ももちゅう(桃子) さん プロフィール

  •  
ももちゅう(桃子)さん: ももいろジェットコースター
ハンドル名ももちゅう(桃子) さん
ブログタイトルももいろジェットコースター
ブログURLhttp://momoirohaikunote.blogspot.jp/
サイト紹介文1983年生まれの専業主婦。息子と夫。最近一人の時間が嬉しい。一日一句となんでもない俳句日記
自由文春の雪郵便物を濡らしをり
少年の売る詩に雪の積もりけり
デッサンのモデルふくよか枇杷熟るる
なまはげに子ら泣き叫ぶ我も泣き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/02/26 11:34

ももちゅう(桃子) さんのブログ記事

  • 祭〜最近の短歌〜
  • 雨音と祭囃子を聞いてゐる 私は君と泡風呂の中  桃子この間の歌会のお題が『祭』だった。祭りと言えば、思い出すことはたくさんあって、その中の一つに中高生くらいの頃、地元の祭の男性器を象った御神体神輿がとにかく気持ち悪くて嫌いだったこと。それを担ぐ人たちも気持ち悪かった。無病息災やら子孫繁栄やらに御利益があると言い、御神体を触らせようとする。まるでセクハラ。人間の嫌な部分を見てしまったような感じ。友達 [続きを読む]
  • いまさら友達なんて…と思うけれど
  • 友達になりたい人がいっぱいいるんだよね。友達になりたい人に限ってすれ違ってばかりなんだよな。話したいのになかなか会えない幼稚園のママさん、それからTwitterでよく見かける俳人さん、歌人さん、それからご近所さん…。もし、友達になったら一緒に何をしよう?一緒にランチしたい。飲み会したい。私の家でのんびりお茶したい。カラオケに行きたい。あとディズニーランドに行きたい。 それから誕生日プレゼントを贈り合いたい [続きを読む]
  • じゃぶじゃぶチッピ
  • ハリネズミのチッピがくさいので一緒に寝たくないと言う。 チッピは息子が3歳の頃に購入した大のお気に入りのぬいぐるみ。寝る時も遊ぶ時もいつも一緒。帰省のときも、ディズニーランドに出かけた時も、いつもチッピがリュックサックの中に入っていた。 しかし、最近チッピから変なにおいがするというのだ。嗅いで見ると確かに妙なにおいがする。息子が寝る時に垂らした涎や汗のにおいだろうか。それともスナック菓子を [続きを読む]
  • 六月の寒い朝
  • 寒い。夜、厚い布団と毛布をしっかりかけていたはずなのに朝、目が覚めたら、全部息子に取られていて、私は何もかけていなかった。寝る前に「寒くないか」と何度も聞いたのに「平気」と言って半袖パジャマ、タオルケット一枚で寝るのだもの。夜中に何度か布団をかけなおしてあげたんだから、わざわざ私の布団と毛布を全部持っていかなくてもいいのに。そういえば夢を見た。私は車の助手席に座っていて、夫を待っている。しかし夫は [続きを読む]
  • ぼんやりとした記憶とファミコン
  • 夜中、トイレに行きたくなり目を覚ますと、母がゲームをやっていた。ファミコンの『スーパーマリオブラザーズ』だ。テレビに映し出されたマリオが、ぴょんぴょんと軽快にノコノコやブロックを飛び越える様子に心を奪われ、トイレに行きたいという本来の目的を忘れ、しばし画面に見入っていた。マリオがやられてしまうと、「あんたもやる?」と母に声をかけられた。「うん」というと、「夜中だから1回だけね」とコントローラーを渡 [続きを読む]
  • 字が綺麗になると何か変わるだろうか
  • 愛用の5年連用日記帳に毎日、日記を書いているが昨年の日記を読み返してみると、私の字はとても汚く、自分でも何を書いているのかさっぱりわからないことがある。もしかすると、句会や文通相手への手紙、幼稚園の提出物等、自分の汚い字が誰かを不愉快にしているのではないか、と心配になりボールペン字の練習を始めた。 1行目はお手本、2行目、3行目ははなぞり書き、4行目は実際に書いてみる。1日2〜5頁が目標だが、 [続きを読む]
  • 古い建物の婦人科病院
  • 婦人科系の不調があったため、近所の婦人科の病院に行った。いかにも昔の建物で、インターネットで検索しても全く出てこない病院。錆びた看板の文字が消えかかっていて、空は晴れているのにこの病院の周りだけなぜか暗い。…よくこの病院で診てもらおうと思う気になったな、私。中は普通なのかもしれないと思い入ると、やっぱり薄暗い。そして患者は私だけ。おいおい、大丈夫か…と思いながらも受付を済ませ、採尿のためトイレへ。 [続きを読む]
  • サッカーと私の勝手な思い込み
