akira さん プロフィール

  •  
akiraさん: ビジネスマンの味方、ウェールズ歴史
ハンドル名akira さん
ブログタイトルビジネスマンの味方、ウェールズ歴史
ブログURLhttp://www.rekishiwales.com/
サイト紹介文ビジネスマンの悩みである人間関係、成果、健康について、イギリス・ウェールズ歴史の役立つ事例を紹介。
自由文「ウェールズ歴史を知ってもらい、人生に役立ててもらいたい」という思いから、ウェールズの歴史を活かしたイベント開催や執筆・講演活動を行っています。
ウェールズに住み歴史を学んだ経験を持ち、モノを売るビジネスマンというキャリアを活かした活動であることも、私の特徴であり強みです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供257回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2016/02/25 08:42

akira さんのブログ記事

  • 姿を変える龍のような滝
  • 皆さんこんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。ざざざざざーーーーーー 激しい水の流れ がっかり冬の滝 夏の滝 滝=龍激しい水の流れ「ざーーーーーーーーーーざーーーーーーーーーー」止めどなく流れ落ちる水止めどなく届いてくる音その巨大な景色に僕は釘付けになる僕は上を見上げるあの水はどこからやってくるのだろうとまることはないだろうか何のパワーが働いて、こんな [続きを読む]
  • 脱出 〜夢と野望の激突 第2話〜
  • こんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。今回から、前回から歴史ストーリーの新連載を始めました。舞台は5世紀前半にかけての、ウェールズ付近の伝説をもとにした創作ストーリーです。www.rekishiwales.com 脱出 その他脱出「アンブロシウス、ウーサー! 早くいらっしゃい! 荷物を持って出かけるわよ!」「はい母上、今日はどこへお出かけするの?」 「しーっ、黙って! 静かにして、急いで [続きを読む]
  • 七つの大罪 アーサー・ペンドラゴンの意味
  • 漫画七つの大罪では、1巻でこんな場面が登場しました。誰も抜くことが出来なかった地面に刺さった剣を、主人公のメリオダスが簡単に抜いてしまうシーンです。このシーンは、伝説の英雄のシーンにとてもよく似ていますよね。そうです。岩に刺さった剣をアーサーだけが引き抜くことができ、ブリタニア王になるという、アーサー王物語の一場面です。※参考記事www.rekishiwales.comもしや、主人公のメリオダスがアーサー王みた [続きを読む]
  • アーサー王の城 キャメロットはどこだ
  • こんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。皆さんは、分からないんだけど気になっているものは、あるでしょうか?僕の場合、とてもマニアックですけど、「アーサー王の宮殿があるキャメロットはどこにあるのだろうか? 」という疑問を持っています。答えは誰もわかんないのですけど、胸のあたりがもやもやとしています。ちょっとはすっきりしようと、分かっている部分を整理してみました。 キャメロット [続きを読む]
  • 軟弱者が来ちゃった 〜新たたかうカムリ戦士、第1話〜
  • こんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。たたかうカムリ戦士、新たな章をスタートさせます。前回までは、ハウェルとお調子者クラドグたちと、ハゲの強敵との戦いを描きました。今回は時代が変わり、またもや争いの世界に場面を移します。軟弱者が主人公となります。※これまでのたたかうカムリ戦士記事一覧www.rekishiwales.com「マレド、本当にお前は臆病でかなわんな。戦士の息子だろう、もっと力強 [続きを読む]
  • エクスカリバーな朝
  • こんばんは、ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。僕は最近、朝なかなか早起きが出来なくなってきました。今朝もこんな感じで、朝からバタバタしていました。(お話は、フィクションです)ん、今何時だ?もう8時を回ってるじゃないか? いかん、寝坊してしまった。しまった〜、エクスカリバーをセットをしておくのを忘れてしまった。今日は朝からミーティングがあるじゃないか。急がねば!僕はあわてて、布団 [続きを読む]
  • 円卓の騎士、ランスロット卿の家系図を描いてみた
  • こんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。いや〜、最近は記事を書いていても人の名前が多くて、頭の中がパンクしそうです。やっぱり、何事も整理して、すっきりさせることが必要ですね。「アーサー王物語に登場する円卓の騎士たちは、数多くいますよね」「円卓の騎士は、13人とも25人とも言われ(さらに多い説もあり)、それぞれが親子だったり、兄弟だったり、つながりが複雑で、分かっていても頭が混乱 [続きを読む]
  • 陰謀 〜夢と野望の激突 第1話〜
  • こんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。今回から、歴史ストーリーの新連載を始めます。舞台は5世紀前半にかけての、ウェールズ付近での伝説をもとにした創作ストーリーです。全15話くらいを予定しています。 陰謀陰謀「やっやめて ・ ・ ・くっくるしい ・ ・ ・」「お前さえいなくなれば、世の中はワシのものだ」「くっ、くるしい。き、きっと誰かが、お前のことを、復讐・・・」「そんなこと、絶対 [続きを読む]
  • 「円卓の騎士」になる条件とは?
