林 祐子(助産師) さん プロフィール

  •  
林 祐子(助産師)さん: こうのとり倶楽部
ハンドル名林 祐子(助産師) さん
ブログタイトルこうのとり倶楽部
ブログURLhttp://ameblo.jp/kounotori-sanba884/
サイト紹介文赤ちゃんを待つ人々が『待ち時間にできること』を助産師が提案します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/02/28 02:57

林 祐子(助産師) さんのブログ記事

  • 育ちなおし
  • 前から観たいと思っていた映画。近所で観られるということで行ってきた。「そして父になる」は福山さんが「父になる」ではなく「父になって育ちなおす」に思えた。親でも、上司でも、先輩でも「モデル」が存在する。自分もこうなりたいとか。知らず知らずのうちに真似てしまうとか。ぜったいマネしたくない! とか。良くも悪くもモデルが存在する。親になるときのモデルは自分の親である。親からこんなふうにしてもらったから自分 [続きを読む]
  • 母子手帳をもらう時には。。。
  • 妊娠したら発行される母子手帳。正式な名前は母子健康手帳。母子の健康を守るための手帳なのでぜひ活用してほしいです。まず、もらいに行く場所です。市役所、または区役所でも発行されますができれば足をのばしてでも保健センターに行ってほしいです。役所では、助産師や保健師がいないので事務的な発行になってしまいます。保健センターでは助産師や保健師がいますから、その時に、妊娠中に受けることができる教室の案内やその [続きを読む]
  • ピンとこない?? 予防不妊
  • 自治体で仕事をしているとチラシ、冊子、事業、教室などたくさん目に飛び込んでくるのが○○予防の文字や取り組み。がん予防に介護予防、ロコモ予防。インフルエンザ予防。子育て支援(つまりは子ども虐待予防のこと)でも、不妊予防はどこにも見あたらない。「2017年は予防不妊の考え方を広めたい」周りの人にそう伝えても反応が良くないことが多い。ピンとこないのかもしれない。でも予防できる不妊がある。不妊を予防する方法 [続きを読む]
  • 男も女も経営者も〜もっと知ろう、女性のカラダ〜
  • https://www.facebook.com/events/1440486709329709/?ti=icl 今度の金曜日にお話させていただきます。 不妊は生活習慣病の領域ではないかと思っている。 不妊に悩む人は、この10年で2倍に増えた。 この10年で無くしたものを取り戻せば、不妊に悩む人を減らせるんじゃないかと、本気で思っている。 不妊でお悩みの方をサポート!こうのとり倶楽部さん(@kounotoriclub)がシェアした投稿 - 2017 Mar 21 8:58am PDT [続きを読む]
  • 子どもの健康をママの手で
  • 環境、気候が変わりやすい季節。春の子どもの不調について鍼灸師の足立繁久先生とコラボセミナーをしました。プレママサポート足立鍼灸治療院はこちら3人のお子さんを育てるお母さんが参加してくださいました。お仕事もしながら子育て、家事をする毎日。最後は、主婦あるある、母あるあるで共感。感想をいただきましたので、掲載いたしますね。+?+:;;;:+?+:;;;:+?+:;;;:+?+:;;;:+?+:;;;:+?+子供達の心身の不調時の対応につ [続きを読む]
  • いいお産、上手なお産
  • いいの反対は悪いでしょうか?上手の反対は下手でしょうか?産む方に対して悪いお産、下手なお産と思ったことは助産師をしていて、一度もありません。(医療側のせいで、悪いお産にしてしまって申し訳なかったと思うことはあります…)いいお産、上手なお産をされた方には思わず「とっても上手なお産だったね」「いいお産でしたね」と言ってしまいます。先日も、いいお産に立ち会わせていただきました。赤ちゃんが産まれてくるの [続きを読む]
  • 授かりたいあなたがママになるためのお茶会をしました
  • 今日は授かりたいあなたがママになるためのお茶会でした。 参加してくださったのは・人生の節目を迎える・近い将来、結婚や出産をしたいと思っている・人のために長らくお仕事をしてこられた・お2人目さんを授かりたい・子宮内膜症や子宮筋腫など、女性特有のお悩みを持っている・それらをコントロールするためにお薬を服用している・薬の服用について「飲んでいていいのだろうか」と少し疑問を感じているという方々でした [続きを読む]
  • 体外受精のジレンマ
  • 不妊治療は体外受精では自費になります。市町村で治療費助成がありますが所得制限を設けている自治体が多いし助成をもらってもはっきり言って焼け石に水です。それだけ不妊治療は、ことに高度生殖医療はお金がかかります。体外受精を数回して結果が出ない。次回はどうしたらいいか…もう、治療はやめようか。治療に専念するために仕事も辞めたから収入も減っている。でも赤ちゃんは授かりたい。でもお金がない。パートナーは「も [続きを読む]
  • 人のために昼夜はたらく貴女こそ、健康になってほしい!
