akira さん プロフィール

  •  
akiraさん: ビジネスマンの味方、ウェールズ歴史
ハンドル名akira さん
ブログタイトルビジネスマンの味方、ウェールズ歴史
ブログURLhttp://www.rekishiwales.com/
サイト紹介文ビジネスマンの悩みである人間関係、成果、健康について、イギリス・ウェールズ歴史の役立つ事例を紹介。
自由文「ウェールズ歴史を知ってもらい、人生に役立ててもらいたい」という思いから、ウェールズの歴史を活かしたイベント開催や執筆・講演活動を行っています。
ウェールズに住み歴史を学んだ経験を持ち、モノを売るビジネスマンというキャリアを活かした活動であることも、私の特徴であり強みです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供249回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2016/02/25 08:42

akira さんのブログ記事

  • 円卓の騎士ガウェイン。現実と伝説が混ざり合った騎士
  • 「アーサー王の、円卓の騎士の中で、もっとも勇敢な騎士の1人であるガウェイン卿。今回は勇敢で、魅力たっぷりのガウェイン卿の話をしましょう」[:contnts]アーサー王物語と実在人物が混ざりあっているガウェイン卿「ガウェインはアーサー王の甥で、オークニーのロット王とアーサー王の異父姉モルゴースの息子なのです。弟には同じ円卓の騎士である、ガヘリス卿、ガレス卿、アグラヴェイン卿、さらに異父弟にモルドレッド卿 [続きを読む]
  • ※閲覧注意、「円卓の騎士」のワインの罠
  • 「おやっ、どうしたんだ!」「げげげ〜」「俺の名前は、ガレス。高貴なる円卓の騎士の一人、ガレスだ。しかし、朝起きたら、なんと、ワインになっていた。何が起こったんだ? 魔法でもかけられてしまったのだろうか?」「おい、親父!」※ガレス卿シャトー・ガレス・グラーブ・ブラン 2013 フランス 白ワイン 750ml 辛口出版社/メーカー: 京橋ワインメディア:この商品を含むブログを見る「なんだガレス。朝から騒々 [続きを読む]
  • 思わぬ遭遇と遭遇 〜 たたかうカムリ戦士 第23話〜
  • 「前回の22話では、クラドグに続いて、アゼルスタン王までが亡くなってしまった・・・」「うぬぬぬ。ハウェルの味方がどんどん減って、悪役のイドワルの勢いが増していく・・・」「ハゲのイドワル。ギャフンと言わせてやりたいです」「アゼルスタン王のお墓詣りに出かけたハウェルとエレン。そこで偶然にもイドワルに会ってしまいます。今回も、イドワルがほくそ笑むのでしょうか」www.rekishiwales.com これまでのあ [続きを読む]
  • 国産と外国産で戦闘を変えた人たち
  • 国産と外国産で戦闘を変えた人たち「国産の野菜を使ってます。国産の小麦を使ってます」先日、昼ご飯を食べたレストランで、国産をうたったポスターが貼ってあった。これを見てどう思うだろうか? あくまでも僕の考えである。日本人なら、産地が分かっているので安心、日本産ならもっと安心、と思うだろう。「輸入品の野菜を使ってます」、と書かれていたらどうだろう?このレストランは原価を抑えているな、とか安全だろうか [続きを読む]
  • 円卓の騎士、聖杯探索で活躍したガラハッド卿
  • 「ガラハッド、お前は最高の騎士だ」「円卓の騎士の一員となって、聖杯探索をしてくれ」 産まれる前の高評価 裏切りの出生 アーサー王の試練 呪われた13番目の席 アーサー王と同じ?岩に刺さった剣 聖杯探索への道 険しい聖杯探索 ガラハッドの最後 最後に産まれる前の高評価「円卓の騎士ガラハッド卿、円卓の騎士の中でも「最もけがれない騎士」として聖杯探索に出 [続きを読む]
  • 巨星の陥落 〜たたかうカムリ戦士 第22話〜
