chosan さん プロフィール

  •  
chosanさん: きばろうで!丹鉄
ハンドル名chosan さん
ブログタイトルきばろうで!丹鉄
ブログURLhttp://tantetu.blog.fc2.com/
サイト紹介文丹後をのんびり走る京都丹後鉄道を拙い写真と丹後弁(親父ギャグ含む)を交えて応援するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2016/02/21 17:41

chosan さんのブログ記事

  • 伊佐津踏切
  •  西舞鶴駅そばにあって宮舞、宮豊線で一番東に位置する伊佐津踏切。JR線と共用とはいえ丹鉄の踏切で一番延長のあるもの。もちろん第1種踏切であります。一番西側に位置する馬路奥踏切が秘境踏切の様相を呈するのに対して、ここは賑やかです。この踏切からはJR西舞鶴駅、丹鉄の西舞鶴運転区と眺められるが、留置線にたたずむタンゴエクスプローラー号は見るのは忍びないほどの荒れよう。悲しくなってくるのでフレームアウト致しま [続きを読む]
  • 第二下東橋梁
  •  宮舞線の四所−東雲間にある第二下東橋梁。このあたりは列車が築堤を走るので踏み切りではなくこうした小さな橋梁をくぐって通過する箇所が多い。橋梁というよりガードをくぐる感じかなぁ。この先行き止まりで数件民家があってこの場所を通過するしかないが、狭いうえに低い。大きな荷物や工事をするときはどうするんでしょう?勝手に心配したりしとりますが大きな倉を絡めて列車を撮影してみると生活感あふれて個人的には好きな [続きを読む]
  • 菜の花
  •  夕日ヶ浦木津温泉駅の構内に菜の花が咲いとります。土筆、菜の花と春を感じさせるものを目にするとウキウキしてきます。でも、昨年よりも疎らで少し淋しい。これって誰かが植えているのでなく自然なものですよねぇ。 この写真を撮っているとき、男の子二人と若いお父さんが散歩されていて「こんにちは」と挨拶させていただくと、お父さんとお兄ちゃんの方に「こんにちは」と返してもらえました。すると弟くんが「こんにちはと違 [続きを読む]
  • 松下踏切
  • 少し前の記事に書いた脇踏切の隣りにある松下踏切。小さいながらも遮断機、警報機ともある第一種踏切であります。脇踏切との間にある線路と平行した道路にアグラをかいて撮影。もちろん、信号線の電柱より外側からです。踏切の黄色いランプは松下踏切というだけあってパナソニック製でした、ってそんな訳あるかい! [続きを読む]
  • 今更ながらの霧鉄
  •  先週、第三回丹鉄フォトコンテストの結果が発表されました。受賞された皆さん、おめでとうございます。日頃から撮影されたり、または遠方からの撮影でも少ないチャンスを物にされた結果だと思います。 先日、中郡盆地(京丹後市の大宮町峰山町の一部)でも珍しく霧が発生していたので霧の中の丹鉄を撮影してきました。多くの傑作が発表された後でお恥ずかしい写真ばかりですが・・・(汗)霧が晴れ出した頃、アンダーで撮影してシル [続きを読む]
  • 洗い場
  •  夕日ヶ浦木津温泉駅の網野駅よりの下和田踏切そばに洗い場がある。小さなパイプから水が出しっ放しだったので水道水でなく地下水だと思っていた。寒い日にちょっと湯気も出ていた。地下水は外気温が低い時には湯気も出るものなぁ。 何気に洗い場の水に手をつけてみると、温かい!我が家も一部地下水を使っているので分かるけどそれよりも温かい。もしかして温泉?夕日ヶ浦木津温泉駅のホームにある足湯に使った事のある人ならご [続きを読む]
  • 土筆
  •  春めいてきた頃の代表格、土筆。まだ顔を出し始めたばかりなので目立たんけど土筆を見ると春なんだなぁと、嬉しくなっちゃう。 撮影する時は背の低い土筆に合わせて寝そべりながらカメラを構えるけど、周りから見ると絶対おかしく思われるでしょうね。液晶モニターがチルトやバリアングル出来るカメラならこんな滑稽な格好をせんでもスマートに撮影できるんでしょうけどねぇ・・・ [続きを読む]
  • 春霜
  •  着々と春へと季節が移り変わっていく今日この頃。日中、日射しが出れば暖かさを感じるけども朝夕はまだまだ寒い。寒暖の差が激しいんで体調を崩さんように気を付けんなんね。 [続きを読む]
  • 動物だって侵入禁止!
