たまてばこ さん プロフィール

  •  
たまてばこさん: 編んだり織ったり草木で染めたり
ハンドル名たまてばこ さん
ブログタイトル編んだり織ったり草木で染めたり
ブログURLhttp://saitamatebako.blog.fc2.com/
サイト紹介文オーガニックコットンやシルクでニット帽子を編んで、草木染などをしています。
自由文オーガニックコットンも藍染めもお肌にやさしいものです。
身につけていて気持ちの良いものを作りたい、と思い藍染や草木染のオーガニックコットン糸を使ったニット帽子を作っています。

敏感肌の方や闘病中で頭皮を保護しなくてはならない方におすすめしたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/02/28 15:35

たまてばこ さんのブログ記事

  • こいのぼりの飾り作り
  • もうすぐこどもの日なので、簡単なこいのぼり作りをしながら日本語学習をする準備をしています。色紙を台紙にして平面の飾りを作ります。こいのぼりのポールは、画用紙です。これは予め貼っておきます。100均にある、シールフェルトをこいのぼりの形にカットし、スパンコールを鱗に見立ててボンドでつけます。左側にあるのは、動く目玉です。これは、児童がつけます。菖蒲のお花は折り紙で作ります。紫の濃淡やサイズ違いの折り紙 [続きを読む]
  • 桜染め いろいろ
  • かずゑさんが染めてくださった子ども用靴下?かわいらしいです。染める素材によって、色の出方が違うのですね。どれも素敵です!桜は1年のうち一週間しか花を咲かせませんが桜染めが手元にあると、いつも桜を感じられて優しい気持ちになれそうです(*´∀`人 ♪にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今治タオルの糸
  • 四国の今治に住む親戚からいただいた糸が、たくさんあるのですが糸が細くて扱いにくかったので、そのままにしていました。もめん糸くらいのや、ミシン糸より細い糸もあります。手前の薄水色が特に細い糸で、ちょっと手がひっかかっただけで切れます。でもきれいな糸なので、3本取りで使うことにしました。8羽で、60?弱幅のストールを織るには経糸が480(240)本必要です。細いので、すぐに絡まります。絡まったら始末がた [続きを読む]
  • 藍の小さな芽
  • 4月7日(金)に種まきをして、20日(木)やっと芽がでました。7〜10日で発芽すると種袋に書いてあったので蒔き方が悪かったのかなと考えていましたが、かわいい芽が出て良かったです。まだ、2〜3ミリの新芽です。袋に発芽温度18度から25度と書いてあります。今年は温かくなるのが遅かったので、発芽も遅くなったのでしょうか。次々に芽が出て、たくさんの葉っぱを茂らせてくれると良いなと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ニットソーイング 体験教室
  • 以前から気になっていた、ニットソーイングミシン教室。普通のミシン教室の方が良いのかな、とかいろいろ考えている内になにもしないまま時間が流れて春がきて…たまたま体験教室に申し込む機会があったのでカットソーを縫ってきました。体験料金は、布代込みで1000円。ロックミシンで肩や脇、襟・袖・裾をひたすら縫いました。(予め、カットは先生がして下さっています。)うまれて初めてロックミシンをかけました。先生が、必要 [続きを読む]
  • シルクとカシミヤとアルパカと羊毛のストール ②
  • 端にベージュのアルパカを入れたのが家族に不評だったので、片端だけにしておいた方が無難だな。と思いながら織りました。でも、右半分に原毛の玉をかためていたことを思い出し織り終わりは左側に原毛の玉を控えめに織りました。割とわたしは好きな色合いです。とても軽いです。洗っても原毛部分がさほど変化しないと良いなと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • シルクとカシミヤとアルパカと羊毛のストール
