友利和弥 さん プロフィール

  •  
友利和弥さん: 自信がめばえるココロの体操
ハンドル名友利和弥 さん
ブログタイトル自信がめばえるココロの体操
ブログURLhttp://liberty-web.info/wp/
サイト紹介文真理・潜在意識の仕組みを理解してココロのメンテナンス。自分への信頼「自信」を高めるヒント探しブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/02/29 00:26

友利和弥 さんのブログ記事

  • 勘違い
  • ちょっと自信が出てきて、自分はイケてるぜぃ♪みたいな状態になった時上司だったり、先生だったり、先輩だったりに『勘違いしてんじゃねぇぞ』とか、カツを入れられた。なんて経験あるでしょ?で、それ以降勘違いしないように、常に自分はまだまだなんだと謙虚に慎重に…うん。そういう姿勢・心がけは悪いことじゃない。自分は勘違いするかもしれない、という視点がありさえすれば人はそうそう勘違いするものではないから大丈夫、 [続きを読む]
  • 偶然
  • これはとても偶然とは思えない。ホント、不思議だけれど全てはなるべくしてなっている。全部つながってるんだよね〜♪なんてことを目をキラキラさせながら語っている人をそんなもん、ただの偶然だよ!たまたまラッキーだっただけさ。一つ間違えば真逆のことだったかもしれないだろ。なんてことを冷ややかに見つめながら語る人もいる。引き寄せの法則・シンクロニシティ宇宙からのメッセージ!?的なコトってホントにあると捉えるの [続きを読む]
  • 特別
  • とらわれない ということにとらわれてしまうと…!?うーん…(ー_ー;)どうすればいいの??ということで前回の続きですφ(..)前回の話:とらわれないhttp://liberty-web.info/wp/archives/405さて。とらわれない 手放すまずは、この2つの言葉。《執着を手放しましょう!そうすれば自分の現実が変わって楽になり、様々なことがうまく回りだしますよー♪》的な雰囲気でよく使われるでしょ?思い込みや固着した価値観を“手放す” [続きを読む]
  • とらわれない
  • ココロのストレス・摩擦の類というのはまぁ、ほぼほぼ対人関係において生じていることがほとんどで誰かと比べて落ち込む、焦る。誰かの目を気にしてカッコつける。誰かのために我慢する。etc…この“誰か”にとらわれているから自分が苦しくなってしまうわけ。でも、何より自分の生き方、在り方を大切にしていこう的な方向で自己(真理)を探求していくと、、、ある日ある時、そのとらわれに気づき、それを手放していくことができ [続きを読む]
  • 好きな理由
  • 相手が本当に自分を好きかどうか確かめるのに『私のどこが好きなのか、とりあえず3つ言ってみて』とか聞いてみるといい。みたいな話を最近どこかで見聞きした。人は数を課されると、普段から思っていないコトはとっさに出てこない。だから、この質問をすることで相手が本当に自分を好きか否かを見極められるという理屈らしい。でも、相手が3つスラスラっと答えたとしたら…むしろどうなんだ と僕は思うのだ。○○だから好きなん [続きを読む]
  • 自分らしくあるために…
  • “自分らしくあるために”的なことが言われる中で他人の顔色ばかりうかがってないで自分が思ったこと、感じたことをはっきり言っていこう!みたいな論調がある。でも、果たしてそうすることが自分らしくあるということになるのかと言えば、必ずしもそうではない気がするのだ。自分が『ん?』と思ったとしてもそれをその場では言葉に出して言わずに飲み込む。という選択をしたほうがその場しのぎの事なかれ主義的なことに限らず、結 [続きを読む]
  • どっちでも…
  • 日々、楽しくてしょうがない♪って人。日々、苦しくてしょうがない…って人。コレ、どっちが正しいとか素晴らしいとかでなくそんなのはラブコメが好きか、ホラーサスペンスが好きかみたいなもんなのだ。だからね自分が入り込めないジャンルの作品を周りが賞賛するからといって『いいよね♪』って無理やり合わせなくても基本はOKだと思うよ、きっと(¨ )どっちにしたって、自分がその作品を味わい深く楽しんでいるのに違いはないの [続きを読む]
  • 求めるモノ
  • コレ、自分には向いてないのかな…って落ち込むことあるでしょ?でも、キミが自分でそう思うってことはたぶん向いてないことはない。だって、それは《もっとうまくできるはず》という自分のイメージが自身の中にあってそれとのギャップがあるからこそだから。つまりどのようにすればいいかどのようにしたいかというイメージ・その種がキミの中にあるのは確定で何より事実としてまがりなりにも、落ち込みを味わうなんてレベルまで自 [続きを読む]