  • 「円卓の騎士」は知ってますか?「アーサー王と円卓の騎士で有名ですね。でも、円卓の騎士って何をやって、どんな騎士達だったんだろう?」「円卓の騎士はどんな騎士がなれたのか? 話していこう」 円卓の騎士って何? 円卓の騎士になる条件円卓の騎士って何?詳細はこの記事をご覧くださいwww.rekishiwales.com「円卓の騎士(The night of the Round Table)は、アーサー王物語の中でアーサー王に仕えた [続きを読む]
  • 裏の顔、表の顔
  • こんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。ウェールズ歴史研究家のたなかあきら、これは裏の顔です。裏の顔で、ウェールズの歴史や、ウェールズの歴史に関わる漫画の場面、出来事などについてブログを書いています。つまり、この文章を書いている人物は、裏の顔です。ブログを書いている たなかあきら が裏の顔ということは、当然のことながら表の顔もちゃんとあります。表の顔は、普段の日常生活や、 [続きを読む]
  • 最終決戦 〜たたかうカムリ戦士 26話(終)〜
  • 「こんばんは。ウェールズの歴史研究家たなかあきらです。9世紀〜11世紀にかけてウェールズ王家が分裂して戦いを繰り広げる様子を、様々な登場人物の人間模様の物語をシリーズで描いています。ハウェルとイドワルの争いを描いたこの章、今回が最終回です」www.rekishiwales.com「前回の25話では、ハウェルが戦いを起こさないようにとイドワルを説得に行きましたね」「しかし、イドワルは頭がハゲなだけじゃなく、とても脳み [続きを読む]
  • 不忍池、蓮に埋め尽くされた一コマ
  • こんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。今日は歴史もウェールズもアーサー王も、置いておいて、先日、上野公園にある、不忍の池をぐるりと散歩していました。とっても気持ちのよい天気、気持ちの良い風景。頭の中を空っぽにして、目に入るもの、耳に聞こえるもの、鼻ににおうもの、肌に感じるもの、をただただ素直に受け入れていました。五感に任せて、ぼーっと歩くのもいいものですね。僕の五感が、特 [続きを読む]
  • 漫画 七つの大罪のバンって、あのバン王? 
  • こんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。最近は、漫画「七つの大罪」の登場人物と、アーサー王物語に出る登場人物の関係を、見つけることが、楽しみになっております。「バンって、実際は何者なの?」「漫画「七つの大罪」に登場する、とてもナンパで軽い不死身の男だよ」「強欲の罪のバンですね」七つの大罪(2) (週刊少年マガジンコミックス)「そうです。バンって、モデル人物がいるんしょ。 [続きを読む]
  • 聖杯と円卓で飲む 「かなり」なビール
  • こんにちは! ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。最近「かなり」暑くなってきて、とてもビールが飲みたい季節になってきましたね。今日は、「かなり」なビールの記事が読みました。言及いただき、うれしくて早速記事にしてしまいました。「聖杯が届きました!」突然、こんなタイトルの記事がバーンと上がってきました!円卓の騎士たちの聖杯?、それも現代に伝説の聖杯が?そんなことある?なんと、今やは [続きを読む]
  • ランスロット卿の味方、円卓の騎士「ボールス卿」
  • 「円卓の騎士、ランスロット卿はアーサー王の妃、グウィネヴィアとの不倫に焦点が行ってしまうけど、ランスロットが信頼して大好きだった人物がいるんだ」※円卓の騎士一覧:「円卓の騎士」の一覧と「円卓の騎士」になる条件「まさか、男性とか」「そう、男性だよ。でもご心配なく。アサオくんが、一瞬思った様な関係じゃないよ。ランスロットが信頼を置いたのは、従兄弟のボールス卿なんだ」「ああ、びっくりした。ボー [続きを読む]
  • 漫画「七つの大罪」 3巻 始まりの詩って?