  • 幼稚園のサッカー教室の日。うちの息子は昨年のサッカー教室の参観日に保護者が来ているのにも関わらず、試合中に友達と一緒にピコ太郎の真似をしたり、ボールが近くに来ているのにぼーっとしゃがんでいたり、おふざけをしてばかりだったので、正直辞めさせようかと思ったりもした。どこかから聞こえてきた他の保護者からの「ああやってふざけている子がいたらチームプレーにならないよね」と、いう声に心の中で「ごめんなさい、う [続きを読む]
  • ディズニーランドを歩き回る
  • 4月上旬、家族で東京ディズニーランドへ。私の息子は、遊園地の乗り物が、絶叫系に限らずただトロッコに乗って進むだけのようなものさえも一切ダメで、ディズニーランドに行く1週間くらい前からこのアトラクションはどんなアトラクションかというのを丁寧に説明したり、「怖くないよ、大丈夫だよ」ということを繰り返し、繰り返し説明していた。大きい音が苦手なら、防音用のイヤーマフを用意しようと思ったが、「かさばるし、そこ [続きを読む]
  • ブログタイトル変更。一冊のノートに。
  • 夫に「ブログを更新せよ」と言われていたのに、ずっと更新していませんでした。すみません。ブログのタイトル変えました。『ももちゅうの俳句ノート』から『ももいろジェットコースター』に。これで俳句のことは考えず、一人の俳句愛好家として気楽に更新できると思いたいです。ジェットコースターのような毎日を過ごしているわけではないけれど、私の頭の中のジェットコースターは止まらないんだぞ。4月20日、ウォーキング途中の [続きを読む]
  • 苺はなまものです
  • さっき食べた苺大福の苺が、腐っていたかもしれない。よく買う苺大福だけど、中の苺がいつもと違う味がした。いつもと違う味というのは、苦いような、味がないような酸っぱいようなそんな味。変な味だと思ったときに出せばよかったのに、いつもと違う苺の味を確かめるようによく噛んで、よく味わって、ごくん、と飲みこんでしまった。飲みこんでから、あの苺が本当に腐っていてお腹を壊したらどうしよう…と心配になる。「ねえ、あ [続きを読む]
  • 文通
  • 有料の文通サークルに入会してみた。住所氏名を公表せず手紙のやり取りができるという所に惹かれた。小学校高学年の頃、文通クラブに入り、学校に送られてくる手紙に返事を書いていたのが一番最初で、その後は雑誌を見て知り合った人や、英語の先生に紹介された海外の人など、10〜20人くらいの人と手紙のやり取りをした。中には、中学1年〜大学1年生の時まで、手紙のやり取りをしていた人もいたのだけど、いつの間にかやり取りがな [続きを読む]
  • トランプに飽きた息子
  • 最近、息子がトランプで一緒に遊んでくれない。一緒に神経衰弱をやったとしても「俺は負けるから!ママに勝たせてあげるから!」と言いながら、同じところをめくり続け全くやる気がない。本気になれば私にも夫にも勝てるほど記憶力が良いのに。以前は、1組でも私が札を揃えれば「これじゃ、俺が負けちゃうよ!!!」とカードを叩きながら大泣きしていた。今は、トランプよりも『マインクラフト』が良いみたい。youtubeの実況動画を [続きを読む]
  • 自分用チョコレート
  • デパートのバレンタインデー特設会場に行き、いろいろなチョコレートを試食する。上品で静かに試食を勧めてくる店員さんが多い中、一人だけ押しの強いおばちゃん店員さんが居て「捕まったらやだなあ」と思い避けようと思ったが、捕まってしまった。「お姉さん、食べてみて食べてみて!このチョコレートを日本で買えるのは今日だけですよ!明日になったらもうこのチョコレートは海外でしか買えませんからね!どう、おいしいで [続きを読む]
  • 6プラス
  • 昨日は私が皿洗いをする番だったが、夫にやらせてしまった。お弁当の下ごしらえをしていたのだけど、なんだかiphoneばかり弄っていた気がする。iphoneでお弁当レシピを調べていたら、スクロールするたびに固まって、なんだかモタモタしていて重い。俳句関係や、ママ友関係やらで通知が200以上溜まっていたLineを開こうとすれば、固まってしまい開かない。そろそろiphoneを買い替えたほうがいいのだろうか…と思ったが、多分原因の [続きを読む]
  • 一緒の靴
  • 私が履いている靴と、全く同じ靴の人を息子の通う幼稚園で見かけた。色も一緒。生協で1900円で購入した靴だ。あの人も生協で購入したのだろうか。しかし、それだけではなかった。その人の子どもが履いている靴も、息子とまったく同じ靴だった。ナイキのダイナモフリー。色も一緒。一瞬、私が違う靴を履いているのではないかと心配になり足元を見たけれど、確かに私もその人と同じ靴を履いている。ダイナモフリーは多くの園児たちが [続きを読む]