  • 分かる
  • 《全ての事象には善いも悪いもない》というのを採用すれば捉え方がおのずと変わる。とはいえ、それだと、そもそもその事象を捉えようがない!?はてさて、この折り合いがつかない感じうーん、、、どうしたものか?という前回の話善悪のつづきです。・・・さて。前回の文脈で、どうにも折り合いがつかない感じになってしまうのにはまずもって大きな勘違いがあるからなのよ。それは《全ての事象には善いも悪いもない》とは言ったけど [続きを読む]
  • 善悪
  • 《全ての事象には 善いも悪いもないんですよ》てなコトを言われても『んなわけあるか、ボケ!』と思いっきり反発していた。でも、最近は少々雲行きが変わってきてもしかしたら、ホントにそうなのかも、、、いや、そうなんだなぁ。。。くらいにはなってきたように思う。(まぁ、その真偽の審議は自分の中でまだまだ継続中だとしても)この変化による自身の実感として様々な事象に遭遇した時に感じるストレス的なモノはかなり軽減さ [続きを読む]
  • 前提
  • 『こんなことをしていて果たして意味があるのだろうか?』なんて考えたりするコトちょいちょいあるでしょ?そうやって僕たちは自分のやることに何らかの意味を見出したがるわけ。でも、それってたいていの場合自分がそれをやる理由を求めているのではなくそれをやらないでいい理由を探しているのよ、きっと。やりたくないから、めんどくさいから、そこから逃避する。まぁ、このコト自体、そんなにはほめられたことではないのかもし [続きを読む]
  • バランス
  • 最近、なんだかやけに良いことばかり続いてる。どうしたことだ、これは??いやいやまてまてそうそうラッキーは続かないはずだ。何かとんでもない悪いことがそのうち訪れるに違いない。用心しなくては。。。とか思えるキミなのに悪いこと続きのときにはいやいやまてまてそうそうアンラッキーは続かないはずだ。何かとんでもない良いことがそのうち訪れるに違いない。楽しみだなぁ。。。とか思えないのはなぜ?最後にポチッポチッと [続きを読む]
  • ココロの体操
  • ある日ある時、あるキッカケあるタイミングで何やらずっと自分の中で引っかかっていたことがほどけていくというか…そうだったのか!それでいいんだ!わかった、さとった、りかいした♪と、呪縛から解放されるみたいな喜び・快感味わったことあるでしょ?ところが、僕たちはまたまた、ある日ある時わかった気になってただけで自分は何もわかっちゃいなかったんだ…と、思い知らされたりするわけ。で、この繰り返し現象をうけて僕は [続きを読む]
  • 電車にて
  • 今日、電車に乗っているときドアのそばに立っていたお母さんと小さい男の子がいてね。その子が一生懸命に電車のドア部分を指差しながらどこかちょっと得意気に「ここにさわってちゃいけないんだよねはさまれるとあぶないから♪」って、お母さんに何度も何度も言ってたわけ。で、お母さんはそのたびに「うん、そうだよ〜」ってやさしく答えてた。二人のそのやりとり、雰囲気が何かいいなぁ…(*^^*)とほほえましく思ってしばらく眺め [続きを読む]
  • 憧れ
  • 知ってしまったばかりに心の平安が失われてしまうことってあるでしょ?だから、知る必要のないコト知りたくない事実というのはやはり知らないほうが身のため?!みてみぬふり、無関心をきめこんで自分自身の心の平安を保つ。そういう知恵は悪いモノではないのかもしれない。でも《知らぬが仏》の安心・安寧より知っていても泰然自若、そのすべてを受け入れた上でも揺るがない。そんな自分への憧れはもっていたい。とかとも思うのだ [続きを読む]
  • 後悔と失敗
  • 《悔いのない人生を送ろう!》なんて文言をきくと「うん、確かに、そうありたいものだ。」と思う人は多い。でも、その裏側では「そうそううまくはいかないよ…」という思いも同時に抱いてしまう。だって既に僕たちは「こうしておけばよかった…」という経験を何度もしているから。。。では、ここで。この「こうしておけばよかった…」をちょっと分析してみると、コレは自分がしてしまった何らかの失敗に基づいているものだと言えな [続きを読む]
  • 苦悩