  • 濃い茶色のカシミヤ糸をどう使おうかと考えていました。ベージュのアルパカと組み合わせると顔周りは明るくなって首にはしっとりしたカシミヤが来るので経糸は茶色のシルクで、織り始めました。羊毛を入れて、所々浮かせて玉のようにしています。最初は、横一列に玉を入れたのでちょっとくどくなりベージュ部分まで戻ってやりなおしました。茶系と白だけだと寂しいかな、と思い紫を入れました。頭で考えていることが、そのままうま [続きを読む]
  • 苺絵柄の一閑張り
  • 機織り教室で、一閑張りをしました。織りだけでなく、フェルトバッグ作りや一閑張りも教えていただけて、とてもありがたいです。竹カゴに薄い和紙を張り、その上にしっかりした和紙を張り重ね柿渋を何度か塗りました。(乾いてからでないと塗れないので、先生が2度目3度目は 塗って下さっていました。)苺は、和紙に描いてあったものをそのまま使いました。こういう素材があるとなしでは、仕上がりに大きな差が出るので「先生の準 [続きを読む]
  • ギリシャのおみやげ
  • ギリシャから帰国されたかずゑさんにおみやげをいただきました。左は、オリーブ石鹸。一目パッケージを見ただけでギリシャのものだと分かります。右は、サフラン。キラキラのイースターエッグキャンドル。めくるめくようなキラキラを見ているだけで楽しい気持ちになります。その土地に実際に行ってみなければ手に入れられない素敵なものがあるのだな、とあらためて思います。 [続きを読む]
  • 埼玉県 小児医療センター 売店
  • 埼玉県立小児医療センターの売店《こうよう》さんに、私たちの作っているニット帽などを置いていただいています。ニット帽は、オーガニックコットンやシルク糸で手編みしています。可愛い古布ブローチは、古布作家であるかずゑさんのお手製です。加須の伝統工芸士さんにご協力いただき藍染ニット帽も出しています。大きさによって価格が異なりますが、一般的な藍染製品よりかなりお手ごろ価格になっています。藍染めについての説明 [続きを読む]
  • 菜の花染めマスク
  • 菜の花染めをした晒でマスクを作りました。ほんのり黄色です。フィルターを入れられるように、下を3点糸でとめています。JUKIミシンで刺繍をしました。直線重視で購入したミシンなので4種類しかバリエーションはありませんが色を変えたら、いろいろ出来そうです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 織り端切れのポーチ
  • 先生の教室で、四角いポーチを作りました。以前、ジャンパースカートを織った端切れを使用しました。シルクと麻です。中生地は、家にあった古布です。このファスナーは、後からスライダーを入れることができるので簡単に出来ます。スライダーに付けている飾りは、先生にいただきました。端切れが使えるのも良いですが、これ用に生地を織ると可愛いポーチが出来そうです。真央ちゃんの会見、さすがでした。むずかしい言葉を使わず自 [続きを読む]
  • 日本語授業と浅田真央さん
  • 真央ちゃんや李氏君選手のことなどを紹介して簡単な文作りの練習をしたことがあります。「浅田真央選手は、日本人です。」「李氏君選手は、中国人です。」「浅田選手と李選手は、女の子です。」「ハンヤン選手は、男の子です。」「わたしは、浅田選手が 好きです。」などの文に写真があると、ゼロビギナーの児童も好きなものを一文で書く練習がスムーズに出来ました。中国人選手を知らない中国人児童もいますが、中にはスケートを [続きを読む]
  • 浅田真央さん
  • フィギュアスケートの衣装をヒントにストールを織ろうかな、と考えていました。そのせいか、ふと「ライオンマオ」というラファエルコーチの言葉を思い出して真央ちゃんのことを考えている時に母に「真央ちゃん、引退だって。」と声をかけられました。今まで美しいものをたくさん見せてくれて感謝の気持ちでいっぱいです。もしかしてもしかしたらプルシェンコさんのスケート学校でコーチ修行に誘われているようなことはないかと勝手 [続きを読む]
  • ペットボトルのリサイクル如雨露
