしなり橋(スカイツリー)
  • スカイツリーのお膝元 おしなり橋&ソラマチひろば北十間川の両岸に造られた「おしなり公園」を跨ぐように造られた「おしなり橋」。隣接する両スポットからはスカイツリーをファインダーいっぱいに収める事が出来るスカイツリーに一番近い撮影ポイントです。おしなり橋からの景色東京スカイツリーが無かった頃からの市街地と、スカイツリータウンの対比が面白い「おしなり橋」からの景色。ソラマチひろばソラマチ中央部に位置する [続きを読む]
  • 神奈川県-横浜市-生麦ジャンクション
  • 360°ぐるっとジャンクション2017年に完成したばかりの生麦JCT。回廊のように形成された歩道橋からは360°さまざまな角度から生麦JCTを眺める事が出来ます。ラビリンスそしてエクセレント!!誰が呼んだか京急蒲田駅の事を蒲田要塞なんて呼ばれていますが、それなら生麦JCTは生麦要塞とでも呼びましょうか。フィッシュアイでフレーム一杯に写しこむ姿は正しく要塞。産業道路、歩道橋、横羽線、大黒線〜北線と4層にも重なるこの立体 [続きを読む]
  • 羽田空港で飛行機撮影(城南島海浜公園)
  • 羽田で飛行機撮影と言ったらココ!最もメジャーな撮影ポイント。大田区城南島の端に位置する城南島海浜公園。デイキャンプ場や人工砂浜を備えたこの公園を掠めるように、羽田空港22、16L滑走路への着陸機や34Rからの離陸機の飛行経路になっているので、頭上すぐ近くを飛行する飛行機を眺める事が出来ます。レンズは何でもOK!22へ着陸する機体は公園の頭上を掠めるように飛ぶので望遠で切り取るもよし!広角でダイナミックに風景と [続きを読む]
  • 羽田空港で飛行機撮影(新整備場駅前)
  • 飛行機を超至近距離で眺められる穴場スポット。 建国際線ターミナル駅と羽田空港第一ビル駅に挟まれた新整備場駅。新整備場駅唯一の出入口を出て左手側を向くと目の前に誘導路を行き交う飛行機を眺める事が出来ます。この迫力!羽田空港で特別な許可なく飛行機をこのアングルで撮影出来るのは恐らくココだけでは?この日は南風だったので16Rから飛び立つ飛行機を一瞬だけ写す事も出来ました。金網越しの景色防犯の為に設置さ [続きを読む]
  • 羽田空港で飛行機撮影(新整備場駅前)
  • 飛行機を超至近距離で眺められる穴場スポット。羽田空港国際線ターミナル駅と羽田空港第一ビル駅に挟まれた新整備場駅。新整備場駅唯一の出入口を出て左手側を向くと目の前に誘導路を行き交う飛行機を眺める事が出来ます。望遠レンズオンリー。OK?この迫力!羽田空港で特別な許可なく飛行機をこのアングルで撮影出来るのは恐らくココだけでは?ルフトハンザのB747やJALハンガーで整備を受ける政府専用機なんていうレアな機体もコ [続きを読む]
  • 羽田空港で飛行機撮影(新整備場駅前)
  • 飛行機を超至近距離で眺められる穴場スポット。 国際線ターミナル駅と羽田空港第一ビル駅に挟まれた新整備場駅。新整備場駅唯一の出入口を出て左手側を向くと目の前に誘導路を行き交う飛行機を眺める事が出来ます。 この迫力!羽田空港で特別な許可なく飛行機をこのアングルで撮影出来るのは恐らくココだけでは?この日は南風だったので16Rから飛び立つ飛行機を一瞬だけ写す事も出来ました。金網越しの景色防犯の為に設 [続きを読む]
  • 東京都-江東区-富士見橋
  • 富士山が見えなくともそこから見える景色は美しい豊洲市場予定地からもほど近い富士見橋。計画当初はレインボーブリッジの間から富士山が顔を覗かせていたのでしょうが、メガロポリス東京がそれを許すはずも無く、今となっては富士山はすっかり高層ビル群の向こう側です。出来た頃は人通りも少なかったですが、最近は周囲にタワーマンションが増えてきたからかジョガーやサイクリングをする人も増え、東京ディープ感が薄れてきたの [続きを読む]
  • 東京都-江東区-富士見橋
  • 富士山が見えなくともそこから見える景色は美しい豊洲市場予定地からもほど近い富士見橋。計画当初はレインボーブリッジの間から富士山が顔を覗かせていたのでしょうが、メガロポリス東京がそれを許すはずも無く、今となっては富士山はすっかり高層ビル群の向こう側です。出来た頃は人通りも少なかったですが、最近は周囲にタワーマンションが増えてきたからかジョガーやサイクリングをする人も増え、東京ディープ感が薄れてきたの [続きを読む]
