S.Watanabe さん プロフィール

  •  
S.Watanabeさん: 労働法・労働トラブルあれこれ
ハンドル名S.Watanabe さん
ブログタイトル労働法・労働トラブルあれこれ
ブログURLhttp://wataworkwata.xsrv.jp/
サイト紹介文労働法のわかりやすい解説や、トラブルの解決法、気になったニュースを取り上げます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/02/26 12:48

S.Watanabe さんのブログ記事

  • 労働面から千葉県知事選各候補者公約を見る 〜竹浪永和氏〜
  •  千葉県知事選が26日に迫っているため、各候補者の政策を労働面より見て行きます企画の第四弾。 今回は、竹浪永和氏の公約。なお、ホームページ、フェイスブック等がなく、政見放送も政策については触れられていなかった為、こちらを参考にします(こちら。)【公約】若者・壮年の雇用対策若者の雇用対策による自殺者を無くす  「若者の雇用対策による自殺者を無くす」と、具体的な目標は一行あるのみですが、具体的な方法など [続きを読む]
  • 労働面から千葉県知事選各候補者公約を見る 〜森田健作氏〜
  •  千葉県知事選が26日に迫っているため、各候補者の政策を労働面より見て行きます。なお、特定の候補者を応援する目的ではないので、ご了承ください。 今回は、現職でもある森田健作氏。なお、今回の選挙公約ではなく、2017年の公約とあります。(こちら。pdf注意) ■?性が職場や家庭、地域で活躍しやすいような環境の整備を図ることにより、「男?が共に仕事と?活を両?できるような千葉県づくり」を推進します。  女性の労 [続きを読む]
  • 何度でも書くが、残業代は全額払わないといけない
  •  西日本新聞に、福岡市が非正規職員に対して残業代を支払うようにしたとあります。福岡市は4月から、これまで残業代の支給対象外としてきた非正規職員に対し、支払いを可能にする方針を固めた。(中略)市との労使交渉を担った労働組合「アミカス嘱託職員ユニオン」(7人)によると、これまでは残業をした場合、別の日の勤務時間をその分短くして調整していたが「繁忙期は調整が難しくサービス残業が発生したこともあった」とい [続きを読む]
  • 過労死基準を下回っても過労死認定される判例
  •  NHKニュースに、このような記事が掲載されていました。過労死について、国が基準とする残業時間を超えていなくても認められるかどうかが争われた裁判の2審で、名古屋高等裁判所は「基準の時間に達していなくても死亡は業務に起因する」として1審の判決を取り消し、国に対して過労死と認めるよう命じました。(中略)23日の2審の判決で、名古屋高等裁判所の藤山雅行裁判長は「男性の時間外労働は、過労死の国の基準の10 [続きを読む]
  • 長時間労働規制を邪魔する経団連とそれに従う政府
  •  連合(日本労働組合総連合会)内で、月100時間以下の残業を容認する議論が出ているという記事がありますが…。 政府が検討する残業時間の上限規制について、連合内で繁忙期に月100時間を超えないとする案の条件付き容認が議論されていることが分かった。(中略) 政府は上限時間を明記して労働基準法を改正する方針。既に月平均60時間、年間720時間とする案については、労使とも容認している。経済界は「1カ月間に限 [続きを読む]
  • 雇用保険だけでなく、他の保険にもこの制度が広がれば良い
  • 雇用保険制度の制度が改正され、仕事を掛け持ちしている人にも合計で週20時間以上働いていれば対象となるようです。 厚生労働省は雇用保険の適用を受ける人の範囲を広げる。いまは1つの会社で週20時間以上働く人が対象だが、複数の会社に勤務していても失業手当をもらえるようにする。兼業や副業で仕事を掛け持ちする労働者の安全網を手厚くして、柔軟な働き方を後押しする。来年にも国会に関連法の改正案を提出する。雇用保険 [続きを読む]
  • 法的に定められた権利も、労組を通じないと得られない現状
  •  KDDIで、社内労組が一時金を契約社員にも適用させるよう要求するという方針を掲げていますが。通信大手KDDIの労働組合は今春闘で、契約社員の一時金(ボーナス)について、正社員と同じように「月給の何カ月分」という形で計算し、正社員と同じ倍率を月給に掛けて支給するよう求める方針を固めた。17日の中央委員会で正式決定する。春闘ボーナス「契約社員も同じ算定を」 KDDI労組 朝日しんっぶん 2017/2/16 労組 [続きを読む]
  • 青林堂はもはや企業をかたる反社会勢力である
  •  青林堂(どうでもいいかもしれませんが、水木しげる氏等が連載していた頃のガロと、今のこの会社のガロは別物で、かつてのガロの編集者は青林工藝舎のアックスに異動しています)のパワーハラスメントが話題になっており、大手新聞社の報道はまだないものの、NEWS23で放送されていました(但し、公式動画はないのでライブドアニュースを引用)。6日放送の「NEWS23」(TBS系)で、出版社の青林堂で上司からパワハラを受けたとする [続きを読む]
  • 外国人労働者の使い捨て搾取は、労働する全ての人の首を絞める
  •  いわゆる「日本国籍保持者じゃない人」外国の方の労働者が増加しているというニュースより。2016年10月末時点の外国人労働者数が初めて100万人の大台を超え、108万3769人を記録していることが、厚生労働省のまとめで分かった。前年同期に比べて19.4%増え、企業に届け出を義務付けた2008年以来最多。全都道府県で前年の数を上回り、増加率もかつてない高さになった。(中略)■求められる劣悪な労働環境の改善しかし、外国人労働 [続きを読む]
