かめ さん プロフィール

  •  
かめさん: ご利益散歩
ハンドル名かめ さん
ブログタイトルご利益散歩
ブログURLhttp://kamekame7.seesaa.net/
サイト紹介文息子達の活躍を祈念する巡礼から始まった御朱印授受の旅、備忘録 お土産やグルメなども綴っていきます
自由文栃木県を中心に寺社巡礼し御朱印を頂いております
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2016/02/28 08:25

かめ さんのブログ記事

  • 庚申山 猿田彦神社(栃木県日光市足尾)
  • 猿田彦(さるたひこ)神社2017年(平成29年)6月17日参詣栃木県日光市足尾町5497 鎮座説明板「当社は、明治23年(1890)に小滝坑の山神社として坑夫により建立されたが、昭和町29年小滝坑廃止のさい、奉祀する三神を本山山神社に合祀した後、猿田彦神社の遥拝殿となった。本社は勝道上人が難行苦行の末、庚申山奥の院に神霊を祀ったときに起り、今は三尊像を祀る庚申山荘内小祠が本殿である。」「足尾温泉 かめむら旅館」が目印に [続きを読む]
  • 栃木県の磐裂根裂神 覚書
  • 虚空蔵菩薩妙見菩薩磐裂神、根裂神もともとは虚空蔵菩薩や妙見菩薩を本地仏としていたところがほとんどです。明治時代の神仏分離令により祭神を磐裂神、根裂神に改めたのだそうです。そして神社の名前も「磐裂神社」や「磐裂根裂神社」そして「星宮神社」に改められたそうです。妙見菩薩は北極星を神格化、虚空蔵菩薩の化身が明けの明星と、星に関わる信仰です。 栃木県は日光山を開山した勝道上人が虚空蔵菩薩を本地仏とし、日光 [続きを読む]
  • 足尾 磐裂神社(栃木県日光市足尾)
  • 磐裂神社(いわさくじんじゃ)2017年(平成29年)6月17日参詣栃木県日光市遠下3-1 鎮座社号標一の鳥居山岳信仰の対象だった庚申山の登山口もこの鳥居だったそうです。「庚申山表口」と彫られた石碑もありました。二の鳥居の直前に踏切、わたらせ渓谷鉄道の踏切です手水舎説明板「足尾5氏」と言われる一族14人が日光から移住してきた時、妙見宮の分身を拝受し、大同3年(808)に足尾郷14ケ村の鎮守と定めた。文化・文政の頃庚申山 [続きを読む]
  • 大猷院「隠れ堂」1,000名限定で金文字の特別御朱印(栃木県日光市)
  • 輪王寺 大猷院「隠れ堂」釈迦三尊を祀る深秘「隠れ堂」を特別公開8月11日(祝・金)〜15日(火)の5日間(17:00〜18:30)大猷院拝観券 大人 550円 / 小中学生 250円期間中は1,000名限定で金文字の特別御朱印も授与本殿(国宝)これまで公開されることはなかったが、他の寺院では見られない形式を知ってもらうために企画に至りました。 徳川3代将軍・家光公の霊廟(墓所)である大猷院の境内には、世界遺産に登録された22件の国宝と重要 [続きを読む]
  • 筑波山の日 限定御朱印(茨城県)
  • 2017年(平成29年)8月10日に筑波神社へ向かいました茨城県つくば市 筑波1番地 鎮座曇天の中、時折小雨が降る天気筑波山を仰ぐと山頂は雲で覆われています・・・平成29年8月3日は「2983=つくばさん」の語呂合わせで「筑波山の日」です!数十年に一度の記念すべき日3日の「筑波山の日」をスタートとし、11日の「山の日」に開催する「筑波山ガマまつり」をフィナーレに、“筑波山WeeeeK!”として筑波山で多くのイベントを実施して [続きを読む]
