dede さん プロフィール

  •  
dedeさん: 初心者の園芸ブログ
ハンドル名dede さん
ブログタイトル初心者の園芸ブログ
ブログURLhttp://dede0525.blog.fc2.com/
サイト紹介文樹木の繁殖や生長・管理などを記録しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/02/26 10:48

dede さんのブログ記事

  • サツキの植え替え実施
  • 挿し木から育成していたサツキの一本が枯れてしまい残り3本となりました。枯れた苗木は今年の新芽が白かったものです。参考 : サツキの新芽考えられる要因として、1、日照時間が長い(朝〜昼すぎまで)2、用土が黒土のみ3、鉢上げ時に根を広げて植えなかった4、肥料を施した(量が多い?)5、水のやりすぎ苗木の管理は挿し木の管理を踏襲するべきなのかも知れません。そこで、親木と比較して全体的に葉の色が良くないので [続きを読む]
  • マンリョウ(万両)の実生-03
  • 実生で育成中のマンリョウです。比較用に昨年9月の写真も載せておきます。撮影時には日向に出し、普段は直射日光の当たらない日陰に置いています。今年の6月昨年の9月実施している作業は潅水のみです。施肥や薬剤散布もしていません。用土も昨年から手を入れておらず黒土のみです。若干の苔が生えてきましたが、水の浸透具合は腐葉土と同程度の水準です。<< ここまで >> [続きを読む]
  • 6月のサツキとイヌツゲ
  • サツキの苗木が生長してきたので記念に撮影しました。前回とほぼ同じ角度から撮りましたので、比較すると生長度合いが良く分かります。親木は開花していますが、こちらはまだまだの様子です。続いて同じ鉢にあるイヌツゲの苗です。こちらは開花しました。祖父が遺した油粕があったので、置き肥えとして施しています。また、昨年の親木はグンバイムシとルリチュウレンジハバチの餌食になってしまいましたので、苗木共々、薬剤の散布 [続きを読む]
  • 雑木の育成断念
  • 雑木類が抜かれた状態のまま放置されていました。周囲に雑草も生えているなか抜かれたのは雑木だけです。それならば抜かれていない雑草を育てましょうか。<< ここまで >> [続きを読む]
  • シラカシの発芽
  • 昨年にシラカシのドングリを拾ってプランターに埋めていました。クヌギとは違い彩度が低く、始めからいかにも雑木っぽいです。<<環境>>用土 : 黒土(古土ですが、ミミズやダンゴムシが生息しています)置き場 : 建物の陰発芽率は50%を下回る結果となりました。ドングリは全て水に沈んだものです。ある程度生長を見守ったら、植木鉢に移植して、余りは捨てます。ケヤキの苗も20本近くあり、(前回のケヤキとは別のもので [続きを読む]
  • ケヤキを鉢に移植
  • 庭にケヤキが自生していたので、抜いて鉢植えにしました。この苗は2年目〜3年目でしょうか。以前まで庭掃除をする時には抜いて捨てていただけの雑木です。見るだけであれば雑木林に行けば良いのですが、人工的に育てる場合のポイントなどを経験から学ぼうと思っています。雑木の鉢植えはクヌギとイロハモミジを合わせてまだ3つですが、少しずつ増やしていく予定です。現在、シラカシの実生も進行中です。近い将来、植え替え用の土 [続きを読む]
  • サツキの新芽
  • サツキの新芽がだいぶ生長してきました。葉も緑色になり、いよいよ本格的に活動しているようです。赤褐色だった頃順調に生長していく様を見ていると心が満たされます。左奥に見えているイヌツゲも小さな新芽が出てきました。鉢上げした挿し穂は全て成功です。新芽が白い苗木もあります。他の苗木と違う点は、この苗木だけ樹勢が弱い親木から挿し穂を作ったことです。また、親木の樹皮を見比べると、品種も異なるようです。この先ど [続きを読む]
  • サツキ挿し木の鉢上げまでの記録 2
  • 前回の記事はこちら。今回は挿し床の環境です。実施した事や思った事などを紹介します。鉢 : サイズは外径22cm、高さ12cmくらい、茶色で水が浸透するタイプ    鉢底にはその辺の石を敷き詰める    ペットボトルやポリポットなどの小さい器では用土の乾燥が早いので、    ある程度の大きさの鉢やプランターを利用した方が安心です。用土 : 100%赤玉土小粒(再利用)      色々調べましたが、鹿沼土を使う方 [続きを読む]