  • 人は自分が苦しいと思う時、いやがおうにもアレコレ考える。そして考えれば考えるほどにどんどん苦しくなっていく…いわゆる苦悩というやつだけどコレは大なり小なり、きっと誰でも経験したことがあるよね。で、そんな時「考えるから苦しくなるんだよ。だから考えるのをやめちゃえばいい」みたいなコトを言う人がいる。なるほど、一見目からウロコ、とても素晴らしいアドバイスのような気がしてしまう。でも、それはあくまでも一時 [続きを読む]
  • ちょっとだけ丁寧に
  • 餅つきは集団食中毒を起こすリスクがあるからやるべきではないし、除夜の鐘はうるさい!?うーん、これってどうなんだ?みたいな話が論じられている。まぁ、この事自体の是非は個々に考え方があるだろうし、無理に共通解を求めようとするのはきっと難しいのだろうと思う。ただ、このトピックに象徴されるような是非論って、これまでも世の中の移り変わりと共にたくさんあったよね。これらをあえてわかりやすくするために二元的に言 [続きを読む]
  • 求めるモノ
  • 何か現状の自分に行き詰まりを感じて何とかしないといけない。今のままではダメだ。で、自分は変わらなければいけないのだから今までとは違う何か新しいモノを一生懸命に探しまわったりするでしょ?もちろん、そうやってあがくことは悪くない。そうすることで、現状を打破するヒント、取っ掛かりが見つかることはよくあることだからね。でも、これは後付というかひとまずクリア♪って、なってからわかることなんだけど…結局求めて [続きを読む]
  • やりたいこと
  • 自分のやりたいことだけやって生きていけたらどんなにいいか…って思うよね。ただ、その思いを掘り下げてみるとその正体は結構な割合でやりたいこと⇒やりたくないことをやらないだったりするわけ。あ、でもそんなのはただの逃避であって、やりたいことが明確になってない。だからダメなんだ!!とか、なんとか。ここではそういうことが言いたいわけじゃなくてだったら、ちゃんと正確に自分がやりたくないことをやらずに生きていけ [続きを読む]
  • 色めがね
  • 自分が当たり前で正しいと思っていることがそうとは限らない。かけているその色めがねを外してみてみましょう♪とか、よく言うでしょ?でも、それって今かけている、その色めがねが正しくないということでは決してないのだ。なんだかそんな風に言われてるような気がしてしまうから、なかなかそのめがねを外すことができないのよ、きっと。だからね。そんなにビビらなくても大丈夫。長年かけて培ってきた自分の本質(自分の魂が本当 [続きを読む]
  • 選択
  • 何か物を買う時、その値段が高け(安け)ればいいというものではないでしょ?自分が今それを本当に必要か否か。それを買うことで自分が満たされるか否か。選択の本質はそこなわけ。値段はその本質的な選択があってからの二次的・三次的な目安・指標に過ぎないのだ。本来は。ところが日頃から値段というモノサシにすっかり依存してしまっている僕たちはついつい、それだけでモノを買ってしまったリする。○○スーパーセール開催!期 [続きを読む]
  • 良いも悪いも…
  • 勝ち負け、優劣、etc…全てのモノゴトには良いも悪いもないんです。そう感じるのは分離意識(エゴ)に囚われているからであって、、、云々。。。って話、よく見聞きするでしょ?確かにそれはそのとおりなのだろうと今では概ね思えるようにはなったのだけれどそうなったからこそ『ん?』と感じることもあってね。いわゆるスピリチュアル・精神世界に精通している?!みたいな人で全てのモノゴトに良いも悪いもないんですよ。だから [続きを読む]
  • 要・不要識別スコープ
  • 前回の続き。1.後者(水野氏)が俯瞰ポジションへ行く目的はあくまでも情報収集である。2.そして集めた情報を自分視点へ全部、持ち帰ってくる。3.そこでその一つ一つを全部吟味し、取捨選択・自分なりの解釈をしているのだ。というプロセスを力説されて一瞬、まぁ、なんだかんだ言っても結局は同じコトしてるんだな、、、と、僕的には始末をつけかけたものの。。。⇒前回の記事《謎の俯瞰視点》それにしては、その説明の熱量に何か [続きを読む]
  • 謎の俯瞰視点
  • 先日、友人の水野浩志さん主催のコミュニティーのBBQ大会に参加してまいりました。最初場所を聞いた時東京の八重洲でBBQって…どうやって??と、思ったのだけれどなるほど、そういう感じかぁ、、、いや、企業努力というか、アレコレ考えるモノね。。。^^;で、20人程のメンバーで飲めや、しゃべれやのw大宴会。楽しかったです♪で、その当日、ちょっと前に書いた、この記事の⇒最短な迂回路?!〜前者後者 勉強会感想自分が消失す [続きを読む]