B-Paws さん プロフィール

  •  
B-Pawsさん: B-Paws 犬と人。
ハンドル名B-Paws さん
ブログタイトルB-Paws 犬と人。
ブログURLhttp://bpaws.blog.fc2.com/
サイト紹介文ドッグトレーナーが綴る、犬のしつけ・問題行動などへのホリスティックな考え方など。
自由文犬は人を困らせたり怒らせたり悲しませる為に、人間の傍にいるのではありません。
時間は有限です。大切な愛犬と過ごす時間は、しかめっ面よりも沢山の笑顔を共有していただきたい!そう思いながら活動しています。
犬を『飼う』から『育てる』にシフトしましょう♪

出張レッスンの他、セミナー・勉強会・ようちえんクラスもおこなっています。

<B-Paws nakazawaCPDT-KA>
http://b-paws.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/02/22 13:35

B-Paws さんのブログ記事

  • 老犬がわがままになる?
  • 犬が年を取ったら我儘になったとか、頑固になってきたとか、甘えん坊になってきたなんて言われることはよくある話。「先生、なんでなんでしょう?」と問われて私は、それらしい答えを返してきました。年齢と共に感覚が衰えてしまい今までのようにはいかない犬と、「年を取った」とは言うものの、どこかまだ変わらぬ愛犬を求めている人との差とか、人間同様に年齢を重ねた脳のしでかすことだとか。そして、今はこう思う。残された時 [続きを読む]
  • 例えば、犬の尻尾。
  • ヴィベケの来日を前に、恥ずかしげもなく犬のボディランゲージについて書ちゃいます。(´-`*)犬のボディランゲージを読み取ろう・理解しようとして「難しい」と仰る方は少なくありません。私個人としては、あまり小難しく考えすぎずに、他人の表情を感じ取るようにすればいいのだとよく言っています。そうは言っても相手が犬となるとそうもいかないのですよね。きっと。私たちは犬のように尻尾を振ることはありませんし、耳をあん [続きを読む]
  • 2017.10に、ヴィベケ・S・リーセがやってくる。
  • 2017年10月に Vibeke.S.Reese のメソッドを日本で学べます。日本には海外のトレーナーさんが次々と招かれ、様々なセミナーが開催されています。海外からの情報やメソッドを取り入れ、日本の犬達と飼い主さんの幸せを、意識を底上げしようということはとても素晴らしいこと!数多あるメソッドや考え方の中から、各自が納得できるものを取り入れればいいのかもしれませんが次々に入ってくるものが右から左へ〜と流れていくのではどう [続きを読む]
  • 吠え止んだらご褒美をもらえるの?
  • うちのスクールは2段階制の3階級システムなのですが、その第一段階の試験シーズンに突入〜。試験準備だなんだでアタフタしていたら、自分のブログ放置が進んでいます・・・!ついつい後回し・・・(´-`;)さて、何を書きましょうか・・・では今回は、吠える犬を吠えないように練習しているのにうまくいかないケースについて書いてみます。例えば他の犬に吠えてしまう子がいて、吠えない距離を取り、安心・安全なところから経験を積 [続きを読む]
  • 「犬で居ていいよ!」と伝えたい。
  • 第3回目となる青空教室が無事に終了しました。小型犬から大型犬まで、年齢もサイズも性格も異なる犬達が同じ時間を共有して過ごしました。他犬や他人に吠えてしまう子もいたはずですが、「え〜っと誰が吠える子だっけ?」というくらいの状況でそれぞれ楽しんでいただけたようです。フフフ・・・青空教室の成せる業! 青空教室では犬を取り囲む環境が先生たち&参加者全員によって管理されています。でも、管理されている感はほとん [続きを読む]
  • 安心・安全は、それを感じる側のもの。
  • 何度も例えに出てくるので、既にご存知の方もいるかもしれませんが私がこの世の中で苦手・・・大嫌い・・・無理・・・なのは蛾と毛虫(芋虫含)です。幼少時代にトラウマになる出来事があり、それ以来OUTなのです。周囲がドン引きするくらいOUTです。苦手となった当時のその場面は、30年の月日を超えても色鮮やかに蘇ります。思い出してしまっただけで「ヒィッ!!!」となります(´Д`|||)他人からしたら「なんじゃそりゃ。大袈裟 [続きを読む]
  • 犬も飼い主も最初は”知らないわからない”。
  • 私事ですが、お陰様でトレーナー養成スクールも3期生募集までに至りました〜。スクールの受付窓口は常に万人に開いているわけではなく、スクールの情報もHPにもブログにも載せず、専用サイトもスクール生にしか公開していないという・・・クロージングスタイルで少人数制なスクールです。なぜって?ひとりひとりをちゃんと知っておきたいから。ブログやHPは不特定多数の方にみて頂ける場ですが、それ故に、伝言ゲームのようにも成 [続きを読む]
