ふわふわ さん プロフィール

  •  
ふわふわさん: 二番目の山羊 〜曾祖母はアイヌ
ハンドル名ふわふわ さん
ブログタイトル二番目の山羊 〜曾祖母はアイヌ
ブログURLhttp://fuwameg.blog.fc2.com/
サイト紹介文アイヌハーフの祖父に嫁いできた祖母は陸奥源氏の女性でした。本当に和人社会が差別していたと思いますか?
自由文かつて東北に根を張った陸奥源氏がいました。本当に社会的な差別があったら、アイヌの血を引く男性に嫁いで来るでしょうか? アイヌの姑が居るのですよ?
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1647.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/02/26 14:28

ふわふわ さんのブログ記事

  • アイヌクォーターの親父。
  • アイヌクォーターの親父。コレ(↓)、アタシが子供の頃には、もう喧伝していましたよねぇ。『アイヌを先住民族に指定すれば、北方領土返還に有利〜!』30年近く前になるのかなぁ。その時も、テレビでそのプロパガンダを垂れ流していました。お茶の間で寛いでいる時、父が言ったんです。「有利になんてならない。ロシアにもアイヌがいるから」で、大雑把な流れを話してくれたんですよ。日本が条約を結んで(榎本武揚の千島・樺太 [続きを読む]
  • 【小休止】 渡部昇一先生オススメの栄養学と、蘇州夜曲で台湾の歌
  • 【小休止】 渡部昇一先生オススメの栄養学とか。こんにちは〜。ワンエイス(8分の1)のアイヌ系、ふわふわで〜す。今回は、ちょっとアイヌ問題をお休みして本の紹介。計3冊です。※後半に、蘇州夜曲で作った台湾のイメージソング。最近いらして下さった方は、是非この機会に、サイト上部、横並び6件のアイヌ記事に目を通して下さ〜い★(少し前に、半分くらい入れ換えました)***で、先ずは渡部昇一先生オススメの栄養学。 [続きを読む]
  • GHQ側の記録、アイヌ弾圧などなかった
  • 米スミソニアン博物館の資料。砂澤陣氏による著書、『北海道が危ない!(育鵬社刊)』からご紹介します。 (引用) 終戦後、GHQ(連合国軍総司令部)が 占領下の旭川に来て、アイヌの長老たちと面談している。 GHQ側が「独立したいか?」と聞くと、 長老達は、「日本国民だから、ここに残る」と断ったという。 その資料が、米国のスミソニアン博物館に残っているそうだ。 イラストレーター、書家として活躍し、 平成 [続きを読む]
  • アイヌ自治区は札幌の近く?!
  • 前記事リンク:沖縄と北海道、日本を奪るには両端からhttp://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1710.html地図帳をお持ちでしたら、お手許にご用意願います。お子さんの社会科教材とか。私がアップしたのは、スーパーマップルの道路地図。図書館でコピーして来ました。画像が粗くて申し訳ない。皆さん、道庁所在地である札幌は分かりますよね?そこから真っ直ぐに南下、支笏湖を通り過ぎ、室蘭と苫小牧に挟まれた海岸線に在るのが白 [続きを読む]
  • 沖縄と北海道、日本を奪るには両端から
  • 沖縄は確かに大事ですが、背後への警戒も怠らないで下さい。北海道から一気に南下されたら、日本列島がオセロゲームのようにひっくり返ってしまいます。道議会議員含め、当初「私の主張」を多くの方々が笑っていたが、実際にそう動き始めた様だ。国連を後ろ盾にした「アイヌ民族の自治権要求」…これが実現すれば道内に自治区が生まれ、国が分断。その予定地には中国要人が視察…今日も日本は能天気なり。https://t.co/5dmxU8OyUD& [続きを読む]
  • 最強のプロパガンダは「女性」
  • 新年、改めまして自己紹介。あけましておめでとうございまーす\(*^▽^*)/今年もヨロシクお願いしまーす(*^3^*)―☆Chu!!現在、アイヌ問題に専念しております、拙宅・二番目の山羊。元々はですね、アスペルガー症候群当事者の個人的なブログでした。その後、二次に嵌ったり、ファッションネタを投下しながら、次第に保守ブログへと移行し、昨年からアイヌ問題に専従です。ずっと迷っていたんですよ。血筋的に、ワンエイ [続きを読む]
  • アイヌ問題、狂歌でまとめ。
  • 先ずは一句、川柳から。プロアイヌ アイヌに見えない、整形か?!…………ウチに検索が掛かって来るんです。歳の瀬も、徐々に押し迫ってまいりました。保守の中で、どうしてもマイナー扱いのアイヌ利権。以前から、端的にお伝えする手段はないかと考えておりました。「この記事一つで、アイヌ問題が解る!」とは行きませんが、狂歌(江戸文学の一。川柳の仲間)に読んで、まとめてみました。良い歌がございましたら、拍手と云ふ名 [続きを読む]
  • 禁止されたなら、どうしてアイヌ語の地名が残るの?
