すぴか さん プロフィール

  •  
すぴかさん: 憂鬱な私のひとりごと
ハンドル名すぴか さん
ブログタイトル憂鬱な私のひとりごと
ブログURLhttp://spica227926.blog.fc2.com/
サイト紹介文気が付いたら50代。心の病気を卒業して私の中のワタシを変えられるのか・・・。
自由文上手にストレスを吐き出せない私の心の日記にしていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供274回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2016/02/22 23:49

すぴか さんのブログ記事

  • 一緒に連れて行くという発想
  • 桜の花が 散ってしまった何をやってんだよ、私あんなに想ってるようなこと言っといて肝心なこと やってないじゃない母が亡くなる時毎日のように 病室の窓から外を見て「桜は もう咲きそう?」と 何度も 私に聞いてきた私は「退院するころには満開だよ、お花見しようね」そう言ってたのに桜が咲くのを待たずに 突然逝ってしまったあれから桜が咲くと カメラを持って 桜を見に行く母が可愛がってた わんこも連れて 写真をいっぱい撮 [続きを読む]
  • 笑ってみようか
  • 今日は 4月20日私たち夫婦の結婚記念日だだからって 特別なんだということはない結婚何年目だったかも忘れた夫も きっと覚えていない誕生日とか そういう記念日とかに興味がない去年もブログに書いたけど毎年の事だから別にいいんだで、娘が去年と同様に GWに お父さんと旅行してきてって ホテルを予約してくれた去年は 全然 行く気はなかったんだけど娘が結婚記念日のプレゼントだからっていうので行って来たけど予想通り つま [続きを読む]
  • 大切な事を気づいた私は・・
  • もし・・夫と離婚していたら今の私は どうなっていただろう自立して 1人暮らしを満喫しているだろうかいや、それはない過去のトラウマを ズルズルと たくさん引きずって鬱になると なかなか立ち直れない私の自立した姿なんて想像も出来ない夫は私の事を いつも冷たい言葉で追い詰める「頑張れ」「負けるな」「諦めるな」なんてそんな励ましの言葉は言われたことがないそのたびに 私の心は傷つき どん底に落ちる何度も何度も この [続きを読む]
  • 嫉妬
  • 去年の暮れから実家に戻り父と暮らしてる妹私の家と実家は近いので仕事の帰りに寄ったりしている今週末妹と温泉に行くことになっているのでその話をしたりしているのだが妹に 「お母さんの夢を見た」と言われた夢の内容はお母さんが 後ろ向きにいたので妹は 後ろから抱きついたのだそうだ「お母さん」って言って背中に顔をうずめると確かに お母さんの香りがしたお母さんは 振り向いてくれなかったけどでも温もりと香りを しっかり [続きを読む]
  • 妹との約束
  • 数日前から 腰痛が酷い特に右側これは あれだな坐骨神経痛の前兆だ数年前になったとき整形外科に行ったけど 飲み薬と湿布だけで全然治らなかった知人の紹介で 鍼灸院に這うように行ったら3日通って治ったそれからは ちょっと怪しいなと思ったらすぐ行くようにしている私には どうやら鍼が合うようで他の神経痛も治る先生の腕がいいのか 先生との相性がいいのか薬を飲んだり 湿布を貼ったりして何日も傷みに堪えるよりは ずっといい [続きを読む]
  • 愛しのイ・ジュンギ様は1人で見るの!
  • 金曜日の夜が 待ち遠しいWOWOWでやってる 韓国ドラマを観るから前に書いた記事ときめいてもいいですか私、恋をしましたイ・ジュンギさんが とっても素敵毎週 ドラマを観て ときめいている金曜日の夜放送 10分前に テレビを付けて ソファに座るやることは 全部やってあるから気持ちよく観れるぞわんこが ソファに上がって 私の横で寝ている大人しくしててね一緒に観ようね始まった!先週の続き どうなるのか気になって、気に [続きを読む]
  • 底辺の景色を見たことがあるか
  • 落ちる無抵抗に 無気力にただ 落ちて行く途中で つかまるところがある手を伸ばせば届く場所なのにわかっていても 何も出来ないそして底まで落ちると座り込む石になったかのように動かない真っ黒な世界音のない世界時間のない世界私は「無」になる今まで 何度見た景色だろうでも私は 這い上がってきたふと 上を見上げると ちいさな光を見つけたからその光に向かって 外の世界に出られたあの光は 誰が照らしてくれたものなのかそして [続きを読む]
  • 欲張りな瞳