  • 訪問介護事業をしておられる株式会社アワハウス様の研修で働く女性の健康を考えるお話をさせていただきました。人のために働くお仕事の方は自分のことを後回しにせざるを得ない場面が多いんじゃないかな。決して多くない人数で勤務をまわしているから簡単に休むわけにもいかない。月経の時はタンポン入れて、痛み止め飲んでその痛み止めも通常量では効かないから倍の量飲んで。。。医療職 あるある です。本当に。少しでも健康的 [続きを読む]
  • お産の時に持っていく荷物に入れてほしい物
  • お産が近い時期になったら入院する時に持っていく荷物をまとめます。持ち物は出産する病院で教えてもらえます。でも言われないけど持っていってほしいものがあります。それは。。。ブルーザーブロディみたいなレッグウォーマーこの画像を見たら持っていくの、忘れませんよねっ!とにかく、モッコモコのやつを。お産の時の荷物に入れてください!なぜならお産の時に着る産衣はペラペラのヒラヒラで薄くて寒いのです。パンツははい [続きを読む]
  • ラジオに出演します
  • 2月16日(木)にラジオ出演します。12時10分ごろからです。長野県の いいだエフエムこどもといっしょ おさんぽ日和という番組です。 いいだエフエムのアプリをダウンロードしていただくと、スマホやパソコンで、日本中どこでも聴くことができます。 ダウンロードはこちらから どうして、授かりたい方をサポートしたいのか。 私がしているサポートは病院の不妊治療と、何が違うのか。 授かりたい人が授 [続きを読む]
  • 体の芯を温めるには…
  • この数日、冷え込んでいますね。 日ごろに増して、体の冷えを感じる方もいるのではないでしょうか。 体の芯を温めるには実は、熱だけでは不十分です。 湿気がいります。 冷え取り=熱+湿気です。 それにはこのようなグッズが効果的です。 ぬかカイロ。へそきゅう。 レンジでチンするタイプです。蒸気の温熱シート という商品もありますね。 上手に暮らしに取り入れてぬくぬくお過ごし [続きを読む]
  • 広めたい『予防不妊』
  • 予防歯科という言葉があります。 虫歯や歯周病になってから歯医者さんに行くのではなく不調が起きないように、日ごろから歯だけでなく、生活全体を整えてお口の健康を守るという考え方ですよね。 お産も同じ考え方です。 「何かあったらいけないから大きな病院で産む」ではなくて「何も起こらないように健康管理をしてお産に臨む」という考え方がベースになります。 不妊も同様です。 授かりたい時に授 [続きを読む]
  • 若い人に伝える
  • 昨年の秋、大阪府河内長野市にある大阪暁光高校の『生き方探求講座』でお話をさせていただきました。 3年生の学生さんが13講座の中から自分が興味あるものを選ぶというカフェテリア方式です。 私がお話したテーマは大切にしたい「私」 〜ポカポカな体と心で元気な毎日を〜 授かりたいけれど思うように授からない方の声を聞くと若いときからの不調が見えてきます。そこから [続きを読む]
  • 初産婦と経産婦では違う!安産の秘訣。
  • 安産の秘訣、あります。 初産婦さんと経産婦さんでちょっと異なる点があります。 今日はそれをご紹介します。 初産婦さんはとにかくしっかり歩くこと。 予定日のころには2時間ぐらいサクサク、ラクラクに歩けるようになっている方は安産なことが多いです。 経産婦さんは疲れをためないこと。 自分をいたわること。 自分のことを後回しにしないこと。 上の子を連れていたらサクサク [続きを読む]
  • 近くに行ったら、息ができないぐらい好きな人
  • 青春時代を思い出してください。あ、いま、遠い目、しました?(笑) 遠い青春時代近づいたら、息ができないぐらい好きな人っていませんでしたか? あ、また遠い目。。。しましたね(笑) 近くに行ったら、呼吸できないぐらい大好きな人。 そして女性の体と心の健康を追求するところでとても尊敬、共感できる人。 桂里美先生 主宰の Ray☆studioはこちら 先生がされている毎月のお楽しみワ [続きを読む]
