尾崎友吏子 さん プロフィール

  •  
尾崎友吏子さん: cozy-nest 小さく整う暮らし
ハンドル名尾崎友吏子 さん
ブログタイトルcozy-nest 小さく整う暮らし
ブログURLhttp://www.cozy-nest.net
サイト紹介文ダウンサイジングで、ゆとりの暮らし。新刊『時間とお金にゆとりができる「小さな家」』6月9日発売です。
自由文男子3人を持つワーキングマザー。時間やエネルギーの無駄を省くシンプルで自然に優しい暮らしで、ゆとりのある豊かな日々を目指しています。
時短家事*作り置き*無印良品*自然に優しい家事*整理収納*断捨離*持たない暮らし*機能的な道具*宇津木式スキンケア*かぞくのじかん*婦人之友家計簿*ミニマリスト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/02/27 21:59

尾崎友吏子 さんのブログ記事

  • 無印良品の収納グッズで、子どもの本棚がさらに使いやすく。
  • 先日、手を加えて収納が増えた三男のスペース。www.cozy-nest.net本を置いていたところに、ブックエンドを立ててより使いやすくしました。使ったのは、お兄ちゃんたちが愛用している無印の仕切りスタンド。本当はこのような形で使うのが本当なのでしょうか。底部にブツブツと突起が4箇所ついているので、多分この面が底部?次男の本棚を見ると、たしかに連結の部分があるところを下に使っています。とはいえ、その底面部分の厚み [続きを読む]
  • 自由なこれからの暮らしのキーワードは「小さな家」
  • 掃除や庭の手入れが面倒どこへいくにも不便リフォーム代がかかりすぎるローンが重荷で普段の暮らしに節約を強いられる広くても、散らかる原因が解決できない老後の経済が心配。。。憧れのマイホームを買ったはいいけど、思ったように使いこなせない場合があります。また、はじめは良くても、何年も住んでいると、家族構成が変わったりしたら、一気に家は使いにくいものになります。住みにくさを感じる原因は、「人が家に合わせてい [続きを読む]
  • 忙しい週末でも作り置き。
  • 4月から三男が念願だったバスケを始めて、平日も週末もかなり忙しく過ごしています。今週末も、土曜日午前中と日曜日はバスケの試合でした。日曜日は、他市まで応援に行き、かなり時間を取られました。日曜日は帰宅後3時前にお昼を食べ終わり、夕食の準備と共に、平日のための作り置きを2時間ほどしました。茹で野菜・ほうれん草 5把 いつもは小松菜とほうれん草を混ぜますが、今週はほうれん草が特価だったのでほうれん草ば [続きを読む]
  • まだ間に合う!父の日のプレゼント。
  • 父の日。遠くに住む父に、挨拶代わりに今年もささやかなプレゼントを贈ります。母の日はここのところいつもお花を贈ることにしていますが、www.cozy-nest.net父の日もいつも同じものを贈ることにしています。あれこれプレゼントを選ぶのも楽しいけど、じつは父の日って何を贈っていいかわからなくて。一度、贈ったら喜ばれたものを、毎年同じように贈るようにしています。実家の父は、甘いものが好きなので、お菓子とコーヒー。義 [続きを読む]
  • 人生いつでも順風満帆というわけじゃない。
  • 老後ってどれぐらいお金がかかるんでしょう?先行きが見えにくいご時世、不安になることはありませんか。不安になるひとは多分大丈夫でしょう。だって、今から備えることもできるから。私は大丈夫だろう、とおもうひとのほうが要注意なようです。以前見た「下流老人」を特集したテレビ番組で、老齢になって家も取り上げられ、なんとか暮らしている人たち。彼らは、ギャンブルなどにお金をつぎ込んだわけではなく、普通の善良な人々 [続きを読む]
  • くつろぐ道具を小さくすれば、家じゅうがくつろぎのスペースになる。
  • 引っ越し前に、ソファが無くなり、リビングが広く使えるようになってからもうすぐ2年。先日、子どもがシーソーのようにしてリクライニングに不具合が生じた座椅子。先日の無印良品週間で再度同じ物を購入し、愛用の麻のごろ寝マットとともに我が家のリビングにくつろぎを生んでいます。窓際で本を読んだり。テレビを見るときには、テレビの前に移動。ごろ寝マットは広げてゴロゴロ。ソファのときは、一人が横になると他に誰も座れ [続きを読む]
  • クリステル鍋で作る、超簡単!ねっとりあま〜い焼き芋
  • 愛用のクリステルのお鍋。毎日、それはそれはよく働いてくれています。お鍋もそろそろ磨いてあげなくては。。いつも、おやつにお芋を焼き芋風に作るときは、アルミホイルに巻いて、オーブンに入れていました。↓この記事にいつものレシピがありますwww.cozy-nest.net先日、サツマイモをたくさんいただきました。さっそく一部を焼き芋に。まとめて火を通しておいたら、あとでサラダなどのお料理にも使えます。これ、鍋でやってみた [続きを読む]
  • 迷わないクローゼット
  • 朝、クローゼットの風景を撮ってみました。クローゼットの入り口。ここに家族全員分の服を収納しています。みなここで着替えます。更衣室兼クローゼット。左側が子どもたち、右側が夫と私。私の場所は左の一番奥。www.cozy-nest.net今のシーズン着ている服の全8着のうち、着用中と洗濯中を除いた5着がポールにかかっています。左側には長さの違うS字フックを取り付けていて、仕事用の革バッグと、休日用トートをかけています。い [続きを読む]
  • 初夏の室内