  • <br />甘露山 妙雲寺(栃木県那須塩原市)
  • 甘露山 妙雲寺 臨済宗妙心寺派2017年(平成29年)6月10日参詣栃木県那須塩原市塩原665 鎮座社号標(奥に大門)大門山門東参道にある狸鐘楼お清めの水(水栓)境内案内図本堂本尊:釈迦如来扁額寿永2年(1184年)に平重盛の義妹、妙雲禅尼が京都から源氏の厳しい追ってを逃れるため山中深く入り、 安住の地としてこの地に草庵を結び、念持仏の釈迦如来像を安置したと縁起に残っています。薬師堂常楽の滝庫裡(納経所)にて御朱印 [続きを読む]
  • 土浦大師不動尊大聖寺(茨城県土浦市)
  • 羽黒山 今泉院 大聖寺2017年(平成29年)6月3日参詣茨城県土浦市永国203 鎮座寺号標参道山門山門付近の寺号標茅葺き屋根の四脚門手水舎本堂 大聖殿創建は正徳元年(995年)成尊僧都により現在地付近に今泉寺として開山したのが始まりとされる。その後、小田孝朝により小田城四方護寺(常陸四ヶ寺)として現在のつくば市西平塚に移転大永6年(1526年)現在地に移転しこの時の名称は「大聖院今泉寺」といい、現在の「今泉院大聖寺」 [続きを読む]
  • 楯縫神社(茨城県美浦村)
  • 楯縫(たてぬい)神社2017年(平成29年)6月3日参詣茨城県稲敷郡美浦村郷中2988(旧信太郡木原村) 鎮座古名は信太郡一宮。式内社(常陸国信太郡、小社)。旧県社。美浦村信太にも同名の楯縫神社がある。社号標一の鳥居神社、狛犬(村指定文化財)の説明板二の鳥居手水舎拝殿拝殿と手前には御神木なのでしょうか立派な杉(扁額はありませんでした)本殿社伝によると、推古天皇十六年(608)の創祀御祭神の普都主命(ふつぬしのみ [続きを読む]
  • 大杉神社 あんばさま(茨城県稲敷市)
  • 大杉(おおすぎ)神社2017年(平成29年)6月3日参詣茨城県稲敷市阿波958 鎮座社号標神社裏の駐車場にある看板一の鳥居一の鳥居脇に天狗の顔の石像「ねがい天狗」「かない天狗」参道の先に二の鳥居、両脇には大きな灯篭神門手水舎楼門現在もとても優美な社殿になっているのだが、それでもかつての社殿には及ばないとされる。享保十三年(1716年)に消失する以前の社殿は、現在の優美な社殿を遥かに量がする豪華絢爛なものだったと云 [続きを読む]
  • 日先神社(茨城県土浦市右籾)
  • 日先(ひのさき)神社2017年(平成29年)6月3日参詣茨城県土浦市右籾2202 鎮座社号標鳥居由来石碑(由緒:現地案内板より)大喜五年源頼義、義家父子の軍団奥州に向かう途中当地に宿営。夜霊夢ありて、この地で賊徒平定の大祈願祭を厳修した。康平元年(一〇五八年)十一月其処へ社殿を創建、丸四天権現宮と尊称武甕槌命、経津主命、衡立船戸大神の三神を鎮斎した。丸四天権現宮は何時しか摩利支天さまと俗称された。明治四年日光神社 [続きを読む]
  • 静神社(茨城県那珂市)
  • 2017年(平成29年)5月28日参詣茨城県那珂市静2 鎮座社号標静(しず)神社は延喜式神名帳に記載された名神大社かつては東国三守護神(鹿島神宮・香取神宮・静神社)として信仰を集めたそうです。一の鳥居一の鳥居をくぐると手水舎二の鳥居参道の階段を上ると神門が見えてきます神門前にいる狛犬神門前の手水舎境内内から見た神門拝殿本殿創建は不詳。『新編常陸国誌』では大同元年(806年)に創建されたという社伝を載せる。嘉祥三 [続きを読む]