  • 授かりたいあなたがママになるためのお茶会をしました
  • 今日はお二人の方と時間をご一緒しました。お気に入りの和紙のコースター。そしてお気に入りの、こうのとり煎餅。「こんにゃくは何に使うんですか?」「食べるの?」「どこか旅行にでも??」おもしろかったですこんにゃくは20分ゆでて、湿布に使っていただくのにご用意しました。これをタオルに巻いて腎臓や、冷えが気になるところ、下腹部などに当てていただきます。参加してくださったお二人から感想を寄せていただきました。 [続きを読む]
  • 「あぐら」と「不良座り」についての一考察
  • 一年前の記事の再掲です。 来週、再来週と保健センターでの 妊婦さん向け母親教室こうのとり倶楽部の講座子育て教室でのおはなし...と、続きます。 それで 女性のカラダついてあらためて 考えているのですが。。。まず、あぐらをかけない女性が増えています。私が市町村の母親教室の仕事を始めた15年前を思い出してみると。。。 あぐらをかけない人膝の外側を床につけられない人 は10人の妊婦さんがい [続きを読む]
  • 感想を寄せていただきました〜月経でお悩みのあなたへ〜
  • おとといのセミナー 感想を寄せていただきました 女性ホルモンとツボに興味があり、参加しました。実践できる内容で、分かりやすくてよかったです。ツボ押しや月経の話、つらい人がいるので、情報提供できます。月経前症候群の方や子宮内膜症の方にも聞いてほしい内容です。                               桂里美さま家庭でできるツボのセルフケアを知りたくて、参加しました。簡単 [続きを読む]
  • 月経でお悩みのあなたへ〜セミナーをしました
  • 昨日は、河内長野市で鍼灸院を開業されている足立繁久先生とコラボセミナーでした。先生は毎日、たくさんの妊婦さんや子供さんたちに診療していらっしゃいます。 逆子の妊婦さんを先生に診ていただき、無事にお産に導いていただいた妊婦さんも多数! 私も授かりたいと悩んでいたときには、先生に診ていただきました。 昨日のテーマは「月経にお悩みのあなたへ」 まずは私から健康的な月経とはなにか [続きを読む]
  • インフルエンザは気合いで治りません。
  • 少し前に、Facebookでマニアックなインフルエンザ予防を投稿したためでしょうか… 「インフルエンザ、気合いで治りますよね?」と相談してきた方がいました。 「はい、気合いで治ります!」と言ってほしかったのでしょうか。 そんなこと、言うわけがない。 西洋医学をベースに学んで看護職につきその恩恵を受けている人も、もちろん見ています。 その上で、人間には、体には、自然治癒力があって [続きを読む]
  • 養子縁組ってなんだろう
  • 特別養子縁組で二人のお子さんを育てているママのお話を、一緒に聞きませんか。血縁だけではない、家族の繋がりがあります。二人のお子さんを特別養子縁組で育てているママのお話を、一緒に聞きませんか。「うちは誰ひとりとして、血が繋がっていない4人家族」その言葉がとても印象的でした。どうして特別養子縁組をしたの?迷いや心配はなかった?どうやって巡りあうことができたの?ご主人やご両親の声は?赤ちゃんの時のお世話 [続きを読む]
  • 子宝地図で夢マップ♪
  • 「宝地図」って知ってますか?「夢マップ」とか「夢叶マップ」などもいいますね。赤ちゃんを授かりたい方には、この本も。なりたいイメージをはっきり思い描くと叶うと言われています。文字でもいい。写真や雑誌の切り抜きでもいい。先日、夢マップを作りました!実は3回目の作成。でも完成させることができたのは初めてでした。楽しみながら赤ちゃんを待つことを伝えるのが私の最大のミッション。だから、これもいつかやりたいと [続きを読む]