  • 東京都-江東区-有明客船ターミナル
  • ある意味日本一有名な展示場に隣接する地味な撮影ポイント東京ビックサイトに隣接する有明客船ターミナル。有明客船ターミナル2Fからパレットタウン方面を見ると観覧車や船の科学館の特徴的なシルエットや、冬場であればダイバーシティ東京の奥にちょこっと顔を覗かせる富士山を撮影する事が出来ます。眺めだけで言えばビックサイト屋外展示場や展望デッキがベストなのですが、それぞれ夕方以降やイベント時以外は開いていないなど [続きを読む]
  • 東京都-江戸川区-葛西臨海公園駅(富士山)
  • 冬限定のプチ絶景 葛西臨海公園駅空気の澄んだ日限定で葛西臨海公園の観覧車越しに富士山の姿をハッキリと見る事が出来ます。日本一有名なテーマパークのある舞浜とお台場への入口とも言える新木場に挟まれていてちょっぴり地味な撮影ポイント。駅の東京寄りの場所からバッチリと写す事が出来ます。広角でも富士山の特徴的なシルエットを写す事は出来ますが、出来れば望遠レンズが有ればGOOD!身近な所にこそ絶景は隠れている。京 [続きを読む]
  • 東京都-品川区-南極観測船宗谷
  • 奇数な運命を辿った幸運艦 宗谷南極観測船宗谷は元々は1938年にソビエトの砕氷貨物船として川南工業に発注されたものの、第二次世界大戦前の情勢悪化に伴いソビエトへ引き渡される事は無く日本の商船「地領丸」として竣工し、その後旧日本海軍に編入されると共に船名を「宗谷」と改め特務艦として大東亜戦争を戦い抜きました。終戦後、日本海軍を除籍されたのち引揚船、灯台見回り船を経て「南極観測船宗谷」として改修され6度の [続きを読む]
  • 東京都-墨田区-押上付近(スカイツリー)
  • 破壊と再生 期間限定の景色押上の裏路地で僅かな間だけ見る事の出来た景色。隅田水族館が空くのを待つ間、押上周辺をプラプラと散策していた時に見かけた景色。工事現場は色々面白い近年は騒音や安全対策で小規模な工事現場でも仕切ってしまったりして、中の様子を窺い知る事が出来なくなってきている事が多いですが、特に仕切りも無くオープンだったので公道に三脚を建ててローアングルでパシャパシャ撮影しました。こう大雑把に [続きを読む]
  • 東京都-台東区(墨田区)-吾妻橋
  • ふたつの観光地を結ぶ朱色の橋吾妻橋は1774年に大川橋と言う名で架橋されたのが始まりで、当時から住民の間では江戸の東にある橋と言う事で東橋と呼ばれ、その後1876年に架けかえられた際に「吾妻橋」と言う今の名前に変わったそうです。隅田川の下流から「蔵前橋」「厩橋」「駒形橋」ときて「吾妻橋」と来る訳ですが、この4橋は共に関東大震災の復興計画で架橋された橋であると共に、デザインに統一性を持たせる為にアーチ橋で架 [続きを読む]
  • 東京都-墨田区-十間橋(スカイツリー)
  • 水面に写る虚像とスカイツリーを一緒に写すならココ!! 十間橋本所の北側を流れる川幅十間(18m)の河川だから北十間川。そんな単純明快と言う言葉がピッタリな北十間川の上を跨ぐ十間橋の橋上からはスカイツリーや水面に写る水鏡を綺麗に写せる撮影ポイントとなっています。スカイツリーから少し歩くものの、一般的なカメラやレンズで綺麗にスカイツリーが写せるとあって、夜景マニアや写真家だけでなく普通の観光客にも広く周 [続きを読む]
  • 東京都-新宿区-西新宿ジャンクション
  • 新宿駅から1駅! 都心の真ん中にあるジャンクション西新宿ジャンクションは中央道と接続する4号新宿線と都心をぐるっと環状に結ぶ中央環状線の接続部として2010年に全面開業した首都高としては比較的新しい部類に入るジャンクションです。また地上からは、中央環状線との接続地点と、新宿線本線と新宿インターチェンジの2か所の接続部分を連続して眺める事が出来ます。コチラは新宿線と中央環状線の接続地点です。1つ上の画像で説 [続きを読む]
  • 東京都-墨田区(中央区)-両国ジャンクション