  • 「前回の21話では、クラドグがスパイとして、憎きハゲのイドワルに捕らえられてそのまま帰ることがなかった・・・」「うむむむ、ハウェルはクラドグの仇を取るのか、それとも・・・・・・」「僕は、クラドグの仇を討ってほしいです」「今回は、思わぬ展開が待ち受けていました。イドワルが」 これまでのあらすじ <登場人物> ほくそ笑むハゲこれまでのあらすじここにまとめてあります〜www.rekishiwales [続きを読む]
  • カレーも恋愛も歴史も相性さ
  • カレーも恋愛も歴史も相性さ カレーも恋愛も歴史も相性さカレー好き「アサオ、お前またカレー食べているな」「ええ、カレー好きですからね」「そんなによく食べて飽きないかね」「毎日食べても大丈夫ですよ、というか食べたいくらいですね」「僕はカレーが大好物なんですよ。だから、好きな食べ物は? と聞かれると躊躇することなくカレーと答えるんです」「そういえば、海外に行って帰ってきたときも真っ先に [続きを読む]
  • メモリー オブ クラドグ
  • クラドグ・アプ・カデル像www.rekishiwales.com メモリー オブ クラドグ 最後にメモリー オブ クラドグ「前回は、中心的なキャラクターであった、クラドグが消えてしまいました」「実に残念な最後であったな・・・」「僕、クラドグを最初から振り返ってみたいと思います」「それ、いいな。各場面を取り上げながらクラドグを思い出そう」「最初に出てきたのは、まだ兄のハウェルと共に暴れまわっていた頃でし [続きを読む]
  • 円卓の騎士、湖の騎士ランスロット
  • 最強の円卓の騎士、ランスロット ランスロットの生い立ち いい男ランスロット ランスロットの女性関係 円卓の騎士の崩壊 その後 最後に最強の円卓の騎士、ランスロット「アーサー王伝説に出てくる「円卓の騎士」で誰が思いつく?」「そうですね。ランスロットかな」「湖の騎士、ランスロット。アーサー王の騎士の中で、最も信頼のおける最も強い騎士がラ [続きを読む]
  • 映画「キング・アーサー」、王座奪回せよ
  • スラムのガキから王になれ!圧倒的スケールで贈る、新感覚ソードアクション!「ついに 映画「キング・アーサー」が公開されましたね。日本の公開、6月17日がとても楽しみで、待ち遠しいです」 キング・アーサーのあらすじ 「キング・アーサー」の予告 「キング・アーサー」の解説、ヴォーティガンは何者か?キング・アーサーのあらすじアーサーは夢を見ていた。遠い昔の夢である。「王を殺せ!」王である父と母が、 [続きを読む]
  • 勘当されて人生逆転した武将、水野勝成とウェールズ王
  • 「歴史上の偉大な人物は、最初から活躍出来たわけじゃないんだ。中には、親や兄弟から勘当され、流浪生活を送っていたた人物も多くいます」「途中から、人生逆転ってわけですね」「人生ががらりと変わった、そのきっかけは何だったのか? 性格が全然違う2人の話を紹介します」 勘当されて大成した家康の従兄弟 肉団子を見てひらめいた男 勘当されて大成した家康の従兄弟「徳川家康の従兄弟に、 [続きを読む]
  • 悲劇的な衝撃の事実 〜たたかうカムリ戦士第21話〜
  • 「そのマスク、何とかならんか? 脱いだらどうなんだ。暑苦しい」「いえいえ、結構です」「何か怪しいな。脱げよっ」「やめてくださいよ〜」「あっ、お前は」「あっ、、 」「お前は、ハウェルの弟! すっとスパイをやっていたのか!」www.rekishiwales.com「前回の20話では、クラドグがスパイとして、憎きハゲのイドワルに捕らえられてしまった・・・」「うむむむ、状況は最悪だな。全くの無事に帰れると [続きを読む]
  • 金属の歴史、鉄の歴史は人類の夢の歴史
  • 「夢のメタルの世界へようこそ。金属の歴史は人類の夢の歴史と思います。その世界へちょっとだけご招待いたします」 身の回りの金属 金属製造のはじまり ステンレスって何? 古代にあった錆びない鉄 偶然できてしまったステンレス さらに夢ある金属・・・身の回りの金属「金属とは何か知っているかい?」「強い、ぴかぴか光る、強いというイメージがありますね」「その通り!ぴかぴか光るという金属 [続きを読む]
