こそだねっと さん プロフィール

  •  
こそだねっとさん: こそだねっと
ハンドル名こそだねっと さん
ブログタイトルこそだねっと
ブログURLhttps://kosoda.net
サイト紹介文子育ての疲れやストレス、悩む前に「良い意味で手抜き」しましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2016/02/22 22:30

こそだねっと さんのブログ記事

  • 粉ミルクは安全?母乳との違いは?3つのオーガニックミルクもご紹介!
  • 出産後すぐに母乳が出ると思っていた私は、粉ミルクについては無知でした。言われるがまま、病院で使われていた粉ミルクと同じものを1缶買いました。なんとなく不安だったのを覚えています。 そんな粉ミルクは、どれだけ母乳に近づいたのでしょうか。また、粉ミルクの安全性はどのようなものか調べてみました。 粉ミルクはどうやってつくられているのでしょうか女性が社会進出している今、粉ミルクは欠かせないものになってきてい [続きを読む]
  • アブに刺されたらどう対処すれば正解?患部を洗う?冷やした方がいい?
  • 夏と言えば、山!川!キャンプ!!ですが、山や水辺には、アブがいるんですよね・・・川遊びに夢中になっていたら、アブが近づいてきて「ブスッ!」なんてことも珍しくなく、夏になるとアブに刺される被害が多発します。アブは、一見大きなハエのような見た目をしています。が、刺された時の痛みは蚊や蜂とは比べ物にならないそうで、噛みつかれたような痛みが走るのだとか・・・楽しい夏のレジャーを楽しめるよう、今回はアブに [続きを読む]
  • 離乳食のライスシリアルは、簡単に作れて赤ちゃんも大好き! 
  • 日本での離乳食は、まずは10倍粥といわれています。しかし、私が住むオーストラリアでは、じゃがいも人参果物または「ライスシリアル」で離乳食を、と言われました。ライスシリアルは日本ではなかなか手に入らないかもしれません。ですが、とても便利なので、経験とともにご紹介したいと思います。 赤ちゃんは離乳食を簡単には食べてくれないわが子は日本人だからまずは10倍粥で、と始めました。初めての離乳食、ママがんばり [続きを読む]
  • 乳腺炎のしこりの取り方。現役ママが教える簡単なのに効果的な方法!
  • 大変な出産が終わり、可愛い赤ちゃんとご対面とっても嬉しい時間ですね。ですが、やっと大変な出産が終わって、やれやれと思ったのも束の間…。これから、またまた大変なドタバタ育児が待っていますね。出産後の悩みといえば色々ありますが、授乳に関する悩みも多いですね。特に、胸の張り、チクチクとしたシコリやだるさ等、乳腺炎の症状を体験する人も多いですね。今回は、乳腺炎のしこりの取り方についてお話しします。 こんな [続きを読む]
  • 乳腺炎になりにくい食事って?メニューに取り入れたい食材いろいろ。
  • 大変だった妊娠期間を無事に終え、赤ちゃんとようやく対面!いよいよ赤ちゃんとの幸せな毎日が始まりました。でも・・・もちろん幸せだけではありませんよね。最初の難関は母乳。特に乳腺炎が心配です。 おっぱいが張ってガチガチになってしまったり、赤ちゃんがうまく飲んでくれなくて悩むお母さんは多いのではないでしょうか。いつ乳腺炎になってしまうのか・・・、毎日心配と隣り合わせ。母乳は赤ちゃんにとって、栄養の宝庫で [続きを読む]
  • 授乳中のキムチ鍋はダメ?母乳が辛くなる?どうしても食べたい時は?
  • キムチ鍋って美味しいですね〜、たまにですが無性に食べたくなる時があります。また、色々な野菜やお肉、海鮮、お豆腐など入れられるので栄養たっぷりで、体に嬉しい事ばかりですね。しかし、授乳中のママさんは、キムチなどの匂いの強い食品は、少々注意しながら食べないといけません。よく保健センターや助産院では「授乳中はあまり匂いの強い食品や辛いものは避けましょう。」と言われます。が、実際はどうなのでしょうか?今回 [続きを読む]
  • 授乳中にカレーは食べちゃだめ?どうしても食べたいなら方法はある!
  • 授乳中は、食べる物の制限が多くて大変ですね〜。アルコールから始まって、カフェインなどの飲み物はダメ…。脂っこいものがダメ…冷たいものはダメ…辛いものはダメ…etc…。ん??なんだか…一般に言われている美味しい物、みんな駄目じゃないの…。妊娠中も食べる物の制限が多かったので、「出産したらやっと制限が外れる!何食べよかな??」と楽しみにしていたものです。でも、そう思ったのもつかの間で、授乳中もやはり制限 [続きを読む]