  • 最近 思う私は 実は 幸せなんじゃないか、って・・過去のトラウマはあるそのために 何度 苦しんできたかわからない人生を 終わらせようとしたこともある自分が大嫌いでだから 誰も愛せない夫から 離れられないそれは 夫から 長い時間をかけて心を支配されてきたからだと思っていたでも実は そうではなくて 私が夫に依存しているからじゃないか色々な考え方が以前とは 少し違ってきたような気がするそしたらね、周りにある色々な 「 [続きを読む]
  • 静寂な世界が好きだった
  • 雨が嫌い風が嫌い太陽の眩しさが嫌い人ごみが嫌い好きなものは 深夜の星空音のない世界ひとりぼっち子供の頃 外で みんなと遊ぶのが苦手だった家に引きこもり本を読んだり 絵を書いたり 空想してひとり遊びをするのが好きだったそして深夜になると 家族に気が付かれないようにこっそりと布団から出ると窓を開けて 星空を見る時には 家を出て 外で見る事もあった満天の星空の下で 時間が経つのも忘れていたあたりは 誰もいない静寂 [続きを読む]
  • 私の夫は ずる賢い
  • 義妹の件大学病院で 脳の難しい手術をして後遺症のため 障害が残り今は 近くのおばさんの計らいで 老人ホームに避難している老人ホームに避難・・というのは 実は 以前から 義妹は旦那さんから DVを受けていて障害者になった義妹に イラついたのか「出て行け!」と言って義妹も我慢出来ず 家を出たのだ先日 ようやく 義妹の旦那さんと連絡が取れて今週末に 第三者の人を交えて話し合いをすることになったで、話は違うけど私は 義妹 [続きを読む]
  • 嫌な事を拾い集める人生
  • 私は気が付くと いつも 過去の嫌だったこと、辛かったこと、悔しかったこと、悲しかったこと・・必死で探してる忘れないように 拾い集めているそんなことをしているから 前に進めない楽しい事を 考えたらいいじゃないこれからの未来の事を 想像したらいいじゃない過去の過ちばかり 何度も思い出して苦しんで 泣き叫んでそれが何になるのそんなことは わかってるでも私は 同じ過ちを繰り返さないために忘れることは 許されないのだ [続きを読む]
  • 私、恋をしました
  • 日曜日の朝いつものように わんこの散歩をして朝ご飯食べて 洗濯して お掃除して・・ソファに座ったら部屋の中いっぱいに お日様が入ってる静かな時間ゆっくりと 時が流れて 違う世界に行ってしまいそうわんこが 気持ちよさそうに寝ている私も 一緒に寝てしまったふと、目覚めると私の胸は ドキドキしているこのときめきは ずっと大昔に味わった あれだ憧れ、片思い、恋・・私は 夢の中で 違う世界に行って大好きな人に 会って来た [続きを読む]
  • 私の分身。不思議な関係。
  • いつも どんな時もその大きな 丸い瞳で私の姿を 追っているそしていつか 目が合う事を期待している私が動くと 一緒に動くまるで 影のように後を付いてくるわんこは 不思議言葉が しゃべれないけど私の事を 何でもわかっている人間は そうはいかない言葉をかわしても 文章で表現してもなかなか相手に想いが伝わらないでもわんこは 私の事を理解している信頼しているそして 決して裏切らない散歩の時私が調子がいいと わんこは軽快に [続きを読む]
  • 自分の事となると・・
  • わんこが てんかん発作を起こしたうちのわんこが てんかんを発症したのは 3歳の時だった突然の事で 驚き すぐに病院に連れて行ったそこの先生は 特に何の検査もしなくてすぐに 「てんかんですね」と診断したそして「薬を出しておきますから」と言われたけど私は 本当にそれだけでいいのか納得いかなかった先生はてんかんの原因は気圧の変化、ストレスなどによるものが多いあとは・・脳に腫瘍が出来ている場合もあるけどそれは 全身 [続きを読む]
  • 無理をして何かを始めようなんて思わない
  • 私のブログを見てくれてる人の中にはこの人って いつも同じような事ばかり書いてて全然 進歩がないなきっと そう思ってる人が たくさんいると思うでも実は 違う私は 微妙に ほんの少しずつだけど 前に進んでるのろまな亀のようにいつかは ゴール地点まで行けるかもしれないまぁ、その前に 生きることが終わってしまうかもしれないけど立ち止まっては 休み、そして また歩き出すもう 私には 残された時間が あとどのくらいあるのか [続きを読む]
  • 気持ちの変化
  • 気分が落ち込んで 鬱っぽくなると必ず過去の嫌な出来事が フラッシュバックする今回 どうして「あのこと」が現れたんだろういや、いつも忘れてはいなかったけどどうにもこうにも 執拗に脳裏から離れなかったきっと何か引き金があったのだろう私は 幼いころから父親に否定されて生きてきた自分の意思は持てず 従うしかなかったすべてを支配されそして それが当たり前になっていっただから何かをしたいと思った時も 我慢をして失敗し [続きを読む]
  • 自分の事を許す勇気
  • チャコさん、小手鞠さん、ピーちゃんこさん、コメントを ありがとうございます何度も何度も 読みましたそして 私の中の何かが ほんの少しだけど吹っ切れたような気がしました私は ずっと悔いてた気持ちをそして それは 終わりのないことをもしかしたら 誰かに否定してほしかったのかもしれないもう いいんだよじゅうぶん償ったんだから 幸せになっていいんだよその言葉を 心のどこかで待っていたのかもしれない手を合わせて懺悔し [続きを読む]
  • どうしてもブログに書けない
  • 昨日は わけのわからない記事を書いてしまった私の中で ずっとずっと 重く残っているもの忘れられない忘れてはいけない私が犯した罪だから一生 償わなければならないから毎日 心の中で懺悔している悔いても悔いても それを誰が許してくれるだろうブログに吐き出してしまおうと思った文章にしてみたら 少しは楽になれるかと・・いや、楽になるなんて思っちゃいけないでも 救われるかもと思ったあの時の事を書いてみたそして 自分の [続きを読む]
  • 私はこの罪を背負って生きていく
  • 20歳のころだった私は 過ちを犯したそれは 自己中心的なもので決して 許されることではなかった私は 子供過ぎたその状態が 「しあわせ」なのだと勘違いして罪の意識はなかった将来の事など 何も考えずその日その日が ただ過ぎていくことが当たり前になっていた当然 罰が下された私は 1人になり生きるすべを失った私は 私という人間を捨てたでも神様は それだけでは 許してくれなかったそのあと私は最も最悪な 最低な罪を犯した [続きを読む]
  • チャコさんのコメントで気づかされたこと
  • ブロともの チャコさん からのコメントです今日のブログを見て、思った事があります。自分の事を、子供みたいだと思ってますよね。きっと、子供の頃からの感情が成仏して無いんだと思います。同僚の方に言いたい事は、たぶんすぴかさんのお父様に言いたい事でもあると思います。子供の頃・・・なぜか嫌われたなぜか怒られたなぜか叩かれた何でか分からないのに、された事や言われた事、理解出来なかった事って、大人になっても消 [続きを読む]
  • 意地悪な私
  • 職場の男性が辞めると聞いてから私は 彼と クチをきいてないなんて大人げない子供のような私もともと彼とは 価値観が合わなくて彼は 私のストレスの原因だったからね今までは こんな人もいるんだから仕方ないって 思うようにしようそう思ってても 私の体調が悪い時とかやっぱり我慢出来なくて つい攻撃的になってしまう上司が何も言わないんだから私が あれこれ言うべきではないんだけど攻撃しないと ストレスが溜まるまぁ、私のた [続きを読む]
  • ときめいてもいいですか
  • 花粉症が酷い今年は 特に酷いと、毎年言ってるような気がするけど鼻水、くしゃみが止まらない特に 目が痒くて 目玉を取り出して洗いたい心境だ薬は 毎年 病院から貰って飲んでるんだけど本当に 憂鬱でたまらないそんな憂鬱な気分を ちょっと忘れさせてくれるものがある実はたまたま WOWOWで見た 韓国ドラマに ハマってしまった夫と娘は 決算期で 帰りがめちゃくちゃ遅い私は わんこの散歩して 1人夕飯して お風呂に入ると録画 [続きを読む]
  • 職場の男性の退職は私が原因?
  • 昨日 上司と話をしていたら職場の男性が 退職することになったということを聞かされた3月いっぱいで辞めたいと言われたけどさすがにそれは 会社としても急な事なので5月いっぱいにしてもらったそうだ30年も働いて 急に辞めたいだなんてよっぽどの理由があったのだろうと思って上司に聞いてみたら 話をそらされた何?私には 言えない事?私は その男性とは 仕事が 一緒だったので余計 気になったどうして 私に相談してくれなか [続きを読む]
  • 3月の冷たい雪
  • あの時・・6年前の 3月いっきに気温が上がり暖かい日が続いた病室で 母と話をしていたら母が言ったそろそろ桜は咲きそう?私がうーんそろそろかな、退院する頃には咲き始めるよ母は 毎日 窓を見ながら同じ質問をしていた母が亡くなった あの日の夜病院を出て 駐車場に向かうと雪が積もっていた昼間 あんなに暖かかったのに 急に寒くなったのだ真っ暗で あたりは 静まり返っていたただ雪だけが 音もなく 何も見えない空から舞い落 [続きを読む]
  • 離婚したい妹。離婚させたくない兄。
  • 義妹と夫の意見が分かれててどうしていいかわからない私旦那さんに出て行けと言われて取り敢えず 老人ホームに避難している義妹私は 「離婚」ということを前提に義妹のこれからのこと特に 義妹に合った施設を あれこれ探して夫に相談したそんな私に対して 夫は俺は 絶対に離婚はさせないあいつらは 自己中だ自分のことしか考えてなくて 相手のことを思ってない幼い子供が 2人もいるのに自分の事だけで 頭がいっぱいでこうなった事 [続きを読む]