  • 隅田川や両岸に並ぶビルの灯りとのコラボが美しい両国ジャンクション隅田川に架かり構造物の殆どが河川上に位置するジャンクションです。隅田川は両側にテラスが設けられているので、歩く手間さえ惜しまなければ両岸から撮影する事が可能です。どうしてそうなった!?外環や常磐道と接続する6号線と京葉道路から繋がる7号線が離合する場所がココ両国ジャンクションですが、首都高恒例の何故そうなった!?なジャンクションとなって [続きを読む]
  • VF-25F/MF(東京スカイツリー)
  • 1人だからこそ!だれかを、愛せるんだぁ!千葉工業大学スカイツリータウンキャンパス内の一角にTVアニメ「マクロスF(フロンティア)」の主役機VF-25Fが1/1サイズで再現され展示されています。VF-25が単独で展示されている訳では無く千葉工大の技術を紹介している「未来技術体感型アトラクションゾーン」の一部として展示されています。VF-25 メサイア(ブイエフ・にじゅうご メサイア / Messiah)は、「マクロスシリーズ」に登場 [続きを読む]
  • 東京都-台東区-上野検車区
  • 日本で唯一!地下鉄が通る踏切 銀座線上野検車区1927年の銀座線開通と同時に造られた上野検車区。当初は銀座線延長までの繋ぎとして造られた仮の車両基地でしたが、年々増加する利用客へ対応するため、1968年に全面的な改装を行い今に続く地上と地下の2層構造の配線になりました。昔には都営浅草線の馬込車両基地にも踏切があったようですが、新工場への移転に伴い廃止されてしまったので、自社線内で踏切を通過する地下鉄を見る [続きを読む]
  • 東京都-台東区-浅草寺(&スカイツリー)
  • 歴史の彼方-平安時代から続く東京最古の寺院 浅草寺今から遡る事約1400年。628年(飛鳥時代)の初春に隅田川で漁を行っている最中に網に観音様がかり、観音様を草でつくったお堂に安置したことから始まったと言われています。長い歴史の中でたびたび災害に見舞われますが、その度に時の権力者により再建され信仰だけではなく、庶民文化の中心として発展してゆきました。時はたち、庶民文化の中心としての役目は他の場所へ譲りまし [続きを読む]
  • 東京都-墨田区-西十間橋(スカイツリー)
  • 帯に短し襷に長し?微妙な距離感が面白い 西十間橋逆さスカイツリーが撮影出来る事には出来ますが、距離が近い事から超広角が必要なので撮影する人は少なく、逆にスカイツリーを眺める人が多い、撮影する側にとってはプチ穴場的な撮影ポイントです。超広角は持っていないので、フィッシュアイと19?をライズフォールして繋ぎました。水面鏡1点に絞るのも一興全景は諦めて、水面鏡を狙うのもアリかと思います。川と言っても水路み [続きを読む]
  • 東京都-墨田区(台東区)-吾妻橋
  • 浅草と押上を結ぶ朱色のアーチ橋。隅田川の下流から「蔵前橋」「厩橋」「駒形橋」ときて「吾妻橋」と来る訳ですが、この4橋は共に関東大震災の復興計画で架橋された橋であると共に、デザインに統一性を持たせる為にアーチ橋で架橋されています。そんな4橋の中でも浅草界隈に最も近く、神社の鳥居を彷彿とさる深紅の塗装を施した吾妻橋は観光客からの人気も高く平日休日を問わず賑わい、雷門と並ぶ浅草の名所となっています。また橋 [続きを読む]
  • 神奈川県-鎌倉市-御霊神社(江ノ電踏切)
  • 境内の中を電車が!?ならぬ境内の目の前を電車が走ります。春夏秋冬時期問わず観光客で溢れる鎌倉から江ノ電で3駅。そこから徒歩で5分程度で到着する御霊神社。神社の鳥居の前を江ノ電が通るとあって時期を問わず観光客で賑わう御霊神社も夜ともなればこの通り。江ノ電を求め1時間ほど滞在しましたが、神社に訪れたのは地元民と思しき2人だけで、この景色目当ての観光客と遭遇する事もなくまったりとアングルを変えつつ撮影する事 [続きを読む]
  • 鴨川シーワールド
  • 海の王者「シャチ」が見られるのは日本でもココだけ!!千葉県の南東に位置する鴨川市にある「鴨川シーワールド」。東京都心から100?圏内と言うと近い気がしますが、結構100?ってありますよ。カモシーと言えばシャチ!シャチと言えばカモシー。 [続きを読む]