かめ さん プロフィール

  •  
かめさん: ご利益散歩
ハンドル名かめ さん
ブログタイトルご利益散歩
ブログURLhttp://kamekame7.seesaa.net/
サイト紹介文息子達の活躍を祈念する巡礼から始まった御朱印授受の旅、備忘録 お土産やグルメなども綴っていきます
自由文栃木県を中心に寺社巡礼し御朱印を頂いております
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2016/02/28 08:25

かめ さんのブログ記事

  • smile.Glico 笑顔トリビア
  • グリコのスマイルグリコのCMが素敵です俳優の妻夫木聡が出演するグリコのCM。小学生の同級生たちと一緒に恩師宅を訪問する妻夫木さんは、30代後半。明るいハッピーな笑顔の仲間に囲まれながらも、浮かない顔の彼。席を外して縁側に腰かけていると、友達がグリコキャラメルを出してきた。「smile.Glico 笑顔トリビア」 2016年12月19日公開「あなたが笑えば、世界が変わる」人はなぜ笑うのだろう笑顔でいると頼りにされる笑うと脳 [続きを読む]
  • 下野国 鷲宮神社(栃木県)再訪
  • 2017年(平成29年)2月26日 参詣栃木市都賀町家中451−2 鎮座前回2015年03月30日の下野国 鷲宮神社参拝記事境内入口、鳥居参道手水舎手水舎にニワトリ、お酉様ですから狛犬夢福神拝殿本殿御祭神 天日鷲命 大己貴命創建は大同3年(808年)、元は現在地の東側を流れる思川河畔に鎮座していましたが、度重なる氾濫の為に承平元年(931年)に現在地へと遷座しました。鎌倉幕府二代将軍、源頼家公が幼少の折、今の「百日ぜき」に罹り [続きを読む]
  • 南房総の旅 鴨川へ、そして一之宮巡り
  • 2017年(平成29年)3月上旬、千葉県鴨川を目指しました愛車にて出発 〓まず千葉県八街市、八街神社(やちまたじんじゃ)に参拝兼休憩〓玉前神社(たまさきじんじゃ)へ千葉県長生郡一宮町にある神社。式内社(名神大社)、上総国一宮。〓昼食そこから房総半島の太平洋岸を走り、勝浦へ 〓2001年に全国勝浦ネットワークの縁により、徳島県勝浦町よりおよそ7,000体のひな人形を里子として譲り受け、ここ千葉勝浦でも「か [続きを読む]
  • 平塚弁財天社・鶴峯山稲荷社【平塚八幡宮境内社】(神奈川県)
  • 2017年(平成29年)2月24日 参詣神奈川県平塚市浅間町1-6 平塚八幡宮境内社平塚弁財天社お社の周りには幟旗がたなびいてます説明板西御池に鎮座「湘南ひらつか七福神めぐり」の1つ平成23年3月に平塚市岡崎鎮座駒形神社末社弁財天社より分霊し勧請東北地方太平洋沖地震直後に遷座祭、奉祝祭が斎行御朱印鶴峯山稲荷社東御池に鎮座東御池の浮島に平成28年10月に鎮座元宮は平塚市八幡鎮座八坂神社末社の川余稲荷で、氏子の願いに [続きを読む]
  • 平塚八幡宮(神奈川県平塚市)
  • 2017年(平成29年)2月24日 参詣神奈川県平塚市浅間町1−6 鎮座一国一社の八幡宮・五之宮格平塚八幡宮一の鳥居西御池から一の鳥居を望む市街地にありながらも自然が豊かで、境内にいる鴨やアヒルに心が癒されました。手水舎二の鳥居二の鳥居を守る狛犬(鳥居と共に青銅製)拝殿本殿平塚八幡宮は古くは鶴峯山八幡宮と称えられ、仁徳天皇の68年、この地方を襲った大地震に苦しむ人々の様を見かねた天皇が国土安穏を祈り、應神天皇 [続きを読む]
  • 「相模國六社御朱印めぐり 御朱印帳」無料授与
  • 相模國六社が、冊子「相模國六社御朱印めぐり 御朱印帳」を作成し、2015年5月5日から各神社と平塚市観光協会と大磯町観光協会などで無料配布している。地図や国府祭の解説、各神社の御由緒・神事、参拝の作法などが掲載され、読み物としても楽しめる1冊となっている。私は寒川神社〜前鳥神社〜平塚八幡宮と巡ったのですが入手というかあったのは平塚八幡宮だけでした。在庫がもうなくなってしまったのでしょうか?御朱印帳に関す [続きを読む]