  • そもそも、矛盾していますよね。「アイヌ語を禁止された」のに、「アイヌ語の地名が残っている」とか。この辺の経緯は、砂澤陣氏の著書、『北海道が危ない!(育鵬社刊)』で触れられていました。 (引用) 北海道の地名もアイヌ語をもとに付けられ、 アイヌ語の地名=アイヌの土地という誤解があるが、 北海道の地名は、幕末から明治にかけての探険家で 蝦夷御用御雇(えぞごようおやとい)に抜擢されて 蝦夷地を調査した松 [続きを読む]
  • 公教育の必要性:日本に併合される以前のアイヌ
  • 日本に併合される以前のアイヌって?同化政策で公教育を受ける以前のアイヌについて知る手掛かりが有ります。ウラル以西か以東かは不明ですが。1920年代、奥地のロシア人に関する記録。※アイヌはシベリアから流入した少数民です。長くなりますが、以下、引用です。(改行を加えました)1920年代におこなわれた、ロシア人への魚とカラスの分類に関するインタビューの記録が残っている。彼らは、近代科学が成り立つ前の隔絶 [続きを読む]
  • 明治政府は、アイヌの言葉を禁止していません。
  • アイヌは言葉を禁止されていません。公教育で日本語を教わっただけです。お隣・朝鮮半島でも、ハングルを普及させたのは日帝でした。……アイヌにだけ禁止する理由は?【アイヌ諸語】統一された一つの言語は存在せず、部族毎に違う言葉を話していましたので、アイヌ諸語と言った方が、実態に近いかも?……何だか最近、脳ミソが煮詰まってジャムになっちゃいそうなので、小ネタで失礼します。で、コレ、簡単な話ですよ。「強制的に [続きを読む]
  • 【心理学講座】 いじめ③ 〜子供が出来る、応急措置的な切り返し
  • イジメが起きている事ではなく、イジメが放置されている事が問題。    【 #アイヌ 】 いじめ① 〜戦前の先生と戦後の先生、対応の違い    【前記事補足】 いじめ② 〜戦前の子育てと戦後の子育て    http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1702.html    http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1703.html『北海道が危ない!(育鵬社)』内の、砂澤陣氏の体験談を受けて書きました。 今でもよく、同世代の仲間 [続きを読む]
  • 【前記事補足】 いじめ② 〜戦前の子育てと戦後の子育て
  • 私の母は、昭和17年の生まれです。10人兄弟姉妹の末っ子。勿論、祖父母は明治の人間。母も私も、遅い子供でした。イジメをテーマに、次回(予定)まで続けますが、先ずは前記事の補足的に。答えなんて、聞くまでもないし、言うまでもないと思います。前者はですね、戦前の先生なんですよ。御歳91の、シベリア帰還兵に教えて頂きました。※北海道出身 驚いていらっしゃいましたよ。現代における、アイヌ≪民族≫達の活動を知 [続きを読む]
  • 【 #アイヌ 】 いじめ① 〜戦前の先生と戦後の先生、対応の違い
  • さて、子供達の情操教育にとって相応しいのは、どちらの先生の指導でしょう?①アイヌの人達は北海道の先輩。  皆さん、敬いましょうね。②日本人は、  アイヌの人々の土地を奪って開拓し、   彼らの生活を破壊したのです。  我々は謝罪と賠償を……(以下略)答えなんて、聞くまでもないし、言うまでもないと思います。前者はですね、戦前の先生なんですよ。御歳91の、シベリア帰還兵に教えて頂きました。※北海道出身驚い [続きを読む]
  • 【 #アイヌ 】 この“民族”はフィクションです。
  • 実在の部族社会をモデルに創作されたフィクション(虚構)。以下は、前記事で触れた通りです。 今現在、アイヌ文化・アイヌ民族と呼ばれているものは、 昭和初期の観光ブームで整備された「商品」に過ぎない。少々、補足させて頂きますと、実在のアイヌ集団は、3つの大きな系統と、7つのグループに分かれる部族社会でした。それぞれの部族毎に言葉も違っていたし、生活様式や風習だって、やっぱり違いが有るんです。そもそも、 [続きを読む]
  • 【 #アイヌ 】 奥州藤原氏までアイヌ民族?(゜〇゜;
  • 戦前、奥州藤原氏をアイヌ民族とする説が存在。1950(昭和25)年、中尊寺金色堂に安置される藤原四代のミイラが科学調査され、この説は完全に覆ります。次に白羽の矢が立ったのが安倍貞任でした。前九年の役で、貞任は敗死しましたが、弟達は生き残り、大宰府へと配流されています。※前九年の役(1051-62)……源頼義率いる朝廷軍と蝦夷の戦い  ">過去記事リンク:安倍貞任までアイヌ民族?(゜〇゜; http://fuwameg.blo [続きを読む]
  • 【閑話休題】 アベ一族と姪っ子 〜きのこ・たけのこ・〇〇〇〜♪
  • 【閑話休題:アベ一族と姪っ子】きのこ・たけのこ・〇〇〇〜♪しつこく、アベ一族と姪っ子・第三弾です(^q^)前回記事から時間を大きく巻き戻しまして、猟をやっている伯母の嫁ぎ先にお泊りした時の話。 過去記事リンク:狩猟を続ける母方の親戚(東北蝦夷/福島県) http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1648.html母の実家と、狩猟の家は近いので、頻繁に行き来しています。実家から、伯父(跡継・長男)が色んな農作物 [続きを読む]
  • 【閑話休題】 アベ一族と姪っ子 〜牛乳、牛乳、牛乳!