  • 第3回青空教室開催のお知らせ。
  • この春も『青空教室』を開催します。青空教室は、私と奈木野先生との活動であるABC Dog club!が春と秋に開催しているイベントです。山中湖のドッグランを貸し切って、少ない頭数でおこなっています。ドッグランだからといって、犬はフリーで走り回るわけではなく、リード付の状態であれこれやっていただきます。他の犬や参加者と遊ぶのではなく、他の存在がある中で飼い主さんと愛犬が課題に沿ってコミュニケーションを取る。それ [続きを読む]
  • 犬と飼い主の関係。
  • 飼い主と愛犬が主従の関係であるべきなのだとしたら、私と愛犬の関係はダメ出しされまくりになる。それどころか、過去の歴代愛犬たちとの関係もダメ出しされてしまうに違いない。一緒に寝てたし、今も一緒に寝てる。犬3頭と猫と私がセミダブルのベッドで寝ていたこともある。私はベッドの中で体育座りのポーズで寝るしかない狭さ・・・。なんだったら、私はひとりベッドから降り、床にごろ寝することさえありました。お気に入りの [続きを読む]
  • 犬と子供から目を離さないで。
  • 先日、痛ましい事件がありましたね。10ヶ月の赤ちゃんが、ゴールデンレトリーバーに噛みつかれて亡くなってしまうという・・・。ニュースを見る限りでは、家族も周囲の人も「普段はおとなしい性格の犬で、臆病な犬だった」と仰っているようですね・・・。起きてしまった出来事に関して、メディアの向こう側にいてやんやいうのはちょっとな。当事者にしかわかりえないことがたくさんあるだろうし、監視カメラでもない限り実際のこと [続きを読む]
  • 「こんなはずではなかった」と言わないで。
  • 記事の投稿頻度がうんと落ちた当ブログ。にもかかわらず、記事を上げるとみなさんからメッセージが届く。感謝感謝!いつもありがとうございます♪さて。犬の育て方にセオリーはあっても、すべての犬がセオリー通りにいくわけではありません。「同じ飼育環境、同じ飼育方法なのに先代の犬とまるで違う!」と以前飼育していた犬と比べてしまう方もいるでしょう。同じ環境、同じ飼育方法かもしれませんが、”愛犬”は同じではありませ [続きを読む]
  • 成犬になってから問題に頭を抱えない為に。
  • いくらか前から、散歩中に春を感じることが多くなった今日この頃。梅の花も終わりに近づき、オオイヌノフグリもふきのとうも見かける。春は子犬が増える。そして、夏を過ぎたあたりから若い犬のお悩み相談が増える。ちょうど子犬が成長して、それまで見られなかった行動が出始める頃なのでしょう。命を贈答品のように扱うのはやめましょう!オモチャでもないし、ファッションでもありません。成犬の問題に悩み、問題に対峙して解決 [続きを読む]
  • 目に見えない傷と、犬。
  • 年を越した感覚がないまま、もう2月!!時の流れのなんと早いことか。前回の記事を見て、「うちも・・」と体験談をお寄せくださったり避妊去勢を考え直してみたいとメッセージをくださったり、愛犬ジャンゴの心配もしてくださったり、みなさまの反応がありがたかったです。ありがとうございました(´∀`*)おかげさまで、ジャンゴは驚異の回復力を見せ、ほぼ完全復活を果たしました。ありがとうございました。さて。犬になにかを教 [続きを読む]
  • 飼い主の責任。
  • 新しい年になって、もう半月が過ぎたんですね〜。早い。そんなこと言っているうちにすぐ夏が来て、そしたらまた年末ですよ!!・・・今年はどのくらいブログ更新できるかな・・・(´Д`;)・・・2017年になってすぐ、愛犬がダイナミックなことをやってくれました。さすがの私もドン引くくらいダイナミックなことを。以前、ブログでもちらりと話に出したことがありますが、愛犬の陰部に腫瘍が出来ていました。癌ではないので、特別 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 新年あけましておめでとうございます。新しい1年が始まりました。みなさまはどんなお正月を過ごしたのでしょうか〜。私は特別なことのない、いつも通りの日々を過ごしていました。普段からTVもあまり見ないので、正月特番などもとくに見ておらずびっくりするほどいつも通りの日々。なんてことない日が相変わらず幸せです(´∀`)今年はどんな犬と出会えるかな〜。どんな人たちと出会えるかな〜。新しいことも始まるので、気合を入 [続きを読む]
  • 反省は活かさなければ反省にならない。
  • ありゃりゃりゃりゃ!目の回る忙しさにブログ更新を後回しにしていたら、1ヵ月以上更新のないブログに・・・と広告が表示されるようになってしまいました〜!その広告を見て1ヵ月も更新できていなかったことを知りました・・・(´-`;;;;)今、私はまったく余裕がありません!自分がもう3人くらい欲しいなぁと思う程。そして、ふと、思う。「これはダメだなぁ〜」と。私は常々・・・自分自身の愛犬を幸せにできないのに他人の犬を幸 [続きを読む]