  • 皆さん今晩は。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。僕は、この詩を読んだときに、「はっ」と思いました。一天を流星が十字に斬り裂くときブリタニアを至大の脅威が見舞うそれは古より定められし試練にして光の導き手と黒き血脈の聖戦の始まりの兆しとならん漫画「七つの大罪」、2巻の第16話で描かれた、始まりの詩です。この詩を読んだとき、僕は「はっ」と思ったんです。どこかで聞いたことのある内容だと思 [続きを読む]
  • 漫画「七つの大罪」、巨人族の少女ディアンヌのモデルは?
  • 「ひゃーでかっ、でもかわいらしい」「漫画「七つの大罪」に登場する少女ディアンヌのことです。少女と言っても、巨人の里、メガドーザー出身で身長915cmの巨人なのです」「漫画では第一巻から登場し、一人旅の途中で男たちに絡まれたところをメリオダスに救われ、メリオダスに恋心を抱きます」「ディアンヌは巨人で、登場人物の中で一にを争う怪力ですが、拗ねたり照れたり、嫉妬してやきもちを焼いたり、少女っぽい乙女の [続きを読む]
  • 戦う? 戦わない? 〜たたかうカムリ戦士 25話〜
  • 「前回の24話では、何とエドムンド王が、ハウェルの亡くなった弟クラドグにそっくりだった、という内容でしたね」「エドムンド王とハウェルが初対面で仲良くななり、嫌味なハゲのイドワルをそっちのけにしたのは、ちょっと気分がすっきりしたな」「ところが、イングランド王のエドムンドとハウェルの関係に、イドワルは腹を立てて動き出します。イドワルは何をし始めるのでしょうか」これまでのあらすじここにまとめてあ [続きを読む]
  • Wi-Fiに教えてもらった、ブログ依存症のゾンビのような私
  • 今週の記事 ブログ依存症 最後に今週の記事こんばんは! ウェールズ歴史研究家のたなかあきらです。今連載している、たたかうカムリ戦士、先週で第24話まで進みました。いろいろ企みまして、主人公ハウェルは衝撃の面会をすることになりました。www.rekishiwales.comハウェルに敵対するのはハゲのイドワル。このイドワルが、最後の手段を使いハウェルに揺さぶりをかけてくる、というのが今後の話になります。そして [続きを読む]
  • 漫画「七つの大罪」、第一巻。見覚えあるお城の記憶は??
  • こんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。「おゃっ、この場面何処かで見たことあるぞ!」漫画の一コマ、アニメの背景、映画のワンシーンなどを、観た時にふと思うことはないでしょうか。僕は、漫画「7つの大罪」の一巻を読んでいた時に、わずかな描写を見て思いました。「このお城、何処かで見た事がある」※聖騎士長ザラトラスが殺されているのを、主人公メリオダスらが見つけた町外れのお城。この [続きを読む]
  • 円卓の騎士、ライオネル卿のちょっと可哀そうな人
  • こんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。円卓の騎士、今回はライオネル卿のご紹介です。僕のライオネル卿の印象は、いつも可哀そうな騎士なんですよ。※円卓の騎士一覧:「円卓の騎士」の一覧と「円卓の騎士」になる条件 可哀そうな境遇 円卓の騎士になるも、またして・・・ リンチを受けるライオネル卿 可哀そうな最期 ※注釈 www.rekishiwales.com可哀そうな [続きを読む]