  • 【閑話休題:アベ一族と姪っ子】牛乳、牛乳、牛乳!アベ一族と姪っ子シリーズ(?!)、第2弾。アタシ、親戚付き合いは母方としかした事なくて(*^q^*)父方のアイヌ記事をお求めの方は、サイト上部横並6件と、プロフ欄2件からどぞ〜★さて、夏休みなのに、冬休みの話です(^▽^)母が用事で、福島県の実家に帰った時。県内で牧場をやっている親戚に預けられた事が有りました。こちらもまた、伯母の嫁ぎ先です。そこのお姉 [続きを読む]
  • 【閑話休題】 アベ一族と姪っ子 〜井戸水とモロコシと五右衛門風呂
  • 【閑話休題】 アベ一族と姪っ子井戸水とモロコシと五右衛門風呂夏休みなので、夏休みの話をします(息抜きに)。北海道(エゾ)の父ではなく、母の実家(エミシ)に帰省した時の思い出。……とは言っても、小難しい歴史ネタは出て来ないです。母の実家は、本家じゃなくて分家だし(^q^)小学生の時です。十日間の日程で、母の実家(福島県)に帰省しました。小さい頃に連れられて帰った事も有るそうですが、記憶にはなく。実質 [続きを読む]
  • 【前記事補足】 蝦夷と朝廷 〜摂関家嫡流・近衛文麿
  • 東北の民(蝦夷)を 苦しめた摂関家・藤原。その嫡流が、日米開戦の レールを敷いた近衛文麿。暑さで頭が働きましぇん……。゚(゚´Д`゚)゚。広告が出るのも嫌なので、前記事の補足的に。アテルイさん、素敵★キャー、格好良い!(*^▽^*)ノ ←大きくして見たい方はこちら(253KB)写真は都内の某駅で見付けた、大墓公(たものきみ)アテルイ(?〜802)。朝廷から大墓地域一帯を任されていたので、こう呼ばれます。岩手県奥 [続きを読む]
  • 【 #アイヌ 】 蝦夷と朝廷 〜アテルイはアイヌに非ず
  • アテルイさん、素敵★キャー、格好良い!(*^▽^*)ノ ←大きくして見たい方はこちら(253KB)写真は都内の某駅で見付けた、大墓公(たものきみ)アテルイ(?〜802)。朝廷から大墓地域一帯を任されていたので、こう呼ばれます。岩手県奥州市には、跡呂井(あとろい)と云う地名が残っていて、付近には角塚古墳(5世紀末/前方後円墳)も存在します。恐らくは、コレが「大墓(たも)」と云う地域名の由来かと。つまり、2 [続きを読む]
  • 【 #アイヌ 】 狩猟を続ける母方の親戚(東北蝦夷/福島県)
  • 母方の親戚(東北の蝦夷)に、狩猟文化を伝える家が在ります。北海道の父ではなく、母方(福島県)の親戚の話。東北は、プレアイヌでも、プロトアイヌでも御座いません。協会お抱えの先生方には、この点をご承知置き頂きたい。 ">過去記事リンク:安倍貞任までアイヌ民族?(゜〇゜;">過去記事リンク:12世紀、道南は奥州藤原氏の勢力圏  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1641.html  http://fuwameg.blog.fc2.com/b [続きを読む]
  • 【 #アイヌ 】 アイヌハーフに嫁いだのは陸奥源氏
  • 父方の祖母の旧姓は源です。嘗て東北に根を張った陸奥源氏がいました。本当に和人社会から差別されていたなら、アイヌの血を引く男に嫁いで来ますか?アイヌの姑が家に居るのですよ?過去記事の後半で軽く触れた話です。少し真面目に調べて来ました。 過去記事リンク:16分の1じゃなく8分の1だ( ̄∀ ̄; http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1628.htmlメディアが喧伝するような差別など無かったのです。この点をご理解 [続きを読む]
  • 【 #アイヌ 】 沖縄とアイヌが縄文系?
  • 1980年代、平取町二風谷で集められた、現代アイヌのDNAでした。皆さん、数年前、以下の報道を目にしたと思います。長くなりますが、読売さんと産経さんから。※ニュースをご存知の方は、【続き】からどうぞ。◆読売新聞よりアイヌ民族のDNA、関東よりも沖縄の人と近い 北海道のアイヌ民族は地理的に近い関東よりも、沖縄の人たちと遺伝的に近いことがDNA解析から証明されたとする研究成果を、東京大学や国立遺伝学研 [続きを読む]