行政書士 須藤法務事務所 さん プロフィール

  •  
行政書士 須藤法務事務所さん: 誰でも分かる生前贈与・遺言・相続・家族信託のこと
ハンドル名行政書士 須藤法務事務所 さん
ブログタイトル誰でも分かる生前贈与・遺言・相続・家族信託のこと
ブログURLhttp://souzoku909.blog.fc2.com/
サイト紹介文遺言、相続について知りたい、認知症の妻に・ペットに財産を遺したい、このような方は当サイト必見
自由文千葉柏市で行政書士事務所を開設しています。
次のようなかたはご相談ください。
紹介相談無料
?遺言書の書き方を知りたい。
?認知症の妻がいるが自分が亡き後の財産管理が心配。
?的障害の子供がいるが自分が亡き後の財産管理が心配。
?自分の亡き後のペットのことが心配。
このような方は是非ご相談ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 319日(平均0.2回/週) - 参加 2016/02/22 10:15

行政書士 須藤法務事務所 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 信託期間中の課税関係
  • 1.信託期間中の課税関係   (1)信託期間中の課税関係の主なポイント     ?信託財産に属する資産・負債は、受益者が有しているものとみなされます。    ?信託財産に帰せられる収益・費用は受益者に帰属するものとみなされます。    ?租税回避防止規定があります。2.租税回避防止規定   ・税務上次のような租税回避防止規定が準備されています。   ・したがって、損失がでそうな財産(例えば [続きを読む]
  • 信託効力発生時の課税関係
  • 1.信託の効力発生時の課税関係   (1)自益信託の場合(委託者=受益者)     ・自益信託の場合、つまり委託者と受益者が同じである場合には、     税務上、信託の前後で経済価値の異動がない(所有者が実質的に変更されない)     ことから、下記の流通税以外の課税関係は生じません。   (2)他益信託の場合(委託者≠受益者)     ・他益信託の場合、つまり委託者と受益者が異なる場合に [続きを読む]
  • 信託における会計・税務
  • 1.信託における会計・税務   (1)計算期間     ・受託者は、原則として年に1回、作成した財産状況開示書類について、     受益者に報告しなければなりません。     ・また、税務上、信託財産から生じた収益・費用は、     受益者に帰属するものとみなされるため、     受益者において所得税の確定申告が必要な場合があります。     ・なお、受益者が個人の場合には、所得税の計算期間と [続きを読む]
  • 信託財産の管理方法
  • 1.信託財産の管理方法   (1)分別管理の方法     ・信託財産のうち、登記や登録をすることができる財産は信託の登記又は     登録をすることにより、また、それ以外の財産については外形上区別して     管理することにより、委託者や受託者の固有財産とは分別管理されます。     ・分別管理することにより、信託開始後、委託者や受託者が破産するなどしても、     基本的に信託財産に影響を [続きを読む]
  • 信託と遺留分の関係
  • 1.信託と遺留分の関係   (1)遺留分減殺請求の可能性     ・例えば、甲さんが全ての財産にいつき、遺言によって長女だけを受益者とするという     信託を設定した場合はどうでしょうか。     ・手続上、そのような信託を設定できないことはありませんが、     遺留分を侵害された長男は、受益者又は受託者に対して     遺留分の減殺請求(受益者に対しては受益権の取得につき、     受 [続きを読む]
  • 自益信託と自己信託の違い
  • 1.自益信託と自己信託の違い   ・自益信託は委託者と受益者が同じである信託です。   (効力発生時の課税関係はなし)   ・一方、自己信託は委託者と受益者は別人であり、委託者と受託者が同じである信託です。   (通常、効力発生時に課税関係が生じる)   ・「財産の管理・処分等をする人」と「財産から生じる利益を受ける人」とが   同じでよければ、信託を設定する必要はありませんが、   これらを [続きを読む]
  • 信託の終了
  • 1.終了事由   (1)委託者及び受益者が合意したとき     ・信託を通じて受益者に利益を享受させる委託者、     そして利益を享受する受益者、この両者の合意があればいつでも終了します。  (2)信託行為において定めた事由が生じたとき     ・例えば、「受益者が20歳になったとき」とか    「受益者がA社の代表取締役になったとき」等、     あらかじめ終了事由を定めておくこともできます。 [続きを読む]
  • 信託の内容変更
  • 1.変更当事者・変更方法   ・信託はその効力発生後も変更することができます。   (1)原則     ・信託の変更は、原則として、委託者、受託者、受益者、三者全員の     合意によってすることができます。   (2)(例外1)信託目的に反しないことが明らかな場合     ・信託目的に反しないことが明らかである場合には、     委託者抜きで(受託者及び受益者の合意によって)変更すること [続きを読む]
  • 信託の開始
  • 1.信託の開始   ・信託は、信託契約、遺言、信託宣言の3つの方法(法律行為)により   設定することができます。   ・なお、信託を設定するこれらの法律行為のことを「信託行為」といいます。   (1)信託契約     ・信託契約による信託方法は、「委託者と受託者が契約を締結する方法」と     されており、受益者は契約当事者となっていません。     ・これは信託法改正時の議論で、受益者は [続きを読む]
  • 商事信託とは
  • 1.商事信託とは   ・受託者が信託銀行や信託会社であり、受託者は営業として不特定多数の者から   反復継続して信託を引き受けます。   ・受託者には一定の免許が必要であり、信託業法の適用を受けます。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …