武蔵(たけぞう) さん プロフィール

  •  
武蔵(たけぞう)さん: 武蔵のめだか三昧
ハンドル名武蔵(たけぞう) さん
ブログタイトル武蔵のめだか三昧
ブログURLhttp://ameblo.jp/sounan2179/
サイト紹介文めだかを中心にザリガニやその他の生き物の紹介や飼育についての記録的内容
自由文飼育めだかの紹介・飼育について・日々思うことなど気ままに更新していきますので宜しくお願い致します。
ヤフオク出品めだかなども掲載していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/02/23 10:01

武蔵(たけぞう) さんのブログ記事

  • 黒蜂ヒカリの黒さの変化にびっくり・・・・ポン!!!
  • オロチ血統の凄さに・・・・実感!! ヤフオクにて昨日即決された黒蜂ヒカリ(オロチ血統)。 毎日飼育観察していると、黒さの変化にあまり気がつきません。何となく黒くなったな〜と思う程度でした。 改めてSMサイズから現在のMLサイズまでの画像を確認しました。2ヶ月足らずでの変化にびっくりです。 今日はその黒さの変化を画像を確認しながら見て生きたいと思います。 まずは2月7日撮影でこのブ [続きを読む]
  • 魔王<改>のオロチVer  作出スタート
  • 魔王オロチVer の 固定化計画 オロチヒカリ♂ × 魔王の交配を繰り返し F3でヒレ光や点光が出てきました。そのF3の中から黒い♂♀を選別しそれぞれ魔王を始めました。 今回、下記の2つの掛け合わせ水槽で交配をスタートしています。◎第1水槽・・・ロチヒカリ・魔王改F3 ♂  × 魔王<改> ♀◎第2水槽・・・魔王<改> ♂ × オロチヒカリ・魔王改F3 ♀ 要するにオロチ [続きを読む]
  • 黒蜂ヒカリ(オロチ血統) 産卵が始まりました。
  • 黒蜂ヒカリ(オロチ血統)が産卵揃い踏み 黒蜂ヒカリの種親を選別してセッティングしたのが2月中旬。2月下旬に1匹の♀が産卵を始めました。その♀は黒系の♀ こちらが、その黒系の♀黄金ヒレ系の♂♀に比べ、やや体色が薄く感じますがかなり黒いのです。要するに黄金ヒレの♂♀が黒すぎる(言い過ぎかも)のかもしれません。横から見てこのレベルの黒さは価値があります。 黒系の♀の産卵は天気の良い日差しのあ [続きを読む]
  • 虹ラメ 種親を選別
  • 虹ラメ・・・・・・・レインボーラメ の紹介  カラフルな七色の虹ラメが登場して早2年が経ちました。今でも高価な値で販売されていますが、当時は黒系のみで1ペア20000円〜30000円はしましたね。 当時の黒みゆき虹ラメは非常にデリケートで水質が変わったりするなどの環境の変化に弱く、種親が1年以上生存することは難しかったような気がします。我家も例外なく、そのパターンで購入後1ヶ月あまりで1 [続きを読む]
  • ザリガニ マンション
  • ザリガニマンションの紹介ザリガニも大きくなるに連れ、食欲も旺盛になり、共食いのリスクも高くなってきます。共食い防止として水草や流木で非常食兼隠れ家を多めに入れておいても狭い水槽の中では限界があります。 そこで500mlのペットボトルを半分に切り、水槽の中に入れての個別飼育を始めました。2Cm程度のザリガニも今では3Cm〜4Cmになっています。脱走も出来ず、狭いペットボトルの中で日々成長してお [続きを読む]
  • 黒蜂ヒカリ (オロチ血統) ヤフオク出品
  • 黒蜂のヒカリ体型の固定化への取り組み と 画像紹介 昨年最初に行った掛け合わせは、黒蜂の♀×オロチヒカリ♂との交配。 ・・・・で、当然F1が生まれてきました。 F1にはヒカリ体型でない薄い黒蜂系の固体ばかりです。その、F1×F1で・・・・当然F2が生まれ・・・そのF2の中に待望のヒカリ体型が生まれてきたのでした。でも、体色は薄め。。。困った! そこで戻し交配に突入・・・・!そのF [続きを読む]
  • ゴミ箱水槽の住人
  • 今日から3月。今年の冬は例年に比べ厳しかったですね〜。屋外水槽のめだか達も水面に上がってくるようになって来ました。風の通りのよい場所で冷え込みがきつい場所のプランターは地面に半分埋め込んだおかげで寒さでやられためだかは少なかったようです。 今日は屋外水槽についてお話したいと思います。 昨年ゴミ箱を利用した水槽を紹介しましたが、現在の住人(めだか)をご紹介します。朝晩、波板でカバーを掛けて [続きを読む]