  • 「求人詐欺」に対して、良い判例がでるか?
  •  「求人詐欺」を行った企業に対し、提訴を行うというニュースが入りました。 学習指導員として就職したのに、営業活動を強いられたのは「求人詐欺」に当たり、精神的苦痛を被ったとして、愛知県に住む20代の女性2人が、教育関連会社「CKCネットワーク」(名古屋市中区)に、慰謝料や未払い賃金など計約410万円の支払いを求め、2月に名古屋地裁に提訴することが24日、分かった。会社への制裁金に当たる「付加金」も含 [続きを読む]
  • 労働基準法に違反しても、行政による処罰を受けない現状
  •  セブンイレブンのフランチャイズで、完全違法な罰金制度を科したということで、ニュースになっていますが…。 コンビニエンスストア最大手、セブン−イレブンの東京都武蔵野市内の加盟店が、風邪で欠勤したアルバイトの女子高校生(16)から9350円の「罰金」を取っていたことが分かった。セブン−イレブン・ジャパンは「労働基準法違反に当たる」として、加盟店に返金を指導した。(中略) 給与明細には25時間分の2万 [続きを読む]
  • 有給休暇取得に理由は不要。当然の権利だから
  •  有給休暇について、また出鱈目な認識を押し付けるような記事がありました。体調が悪いときや身内に不幸があったときは、やむを得ず有休を取りますよね。理由がきちんとしていれば問題なさそうですが、中には「社会人としてありえない」理由で有休を取った人もいるようです。どんな理由だったのか、社会人女性のみなさんに聞いてみました!(1)寝坊したから(2)二日酔いがヒドいから(3)やる気が出ないから(4)彼氏と大ゲンカ [続きを読む]
  • 自爆営業は完全な法律違反と認識し、証拠を集めておこう
  •  郵便局で盛んに行われていて社会問題になった、罰則付きのノルマを制定する所謂「自爆営業」が未だに行われているというニュース記事が入りました。節分に食べる「恵方巻」の販売がコンビニエンスストアなどで始まっていますが、最近、ツイッターでは、店から販売ノルマを課せられて悩んでいると訴えるアルバイトの学生などの書き込みが相次いでいます。いわゆる「ブラックバイト」の全国相談窓口には売れなかった数万円分を給料 [続きを読む]
  • 体調不良による「業務上過失罪」を防ぐ仕組みが必要かも
  •  高速バスの運転手が、体調を崩したといって、乗客を乗せたまま勝手に数時間寝込んだというニュースが入りました。 中国ジェイアールバス(本社・広島市)の高速バスで20日夜、風邪で体調不良になった男性運転手(38)が予定外のサービスエリア(SA)で仮眠を取り、そのまま6時間半以上、眠り込んでいたことがわかった。(中略) 会社に連絡せず、車両下部にある乗務員用仮眠スペースで横になり、そのまま寝込んだという [続きを読む]
  • 監督官が増えても労働行政自体は縮小している
  •  全労働大阪基準支部(労働基準行政、雇用均等行政で働く職員で作る労働組合)のツイートによると、労基署やハローワークの定員が削除されたとありました。(悲報)電通問題や政府主導の「働き方改革」に翻弄される労働行政ですが、読売記事で昨年秋に「監督官増員」という記事が出ていたにもかかわらず、労基署、ハローワーク、雇用均等部門の地方労働行政は前年以上の定員削減となりました!(M)— 全労働大阪基準支部 (@ [続きを読む]
  • 「ノー残業手当」は悪用される危険性はないか
  •  スーツ量販店の「スーツのはるやま」が、残業しない社員に支給するノー残業手当制度を取り入れたとあります。全国各地に約500店舗展開するスーツ販売店「スーツのはるやま」の運営会社・はるやまホールディングスが1月12日、月間の残業時間がゼロだった社員に対して1万5000円を支給する「No残業手当」制度を2017年4月から導入することを発表した。残業した場合でも、残業代が1万5000円未満の社員には、差額を上乗せして1万5000円 [続きを読む]
  • 今後は労働各法を以って、取引停止等を行う事が増えて行けばよい
  •  JRAが、労働基準法の違反を犯した電通に対し、一カ月の指名停止を決めたというニュースが入ってきました。電通が違法な長時間労働による労働基準法違反容疑で先月二十八日に書類送検されたことを受け、日本中央競馬会(JRA)が同社を指名停止にしていたことが分かった。停止期間は書類送検された翌日から一カ月間。違法残業による指名停止は過去にあまり例がない。(中略)JRAのように労基法違反を基準に明記するケース [続きを読む]
  • 管理監督者でも、長時間労働の際には、指導が入った例が出来た
  •  共同通信に、関西電力の課長が過労死した問題で、社長に対して指導したというニュースが入りました。 労働基準法上の「管理監督者」は労働時間の制限を受けず、残業代の支給対象外で、労務管理がおろそかになりがちだとされる。一般労働者でなく、管理職の勤務実態の調査を求めるのは極めて異例。大企業のトップに長時間労働見直しを直接要請した形となった。労基署、関電社長出頭させ指導 課長過労自殺問題で 共同通信 2017 [続きを読む]
  • 育休取得による不利益な扱いは当然ながら禁止されてるのだが…
  •  育児休業の復帰後に、不利益な扱いをされたという男性の話が朝日新聞に掲載されていました。 いま、「パタハラ」がやみません。育児に積極的な男性が、会社で解雇・降格させられたり、昇進・昇給の機会を奪われたりする「パタニティー(父性)・ハラスメント」のことです。(中略) 東京のエンターテインメント会社に勤めていた男性(41)は2013年春、育休から復帰して職場に行くと、上司にこう告げられた。「担当が決ま [続きを読む]