セレステ さん プロフィール

  •  
セレステさん: 半日陰の小さな庭でバラを育てるナチュラルライフ
ハンドル名セレステ さん
ブログタイトル半日陰の小さな庭でバラを育てるナチュラルライフ
ブログURLhttp://celeste0021.blog.fc2.com/
サイト紹介文バラ育てを中心に、重曹を使ったケミカルフリー生活、グルテンフリー食生活などを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/02/27 21:41

セレステ さんのブログ記事

  • カイガラムシ退治
  • 鉢植え→地植え→鉢植えと移植続きのブラン・ピエール・ド・ロンサール。嫌地現象かと思いきやコガネムシ被害で、鉢で養生させ初めての春を迎えたのに。出開きばかりで全くつるがのびない・・・。もう諦めようかと思っていました。何気なく株もとを見ると、台木部分の樹皮が剥がれかけていました。そういえばこういう所に虫が卵を産み付けるってどこかに書いてあったっけ。さっそく爪でカリカリ剥がしてみたら。白い修正液のような [続きを読む]
  • クリスマスローズを飾る
  • クリスマスローズを避けていた理由に、切って飾るには向かないのでは、というのがありました。小さい頃からお花摘みが大好き。レンゲにタンポポ、つくしんぼ(歌詞ですね)。クローバーは編んで首飾りに。ただ育てて眺めるだけでは飽き足らず。綺麗に咲いた花は摘みたくてうずうずします。クリスマスローズは湯揚げと読んだので、花柄を切った時にやってみたら、一日たってもしゃんとしていました。来年はもう少し色があるうちに飾 [続きを読む]
  • スミレの競演
  • 花の中ではバラとスミレが特に好きです。前庭のマチルダの株もとに、ビオラ・ラブラドニカの群生があります。バラを植え替えしたせいで、かなり減ってしまいましたが、それでも見ごたえがあります。今年もタネをいっぱい飛ばして、増えてほしいです。散歩コースのご近所さんからいただいたスミレ。花が大きく、繁殖力旺盛。白いイベリスと絡んで、いい風景を作っています。お隣の鉢植えからのタネで今年初めて咲いたスミレ。清楚な [続きを読む]
  • チューリップ爛漫
  • チューリップもそろそろ終わりです。鉢の中心に植えられて日当たりがよくなかったせいで小ぶりな花たち。来シーズン鉢植えするならもう少し間隔をあけ、花期がずれるので品種は単独で、植えようと思います。この後、切って花瓶へ。キャンディーカラーがまぶしい。”マリリン”だったかと思いますが違うかもしれません。艶やかなチューリップです。チューリップの球根は一年限りと割り切っているので、花が終わったら抜いて、この鉢 [続きを読む]
  • チューリップが開く音
  • 見ごろを迎えたベランダのチューリップ。摘んで部屋に飾り写真をとっていると、左の白い花が大きく開いてきました。ゆっくり開いていくさまが神秘的。花びらがこすれあう時など、キュッという音がするのです。子どもたちとしばらく動かずじっと見つめていました。摘む前のベランダ。あと半分つぼみが残っています。チューリップ、子どもの頃夏によく食べた、果汁のアイスキャンディーを思い出します。細い棒の先に、小さいプリンの [続きを読む]
  • 春のベランダ
  • やっと春らしいうららかな陽気となりました。ベランダではチューリップが猛々しいほどの伸びを見せています。球根に液肥は必要なかったかも・・・。バラにやるついでに二度ほど与えていました。我が家ではチューリップがこんなに巨大に育ったことはありません。ムスカリがすっかり埋もれて寄せ植えとしては失敗です。左の青い鉢は丈の低い赤紫色のチューリップと青いパンジーなのでこちらに植えれば色的にもちょうどよかったはず。 [続きを読む]
  • 春の花々
  • 庭やベランダから盛りの花を切って飾りました。ミニ水仙”ティータティータ”が作り物っぽくてかわいいです。次女が気に入って買ってやったビオラですが、しばらく花が咲かなくて心配していました。肥料と日照時間が長くなってきたおかげかやっと咲いてくれました。一番道路ぎわに植えてあるのでよく踏まれがちなポイントですが、雑草のように逞しく育ってほしいです。ご訪問ありがとうございます。 してくださると嬉しいで [続きを読む]
  • 春の前庭
  • 前庭にもようやく朝日の恩恵が。ミニ水仙”ティータティータ”が咲き始め、レモン色のビオラと春の雰囲気を醸し出しています。ピンクのストックやシルバーリーフは寄せ植えのリサイクル。ローダンセマム”アフリカンアイズ”アフリカ人の瞳、という意味でしょうか?確かに花の中心が見開いた瞳孔に見えなくもないです。白い花は曇りがちな春の日でもよく目立ちます。二鉢目のクリスマスローズ、美形の花が咲きました。このウェーブ [続きを読む]