  • 柿の落ち葉の効能
  • 下の木は我家の柿ノ木の状態です。 寒い冬には柿の葉はすべて落ちて、幹と枝だけです。寒々しいですね。 この柿木は我家の柿ノ木なのですが30年前に植えた木です。毎年、秋には柿の実がなります。(表作・裏作はありますが)実がなる頃から少しづつ枝から葉がひらひらと落ちてきますね。(当たり前ですが・・。) めっきり冷え込む11月末頃には、ほぼ全部の葉が落ち葉になります。めだかを飼う前までは、柿の葉の [続きを読む]
  • オロチヒカリ×魔王<改>のF3 
  • オロチヒカリ × 魔王<改> のその後 昨年の秋からオロチのヒカリ体型と魔王<改>の交配を始めました。ねらいはオロチの体質改善(虚弱体質)をテーマに黒い魔王<改>を交配相手に選び、交配を開始いたしました。 まずは最初の交配時の種親の画像です。左がオロチヒカリ体型、右が魔王<改>です。オロチヒカリは♂、魔王<改>は♀を使用しました。それが下の画像です。こちらがF2画像。あいにくF1は画像 [続きを読む]
  • 自作・・・水槽のセパレーター
  • 効率よく飼育するためのアイテム・・・自作セパレーター 紹介 市販されているセパレーターは水の通りも悪く貧弱であるため、ここ数年は自作しております。今日はその自作セパレーターの紹介です。 上の画像は自作セパレーター使用の60Cm水槽です。めだかの飼育水槽にも使用していますが、上画像はザリガニ水槽です。 これが自作のセパレーターです。ホームセンターでアルミ角棒を購入(1m・・・約300円) [続きを読む]
  • 最高峰の月虹 2月16日(木)出品の♀2匹
  • 美しすぎるボディ・・・螺鈿光 月虹 ♀2匹を画像で紹介 螺鈿光 月虹の飼育を始めて3年余り。当初は複数のごちゃ混ぜ交配で固体のグレードもまちまちでS級l固体とB級・C級固体も色々と生まれてくるお粗末な交配を行っておりました。 そこで選別にこだわりを持ち、綺麗な体型・光彩の♂♀で交配を切り替えました。その後は背曲がりもなくヒレも綺麗な固体が多く生まれてくるようになりました。 まずは画像を見て [続きを読む]
  • 富士牡丹系 ヒレ長 親子水入らずの・・・3匹
  • 富士牡丹系 ヒレ長の紹介 富士牡丹×3色系ヒレ長の交配を重ね今に至っている3匹です。 大きめの♂とやや小さめの♂♀は親子です。あいにく♀親固体は☆になってしまい、現在は父子家庭の状況です。 上の固体が父親めだかです。下2匹が息子と娘です。娘は卵をぶら下げていますね。 父親と娘のツーショットです。父親は色上がりが進んでいます。 富士牡丹の系統ですが紅富士のような柄です。 横 [続きを読む]
  • 丹頂黄パールスポットヒカリ(仮名)の増産
  • 天女 or 王冠白菊 に 似たオリジナルめだかの作出への取り組み クリアブラウンと虹ラメの交配で1匹だけヒカリ体型が生まれてきました。非常に綺麗なパールスポット(白点)が体を覆いつくし、頭頂部には黄色い丹頂が出ています。生憎、♂1匹ということでしたので虹ラメ系の黄丹頂の♀を使って交配を始めました。 頭部と尾ひれにイエロー色が出ています。胴体にはパールホワイトのスポットが出ておりラ [続きを読む]
  • ブルーラムズホーンとレッドラムズホーン 出品中
  • ヤフオク 出品中ブルーラムズホーン と レッドラムズホーン 綺麗なブルーのラムズホーンですね。実は水槽内でLED等の照明を照射して撮影した状態なんです。 これは白い容器内でLED照射での撮影画像です。 大きさは約15ミリ程度の比較的大きめのブルーラムズです。生まれてから5ミリ程度までは茶色又は褐色です。大きくなるに連れ青くなってきます。中には紫色になる個体もいますが青にこだわるには、より青い成 [続きを読む]
  • 黒蜂ヒカリの紹介 
  • 黒蜂のヒカリ体型を作る 昨年9月頃からオロチのヒカリ体型の♂と黒蜂の♀との掛け合わせを行いました。卵はさほど採卵していなかったので数は少ないのですが、生まれてきた稚魚が約30匹。その内、ある程度黒い固体が9匹程度でした。残りの20匹はマダラ模様の固体やかなり薄い体色の固体、黄金色の固体などでした。 現在、9匹の黒蜂ヒカリを2つの水槽に5匹と4匹にわけて飼育しております。2つに分けたのは、 [続きを読む]