  • 子供の頃に思い描いた犬と自分。
  • 犬を迎えたきっかけが人それぞれある。私の場合は、子供のころから動物全般が大好きで「犬を飼いたい!」とずっと親にねだってねだってねだって保健所から初代愛犬を迎え入れたのが最初でした。「犬と一緒に散歩して、遊んで、寝て、ご飯あげて 一番の友達になって暮らしたい!」犬との生活をそんな風に夢見て考えていました。それ以上でもそれ以下でもなく、ただそう思い描いて。自分が子供だったこともあり、”犬のしつけ”につ [続きを読む]
  • 止められない、止まらない興奮の虜。
  • それが楽しそうな興奮でも、イライラするような興奮でも、興奮は癖になります。文字通り、病み付きに。それはなにも、犬だけではなくて、興奮して遊ぶ犬を見ている飼い主さんやトレーナーにとっても癖になるものだとそんな風に私は思っています。延々と続くボール投げ、楽しそうに走って取りに行って持ち帰ってくる犬。また投げて!と嬉しそうに構える姿に「この遊びが大好きね♪」と微笑ましく思い、また投げる。犬も投げる側も” [続きを読む]
  • 犬に信頼される人とは。
  • 犬に敬遠される人になるには?と考えてみるのはいかがでしょうか。それを考えていったら、犬に好かれる・信頼される人像が見えてくるのではないでしょうか。嫌なことをしてくる・・・やめてって言っているのに無視する・・・頼っても無駄・・・つらい状況から救い出すどころか放り込む・・・気持ちを理解してくれない・・・上記のあたりを全部やっていたら犬にはまず信頼されないでしょうね〜。相手が犬でなくても嫌がられるでしょ [続きを読む]
  • 11月のようちえんクラス開催日
  • 11月も元気にようちえんクラスを開催します。11月の開催日は以下の通りとなります。お申し込みは先着順となりますので、ご希望の方はお早目にどうぞ〜♪① 11月10日(木) 12:00〜16:30 ② 11月17日(木) 12:00〜16:30③ 11月24日(木) 12:00〜16:30ようちえんの様子や詳細はABC Dog club!よりご確認いただけます。先日行われた青空教室の模様も、ご覧いただけます。↓ 1ポチの応援ありがとうございます(´-`)更新頻度が [続きを読む]
  • 犬の表面だけの問題より、全体を見よう。
  • 11月の私のセミナーのお題は『犬とストレス』です。先日、気合を入れて書いた記事が幻のように消え去り(涙)その後の続きをまるで思い出せないので、セミナーのお題である”ストレス”と先日の記事のテーマになるはずだった”吠え”を絡めて私の考えを書き綴ります。スミマセン、スミマセン、スミマセン ( ノД`)愛犬の吠えにお悩みの飼い主さんには「えぇ!?」と思われてしまうかもしれませんが、犬の吠えに関して、吠えた吠えな [続きを読む]
  • 犬も犬を見て、知る。
  • やることが山積みで現実逃避しそうになりがち★B-Paws中沢です。すみません、更新が滞っているうえに、以前途中で消えた記事の続きではありません・・・。愛犬の喜怒哀楽を読み取れますか?100%でなくてもいい、大体わかりますか?巷には犬のボディシグナルを丁寧に解説しているサイトや本が溢れています。それでも、どうも愛犬の気持ちが読み取れないと云う方は少なくありません。聞いてみると、難しく考えすぎてわからなくなっ [続きを読む]
  • 青空教室ご報告①
  • 見事な秋晴れとなった16日の青空教室は楽しく終えることが出来ました。参加者の皆様、ありがとうございました★オンラインアルバムをご用意しています。そちらへアクセスいただき、合言葉を入力いただけるとお好きなお写真をダウンロードしていただけます。合言葉とURLは、後日個別にご連絡差し上げますので今しばらくお待ちくださいませ♪↓ 1ポチの応援ありがとうございます(´-`)更新頻度が下がっていてスミマセン!☆…☆…☆ [続きを読む]
  • うちの子事情。
  • 前回の記事が悲しいことになりまして・・・皆様からは励ましの声と共に「続きを〜」と言っていただき、ありがたい限りです。がっ!!!!続きはちょっと置いておいて。自分自身の気分転換記事を書きます。今年の5月に我が家の仲間入りをした黒猫の”くろまめ”。自由奔放な女子です。そんなにゴロゴロと喉を鳴らして壊れないの?と思うくらい、すぐにゴロゴロと心地よい重低音を響かせる。猫のそうしたゴロゴロ音は、主に喜びを表 [続きを読む]
  • すぐに"吠え"変換する犬たち。
  • 犬の吠えにお悩みの方は少なくありません。何かを知らせてくれるよう、吠える犬を選択交配してきた歴史があり、さらに人気犬種に関していえば、乱繁殖による身体的な問題点や気軽な交配によって吠えやすい個体が多いのは間違いないと思う。それを理由に「だから仕方ないよ」とは言いません。でも、そうした背景があることは忘れてはならないことだと思う。吠えにはいくつもの種類(というか意味)があるのは当然で、・・・てここか [続きを読む]