  • 関東三大奇祭 益子の祇園祭
  • 7月23日から25日まで、益子の城内坂一帯は八坂神社(益子 鹿島神社境内社)のご祭礼が行われています。この祭礼は江戸時代から続くといわれ、関東三大奇祭の一つに数えられているそうです。どこが三大奇祭に入るのか諸説あるのでしょうが東京府中市の大国魂神社のくらやみ祭り茨城県龍ヶ崎市上町の八坂神社の撞舞 など23日は八坂神社の氏子の新町、田町、内町、城内、道祖土(さやど)の五地区に、それぞれの町の山車や屋台が飾ら [続きを読む]
  • 石船神社(茨城県城里町)
  • 石船神社(いしふねじんじゃ)2017年(平成29年)5月28日参詣茨城県東茨城郡城里町岩船606 鎮座式内社(小社) 社号標(昭和47年の新しい社号標)鳥居参道の途中に社号標これが昔の社号標らしい(延書式内社、旧村社)鳥居をくぐった先の参道の右側(岩船川が流れている)にありました。手前、石の上の石燈籠 奥にある、大きな石がしめ縄で祀られていたのが、どうもこれが八幡太郎義家が怪物退治の時に放った矢がささったという [続きを読む]
  • 阿波山上神社(茨城県城里町)
  • 阿波山上神社(あわさんじょうじんじゃ)2017年(平成29年)5月28日参詣茨城県東茨城郡城里町阿波山664 鎮座社号標一の鳥居二の鳥居手水舎拝殿前には、文化九年(1812年)の石灯篭扁額「神霊淪六極」本殿社伝によると、第四十二代文武天皇大宝元年(701年)に、大杉に神が降臨し、「降木明神」と称した。俗に、佐加利子(サガリコ)明神とも呼ばれる神社。阿波山という森に祠を建て、この神を祀り阿波山上神社と号したという。「御 [続きを読む]
  • 上圷 手子后神社(茨城県城里町)
  • 手子后神社(てごさきじんじゃ)2017年(平成29年)5月28日参詣茨城県東茨城郡城里町上圷199 鎮座社号標鳥居参道境内手水舎拝殿扁額本殿御由緒として、創建は大同二年(807年)の創建桓武天皇の御代には、坂上田村麻呂の東夷征討の戦勝祈願がありました。元は「手子木崎神社」と称していた社名ですが、元禄九年(1696)に水戸藩主徳川光圀公により現在の社名である「手子后神社」と改称しています。珍しい名前の神社ですが、宮司さ [続きを読む]
  • 高根山 大山寺(茨城県城里町)
  • 真言宗 豊山派高根山閑心院大山寺(たいさんじ)2017年(平成29年)5月28日参詣茨城県東茨城郡城里町高根118 鎮座寺号標弘法大師関東第三十一番札所の標寺内駐車場脇に孔雀が羽を広げて闊歩雨引山楽法寺からもらったそうです仁王門山門鐘楼手水舎本堂脇に狛犬がいました弘法大師像本堂扁額創建は弘仁元年(810年)弘法大師の開創と伝えられていて、往古は「符貴山 金剛王院 妙法寺」と称していました。その後、長録元年(1457年) [続きを読む]
  • 龍谷院(茨城県城里町)
  • 曹洞宗瑞雲山 龍谷院(りゅうこくいん)2017年(平成29年)5月28日参詣茨城県東茨城郡城里町下阿野沢1509 鎮座茨城 花の寺めぐり 一番札所社号標参道の階段山門文化8年(1811年)11月15日に山門建立「瑞雲山」の額は水戸祇園寺の開基、心越禅師の自筆とされる。手水舎本堂(昭和54年(1979年)本堂建替)創建は長禄3年(1459年)8月14日、大山城主・佐竹義成により開基され、開山は秀峰宗岱大和尚秀峰存岱(そんたい)和尚は、9歳 [続きを読む]