  • クヌギの新芽
  • 先日植え替えたクヌギから新芽が出てきました。今年はどこまで生長するのか楽しみです。昨年と同じ時期気休めですが、土が乾かないように刻んだ葉を散らしていました。<< ここまで >> [続きを読む]
  • サツキ挿し木の鉢上げまでの記録
  • あと約2ヶ月で挿し木(夏挿し)のシーズンです。サツキの新芽が出たことを確認し、昨年の挿し木は成功と判断しました。そこで、初めて挿し木にトライする方のために作業記録を公開します。潅水・葉水のタイミングの参考になればと思います。開始は2016年6月8日、鉢上げは2016年10月11日の5ヶ月間です。 [続きを読む]
  • カエデの新芽
  • 自生していた(花壇から鉢植えに移した)カエデが2年目を迎えました。新芽を確認したのですが、赤いとは思いませんでした。前回の植え替えはこちらキンカンの剪定進捗は6割ほどです。間引き剪定や摘果が十分でなかったために小ぶりの実が多くなってしまいましたが、味は良いのでおやつ代わりに生で美味しくいただいています。忌み枝の除去は基本ですが、今年は1本だけ強めに剪定してみます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • クヌギの植え替え
  • 写真左上が植え替え時に幹からポロッと外れたドングリです。養分が吸い取られてカラカラになっていました。昨年の4月に拾ってきたクヌギは順調に育っています。鉢植えなので根が窮屈になっているだろう、と判断し植え替えを実施しました。案の定、根がびっしり張っていて、鉢底の石にも根がしっかり付いていました。7号鉢でもまだ小さいと思いますが、ひとまず今年はこの状態で様子を見ます。<<作業内容>>鉢のサイズ : 5号 [続きを読む]
  • キンカンの接ぎ木(根接ぎ)
  • キンカンの接ぎ木(つぎき)に挑戦しました。台木を用意できないので、根接ぎという方法を採りました。一般的に根接ぎとは、台木の根張りを強くするためのものですが、台木そのものとして使う場合もあるそうです。台木の代替として根を利用することについては、「新版 失敗しないさし木・つぎ木・とり木」(西東社)という書籍に書かれていました。接ぎ穂を45度で切り、裏返して削り形成層を出す。形成層を密着させる。用土は黒土 [続きを読む]
  • キンカンを食べた痕跡
  • そろそろキンカンの収穫時期です。2m以上のキンカン数本がそれぞれ沢山実をつけているので、野鳥がよく飛来してきます。地面に実や種が落ちていますが、岩の上でも食べた痕跡があました。糞も傍に落ちていたので、さぞゆっくり味わえたことでしょう。私にとっては食害ではなく、この場所を維持するモチベーションになります。センリョウやマンリョウの実は昨年同様、今年も一粒残らず完食されていました。この樹の実は本当に売れ行 [続きを読む]
  • サツキの管理記録(挿し木)
  • 前回の記事にてとりあげたサツキの苗木を管理していた作業記録を紹介します。挿し穂や苗木の育て方について参考になるサイトや書籍を見付けることが出来なかったので作ることにしました。開始したのは昨年の挿し穂の管理からです。(ローカルサイトのスクショ)日付・日中の主な天候・室温(朝→夕方)・作業内容を記録しています。ノートなどアナログで記録していくことも考えたのですが、視覚的に面白みを感じることが出来ないと [続きを読む]
  • 赤褐色になったサツキの葉
  • サツキの葉が赤褐色に色付いたので記念に撮影しました。2017年1月26日撮影2016年10月11日撮影水遣りのタイミングは園芸関連サイトや書籍などに書かれているように表土が乾いてからを基本としています。私の場合は、寒い時期で且つ苗木ということもあり、水遣りは少な目にしています(これが正しいのか不明です)。また、天候(例:晴れていても晴天なのか薄日が射す程度なのか、など)も考慮して量もタイミングも変えています。風 [続きを読む]