  • 相模國四之宮 前鳥神社(神奈川県平塚市)
  • 2017年(平成29年)2月24日 参詣神奈川県平塚市四之宮4丁目14−26 鎮座狛犬平成30年が御鎮座1650年になるとのことで、境内各所に重機が入り改修工事が行われていました。鳥居も新造されるそうです。鎮守の杜に囲まれた参道の先に社殿手水舎拝殿右手前には大きな松の木があり、幸せの松と呼ばれています。稀に四本の葉をつけ、この葉を身に着けると幸せになれると伝えられています。参拝の際は是非探してみて下さい。御神木の松か [続きを読む]
  • 花園神社(東京都新宿区)
  • 2017年(平成29年)2月4日 参詣東京都新宿区新宿 5-17-3 鎮座看板大鳥居前の社号標昭和40年(1965年)以前の名称「花園稲荷神社」が残る大鳥居大鳥居前を守る狛犬手水舎境内の梅が満開でした拝殿本殿創建時期は不明だが、徳川家康が江戸に入った1590年にはすで存在しており、大和吉野山よりの勧請と伝えらる。その後、当地に内藤新宿が開かれるとその鎮守として祭られるようになる。元々は現在地よりも約250メートル南にあったが [続きを読む]
  • 『君の名は。』の舞台!四谷 須賀神社
  • 2017年(平成29年)2月4日 参詣東京都新宿区須賀町5 鎮座アニメ映画『君の名は。』その舞台モデルとなった四谷の須賀神社「君の名は。」ラストシーンに出てくる四谷須賀神社へ続く階段鳥居手水舎狛犬拝殿本殿須賀神社は、四谷稲荷神社とされていたそうですが、明治元年に須賀神社と改称されたとのことです。須賀神社の名前は、須佐之男命が、八頭の大蛇を打ち取った後、「心須賀し、須賀し」と宣った故事に由来したと言われていま [続きを読む]
  • 古賀志山 日吉神社(宇都宮)
  • 2017年(平成29年)1月29日 参詣栃木県宇都宮市古賀志町352 鎮座古賀志石の鳥居説明板参道から石段を望む狛犬拝殿拝殿、斜めより拝殿、側面扁額右手より本殿左手より本殿本殿日吉神社は長治元年(1104年)宇都宮氏第2代当主宗綱が遠く近江坂本の日吉大社より大山咋神を古賀志山麓の地にお迎えしたのが始まりです。その後、天正元年(1573年)の宇都宮氏と壬生氏の合戦により社殿が炎上し現在の地に移したといわれています。 御祭神の [続きを読む]
  • 金沢銘菓『中田屋のきんつば』
  • 金沢のお土産で頂きました『中田屋』さんの「きんつば」です。餡の粒が大きくて、甘さも上品で本当に美味しいんです龍のマークは創業者「中田憲龍」さんが考案包装はこんな感じ。きんつばのお値段は、箱入りで「5個入り箱(892円)」「12個入箱(2,121円)」中田屋さんのきんつばの表面四角く切り分けたところに、一つひとつ薄い衣を刷毛で塗りながら焼いているとか。口当たりが上品でまろやかです餡の粒が大きいのが分かります。 [続きを読む]
  • 伊勢崎神社(群馬)
  • 2017年(平成29年)1月14日 参詣群馬県伊勢崎市本町21-1 鎮座鳥居と社号標手水舎狛犬拝殿拝殿正面入口の上部には、戦時中、中島飛行機(富士重工業の前身)の社員が奉納した木製のプロペラがあります。飛行機が戦争から無事に帰ってくる様にと、渡航安全・航空安全を祈願したものです。 本殿本殿、真裏より撮影1213年(建保元年)に三浦義澄によって創建されたと伝えられている。旧称は飯福神社、通称「いいふくさま」。江戸時代に [続きを読む]
  • 天狗山 雷電神社(栃木)
  • 2017年(平成29年)1月22日 参詣栃木県下野市薬師寺1509薬師寺八幡宮参道入り口 鎮座2017年1月22日の薬師寺八幡宮と一緒に参拝鎮守薬師寺八幡宮入り口に鎮座し右の鳥居が雷電神社鳥居拝殿扁額賽銭箱拝殿内社殿、本殿側より撮影本殿御祭神 賀茂別雷大神(カモワケイカヅチノオオカミ) 祭典日 4月27日 11月17日 由緒略記  創建年不詳であるが往古より鎮守薬師寺八幡宮入り口に鎮座すと伝へ、雷の雷電宮として鎮座して [続きを読む]