  • 【読書記録】『夫のちんぽが入らない』こだま 扶桑社(2017)
  • ちんぽ。なんて哀愁のある響きなのだろう。男性器には様々な呼び方があるし、人それぞれ好きな呼び方があるけれど、カタカナでも英語でもその響きが持つ哀愁を出すことはできないと思う。 『夫のちんぽが入らない』(こだま/扶桑社)は、入らないことへの解決策の話ではない。ブロガーでもある作者こだまの私小説。読者に媚びないタイトルの通り、作者の全てをさらけ出した内容。人生に正しい回答なんてないのに、周囲との歯車が少 [続きを読む]
  • ぴより〜な1号
  • スーパーで、私の親指サイズほどの小さなひよこの縫いぐるみをを落とすクレーンゲームで遊ぶ。『ぴより〜な1号』という名前らしい。調べてみると、ディズニーランドのペニーアーゲード(ランド内のレトロなゲームセンター)にもあることを知った。4月に行ったときは入ってみよう。スーパーなどで見かけるとついやってしまうこのクレーンゲーム、何が楽しいかって音を立てずにほろっと、ひよこが穴に落ちていくところ。頭から落ちて [続きを読む]
  • 親のせいにしてしまう
  • 縄跳びや束縛さるる子どもたち  桃子幼稚園の年中組保護者懇談会。「年長では、運動会で親子なわとびをやりますので心配な方は今からでも練習してくださいね」と担任の先生が言う。今は1月。運動会は10月。まだまだ先じゃないか。しかし、昨年の運動会も今年の運動会もビリだったうちの息子。サッカーも本人の希望で習わせているけれど、ボールが近くに飛んできても蹴ることができずお世辞にも上手いとは言えない。今は楽しんでい [続きを読む]
  • 日めくりカレンダー
  • 我が家のトイレには、日めくりカレンダーが飾ってある。それをめくるのは我が家の五歳児の仕事だったのに最近さぼりがちだ。仕方なく、息子を幼稚園に送り出したあと私が1枚ぺろっとめくる。昨年はディズニーランドで購入した日めくりカレンダーだったが、今年は鉄道の日めくりカレンダー。毎日違う電車の写真を楽しむことができる。電車が好きな息子が喜ぶかなと思ってこれに決めた。しかし息子の反応はイマイチ。 そういえば、 [続きを読む]
  • 今更、去年のクリスマスのことなど
  • 12月25日午前四時半頃、5歳息子はハッと目を覚まし、枕元にあるプレゼントに気がつかず「サンタさん来ないかもしれかい」と泣き出した。「ここにプレゼントがあるよ」なんてことは言わない。まだ寝ていたいから。「大丈夫だよ、サンタさんくるからねんねしよう」と、うとうとしながら息子の背中をぽんぽんと叩く。しかし、そわそわしてなかなか寝付けない息子。ぽんぽんぽんぽん…30分ほどこうしていただろうか。すると当然起きあ [続きを読む]
  • 会いたい人へのラブレター
  • 茶封筒に送る恋文飛魚跳ぬる 桃子ブログの更新報告をするときは、いつもドキドキする。まるで誰かにラブレターを渡すときみたいに。変なことを書いていないだろうか、読んだ人が傷つかないだろうか、私の文章おかしくないかしら、炎上したらどうしよう…なんて。俳句やブログをやっているのは理由がある。書くのが好きというのはもちろん、連絡の取れなくなってしまった人たちがどこかで見てくれているのではないかという小さな小 [続きを読む]
  • 【句集を読む】『バーベルに月乗せて』今井聖 花神社(2007年)
  • このブログでは、久しぶりの句集紹介。「こんな良い句があるんだ」と誰かに伝えたい気持ちがあるのに、本当は何を書いたらいいのかわからない。文章に自信がないのはもちろんだが、どれくらい句を引用すればいいのかも自信がない。今回も自分の言葉で紹介させてください。恐る恐る…。---------------------------先週、NHK文化センター青山教室に、「まのあたり句会」を見に行ってきた。「まのあたり句会」は、今井聖、小澤實、関 [続きを読む]
  • そういえば2017年
  • そういえば、このブログで「あけましておめでとうございます」をまだ言っていなかった。相変わらず大したことは書けないと思いますが、2017年もよろしくお願い致します。2016年に良かったと思うことは、5年日記の一年目をすべて埋めることができたこと。役に立つようなことは全く書いていないし、文章も全く上達していない、おまけに字も下手くそだけど、これはすごいこと。自分が死ぬまで続けていきたい。続かないこともたくさん [続きを読む]