  • 筑波山神社の境内社3社御朱印(茨城県)
  • 2017年(平成29年)5月20日参詣茨城県つくば市 筑波1番地 鎮座今回は、筑波山神社の境内社で御朱印を頂ける3社を中心に参拝しました入り口付近にある社号標大鳥居鳥居手水舎山門筑波山神社拝殿まずはメインに参拝いたしました筑波山神社本殿授与所にて御朱印授受【日枝神社、春日神社】御朱印【厳島神社】御朱印【朝日稲荷神社】御朱印2015年3月6日の参拝2015年3月6日男体山、女体山参拝2016年6月18日蚕影神社参拝(御朱印は筑波 [続きを読む]
  • ご利益さんぽ in 蔵の街 栃木市
  • 2017年(平成29年)7月15日、蔵の街 栃木市へ行ってきました大正ロマン、昭和レトロ的、小江戸栃木市 古い民家、蔵が立ち並んでいました車で出掛けました駐車場は沢山ありましたが、みな有料駐車場無料駐車場のある栃木市役所を目指しました。市役所別館はそれ自体が古い洋風建築で観光名所の1つです巴波川(巴波川)舟にも乗れます栃木市のマンホール山本有三生誕の地山本有三生誕の地は記念館に山本有三生誕の地 近くの近龍寺 [続きを読む]
  • 吉沼八幡神社(茨城県つくば市)<br />吉沼八幡神社(茨城県つくば市)
  • 2017年(平成29年)5月20日参詣つくば市吉沼1457 鎮座社号標鳥居手水舎親子狛犬吉沼八幡神社にある狛犬は、それぞれ親子です。写真が見づらいですか上に親、下に子がいます拝殿扁額本殿覆屋本殿吉沼八幡神社の創建は寛治元年(1087)、源義家が後三年合戦の出立際、八幡神に戦勝祈願をし見事念願成就し乱を平坦した事から、神意に感謝し兵の宿営地となった当地に誉田別命(応神天皇)の分霊を勧請したのが始まりと伝えられてい [続きを読む]
  • 桑原神社(茨城県常総市)
  • 桑原神社(くわはらじんじゃ)2017年(平成29年)5月20日参詣茨城県常総市国生1186 鎮座鳥居、社号標「延喜式内 郷社桑原神社」神社説明板境内の全景手水舎狛犬拝殿扁額本殿社伝によると創建は宝亀3年(772年)、下総国司であった桑原王が本屋敷といわれる地(現在地より東側)に王の祖である豊城入彦命・天熊人命を祀ったのがはじまりといわれている式内社・桑原神社に比定されている古社だが、中世には当社の伝承が失われ、正徳 [続きを読む]
  • 宗道神社(茨城県下妻市)
  • 宗道神社(そうどうじんじゃ)2017年(平成29年)5月20日参詣茨城県下妻市(旧千代川村)宗道8 鎮座社号標一の鳥居二、三の鳥居が続いて建っていました手水舎拝殿本殿創建年は不詳ですが、寛永年間(1624〜1645年)の建立と伝えられる祭神は建速須佐男命として京都の八坂神社より遷宮江戸時代は天王宮、天王社と呼ばれた。旧村社。史跡 宗道河岸の説明版御朱印すぐ近くに鎮座しております、宗任神社で御朱印を頂けます [続きを読む]
  • 宗任神社 再訪(茨城県下妻市)
  • 宗任神社(むねとうじんじゃ)2017年(平成29年)5月20日参詣茨城県下妻市(旧千代川村)本宗道89 鎮座前回は参拝は2017年1月2日社号標一の鳥居二の鳥居手水舎拝殿前の狛犬拝殿扁額本殿創建は天仁2年(1109年)、前九年の役で敗れた安倍宗任の家臣である松本秀則・松本秀元が宗任公の神託をもとに出羽鳥海より来往し鎮斎したのがはじまりといわれています本殿内の狛犬社殿裏手にある江連用水旧溝宮裏両樋へ通ずる鳥居江連用水旧溝 [続きを読む]