  • チェルシーガーデンで寄せ植えを その2
  • 先日行った日本橋三越屋上チェルシーガーデン。寄せ植えのお手本にしたいものがいっぱい。今回は店員さんに許可をもらいました。色も、リーフの合わせ方も素敵です。コンテナに水苔いいですねえ。こちらは売り物ではなく、クリスマスローズの展示の所にありました。キャンディの詰め合わせみたいで可愛い!これやってみたいです。花の苗もバラの苗もたくさんありました。春は園芸店めぐりが楽しいです。ご訪問ありがとうございます [続きを読む]
  • ネメシアの寄せ植え
  • お友達とチェルシーガーデンに行ったら、真っ赤なネメシアに引きつけられました。今、ベランダに咲いている花がピンクや紫など中間色ばかりなので、目がパキッとした原色を欲していたのでしょうか。タグには「栄養系ネメシア”ネシア”」と書いてありました。栄養系??ネメシア?ネシア?・・・とりあえず元肥は多めにしてみました。合わせて買ったのはローダンセマム”アフリカンアイズ”。青い植木鉢に、もともとあったシロタエ [続きを読む]
  • カートマニージョーとぺぺロミア
  • 花が終わるのが待ちきれなくて植え替えてしまったクレマチス”カートマニージョー”。根がとぐろを巻いてました。ちゃんと根付いてくれるでしょうか。先日行ったグリーンショップ音の葉で、ペペロミアを買いました。奥のサンセベリアに合わせるグリーンがなかなかなく、やっと空間が埋まってよかったです。右手前のスペースはどうしましょう。極小の動物フィギュアでも置いてみましょうか。ペペロミアといえば、濃い緑で深いシワの [続きを読む]
  • ミニ洋ランとクリスマスローズ
  • リビングで日光浴中のデンドロビウム。小さなバルブの芽が何本もでてきています。花も今がピーク。最初に咲いた花はもう散り始めています。今年の花つきは素晴らしかったです。ミニカトレア、ミニ胡蝶蘭にも太陽の恵みを。大好きなかぎしっぽの庭さんのブログで読んで以来、ミニ胡蝶蘭の水耕栽培を試しています。左のビンです。シワシワ気味だった葉が生き生きしてきてすごい効果です。剣弁フリルがエレガントな一鉢めのクリスマス [続きを読む]
  • クレマチス”カートマニージョー”
  • ちょっと遠出をした際にのぞいた小さな花屋さんで、カートマニージョーを見つけて買ってしまいました。人気のブロガーさんの画像で見て、いいなと思っていた品種だったのです。もう鉢はこれ以上増やしたくないし、クレマチスは伸び放題の”プリンセスダイアナ”に手を焼いてご近所さんに引き取ってもらった経緯もあり、つるバラ以外のつる性植物は狭い我が家にはNGにしていたのですが。めったに行かない場所で出会ってしまうと、「 [続きを読む]
  • クリスマスローズの植え替え
  • 先日行ったグリーンショップ「音の葉」で、素焼の縦長の鉢を買ってきました。長女のアクリル絵の具を借りて薄いピンクに塗り、さあ植え替えようと小さなビニールポットから抜くと・・・根がポットの形にガチガチに固まっていて、バケツの水の中でほぐすのにかなりの時間がかかりました。手がかじかんで痛いので、途中からぬるま湯で作業しましたが、根を傷めることにならなかったかちょっと不安です。クリスマスローズ、フェアでた [続きを読む]
  • ポピーとデンドロビウム
  • 家に飾る花は庭で調達したくて色々植えていますが、好きだけど育たない花はお店で買います。ポピーは大好きで毎年買う花。昔、房総半島でポピーの花摘みをしたことがあります。1本いくらかだったか覚えてませんが、何十本も持ち帰って豪華な花束を楽しみました。近所のお花屋さんでポピーを買ったら、レジに飾ってあったポピーを、あまりもたないけどどうぞとたっぷりいただいたことがあります。娘が一生懸命、どれにしようかとお [続きを読む]
  • クリスマスローズの世界展
  • 招待券をいただいたので、お友達と行ってきました。なんと多様な色と形。この組み合わせ、素敵です。素焼鉢買ってきてこの色に塗ろうと思います。会場で購入した、我が家で二株めのクリスマスローズ。お値段は1000円。一鉢2000円超えると指先がわなわなしますが、これくらいなら許せるかな。上の写真と同じパウダーピンクの鉢が用意できたら植え替えします。来週は同じお友達と「音の葉」へ行く予定です。クリスマスローズ [続きを読む]
  • 初クリスマスローズ