  • 先週末は母の日でしたね。次男と三男からもらった小さなブーケが、いまリビングにあります。やっぱり生花はいいですね。長男からは、お手伝いのプレゼントをもらいました。長男はいつも当番で別の曜日に食器の片付けをしてるのですが、母の日だけ特別?に。日曜日の夕食後、いつもなら食べ終わって、自分の食器をはこぶついでに、すぐに洗いはじめるところ(いったん座るとなかなか立ち上がれないので、ここはさっとやるようにして [続きを読む]
  • 台所で出しっぱなしのもの
  • 昨日の記事の続きです。www.cozy-nest.net私の性格から、「みせる収納」より「しまう収納」のほうが断然向いていて、ラクだと思う派です。「みせる収納」なんて言えば、聞こえはいいのでしょうが、我が家の場合はそんなにたいそうなものではなく、出しっぱなしのほうがラクなものを出しているだけ、です。掃除の手間、出し入れの手間、整えて入れられるかの3点のさじ加減で決めています。鍋類は扉の中でなく、出しっぱなしです。 [続きを読む]
  • しまう収納 vs みせる収納  できる人とできない人(←私)
  • 先の記事で紹介した、すはらひろこ著「シンプルに暮らす 無印良品で片づく部屋のつくり方」をみて、収納について考えてみます。よく語られるのが、「みせる収納(オープン収納)としまう収納」です。それぞれの特徴はこんなかんじ。 みせる収納 vs しまう収納 それぞれの特徴 見せる収納の特徴 ・扉や引き出しの開閉の手間がないので、取り出しやすくしまいやすい・初期投資が安く抑えられる。施工が簡単。家具の場合 [続きを読む]
  • 絶賛愛用中!無印良品のおすすめ整理収納グッズをまとめてみました。
  • シンプルに暮らす 無印良品で片づく部屋のつくり方こちらの本でも、多数の家に使われている人気の収納グッズ。私も、実際に使ってみてよいものがたくさんあります。我が家で実際に使っているものの一部をご紹介します。リンクだらけの記事になってしまってます。私は、自分で使っていないものは、おすすめしません(できません)し、買ってみて失敗のものもあります。そして、長年使っていたけど、ライフスタイルが変わってもう使 [続きを読む]
  • かさばる冬の布団の収納
  • 先日の記事にも書きましたが、www.cozy-nest.net真冬に使っていた布団や毛布を毎日すこしずつ洗い上げています。羽毛布団って、軽くて暖かいけど、収納にとってもかさばります。我が家は、来客用のかけ布団以外は、遊んでいるお布団はありません。夏もカバーをつかっているので、真夏は使っていない収納されている布団が増えます。一方、真夏用の寝具というのを特別持たず、夏用の寝具も真冬にも活用させているので、真冬は布団の [続きを読む]
  • 心地よい寝具を纏う幸せ
  • 布団をCOLDバージョンからCOOLバージョンへ、毎日すこしずつ移行しています。2重にしていた羽毛ぶとんを一重にしたり、冬の毛布を収納するために洗ったり。毛布や羽毛布団は1日に1枚、カバーも2枚までが限度なので、毎日少しずつ。家族分あるので、2、3週間ほどかけて、お天気のよい5月中に終わらせる予定です。GW前半は、息子たちの試合観戦などもなく、ほんとうにのんびり過ごすことができました。少し早起きしてシーツと [続きを読む]
  • 洗濯ネットを活用して、洗濯の手間をミニマイズ
  • ミニマムな生活を送りたいのに、毎日の洗濯量はマキシマムな我が家です。でも、家事のムダを見直して、私が最も時間を節約できているなぁ、と思っているのが、洗濯。くわしくは、著書「3人子持ち 働く母の モノを減らして 家事や家計をラクにする方法」に書いていますので、こちらもご覧いただけたらと思います。3人子持ち 働く母の モノを減らして 家事や家計をラクにする方法そして、我が家の洗濯の手間を省くのに欠かせないのが [続きを読む]
  • 豊かさって何だろう? たくさん持っていても、貧乏だった。
  • 世界で一番貧しい大統領のスピーチ2012年、ブラジルで開かれた国際会議で、ウルグアイの大統領が行ったスピーチの絵本。大統領は、彼は農村の農場で暮らし、質素なスーツを着て、自分で古びた車を運転しています。「貧乏とは、少ししか持っていないことではなく、無限に欲があり、いくらあっても満足しないことです。」スピーチ終了後、会場は、大きな拍手と、感動の渦に包まれました。欲に限りが無く、つねに「貧乏」だった私 [続きを読む]
  • ミニマリストの服の数 2017年春は8着で。
  • 大好きだった服を2着、手放すことになりました。 服を2着断捨離 一着は、黒のマキシ丈キュロット。一着買って、とても気に入ったので、同じものを追加購入して、2着を交互に着ていましたが、最初にかったほうが記事が薄くなり、とうとう穴があいてしまいました。そしてもう一着は、白のブラウス。こちらもかなり気に入っていましたが、ボロボロになるまで着たわけではなく、公園で茂みに入ったボールを取ろうと思った時、 [続きを読む]
  • 「置き場所の決まった家」リビングのテレビまわり編
  • リビングでは、何をしますか?リビングには他の家にもあるように、我が家にも大きめのテレビがどーんとあります。(大きいテレビ、ほんとうは私が最も手放したいものの一つ。でも、大きいテレビは夫のこだわりでもあります)もれなくリビングでは、テレビやDVDを見たりが多いですね。それから、スマホをいじったり、本を読んだり、ゲームをしたり、子どもたちが囲碁をしたり、兄弟でケンカじゃれあったりという感じでしょうか。私 [続きを読む]