  •  地元新聞の記事によると宮福線で動物の侵入を防ぐ為の鉄柵が設置されたとの事。試験的な設置ではあるが二俣ー大江山口内宮間の5カ所、計573m、高さ2mの鉄柵を沿線斜面側に取り付けシカ等が線路に入り込まないようにした。H15年度、この区間だけで約80件の衝突事故が発生したそうな。沿線全線では447件も発生しとって増加傾向にある。 これでは運転士さんも気が気でなかろう。利用客にとってもびっくりなさるだろうし、車両の [続きを読む]
  • 今日は中学校卒業式
  •  京丹後市内の中学校は今日が卒業式でした。義務教育を終了し新たな進路へと進んでいく卒業生達。進学する高校によっては丹鉄通学となる。宮津市由良から栗田中学校へ通う生徒のような一部をのぞいて、列車通学は初めてとなる生徒さんも多いでしょうね。 勉強もクラブ活動も中学よりもずっとグレードアップとなる学生生活。そのお手伝いを丹鉄もしてくれると思いますよ。 [続きを読む]
  • 登っては見たものの②
  •  前回の記事のPart2です。今の時期、冬枯れの木々で山からの視界がえぇんでないかな?思い込んでアチコチ上がってみたものも手前の木が結構視界を遮ってしまうことが珍しくない。ちょっぴり残念に思うけど登ってみないと判らない事だからロケハンの結果がハッキリしたと考えれば悪くは思わない。でも、折角だからシャッターを切ったり、ブログアップしちゃう。つまらん写真でゴメンナサイ。 [続きを読む]
  • 登っては見たのの
  •  僕の大好きな俯瞰撮影。見慣れている風景がいつもと違って見えるのが僕にとってはたまらんのです。登る途中も、どんな景色が見れるだろうってなワクワク感もある。何とかと、何とかは高いところが好きとはよく言ったものだ。そのくせ、僕は高所恐怖症(笑)めぼしいポイントを見つけて見えるであろう景色をイメージするんだけど期待はずれの結果となった事も多々あるのも正直なところ。それでも懲りずに俯瞰ポイントを探し登ってし [続きを読む]
  • 梅は咲いたか、桜はまだかいな・・・
  •  春の始めを感じさせる梅の花。白梅に紅梅、彼方此方で見かけます。花見と言えば桜ときますが奈良時代は梅の方が人気があったようです。そして桜の花見は賑やかにお弁当広げたりお酒を飲んだりするのをイメージしますが、梅の花見は静かに鑑賞すると云う感じがしますが皆さんはどう思われますか?早いもので三月も中旬となってきました。次ぎにくる花見の桜は少し早めに開花しそうなことを言っていますね。梅を楽しみつつも桜が待 [続きを読む]
  • 俯瞰撮影ばかりでゴメンナサイ。
  •  ちょっとばかり俯瞰撮影写真が多くてゴメンナサイ。僕にとってちょっと肌寒い季節が俯瞰撮影に適しとるです。機材を入れたリュックバックに重たい三脚を担いで山道を登る時、暑がりの僕にはこれぐらいの気候が動きやすい。 それにアウトドア、山登りが好きなんですよ。意外に思われるかもしれへんけど、僕にとって一番楽しめる趣味は山登りでありましてそのついでに写真を撮っちゃうってなかんじですかねぇ。 この場所も数年し [続きを読む]
  • 脇踏切
  • 何かくすぐったくなるような名前の脇踏切。丹後由良駅から栗田駅よりに3つ目の小さな踏切。遮断機が無く警報機のみの第3種踏切であります。直ぐそばには小さな由良浄水場があり、ココから伸びる道の先にある奈具神社へと続く。この踏切と隣りの松下踏切との間に線路沿いの狭い道路があって直ぐそばを列車が通過する。フェンスも何も無いので線路に近づかんようにせんとね。丹後由良駅を出発した下り列車はこの踏切を通過して絶景の [続きを読む]
  • 最後の雪?