  • 妊婦はキムチ食べてもOK!効能がすごい!ただし、食べ過ぎには注意。
  • 私の住んでいるオーストラリアには、辛いものをほとんど毎日食べる人種がたくさんいます。毎日カレーを食べるインド人。トムヤムクンを食べるマレーシア人。そしてキムチを食べる韓国人。特に韓国人の友人いわく、キムチやキムチ鍋がお腹の子供に悪影響与えるなんて考えられないといっています。もちろん、その友人は妊娠していても変わらずキムチを食べています。とはいえ、私たち日本人は、毎日キムチを食べているわけではありま [続きを読む]
  • 妊婦はパンを食べても大丈夫?避けたいパンとおすすめパンをご紹介!
  • さわやかな朝、焼きたてのパンの良いにおいで目覚めるのはとても心地がいいものです。我が家の下の息子はパンが好きなので、焼きたてパンの匂いですぐに起きてきます。でも、上の娘はパンよりご飯が好きなんです。同じように育てても、不思議と好みが違います。思えば、妊娠しているときから違いがありました。娘のときは、「パン食べたい」と思いませんでしたが、息子のときは、パンばかり食べていたような気がします。しかし、妊 [続きを読む]
  • レバーの栄養は女性に嬉しい効果が!ただしビタミンAの摂りすぎ注意
  • 昔から、貧血気味の私を心配して、母はよくいろんなレバー料理を作ってくれました。特に好きにはなれませんでした。しかし、食事に出ればちゃんと食べていたので、学生のころ貧血で倒れたりすることは少なくなりました。レバーは、内臓の中では最も栄養が含まれていて食感もやわらかいのです。これを上手に摂取することは健康への近道となります。今回は、そんなレバーを詳しくご紹介しますね。 レバーの効果・効能レバーには、様 [続きを読む]
  • 子供の性格は親の影響をどれぐらい受ける?特に母親との関係が重要!
  • 子供たちを見ていると、、、面白いなあって思います。優しい子、ちょっと意地悪な子、面白い子、とんでもない子、etc、etc、、、。本当に色々な子がいますね。ところで、子供の性格って何で決まるのでしょうか?親でしょうか?環境でしょうか?はたまた何なの?でしょうか?今回は、子供の性格と親について、お話をしていきたいと思います。 カエルの子はカエル?昔から言いますね、、、。「カエルの子は、カエルだって」変な意味 [続きを読む]
  • いちじくの栄養は女性に効果大!不老長寿の果物と呼ばれる理由とは?
  • いちじく、美味しいですよね。私が子供のころは、家の近所にイチジクの木がありました。それを、友達とみんなで取ってよく食べました。また、鳥との取りあいで、気付くと無くなっている・・・なんて事も良くありました。大人になるにつれて、いちじくを木から取ることも、お店で買うこともあまりなくなり、食べなくなってしまいました。でも、時々お店で売っているのを見かけると懐かしくなるんですよね。あの優しい甘さが。いちじ [続きを読む]
  • スイカには栄養たっぷり!リコピンを始め、高血圧を防ぐ実験結果も!
  • 夏の絵葉書やポスター映えるスイカは夏の風物詩ですね。スイカと聞いただけで、夏や海を想像してしまう人も多いのではないでしょうか?でも実は、スイカって夏の風物詩なだけではないんです。甘くて美味しいだけじゃなく、実は色々な栄養があり、色々な効果が期待できるのです。今回は、スイカの栄養についてお話していきましょう。 スイカの効果。赤色はリコピン甘くて美味しいスイカ、昔から夏の水分補給として使われてきました [続きを読む]
  • うなぎの栄養が夏バテに効く理由に納得!やっぱり食べたくなりますよね?
  • うなぎと言えば「土用の丑の日(どようのうしのひ)」が連想されますね。土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、夏の暑い日に夏バテを予防するという意味合いがあるようです。つまり、うなぎには夏を乗り切る栄養が豊富ってことじゃないでしょうか?(一説には、商人がうなぎを売るために、考案したとの説もありますが・・・)さて、今回はうなぎの栄養について色々とお話しをしていきましょう。 うなぎの効果夏バテといえば、うな [続きを読む]