  • 去年、庭いじりをしていた時、上品な紳士に声をかけられました。我が家のバラを褒めていただいたうえ、クリスマスローズを育てませんか?とのお申し出が。有難くお受けして数か月、約束通り、素敵な一鉢を持ってきてくださいました。セミダブルのピンク、花色は咲き進むと明るくなっていくとのこと。典型的日陰庭の我が家にクリスマスローズがなかったのは、切り花にできなさそうということと、セレブなお値段のおかげです(涙)。 [続きを読む]
  • チェルシーガーデンで寄せ植えを
  • 先日のプリムラは日本橋三越屋上チェルシーガーデンで買いました。バラの苗もたくさんありましたが、誘惑を断ち切り背を向け・・・すると目をひいたのがこちらの寄せ植え。なんという完璧な色合わせ。美しすぎます。やはりプロは違う・・・。しかし、こんなに大きな鉢植えは我が家には置き場がないし、日当たり悪いし、何より相当のお値段なので、指をくわえて見るしかありません。前に写真を撮っていいか聞いたら店員さんがどうぞ [続きを読む]
  • プリムラとイチゴ
  • 週末にプリムラを買いました。左がバラ咲き、右が八重咲きです。プリムラだけの春の寄せ植えにするつもりです。春らしいピンクやピーチ色にしようかと思ったのですが、この濃いブルーに目を奪われ、これにあうものをいろいろ合わせてみた結果、赤紫とのコンビネーションがなかなかシック。白で明るさも加えて。次女が欲しがったので、イチゴの苗も一つ。「本気野菜」というネーミングがいいです。2月も半ば、寒さもあと少しの辛抱 [続きを読む]
  • 沈丁花と折り紙のバラ
  • 去年100円で買った、小さな挿し木苗だった沈丁花。横から枝を一本伸ばし、花が二か所につきました。この香り、大好きです。秋の金木犀のように、ふっと香るにはいいのですが嗅ぎつつげると気分が悪くなる、ということがありません。さっそく部屋にとりこみ、香りを存分に楽しんでいます。春もすぐそこと感じさせてくれます。次女が作ったバラの花束。本物のバラが咲くまでの間、部屋を明るくしてくれます。庭やベランダのバラの [続きを読む]
  • バラの思い出 その2
  • 去年の国際バラとガーデニングショウより。子どもの頃のバラの思い出、続きです。母にねだってバラを植えてもらったら、オレンジに近い朱赤のバラでした。う〜ん、いまいち違うんだけどなあ。と思いつつ、このバラは引っ越しの移植にも耐え、毎年たくさんの花をつけました。これも品種はわからずじまい。小学生の頃は、毎月届く、学研の学習と科学が楽しみでした。年子の姉には学習、私が科学。私が1〜2年生の頃でしょうか、その [続きを読む]
  • 思い出のバラ
  • ブライダル・ピンク(画像は姫野ばら園さんからお借りしました)幼稚園の頃、近所の公園で遊んでいると、ふと隣接した民家の垣根に目が吸い寄せられました。垣根から飛びだして咲いている、一輪のピンクのバラ。あまりの美しさに周りのすべてが消え去り、私はただ茫然と見つめるのみでした。世の中に、こんな完璧な美があったとは。幼稚園児にこのような感想は言えませんが、その時の衝撃を言葉であらわすとこうなります。我知らず [続きを読む]
  • 冬薔薇
  • この冬最後のバラ、羽衣。冬薔薇と書いて「ふゆそうび」と読むと知ったのは中学生のころ。大和和紀さんの漫画版源氏物語、「あさきゆめみし」からです。(ちなみに現代語訳は田辺聖子さんがお気に入り。)大人になって読み返したらすっかり夢中になって、十二単も豪華絢爛なイラストレーション集も買いました。大和和紀さんといえば「はいからさんが通る」が有名ですが、私の一押しは「ヨコハマ物語」でしょうか。この方の作品は時 [続きを読む]
  • 一月のベランダ
  • 2016年国際バラとガーデニングショウでひときわ艶やかだったバラ、フランボワーズバニーユ。去年の暮れに、思い切って長尺苗を買ってしまいました。手前の鳥のついた小さめオベリスクに絡めている鉢です。我が家では初の絞りのバラ。雑誌やブログで絞りを見るたび、一つ欲しいと思っていたので、願いを叶えてしまいました。剪定と誘引の終わったバラたち。今年は一番奥にレオナルドダヴィンチ、左のフェンスにロココを配してみ [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 去年の話になりますが、やっぱり買ってしまったシクラメン”アバニコ”です。小中輪のフリフリ、ガーデンシクラメンですが、可愛らしいので室内で愛でています。今年は無事に夏越しできますように・・・!年末の忙しいさなか、暖かい日を理由に、つるバラの誘引をしました。大掃除からの逃避ともいいます。見にくいのですが、左奥から太い枝がニュードーン、その右がアルバ・メイディランド、手前左にローブリッター、右に今回ギス [続きを読む]