  • カエデ植え替え
  • カエデの植え替えを実施しました。初めての植え替えのため根を切る必要はないだろう、と判断し切りませんでした。また、落葉後に幹を切断しました。切断面には癒合剤を処置しています。植え替え - 前 - (2016年6月)用土は庭土のみ植え替え - 後 - (2017年1月)用土は庭土+赤玉土腐葉土作りにも挑戦しています。成功したら来年の植え替え時に自作の腐葉土を使いたいと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ツツジ、イヌツゲの挿し穂を移植
  • 前回の記事にてツツジとイヌツゲの挿し木をしていると書きました。4ヶ月経過したので試しに挿し穂を一本抜いてみたら発根を確認、鉢上げに踏み切りましたのでその様子を撮りました。イヌツゲの発根具合イヌツゲの挿し穂は一つしか作らなかったので諦めていましたが、多少の根が出ていて良かったです。ツツジの発根具合4本の挿し穂を作りましたが、どれも同じ程度まで根が伸びていました。一本だけ別鉢に移植しています。挿し穂の移 [続きを読む]
  • マンリョウ(万両)の実生-02
  • ■マンリョウの実生について発芽を確認したのは6月下旬です。実施した作業は 「表土が乾いたら潅水」 だけです。9月1日現在鉢植えだけでなく地植えでも発芽していて、同程度の生長速度です。地植えは種を蒔いてから完全放置です。■その他の作業①桜の挿し木→失敗(放置してカラカラ)②榊の挿し木→失敗(地植えのうえに時期外れ&放置)③ツツジ、イヌツゲの挿し木6月頃から懲りずに挿し木を始めています。新芽が出てきてはい [続きを読む]
  • サクラ(桜)の挿し木_03
  • 挿し木を開始してから約一か月経過し、つぼみが青々と膨らんできました。潅水の回数ですが、本日までで計2回です。受け皿に水が溜まることがほとんど無いにも関わらず、土が乾燥しません。密閉してジメジメした日陰に置いていて、保水性のある土のためなのでしょう。当面は、開花後の挿し穂がどうなるのか、対するつぼみの無い挿し穂はどうなるのか、に注目していこうと思います。←サクラ(桜)の挿し木_02にほんブログ村 [続きを読む]
  • キンカンの剪定 その2
  • キンカンの剪定は一通り終わりました。前回に載せた箇所のBefore/Afterがこちらです。BeforeAfterだいぶスッキリしました。初めて剪定したので至らない点も多々あるかと思いますが、キンカンは生命力が強いので変に切っても問題ないだろうと高を括っています。今日は草むしりをしました。むしった後の地面に変化を持たせたいと思い、近所の舗装道路上に生えていたホソウリゴケを拾ってきて撒いてみました。事前にネットで調べたと [続きを読む]
  • キンカンの剪定
  • まだ途中ですが、キンカンの剪定をしたので、その時に気を付けたことなどを綴りたいと思います。庭にあるキンカンの木は4本、そのうち3本の剪定をしました。樹形を整えることを最優先としたため、細かい枝の間引きはしていません。■脚立の利用樹高がそれぞれ2m〜2.5m程度あるので脚立を使っての作業でしたので、樹形を確認しながら脚立の昇降をして疲れました。後半は安全を第一に考え作業ペースを落として伸長に剪定バサミを取 [続きを読む]
  • 現状報告
  • 特筆することが無いので現状の報告をします。■マンリョウ(万両)の実生変化ありません。露地は放置していますが、鉢は表土が乾いたら湿る程度に潅水しています。→→→最近の記事■サカキ(榊)の挿し木こちらも全く変化がありません。晴れた日にペットボトルのカバーを外したりしている程度で潅水していません。→→→最近の記事■サクラ(桜)の挿し木最近気温が上がってきたので屋外(コンクリブロックで囲われている場所) [続きを読む]
  • 自生している水仙を発見
  • 近所の公園を散歩していたら水仙の花が咲いているのを見つけました。数は少ないのですが、枯れ草の中にポツポツと咲いている姿は見る者の活力になる気がします。自宅にも水仙が植わっています。まだ葉っぱだけですが徐々に伸びてきています。放置しているにも関わらず、毎年花を咲かせてくれます。 [続きを読む]