  • 2月中旬の大雪から時間も経ち少しずつ春めいてきて雪が舞うことはあっても積もることはもう無いと思っとったのにこの雪は何だいな! 場所によっては除雪車が出動しとるところもある。やられたぁ・・・でも冬枯れの木々に着雪しとるのはやっぱりキレイ!出勤時にちょっと撮影、エヘッ(笑) [続きを読む]
  • 俯瞰症と花粉症
  • 春の訪れを心待ちにしとんなる反面、憂鬱になる人も少なくない。そう、花粉症の季節であります。風邪予防から花粉対策で数ヶ月間マスクが必需品になっとる方、よう分かります。僕もその一人。鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、あぁ〜こばれん! 俯瞰撮影を楽しむ際に山に分け入る事があるけど、列車を待っとる時間が辛いンよね。特に今シーズンは例年より花粉の飛散が多いそうだ。薬も服用しとるけど、ものによっては口の渇きなど副作 [続きを読む]
  • いかめぇ、舞鶴市民号!
  •  好評につき、もう受付終了しとるんですけど恒例の舞鶴市民号が運用されます。http://www.city.maizuru.kyoto.jp/kurashi/0000002612.html舞鶴市民か舞鶴市に通勤通学されている方を対象に毎年のように運用される舞鶴市民号。数年前、エクスプローラー号で城崎温泉駅まで運用された事があって追いかけて撮影した事があったなぁ。今回は西舞鶴駅から天橋立駅往復のコンパクトな行程ながら行きはあかまつ号、天橋立を散策後、帰りは [続きを読む]
  • 桜山踏切
  •  天橋立駅の西寄りにある桜山踏切。小さいながらも第一種踏切であります。この踏切そばから石段がありまして少々上ると桜山展望台というちょっとした見晴らしのいいところに上れ、天橋立駅や少し方向を変えて天橋立が見れる。残念ながら駅や列車と天橋立を一緒に望むことは出来へんけど一度、どうですか?4年前の雪景色ですみません。m(_ _)m [続きを読む]
  • 啓蟄
  •  今日は二十四節気のひとつ、啓蟄。土の中にこもっていた虫が暖かさに動き出す時期という事で春を意味するそうです。二十四節気は実際の季節より少し早いんだけど、これは古代中国での太陰暦と現代の太陽暦にズレがあるため。でももうすぐ季節が変わっていくよってな風に捉えてもえぇんじゃないかなぁ。まだ朝晩はかなり冷え込む事があり、とは言え日中の日射しは暖かく感じる等冬の足跡と春の足音が混ざり合うこの時期。この微妙 [続きを読む]
  • 今日からダイヤ改正
  •  今日からダイヤ改正となった。お恥ずかしながらダイヤの深読みが苦手な僕なので色々とはようわからんのですが、宮福線では快速あおまつ1号の停車駅が増えたり通勤ライナーなるスジが増えたりしとりますね。 宮舞、宮豊線では西舞鶴発の時間がやたら37分発ってのが多くなっとる。わかりやすい〜(笑)遅い時間でも終着駅が変更なっとるスジがあるが最初のうちに慣れれば混乱も無いでしょうね。くろまつ号も4月から運用が変更!宮 [続きを読む]
  • 野田川橋梁
  •  宮豊線にあって列車と列車と撮影される事の多い野田川橋梁今は茶色っぽい塗装だけど数年前までは水色の塗装でした。この橋梁付近は今の時期、渡りの鴨を見る事が出来、何度かコハクチョウも見たことがある。さすがに列車が通ると鉄橋の通過音で離れてしまうけどね。僕が20代の頃、野田川の河口でコハクチョウや鴨など渡り鳥を被写体にしていた事があったけど望遠レンズなど、よう手に入れる事ができなんで諦めた事を思い出しまし [続きを読む]
  • 今日は高校卒業式
  •  今日から3月、そして卒業式が行われる高校がこの丹後には多いんです。毎年この時期に同じような記事になるけども丹後の高校生にとって丹鉄は大切な通学手段であります。数年前、僕の長女もそうであったし親戚の子は今、丹鉄で通学しています。3年間の高校生活の思い出のなかに丹鉄があるのは丹鉄ファンにとって感慨深いものがあります。今日、高校を卒業し新たな進路へと進んでいくことでしょうが丹鉄による通学がいい思い出と [続きを読む]
  • もしかして元踏切?
  •  僕がよく撮影している赤坂第一踏切。その直ぐ隣に勝手踏切らしきものがある。線路の両サイドに道がついており下の写真のように変わった柵が「通行禁止ですよ!」とでも言わんばかりに鎮座している。よくよく考えてみると赤坂第一踏切という踏切があるのに赤坂第二踏切ってのは無いんよね。第一踏切の上り側にあるのは砂田踏切。下り側にあるのは第一通谷踏切とある。もしかしてこの勝手踏切らしきところは元「赤坂第二踏切」だっ [続きを読む]