  • 「たなかあきら」ブログ記事の人気ランキング
  • こんにちは。たなかあきらです。いつも記事を読んでくださり有難うございます。ゴールデンウイークに入り、いろいろとブログを整備しているところです。www.rekishiwales.com今回は、ここ1か月で皆様によく読んで頂いてきます記事をご紹介いたします。とてもありがたいです。よく読んで頂いている記事第一位:ここのところずっと変わらず、この記事が一番よく読まれています。ありがとうございます。アーサー王とは?  [続きを読む]
  • マイナーな歴史上の人物の調べ方。想像力のトレーニングだ
  • マイナーな歴史、ウェールズの歴史 史実が少ないウェールズの歴史 想像力でマイナーな歴史上の人物を調べるマイナーな歴史、ウェールズの歴史「ウェールズってマイナーですよね。有名な人と言ったら、CWニコルさんやサッカーのベイル、それから、えっと・・・。出てきません」「有名人も出てこないのに、歴史となるとさっぱりぃ〜」「これでも読んで勉強したまえ」www.rekishiwales.com「だけど、何でマイナー [続きを読む]
  • 「肩こり」と「水泳」で生活にやりがいを
  • 「あいたたた、くそっ、重いなあ」僕は甲冑が好きだ。日本の甲冑よりも、西洋のピカピカでずっしりと重みをかんじる甲冑にひかれる。コスプレーヤーじゃないけど、このかっこいい甲冑を着て、中世ヨーロッパの騎士の気分に浸ってみたいと思う。www.rekishiwales.comwww.rekishiwales.comところが、僕は日々、重い甲冑を着たような生活をしている。仕事中もパソコンの前に座っている時も、電車に乗っているときも、一日中そ [続きを読む]
  • 満員電車の暇つぶし、「オイシク、進化しろ。」
  • 満員電車の暇つぶし、「オイシク、進化しろ。」 目と脳みそ 今回は俺の番だ目と脳みそ新年度が始まったからなのか、最近は電車の混み方が尋常ではない。比較的、瘦せ型な体で更にお腹を凹ませても、なおアンコが出そうなほど、通勤ラッシュの電車の中では圧力を受ける。もちろん本は読めないし、スマホを使うことも難しい。殆ど身動きできない格好で、手や足がつりそうになっている。この拷問のような電車に乗ること約30分。 [続きを読む]
  • 三昧の意味、僕はさんまいざんまい
  • 三昧の意味、僕はさんまいざんまい「きみきみ、さっきからぼぉ〜っとしているな」「ええ。そうなんですよ。やる気が起きないんです」「どうしたんだ?」「あ〜、何もしないうちに今年も既に3分の1が過ぎてしまった。僕はいったい何をしていたんだろう、とやるせない気持ちになって・・・・・・」「センチだなあ、君は。はっはっはっ。俺はそんなことを考えている余裕もなく、仕事三昧だったぞ」「出張に打ち合わせに、近頃 [続きを読む]
  • 暴かれてしまった真実 〜たたかうカムリ戦士20話〜
  • 「「たたかうカムリ戦士」は今回で第20話になりましたね」「だいぶ、話も終盤に差しかかってきたようだな」「そうですね。自称ウェールズの統治者を名乗る、イドワルですが、強国イングランド王のアゼルスタンは、ハウェルと仲良くなっちゃいましたね」「それに腹を立てたイドワルが、ハウェルに戦いを仕掛けてきた!」「かっこよかったですね〜強かったですね〜ハウェルと弟クラドグの強さに驚きました」「しかし、退散をせ [続きを読む]
  • 強制連行的な「定時退社」の活用
  • 定時退社は強制連行こんばんは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。毎週、水曜日は定時退社日である。18時になると、帰宅を促す社内放送が流れる。職場によっては見回りを行い、強制的に帰宅をさせられる。会社によるかもしれないが、世の中大きく変わったものである。 ブラック企業 逆ブラック化?? 中世に定時退社?? 定時退軍? 最後にブラック企業昔は、ブラック企業で働いているかのよう [続きを読む]