  • 真壁のひな祭り 和の風 第15章
  • 真壁のひな祭り 和の風 第15章2017年(平成29年)2月4日〜3月3日まで2月25日(土)に足を運びました筑波山麓にある真壁町なかなかの人出でしたなかなか個性的なひな人形靴屋さんもひな人形がディスプレイ真壁町のゆるキャラ いしおさんのひな人形見世倉・土蔵などが軒を連ねる風情豊かな町並みの真壁町に、約180軒の家がひな人形を飾る一大イベントです。町の各地に展示しているひな飾りは、数百年前の由緒あるひな人形や現代作家 [続きを読む]
  • 相模國一之宮 寒川神社(神奈川)
  • 2017年2月24日 参詣神奈川県高座郡寒川町宮山3916 鎮座寒川神社は相模国の一之宮一の鳥居と社号標二の鳥居三の鳥居手水舎神門神門前の狛犬拝殿古代、相模川沿いは相模国造がおり、有力な豪族のいずれかが造営したと推定される。雄略天皇の時期に奉幣、神亀4年(727年)に社殿建立の記録があるが、公式には『続日本後紀』にて承和13年(846年)に仁明天皇から従五位下を授る記録がある。 『延喜式神名帳』では「相模国高座郡 寒川 [続きを読む]
  • 薬師寺八幡宮、再訪(栃木県下野市)
  • 2017年1月22日 参詣栃木県下野市薬師寺1509 鎮座前回の参拝は2014年10月13日の時です。一の鳥居社号標参道二の鳥居手水舎手水舎には「水掛」「銭洗い」の神として「夢福神」が祀られていました阿の狛犬吽の狛犬拝殿本殿と拝殿は、寛文2年(1662年)に領主・佐竹義宣の奉献で造営されたもので、栃木県の文化財に指定されています。 本殿社伝によれば、貞観17年(875年)に清和天皇の勅定により京都・石清水八幡宮から勧請されたの [続きを読む]
  • 豪徳寺「招福猫児」福を呼んで!
  • 長男が世田谷での1人暮らし、次男の寮生活、家にそれぞれ1つづつ去る2015年10月31日に世田谷区の豪徳寺を参拝した時に購入した、豆サイズの招き猫豪徳寺では、「 招福猫児(まねぎねこ)」と呼んでいるそうです。『大渓山 豪徳寺』彦根藩井伊家の墓所として有名なお寺です。もともと、この地には、奥州吉良氏により築かれた世田谷城がありました。文明12年(1480)、城主であった吉良政忠は、叔母である弘徳院のために敷地内に「 [続きを読む]
  • 木幡神社(栃木県矢板市)
  • 2017年(平成29年)1月3日参詣栃木県矢板市木幡1194-1 鎮座社号標大鳥居境内の西側にも笠木のない冠木門形式の鳥居(柱の上に屋根が付いています)大鳥居の前に一の鳥居(撮影してこなかった(;゚Д゚)エエー)があり これと同型です。大鳥居をくぐり階段を上り楼門へ手水舎鉄灯篭元和3年(1617)、土佐藩2代藩主山内忠義が徳川家康の一周忌に日光東照宮に寄進したもので何らかの経緯で木幡神社に移されています。 拝殿前には茅 [続きを読む]
  • 峯ヶ岡八幡神社(埼玉県川口市)
  • 2016年(平成28年)12月29日参詣埼玉県川口市峯1304 鎮座鳥居拝殿横から見た拝殿と本殿本殿本殿に祀られているのは、応神天皇、神宮皇后、仲哀天皇である。興味深いのは、神体として安置されている応神天皇の霊と言われている「八幡神」が菩薩の姿で表されていることだ。そのため、八幡大菩薩とも呼ばれている。 平安時代の天慶年間(938〜947)に源経基の創建と伝えられ、かつては足立群谷古田領三カ村(川口市新郷、安行の一部、草 [続きを読む]
  • 初夢
  • 年の節目にみる初夢は、一年の吉凶の夢占い吉夢を誘い福を招き寄せ、また悪夢を流し去るために枕の下に敷く縁起物の絵を世に「宝船」と称します。古くは節分の夜、江戸時代からは正月二日の夜の風習として、各地で伝承されてきました。「長き世の遠の眠りの皆目覚めなみのり舟の音の良きな」「なかきよのとをのねふりのみなめさめなみのりふねのおとのよきかな」前から読んでも、後ろから読んでも同じ文句になることのような、回文 [続きを読む]