  • 富士牡丹の紹介
  • 久しぶりの更新になります。早いものでもう立春。でも、今年はもう少し寒さに警戒が必要ですね〜。 さて、3年位前から富士牡丹の飼育を続けているのですが紅白や3色めだかは選別と手間(色上がりまで時間がかかる)がかかりますのでなかなか数を増やせません。しかし、今年は少し気合を入れてよい個体を選別しながら数を増やしてみようかと思っています。 富士牡丹を知らない方のために少し説明をしたいと思います。&nb [続きを読む]
  • ヤフオク出品 こだわり1ペア出品 鳳凰<改>・宝鱗無双
  • ヤフオク出品 出品中のこだわり1ペア出品シリーズ第3弾・4弾の紹介です。 まずは・・・宝鱗無双の1ペア+お任せ♀1匹 上の画像は♂固体です。光彩の左半分が赤く発光しています。 続いて♀固体の画像。左右両方とも赤く変色しています。通常は黄色と赤の混合色ですが一瞬このように赤く変化します。 通常の光彩の様子。赤くなってはいますが上画像ほど赤くなって降りません。今後の成長で更に変化(進化 [続きを読む]
  • あかり系 みゆきダルマ ヤフオク出品中
  • あかり系 みゆきダルマ  M(2.0〜2.5Cm) 3ペア 6匹 現在、ヤフオクに出品中です。綺麗な背中の光とダルマのプリプリ体型をご覧下さい。 1匹だけ、口先まで極太の黄金のヒカリがでている固体がいます。 やや長めのダルマ体型が混じっています。 短い本ダルマ(2頭身ダルマ)も混じります。右側の固体は当初はヒカリがなかったのですが頭頂部にヒカリが出始め現在のようになっています。(丹 [続きを読む]
  • 我家のザリガニ達
  • 新年 あけましておめでとうございます。 この時期はザリガニの恋の季節でありまして、我家でも例外なく恋の真っ只中のペアやすでに恋も終わり愛の結晶の段階の固体もいます。 今日はそんな我家のザリガニを画像で紹介したいと思います。 まずは先日(12月29日)交尾を確認したエノプロスターナムのペア紹介したいと思います。このエノプロスターナムは非常に神経質で臆病です。その反面、共食いもあり交尾か [続きを読む]
  • 産卵床について
  • 今回は産卵床について我家で使用している物を画像で紹介しながら持論を展開してみたいと思います。 皆さんは産卵床をどのようにして手に入れてますか?①オークションなどで購入②最初は購入して、自作する。③ネットなどを参考にして自作する。 おそらく上記3点の中のどれかでしょうね。 私は③の自作派です。 その昔は毛糸の産卵床を中心にシュロなども丸めて利用していました。今は研磨剤のアクリル板を [続きを読む]
  • フォトコンテスト 入賞しました。
  • 今年の7月下旬我家に遊びに来る孫は庭木にしがみついて鳴いているクマゼミを直接手でつかむことが出来るようになりました。 昼間に捕まえてカゴに入れて観察した後、夕方には1匹ずつ放してやるのが日課です。 その日も夕方に1匹ずつ「おうちにお帰りー」などといいながら放していたのですが1匹だけその場を旋回したあと玄関の柱に舞い戻ってきてじっとしていました。 孫は心配そうにそのセミを見つめて固まっ [続きを読む]
  • 出品めだか紹介 螺鈿光 月虹 極上 M 2ペア
  • 12月24日(土)出品  12月27日(火)21時終了螺鈿光 月虹 極上固体 Mサイズ 2ペア 4匹 の紹介 ♂固体2匹光彩系の固体は比較的♂より♀の方が派手です。月虹も例外なく♀の方が派手です。 ♀2匹オレンジや黄緑の光彩が綺麗です。今後、この光彩がどんどん進化・変化していきます。 これも♀2匹の画像。見る角度や光の加減により見え方が変わってきます。 銀帯がピカピカです。ヒレも綺 [続きを読む]
  • 日の丸めだかの改良
  • 日の丸めだかの改良版 紹介 2〜3年前から頭部に黄色い丹頂柄が入るめだか(日の丸)を飼育していますが非常に臆病で繁殖も難しく、夏場に広い容器でようやく採卵できる程度です。また、♂♀のバランスも悪く♀が多く生まれて来ます。 色合い、体型と気に入ってるだけに残念です。購入先の業者もいつの間にか販売をやめてしまいました。(やはり、繁殖に難があるからなのか?・・・・・・。) そんな折、みゆき [続きを読む]