おくりもの さん プロフィール

  •  
おくりものさん: 沖縄の民話、音楽、スイーツ日記と断捨離
ハンドル名おくりもの さん
ブログタイトル沖縄の民話、音楽、スイーツ日記と断捨離
ブログURLhttp://ameblo.jp/okuri-mono/
サイト紹介文沖縄の民話中心に、各地の民話を紹介しています。 沖縄旅行記、たまに、スイーツや断捨離も書いてます。
自由文沖縄が大好きで、沖縄旅行へ行くうちに、
沖縄音楽や民話をたくさん集めるようになりました。明るい民話、楽しい民話を中心に、ご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/02/24 07:57

おくりもの さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • オーラと呼吸法のおはなし。その4
  • 今回は、強いオーラについて、お話しましょう。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜呼吸法で、人は、変われるのか。強いオーラになれるのか。そう思う人も、多いかと思います。はたして、呼吸法で、自分の望む方向へ、行けるのか。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜私は、ここを読んでるあなたよりも、誰よりも、心に不安が多いかもしれません。怒 [続きを読む]
  • オーラと呼吸法のおはなし。その3
  • 目の前を見てみましょう。目の前に見えるのは空気です。この空気は地球一周の大きさを持っています。この地球一周の大きさの空気とつながれれば、エネルギーのあるオーラになれます。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜前回は、正しいオーラについて、お話しましたが、今日は、オーラについて、もう少し深く掘り下げてみましょう。オーラは、身体を左右にタテに切ってサンドウイッチのように二枚のカ [続きを読む]
  • オーラと呼吸法のおはなし。その2
  • お読みいただき、ありがとうございます。オーラと呼吸法のおはなし、今回は、オーラについて、少し詳しく、お話しましょう。前回、かんたんに、オーラについてお話しましたが、オーラは、誰にでもある「生命エネルギー体」です。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜さらに言うと、オーラとは、その人の持っている「情報データ」です。好き嫌い・健康・価値観・生命力・考えていること・欲しいもの・願望目的 [続きを読む]
  • オーラと呼吸法のおはなし。
  • 現在、私は、オーラと呼吸法について、ヒーラーのかたに、教えていただき、勉強しています。 オーラとか、呼吸法について、よくわからない、というかたも、多いと思います。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^^^^何故、呼吸法が、出てくるかというと、 人が生きてる以上、オーラである、その人のエネルギーは、必ず存在する、 そして、人は、エネルギーを使いながら毎日 [続きを読む]
  • HUG式呼吸法
  • HUG式呼吸法とは、何でしょうか。こう聞かれることも、多いです。まず、ひとの身体の構造とはサンドウイッチのようなもので、できている、とイメージしてみてください。左のカラダと右のカラダが真ん中中央で合わさって出来ています。左右2枚のカラダの間に生命エネルギーがはさまれています。このエネルギーが左右2枚の間から漏れてしまえば病気になったり元気が無くなったりします。意味なく、寂しくなってしまうのも、エネル [続きを読む]
  • オーラと呼吸法の体験☆彡
  • 今、私は個人セッションでオーラと、呼吸を習っています。講座の様子をオーラや、呼吸法に、興味のある人にお見せしたいと思います。そこで、参加者を募集して、体験セッションを開催することにしました。私たちのやっている講座をお見せして、参加されるかたにも、HUG式呼吸法を中心として、オーラや、呼吸法、ヒーリングなどを体験していただきたいと思ってます。ところで、HUG式呼吸法って、なんなの⁉と言うと、人と空気が抱 [続きを読む]
  • 孝行娘と大蛇のいけにえ〜沖縄の民話〜
  • 琉球のある島で、おじいさんと、おじいさん孝行な孫娘が住んでいました。ただ、おじいさんは、体が弱く、働けなかったので、貧乏でした。あるとき、外国から、琉球に人買いの船がやってきました。孫娘は、人買いのところへ行って、私を買ってください、といいました。そして、おじいさんに、お金を届けてくれるように頼んだのです。人買いは、承諾して、お金とお米を、おじいさんのもとへ届けました。おじいさんは、可愛い孫娘を [続きを読む]
  • スピリチュアル個展でハッピーに♪
  • 今日から、一週間、私のお世話になっているかたが、東京 原宿のアートインギャラリーでhttp://homepage3.nifty.com/art-in-gallery/map-3.htm個展を開きます。オーラスケッチの個展です。人のオーラを読み取り、それを絵にして、説明してくれます。オーラ写真の絵画バージョン、と考えたらわかりやすいです。絵を販売しているわけでなく、いろいろなかたのオーラを絵にして来てくれた皆さんに、ご紹介しています。もちろん、入場 [続きを読む]
  • 沖縄の民話〜目次〜
  • 京都三条ラジオカフェで、沖縄の民話と音楽を紹介する番組を放送中ひかりのニライカナイから〜沖縄の民話〜http://radiocafe.jp/201401003/?intro=1 ラジオ放送後、こちらで、朗読した民話をご紹介します。黄金の花 http://ameblo.jp/okuri-mono/entry-11764630448.html カジマヤーのはじまり http://ameblo.jp/okuri-mono/entry-11765317371.html 八つで死ぬ運 http://ameblo.jp/okuri-mono/entry-11765378197.html もの言う [続きを読む]
  • 沖縄の民話〜物知りの知恵〜
  • 昔、沖縄のある村で、正直者で、面倒見のよい若者が、住んでいました。その若者の家のバナナは、とてもよく実ったのですが、ある年、取り入れる前になると、理由なく、枯れてしまったのです。どうして突然枯れてしまったのか、沖縄で評判の物知りに、聞いてみよう。と、思いました。物知りの家は、若者の家から遠く、2日歩かなければなりませんでした。それでも、物知りの家に行ってみることにしました。物知りに会うために、し [続きを読む]
  • 沖縄の民話〜隠れみのと笠
  • 沖縄のある寺の小僧は、お経をあげるのが、嫌いで、お坊さんのお供で、法事を営む家に行くのが嫌でした。なんとかお供を言いつけられないように姿を消して、見えないようにする方法は、ないか、そればかり考えて毎日観音さまを拝んで、願ってました。すると、願掛けから、ちょうど百日目に、夢の中に、観音様が、現れたのです。観音様は、この寺の裏にあるクバ森へ行くと、姿を消すことのできるみのと笠がある。それを着ると、姿 [続きを読む]
  • 東京の民話〜とげぬき地蔵〜
  • 江戸時代、小石川に、病気の妻を持つ侍がいました。そして、毎日、敷地のお地蔵さまを信心していました。侍は、毎日、妻の病が早くなおるように、 「帰命頂礼地蔵尊菩薩(きみょうちょうらいじぞうそんぼさつ)、 と、お地蔵さまを拝んでいました。しかし、妻の病は一向に快くならず、日に日に弱っていきました。ところがある晩、侍の夢の中に、なんとお地蔵さまがあらわれたのです。そして、「奥方の病をなおしたかったら、わ [続きを読む]
  • 二つの村の娘〜長野の民話
  • むかし、長野のある山の、東側と西側のふもとには、それぞれ小さな村があったそうです。二つの村は、昔のささいな争い事が原因で、もう永い間往き来をしていなかったのでした。  時々、山に道を作ろうという話が出るのですが、そのたびに、 「だども、俺らが作っても、向こうが作らねえんじゃ、しょうがなかべ」ということになって、話が消えてしまう。 しかし、両方の村人達は、山に道がないことは、不便でしょうがない。そ [続きを読む]
  • 過去の記事 …