  • 藍の種まきをして、ペットボトルジョウロの口があると便利だなと考えていましたが、キャップに小さな穴を開ければ同じことでは?と思って穴を開けました。目打ちで簡単に穴が開きます。14個程度の小さな穴を開けました。穴は小さめ、というのがポイントです。ペットボトルに水を入れて、傾けて手で押すと水がシャワー状に出ます。間違えて捨てるといけないので、印をつけました。《失敗》最初、どの程度の穴を開けたら良いのか分 [続きを読む]
  • 藍の種
  • 藍の生葉染めの色が素敵な水色だとかずゑさんに教えていただいてから憧れています。そこで一度育ててみようと思います。3月末までに種まき、と本で読みましたがパッケージを読むと5月くらいまで大丈夫そう。「藍染の染料に使われる植物」と書いてあります。11リットルのプランター一つで、ハンカチ一枚くらい染められると良いな、くらいの気持ちの軽い気持ちでかわいい芽が出てくるのを待ちたいと思います。植物を育てること自 [続きを読む]
  • ウールのループ糸とシルク糸 ⑤
  • 織りの服を作るとき、袖口がうまくいかないことがちょっとストレスです。そこで考えたのが別に細い紐を織ってパイピングする、ことです。硬い紐にならないように、4羽で2?幅の計算で織りました。2mたてて実質1.5m。この袖に苦戦して、このいい感じに織れた生地もまた押入れの闇に押し込まなくてはならないかと、昨日は気もちが沈みかけていました。でも、切り口を丁寧にミシンで処理して、織った紐をかぶせて縫ったら…すっ [続きを読む]
  • ウールのループ糸とシルク糸 ④
  • 先日織った生地で、かぶりのベスト(チュニック)を作っています。横使いで、二段にして筒状にしました。ここから肩や袖口を作ります。が、思っていたのとなんだか違うなあ、と考えています。布幅を狭くしすぎたせいなのか、二段使いのせいなのか…紺色の落ち着いた生地を生かせると良いなと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • リネンのワンピース
  • 小さな千鳥柄のリネン生地でワンピースを縫いました。「May me スタイルのソーイング」に付属の型紙を使いました。首回りは、同じ生地でバイアステープを作るように本にかいてありましたが、横着して黒い既製品を…。両脇内側にポケットもついています。他のいろいろな可愛い服の型紙もついていてこのワンピースは、作り方が丁寧に順番に写真で紹介されています。1200円+税   伊藤みちよさんの本です。一日あれば完成させられる [続きを読む]
  • 美しい言葉から伝わる人柄
  • 世界フィギュア、日本代表のみなさんお疲れ様でした。オリンピックの枠が女子は2枠になりました。浅田選手が来年どうなるか分かりませんが、トリノ後の安藤さんがあんなにバッシングされてももう一度世界女王に返り咲いたことを思うと、何があるか分からないと思っています。浅田選手の魅力はスケートだけでなく、どのような質問に対しても揚げ足をとられない言葉でふんわりと答える能力が高いことだと思います。今回15位から5位ま [続きを読む]
  • パジャマのズボン
  • 毎日洗うパジャマのズボンは、ゴム通しの部分だけが切れてしまうことが多いのですが、世の中のみなさんはどうしているのかな?と思います。他の部分は大丈夫なのに、切って雑巾にするのはもったいないので母や自分で直しています。切れた部分をカバーする布は、何かの余り布で花柄だったりすることもあるので、病院に運ばれるようなことがあったら「おかしな継ぎ接ぎパジャマ着てる。」と噂になりそうだなぁ、と思います。そこで、 [続きを読む]
  • 菜の花染め 晒
  • 昨年、かずゑさんのお宅で教えていただいた菜の花染め。小池啓子先生の工房で桜染めを教えていただいた時綿や麻は、タンパク質のものに浸けてからでないとよく染まらない…というお話を耳にしたような気がしたのでネットで調べて牛乳に浸けて、染液に入れて30分くらい煮ました。温度が下がっていくときに色が入る、と教えていただいていたので楽しみにしていたのですが、工程の何かがいけなかったらしく一度ではほんのりだったので [続きを読む]